洗顔しても毛穴の汚れが気になる?黒ずみや詰まりの原因・解決方法まとめ

洗顔したのに残っている毛穴の黒ずみって気になりますよね。黒ずみの多くは角栓が詰まっていることが原因です。この角栓というのは皮脂と角質が混ざったもので、毛穴に詰まっている状態です。そこで今回は黒ずみの詰まりの原因と、正しい洗顔方法についてご紹介していきます。

洗顔しても毛穴の汚れが気になる?黒ずみや詰まりの原因・解決方法まとめ

目次

  1. 洗顔しても毛穴の黒ずみが解消されない?
  2. 間違った毛穴ケア
  3. 毛穴を気にし過ぎるのもNG
  4. 綺麗な毛穴を保つためには?
  5. バイバイ黒ずみ毛穴!正しい洗顔のやり方
  6. 洗顔後はしっかり保湿が鉄則
  7. お助けアイテム、油取り紙
  8. 洗顔ではどうにもならない、うぶ毛による黒ずみ
  9. おすすめの毛穴お手入れ方法
  10. 洗顔と保湿でうるツヤ肌

洗顔しても毛穴の黒ずみが解消されない?

毎日丹念に洗顔しているのに、毛穴の黒ずみが気になると言う人はいませんか?この黒ずみの原因として毛穴の詰まりと、顔のうぶ毛が考えられます。洗顔しても取れない黒ずみは何が原因なのか、早速見て行きましょう!

毛穴が詰まっている

特に鼻の毛穴詰まりは洗顔しても完全に落ちないし、目立つので気になりますよね。触れた時にザラザラした感触なら毛穴に汚れが詰まっていることが多いです。この汚れは角栓や空気中の汚れが酸化して黒ずみになっているのが原因。

角栓とは皆さんもよくご存じの、古くなった角質と顔の脂である皮脂が混ざって出来たもの。毛穴が詰まるとその分毛穴が広がるので、黒く目立って見える場合もあります。Tゾーンと呼ばれるおでこから鼻のラインは皮脂の分泌が盛んな箇所のため、洗顔などこまめなお手入れが大切です。

うぶ毛による原因

洗顔した後黒ずみになっている箇所に触れるとザラザラしていますが、鏡でよ~く見てみると毛穴からうぶ毛が生えていることがあります。これは毛穴汚れではなくうぶ毛のため黒ずんで見えているのかもしれません。開いた毛穴に黒い点のように見えたら要注意です。洗顔していくら綺麗にしていても中々黒ずみが取れない場合は、開いた毛穴にうぶ毛が生えているかもしれませんよ。

間違った毛穴ケア

よく誤解されるのが、黒ずみを早く消したいと思ってお肌をゴシゴシと力を込めて洗顔することです。黒ずみの原因である角質はタンパク質で出来ていて、クレンジングで皮脂は洗い流すことが出来ますが、角質までは落とせないのが現状です。そのためいくら洗顔料でゴシゴシ洗っても意味がなく、余計に肌を傷つけてしまうことになります。

更に毛穴パックもやり過ぎにはご用心。簡単に目に見えて角質が取れるので何回もやってしまいがちですが、頻繁にするのはおすすめしません。洗顔しても落ちないからと言って、指で無理矢理皮脂を絞り出すのもNGです。肌に大きなダメージを与え反対に毛穴が広がってしまうので注意してください。

毛穴を気にし過ぎるのもNG

このように毛穴の黒ずみを気にするあまり、洗顔のし過ぎや頻繁に毛穴パックを利用するのは止めましょう。洗顔など良いと思ってやっているお手入れが実は大きなダメージになっている場合もあります。それに自分は気になるけど周りから見たら大したことはない、ということもほとんどです。気にし過ぎも精神的によくありませんね。

綺麗な毛穴を保つためには?

一番知りたいのがどうすれば、ツルぴかで綺麗な毛穴をキープできるのか?ですよね。ここでポイントなのが酵素洗顔と、日々の洗顔保湿です。

酵素洗顔をする

酵素が配合されている洗顔料で洗顔します。なぜ酵素が良いかと言うと、クレンジングでは落とせない毛穴の角栓を洗い流すことが出来るからです。ただ酵素洗顔もやり過ぎるとお肌が敏感肌に変わってしまうこともあるので、使い過ぎには注意しましょう。何事もやり過ぎはいけないのです。

丁寧に優しく洗顔する

酵素洗顔は毎日するものではありませんが、通常の洗顔は毎日するようにしましょう。洗顔するときは優しく丁寧にが基本です。ただやはり洗顔し過ぎるとお肌に必要な油分まで洗い流してしまうので、乾燥肌になってしまうと言われています。肌が乾燥するとお肌の保護機能が働いて皮脂を多く出そうとするため、余分な皮脂が出てきます。皮脂が過剰に出てくると毛穴が詰まる原因になるので正しいケアが大事です。

バイバイ黒ずみ毛穴!正しい洗顔のやり方

まずは洗顔する前に手を洗いましょう。汚い手で洗顔しても泡立ちが悪くなり、手の汚れがお肌に付いて肌が荒れる可能性があります。それからぬるま湯を使って予洗します。シャンプーと同じでいきなり洗顔料を顔に付けるのではなく、ぬるま湯でよくすすいで濡らします。この時点で汗やほこりなどの汚れの大部分を落とすことができます。

洗顔料はしっかり泡立てること。しっかり泡立てることでお肌の刺激を抑えることができます。上手く泡が立たないと言う人は、泡立てネットを利用すると良いですよ。十分に泡立てたらその泡で撫でるように優しく洗顔します。気になる鼻は指先を使ってくるくる円を描くように洗うと◎

ぬるま湯でしっかりとすすぎます。泡の洗顔後は泡が完全になくなるようにしっかりすすぎましょう。洗い残しが多いこめかみや、小鼻もぬるま湯をたっぷり使って洗顔してくださいね。仕上げは綺麗なタオルで水分を拭き取ります。洗顔後タオルを顔に当てたら擦らずに、水分を吸収させるよう優しく押さえます。ゴシゴシと強くこすってしまうと摩擦が起きて肌にダメージを与えてしまいます。

洗顔後はしっかり保湿が鉄則

すっきりと洗顔をした後は、保湿をしっかりする出番です。乾燥は美の大敵!お肌の髪の毛も乾燥すると良いことは何一つありませんが、お肌の場合は乾燥すると毛穴が目立ちやすくなります。そのため洗顔し終わったら化粧水で水分を十分に補給し、乳液やクリームで水分が逃げて行かないようお肌に蓋をします。

化粧水はケチらずたっぷり使うことが鉄則です。そして乳液やクリームは薄く伸ばすように付けましょう。油分を付けすぎると毛穴の詰まりの原因になってしまうので使う量には気をつけて下さいね。

洗顔後に使うおすすめ化粧水

洗顔後には保湿効果の高い化粧水を使いましょう。また乳液とクリームや美容液は、お肌の水分をしっかり閉じ込めて蓋をする油溶性成分が含まれた製品がベストです。化粧水に選びたい水溶性の保湿成分にはヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンが含まれているもの。そして油溶性保湿成分にはセラミド、ステアリン酸コレステロールなどです。洗顔と保湿で毛穴汚れともオサラバ!

ビタミンC誘導体化粧水

洗顔した後特におすすめしたいのが、皮脂の分泌を抑える効果もあるビタミンC誘導体の入った化粧水です。ビタミンC誘導体にはいくつか種類があり、シミやシワにも効果があると言われているので、毛穴の黒ずみはもちろんシミシワ対策にもイイですね!洗顔後にすぐ使うと重宝しそうです。

お助けアイテム、油取り紙

あぶらとり紙は、メイク崩れの予防にも役立つのでぜひ化粧ポートに常備しておきたいもの。顔がテカって皮脂が出て来たなと感じたら、外出先だと洗顔できないので早めに使って皮脂を取り除きましょう。Tゾーンと小鼻と小鼻の両脇そして頬はより丁寧に取って行きます。擦るのではなく、あくまで優しく押さえる方がよく取れます。すぐ洗顔が出来ないときのお助けアイテムです。

ちなみに「金箔打紙製法」と書かれてあるあぶらとり紙は、密度が濃いため皮脂の吸着力が高いのでおすすめ。またティッシュをあぶらとり紙の代用として使っている方もいますが、あぶらとり紙の方が格段に肌へのダメージが少ないですし、洗顔するより必要な油分を残してくれるので日中の毛穴の黒ずみのための皮脂対策としてはバッチリです。

未だにあぶらとり紙で顔のテカりを治すと乾燥しやすくなる。と思っている人がいるようですが、お肌の水分量の約8割は角質層に存在しています。皮脂には3割と少ないので乾燥と皮脂にはあまり関連性がないようです。ただ前述した通り皮脂はメイク崩れを引き起こすので、こまめにあぶらとり紙で取り除くことが大事。洗顔と違って皮脂を取り過ぎることはなく、例えばそうなってもすぐ分泌されるので大丈夫です。

洗顔ではどうにもならない、うぶ毛による黒ずみ

自分では気が付かないうちに、毛穴に埋まってしまったうぶ毛。これを自己処理するのは簡単ではありません。洗顔しても落ちないため無理矢理うぶ毛を引き抜こうとすると、肌に大きな負担になってしまいます。どうしても気になって仕方がない方は、美容クリニックやサロンで相談してみるのが良いでしょう。洗顔だけでは落としきれない角質もキレイに取ってくれます。月に1度の顔のシェービングもおすすめです。

おすすめの毛穴お手入れ方法

それでは洗顔の他、詰まった毛穴を自分でケアする方法をご紹介していきます。ポイントを抑えて洗顔し、汚れスッキリの毛穴レスな肌を目指しましょう。

毛穴パック

手軽にできる毛穴パックはとっても便利です。でも正しい手順があるので守って使いましょう。特に洗顔しパックした後の保湿は非常に大切です。①洗顔後、スチーマーや蒸しタオルを使って毛穴を開かせる②①だけでも良いですが、もっとしっかり毛穴詰まりを解消したい場合は、霧吹きなどで全体を濡らす③毛穴パックを貼る④説明書通りの時間を置いたら剥がして、その後は十分に保湿する。これで詰まりが解消しツルぴかお肌になれますよ!

オイルでお手入れ

メイクも皮脂も落としてくれるクレンジングオイル。ただオイルで洗顔するときは時間を掛け過ぎないことが大事。だいたい1分を目指して洗います。洗顔料を長い間肌に乗せておくと負担になるためです。またアロマオイルなどでオイルマッサージをするときは、自分のお肌に合うものをパッチテストなどをしてから使いましょう。

洗顔と保湿でうるツヤ肌

毛穴の黒ずみは日々の洗顔やお手入れで綺麗に保つことができます。そのためにはまず、自分の毛穴は角栓が詰まっているのかうぶ毛が埋まっているのかを知って、正しく洗顔とケアをしていきましょう。

もっと洗顔と毛穴詰まりの情報を知りたいアナタへ!

クレンジングで毛穴の黒ずみスッキリ!正しいケア方法をチェック!
鼻の毛穴の黒ずみを除去したい!おすすめのセルフケアやコスメをご紹介!
鼻の角栓ができる原因は?角栓の取り方・黒ずみ・いちご鼻のケア方法を紹介!
化粧水で毛穴の開き・黒ずみを抑えたい!オイリー肌・大人ニキビへの効果は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-07 時点

新着一覧