性格は遺伝する?それとも環境による?親と子供が似る不思議をご紹介

うちの子は私にそっくりの性格。なんて思った事はありませんか。性格は遺伝によるものなのでしょうか?遺伝意外に性格はどんな環境の影響を受けて形成されるのか気になりませんか?性格が遺伝するのか?環境のによって作られるのか?性格の遺伝の不思議についてまとめます!

性格は遺伝する?それとも環境による?親と子供が似る不思議をご紹介

目次

  1. 性格は遺伝するの?性格遺伝の不思議が気になる!
  2. 性格は遺伝する?親子の性格の不思議
  3. 性格は遺伝するの?遺伝子と身体の成り立ち
  4. 主に遺伝するとされる身体的特徴は?
  5. 性格は遺伝するのか?どうやって調べるの?
  6. 性格は遺伝するのか?双子で調査!
  7. 性格は遺伝する?アメリカでの実験結果
  8. 性格は遺伝による物!どのくらい遺伝するの?
  9. 性格は本当に遺伝で決まるのか?
  10. 遺伝するのは性格?気質?
  11. 遺伝する気質と環境が関わる性格形成
  12. 性格は遺伝だけじゃなかった!
  13. 遺伝した気質を受け入れよう!
  14. 遺伝した気質を「長所」にしたい!
  15. 性格は遺伝する?まとめ

性格は遺伝するの?性格遺伝の不思議が気になる!

あなたの性格はどのように形成されたのでしょうか?その性格は親に似ているところがありますか?「あなたは父親に似て神経質ね」という様な事を言われた経験がある人も多いのではないでしょうか。実際のところ、性格は遺伝によって作られるのでしょうか。性格が環境に影響されて作られるのか?性格と遺伝の不思議が気になります。

性格はいつ作られるのでしょうか。性格は遺伝によるものなのでしょうか?もし遺伝で性格が決まってしまうとしたらあなたはどう思いますか?育児をしている人、妊娠中の人、結婚したばかりの人。これから親になるかもしれないと、性格のよい子にしたい。と思ってしまいますよね。

性格は遺伝する?親子の性格の不思議

年を取る毎に「性格が親に似てきた」「うちの子の性格、あなたにそっくり」なんて思った事はありませんか?性格は遺伝するのでしょうか。それとも育児の環境が関係するのでしょうか。とても不思議ですよね。性格が遺伝するとしたらどのくらいの割合、どんな部分が遺伝する可能性があるのか気になります。

親子の性格が似るのは仕方ない。そんな風に当たり前のこととしてどこか受け入れていた部分がありませんでしたか。本当に性格は遺伝するのでしょうか。人間の不思議な性格形成の不思議について調べてみたいと思います。

性格は遺伝するの?遺伝子と身体の成り立ち

妊娠した瞬間から人は親から様々な情報を受け継いでいます。その遺伝情報は、人間の99.9パーセントが共通の遺伝情報を持っているそうです。そして残りの0.1パーセントが髪質や肌質などのそれぞれの特徴に影響を及ぼしているとされています。

例えば、二重まぶたの親からは二重まぶたの子どもが生まれやすいというのも遺伝子が関係していますよね。アトピーや喘息などの体質的な特徴も遺伝子によるものだといういう事も良く知られています。遺伝子はそんな地位さん情報をたくさん持っていて私達の体を作っているのです。ではやはり性格や行動も親に似るのでは?では遺伝と性格の不思議を学んでいきましょう。

主に遺伝するとされる身体的特徴は?

生まれ持ったものだから。親があれだからしょうがない。何て諦めていたりしませんか?妊娠育児を経て成長する人間の遺伝が及ぼす身体的部分が気になります。私達は一体どんな遺伝子を受けつで居る可能性があるのでしょうか。身体的に言うと、「肌の色」「二重まぶた」「体臭」「顔の輪郭」「目の大きさ」「声質」「髪の量」などがあげられます。

他にもたくさんあるのですが、「身長」も遺伝しやすいそうです。しかし、全てが濃く遺伝するとも限りません。身長の低い親から背の高い子どもが育ったりする事もあります。人間の遺伝の不思議はとても深いのですね。そんな親から性格が遺伝するのか?育児環境や育つ環境に関係するのか?気になりますね。

性格は遺伝するのか?どうやって調べるの?

人生命は妊娠育児という経過を辿って成長をしていきます。性格はいつ作られるのでしょうか。妊娠した瞬間、遺伝子によって性格が決まっているとしたらどんな風な環境で育児をしていくかも考え方が変わってきてしまう気がします。そんな遺伝と性格の不思議な関係を調べるためには、どんな方法があるのでしょうか。

慎重や、二重まぶたと言った目に見える情報は遺伝との関係の不思議を解明するのは簡単です。性格が遺伝による物なのか、環境による物なのかを調べるには「性格」というカテゴリーは「曖昧」で、数値として現す事ができ難いですよね。同じ遺伝子を持ち、環境を変えて調べるのに適しているのが双子です。性格と遺伝の不思議を調べるには双子を比較する事が最もわかりやすいという決断になりました。

性格は遺伝するのか?双子で調査!

双子には「一卵性」と「二卵性」があります。ご存知の通り「一卵性」は妊娠時に一つの卵子に受精し、二つに分かれたもの。「二卵性」は妊娠時に二つの卵子に受精したものとなります。よく一卵性の双子はそっくりだけど二卵性の双子はあまり似ていないなんて言いますが、一つの卵子が妊娠時に二つに分かれたほうの双子のほうが似ている事があるのはこのためなんですね。

遺伝子について言うと、一卵性の双子は遺伝情報がほぼ同じです。二卵性の双子は遺伝子情報は半分同じと言う状況になります。そのため妊娠を経て育ってくる一卵性双子と二卵性双子で同じ条件の実験をして、多追えば「一卵性は同じ反応をした」が「二卵性の双子は違った反応をした」となると性格は遺伝による物であるといえる事になります。性格は遺伝で決まるのか、環境による物なのか?不思議で気になりますね。

性格は遺伝する?アメリカでの実験結果

1994年にアメリカで性格が遺伝による物なのか?環境による物七日と言う実験が行われました。この実験では、同じ育児の環境で育った「一卵性双子」と「二卵性双子」を1000組ずつ集めて行われたそうです。同じ育児の環境で育てられた一卵性の双子と、二卵性の双子の性格はどうだったのでしょうか。

この20年も前の実験にによると、一卵性の双子の性格はとても似ている。二卵性の双子の性格は異なる部分もあった。と言う実験結果だったそうです。という事は同じ育児の環境の中で育てても、遺伝子が違うと性格が違っていると言うことです。20年前の時点で「性格は遺伝による物」と言う実験結果が出たのです。

性格は遺伝による物!どのくらい遺伝するの?

1994年にアメリカで行われた「正確が遺伝の影響を受けるか否か」という実験の結果によると性格は「遺伝が大きく関係する」と言う実験結果に至りました。しかし、理論的結果としては信憑性にかけるという事でまだまだ実験はあらゆる機関で進められていると言われ手います。

1994年もう20年以上前のアメリカでの実験結果によれば「性格は遺伝によって2/3が決定されている」と言われて来ました。正確が妊娠した時点で2/3も決まっているんだとしたら「努力して性格を変える」「親の考えとは違った方向に進む」なんて子どもが居なくなってしまうような気がしませんか?実際のところ環境に関係なく性格が遺伝だけで2/3も決定されているなんて何だか信じ難い気がします。

性格は本当に遺伝で決まるのか?

人間の不思議を人間を題材にして実験すると言うのには限りがあります。実際、現代の科学で解明されている「遺伝子」の役割は性格にどんな関係があるのでしょうか。育児をこれからする人も妊娠中のこれからママになる人も、「性格は遺伝なのか、諦めよう」なんて思わずに遺伝子の不思議を知っていきましょう。

性格が遺伝する。というのは全否定できない事実ではあるようですが、遺伝した性格が修正できないとは言い切れないと思いませんか?そもそも、この遺伝子があなたの性格を決めています!という解明はされているのでしょうか。

遺伝するのは性格?気質?

20年以上前のアメリカでの実験で妊娠した時点で育児などの環境には関係なく「性格は遺伝で2/3が決定する」と言う実験結果がありますが、性格とはどうやって形成されているのでしょうか。性格を形成する裏側に大きくかかわってくるのが「気質」です。「性格」は遺伝する「気質」によって変わってくるという見解もあるそうです。

例えばドーパミンが関係している「新規制深求」はドーパミンの値が高いほど「好奇心が旺盛」な性格になるとされています。また、ノルアドレナリンが関係する「報酬依存」はノルアドレナリンの値が高いほど共感したり、情緒的な性格になるとされています。また、セロトニンが関係する「損害回避」はセロトニンが高いほど悲観的であったり、感傷的な性格になりやすいそうです、このように気質としての遺伝が性格に影響を及ぼしているようです。

遺伝する気質と環境が関わる性格形成

蒸気の通り、遺伝子に含まれる様々な遺伝情報によって基本的な気質が遺伝する事がわかりました。ではこの気質は育児などの環境の影響を受けないのでしょうか。実際、教育環境や育児の環境は子どもの情緒形成に大きな影響があるという事実は有名です。遺伝するとされる性格は気質が大きく関係しているのでこの気質が環境に影響を受けどのように変化するのかが気になります。

性格の2/3が遺伝による物とされていますが、遺伝によって引き継いだ気質。「性格」は遺伝によって決定されるのではなく、実は「気質」によっって導かれる行動が大きく影響しているのです。性格の2/3我遺伝によるものとされて来ましたが、気質に沿った行動の先にある環境や個人の努力などで大きく変化するという事も可能背としては否定できません。よって、「性格」は遺伝した「気質」と育児環境などによって変化する可能性を秘めているのです。

性格は遺伝だけじゃなかった!

神経質な環境で育った子どもは、神経質な大人になる。劣悪な環境で育った子どもは悪行を重ねる。こんな子どもの実態を耳にする事もありますね。しかし、性格自体は遺伝して決定されるものではありません。性格は持って生まれた気質をベースに行動はしますが、その環境や出会った人々の環境的影響を大いに受けて変化していくのです。

受け継いだ気質をベースに行動する中で環境の変化や出会いを経て個人的性格の変化が生じます。様は親の性格をそのまま受け継いで大人になる人はほとんど居ないのです。気質としては受け継ぐのですが、それも親から受け継ぐとは限りません「隔世遺伝」もありえるのです。大人しい性格の親から活発な性格の子どもが生まれたりもします。ただ、その子どもがそのままの活発な性格で育っていけるかはやはり、その子の育つ環境が大きく影響してくるのです。

遺伝した気質を受け入れよう!

遺伝する気質は決して良い点ばかりではありません。「せっかちな気質」だったり、「悲観的な気質」だったり、もちろん「社交的」だったり「好奇心旺盛」だったり、気質は良い点も悪い点も、親や祖父母などからランダムに遺伝します。「私はこんなに行動的なのに、この子はどうして身長なのかしら。どうにか行動的に変えなくては。」なんて気質を急に変えようと思っても難しいですよね。

もって生まれた気質は様々です。そんな気質を理解することが「性格形成」を良い方向に導いていく第一歩です。あなた自身も、まずは【自分の気質】を見つめ直してみましょう。これからの環境や、人間関係を築いていく中で性格は変えられます。まずは自分の気質を受け入れて理解しましょう。

遺伝した気質を「長所」にしたい!

もって生まれた「気質」を理解すると子育ても変わって来ます。もし心配性なお母さんの子どもが好奇心旺盛な子どもだったらどうでしょうか。心配性なお母さんは子どもの行動を制限したり、時には「危ない」としかるかもしれません。そういう環境の中で育った子どもは「無意識」に親にお伺いを立てるようになってきます。自分の行動に自信が持てなくなるのです。せっかく持って生まれた気質をマイナスな方向に導いていかないようにしたいですね。

親が子どもの気質を理解してあげる事は育児の上でとても大切な事です。持って生まれた気質を認めるという事は、その子の個性を認めると言うことです。認めてそれを褒めてあげる事が大切です。頑固な子どもには「あなたは意思が強いのね!」活発で好奇心旺盛な子どもには「あなたは色々な事に興味があって行動的!」、繊細な性格の子には「あなたはみんなの事を考えていて、優しいよね」など周りに居る人がポジティブに捕らえてあげる事が気質を「長所」にしていってくれます。

性格は遺伝する?まとめ

1944年、アメリカで行われた大規模な実験によって「性格の2/3は遺伝する」という結果が発表されました。「なんだ、性格は遺伝するならなんの努力をしても性格は変わらないのか」なんて思わないでください!確かに性格を形成する上で大きな関係のある様々な遺伝子が親や祖父母から遺伝して性格が形成されていきます。しかし、性格は生まれ持ったまま変わらないものでしょうか。そんな事はありません。性格はその人が育つ環境や、出会う人々との人間関係の中で変化していきます。

性格が遺伝すると言われる要因に「気質」の遺伝があります。「気質」は好奇心や心配性、物事の捉え方などが細かくあり、その気質は良いものも悪いものも親に限らず隔世遺伝として祖父母からなども遺伝する可能性があります。遺伝要素はランダムに決められるため、親と全く似ていない性格にだってなる可能性があるのです。

様々な気質を遺伝によって受け継だ先には環境や人間関係による変化や個人の努力によって性格は変化していきます。せっかく遺伝によって受け継いだ「気質」を長所にするためには、まずは自分の気質を見極めポジティブに受け入れる事が大切です。ぜひ自分やわが子の「気質」を理解し、よりよい暮らしやすく生きやすい人生を手に入れましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2019-02-21 時点

新着一覧