浅田真央が現役引退!彼氏との結婚や妊娠の可能性と現在の姿を調査!

スポーツ選手の中で、男女ともに高い人気を誇った浅田真央が引退を発表しました。現在までに多数のメダルを獲得しスケートが人気になるきっかけを作った彼女。その浅田真央の引退後や、現在彼氏がいるのかや結婚や妊娠の可能性についても調査しました。

浅田真央が現役引退!彼氏との結婚や妊娠の可能性と現在の姿を調査!

目次

  1. 浅田真央引退!真央ちゃんお疲れ様!!
  2. 浅田真央は引退でやり切った表情だった
  3. 引退した浅田真央の経歴
  4. トリノオリンピックには年齢制限が届かなかった
  5. 2010年のバンクーバーオリンピックで浅田真央は銅メダル獲得
  6. 浅田真央はソチオリンピックでは3位
  7. 浅田真央は徐々に進退について考えるようになる
  8. 浅田真央2017年に引退を決意
  9. スポーツ仲間は浅田真央の引退を惜しむ
  10. 引退した浅田真央が予定しているアイスショーとは
  11. 浅田真央の引退でネットからは惜しむ声が多数
  12. 浅田真央の引退でフィギュアスケート界は新時代に突入
  13. 引退した浅田真央に彼氏や結婚・妊娠の可能性はあるのか
  14. 引退したことで新しい活動に期待
  15. 引退発表で笑顔を取り戻し新しいスケート人生に挑戦!

浅田真央引退!真央ちゃんお疲れ様!!

2017年4月10日、スケート選手の浅田真央が引退を発表しました。同年4月12日に都内で記者会見を行い、引退し自らの競技人生の幕引きを行いました。本人のスッキリとした気持ちとは反対に、ファンは引退ではなくまだまだ浅田真央の活躍を見たかったようですね。

スポーツ選手の寿命は本当に短いもので、気がつけば浅田真央も引退という時代がやってきました。この浅田真央の引退を惜しむ声の裏で、フィギュアスケート界の体質が批判されるなど、浅田真央の引退をきっかけにひと波乱起きそうな状況なのです。浅田真央の活躍と引退、そしてその後を解説していきます。

浅田真央は引退でやり切った表情だった

浅田真央の引退報道が出ると、ネットでは大騒ぎになりました。確かに、浅田真央が引退するかもという声はありましたが、スポーツ選手の年齢的にはまだ挑戦することが可能な年齢でした。

「私の全てがスケート中心の生活だったので、本当に私の人生です」

報道陣の「フィギュアスケートはどんな存在か?」という質問にこのように答えた浅田真央。幼い頃から、ずっとフィギュアスケートとともに生活していた浅田真央にとって、この決断はなかなか簡単なものではなかったはずです。

浅田真央は、現在まで国際大会を含めると21個のメダルを獲得しています。金は12個、銀は7個、銅は2個という輝かしい記録です。同時期に強敵が存在する中でこの記録を残したということが、いかに浅田真央がすごかったかがわかりますよね。

引退した浅田真央の経歴

引退したスポーツ選手、浅田真央は1990年9月25日生まれの現在26歳です。浅田真央と言えば、2010年のバンクーバーオリンピックで、女子シングル市史上初めての、1つの競技会中に3度の3回転アクセルを成功したことでしょう。この記録は、おそらく不滅の記録として残るかもしれません。

浅田真央は、5歳のときにこのスポーツ競技のせかいに入ることになります。姉の浅田舞と共にスケートリンクに遊びに行ったところ、スケートにすっかりハマってしまったのだとか。浅田真央と浅田舞の二人で名東フィギュアスケートクラブに入会したとき、同じフィギュアスケート選手として活躍する安藤美姫も所属していたそうです。

また同時に3歳から12歳までは、バレエのレッスンも受けていたそうです。すぐに頭角を現し、小学六年生のときに特例で全日本選手権に出場しています。そのとき、不完全ながら3回転-3回転のコンビネーションジャンプを行うなど、浅田真央は天才少女として注目されるようになります。

浅田真央は、その後も大会で優勝を経験し、連覇も達成しています。ジュニアグランプリでは、出場した3戦全てで優勝するなど、まさに敵なしの状態でした。そして、ジュニアグランプリファイナルでは、女子ジュニア史上初の3回転アクセルを成功させました。

トリノオリンピックには年齢制限が届かなかった

2006年のトリノオリンピックへの出場が期待されるなか、『五輪の前年の6月までに15歳』という年齢制限に、87日足りず、代表の資格を得れなかったのです。このとき、もし浅田真央がトリノオリンピックに出場していたら、どのような記録を残したのか気になるところですよね。

浅田真央はトリノオリンピックに出場できなかったものの、シニア国際大会では好成績を連発しています。2006年夏からは、コーチを変更するなどして、NHK杯では総合得点199.52点のISU歴代最高得点を叩き出して優勝しています。さらに表現力を高めるため、2007年にはロシアに渡り、改めてバレエに取り組んでいます。

2010年のバンクーバーオリンピックで浅田真央は銅メダル獲得

師事するコーチとの関係の解消や、海外生活の苦労などを経験しながらも、韓国での完全アウェーな大会で優勝するなど、しっかりと結果も残していました。そして、ついに2010年のバンクーバーオリンピックに出場することになります。

3回転アクセルを成功するも、技術基礎点の不足もあり金メダルには惜しくも届かず、銅メダルを獲得しました。しかし、その後の世界選手権では、オリンピック金メダリストを破り、浅田真央は金メダルを獲得しています。

浅田真央はソチオリンピックでは3位

2014年のソチオリンピックでは、トリプルアクセルの失敗で団体では3位、シングルでも転倒を繰り返して、まさかの16位という結果に終わってしまいました。試合後のインタビューでは、動揺を隠せない様子だったものの、翌日のフリー・スケーティングでは、トリプルアクセルを成功させ、女子史上初となる計8度の3回転ジャンプを着氷し142.71点と自己ベストを更新し3位となりました。

このため、2大会連続のトリプルアクセル成功という女子初の快挙を成し遂げました。このときの、浅田真央の緊張から開放された、涙と笑顔の表情にファンは大きな拍手を送っていましたね。浅田真央自身が、自分の演技に納得できない期間が続いていたのかもしれません。

浅田真央は徐々に進退について考えるようになる

ソチオリンピックシーズンを終えても、その後についての進退について結論を出さない日々が続きました。2014年から2015年のシーズン全試合出場を見送るなど、徐々に浅田真央が引退するのでは?という噂も広がり始めていました。

浅田真央は1年間の休養期間に入り、その後2015年5月18日に改めて現役続行の意志を明らかにします。復帰したシーズンでは優勝を経験するものの、うまく結果が出せない試合も目立ちました。そして2016年から2017年のシーズンでは、不振が続き、トリプルアクセルを封印する試合が続きました。

浅田真央2017年に引退を決意

そして、全日本選手権で12位という結果になり、世界選手権代表を逃すという自体になりました。おそらく、これが浅田真央にとって、引退を決意させるきっかけになったかもしれません。

2017年4月10日の夜に、浅田真央は自身のブログで現役引退を発表したのです。引退会見で浅田真央は、今後はスポーツ選手自体は続け、プロスケーターとして、アイスショーの舞台に立つことも発表しました。

スポーツ仲間は浅田真央の引退を惜しむ

浅田真央の引退はスポーツ業界にとって大きな激震となりました。同じスポーツ選手として、多くの人間がその引退を惜しむ中、同じスポーツ選手であり、フィギュアスケート仲間からも、コメントが送られました。

浅田真央と練習を共にし、バンクーバーオリンピックでも活躍した織田信成も、浅田真央の引退を悲しみました。すでにフィギュアスケート選手を引退した織田信成は、現役選手を続ける大変さを感じていたようです。

「『応援ありがとうね』と言ってくれた表情が今も忘れられない。周りに対して、優しさであふれていた」

大粒の涙を流しながら、浅田真央の引退を惜しむ織田信成。浅田真央のスケートのファンだったとも語り、浅田真央と同じ振り付け師に、自身のプログラムを作るのを依頼したこともあったとか。

「僕は『浅田真央』のスケートが大好きですし、また一緒に氷上でスケートをできることを楽しみにしています。ここからが新しいスタート」

同じく、浅田真央の引退を惜しんだ戦友ともいえる高橋大輔は、次へのスタートを祝うコメントをしていました。織田信成同様に、浅田真央の引退を惜しむと同時に、浅田真央のスケートが大好きだったというコメントでしたね。

「これからもずっと私の憧れ」

現在のフィギュアスケート界を引っ張っている羽生結弦は、浅田真央の引退に「これからも憧れ」というコメントを残しました。自身も浅田真央がかつて味わったプレッシャーや挫折の中に居て、浅田真央の気持ちが痛いほどに分かる人物かもしれませんね。

引退した浅田真央が予定しているアイスショーとは

引退したあとの浅田真央はどうするのでしょうか。先程のスポーツ選手仲間から、たびたび出ていたアイスショーという言葉が、その答えになっています。

アイスショーとは、簡単にいえばスケートリンクで行われる舞台のようなショーのことです。たとえば『イナバウアー』で有名だった荒川静香も、トリノオリンピックで金メダルを獲得後、かなり早い段階で引退を発表し、プロスケーターの道を歩むことを発表しました。

1930年ごろから始まったアメリカなどで始まったショーで、1980年代ごろからは、アイスショーとしてかなり人気が高まりました。現在は、オリンピック選手らが参加するようになり、日本でも独自にアイスショーとして発展してきました。

競技として行われるわけでなく、純粋にショーとしてスケートを滑れることから、競技から引退した選手が現在は多数参加しています。フィギュアスケート選手以外にも、スピードスケート選手だった人も参加するなど、かなり多種多様なショーとなっています。

浅田真央は引退後の、7月にアイスショー『ザ・アイス』の大阪公演に参加すると言われています。この公演では浅田真央が座長を務めることになっており、浅田真央の姉である浅田舞の参加も予定しています。

浅田真央の引退でネットからは惜しむ声が多数

現在は、浅田真央の引退が発表されたことでその引退を惜しむ声が多数です。以前から引退の可能性が噂されていたといえど、実際に引退が発表され、浅田真央の経歴を改めて確認して、その偉大さを感じている人も多かったですね。

歌手の平原綾香も、浅田真央の引退を惜しんでいます。特に自身の曲に合わせて踊ってくれたこともあり、特別な想いがあったようです。何よりも、その人柄が浅田真央の人気の要因です。

荒川静香のときも噂になったのですが、スケート連盟の存在は選手たちにとって害悪と言われています。現在もスケート連盟の体制は改善されていないと言われています。浅田真央の人気にあやかって、浅田真央が引退するのを引き止めていたとも噂されていたスケート連盟。真実はどうなのでしょうか。

昔からマスコミの報道姿勢はひどいですが、最近もまた低レベルな質問が物議を醸しています。浅田真央の引退会見でも、呆れてしまうような質問をして、馬鹿にしているのでは?と思うほどでした。浅田真央や安藤美姫などがオリンピックで頑張っているときに、わざと可愛くない写真を使った場面が多々有り、韓国のキム・ヨナだけ可愛い写真を使うなど、偏向報道が指摘された場面もありました。

浅田真央の引退でフィギュアスケート界は新時代に突入

スケート連盟が、浅田真央の引退に固執しなかったのは、羽生結弦や宮原知子などの新しいスターが登場したからだと言われています。あくまでスケート連盟は過去の、伊藤みどりや荒川静香などの引退を引き止めたことはないという姿勢ですが、非常に怪しいところです。

フィギュアスケートの世界を離れ、アイスショーに活躍の場を移動した選手たちの演技はとても笑顔溢れるものだと言われています。競技のことを意識し、点数が出るような演技ではなく、自分が一番好きな形で踊るアイスショーで、引退した浅田真央の活躍に期待できます。

同時に、フィギュアスケート界も、男子ではいうまでもなく羽生結弦、女子では宮原知子などの新しい名前が出てきています。20代後半で引退を考える競技だけに、その血の入れ替えは早い世界です。また、浅田真央のようなスターの登場を期待したいところですね。

引退した浅田真央に彼氏や結婚・妊娠の可能性はあるのか

スケート選手につきまとうのは、彼氏や結婚の可能性。引退した浅田真央も、彼氏や結婚・妊娠の噂を探る人たちが多いです。果たして、引退した浅田真央も彼氏や結婚・妊娠の予定などはあるのでしょうか。

例えば安藤美姫は、彼氏の存在が発覚したり、結婚せず妊娠し、子どもの父親を公表しなかったなど、お騒がせ報道もありました。2015年にも婚約者がいると言われているハビエル選手とキス現場を撮られたりしていました。遠きには、高橋大輔が彼氏で結婚するのでは?という噂があったりもしました。

引退以降もアメリカを訪れていたら怪しいかも

いままで浅田真央には彼氏や結婚の報道は少なかったのですが、最近彼氏がいるのでは?という噂があったのです。実は、引退した浅田真央は過去にアメリカで生活していた頃に、ホームシックにかかっています。そのこともあって、アメリカを苦手としている部分があります。

しかし、どうも2016年頃からアメリカに浅田真央が行っているという話もあるのです。このことから、もしかしてアメリカに彼氏が?という噂があるんですね。また、日本のフィギュア選手は男女が仲いいため、浅田真央が高橋大輔らが彼氏であったりして、結婚して妊娠するなんてこともありえない話ではないですね。

引退したことで新しい活動に期待

とはいえ、現在は結婚妊娠どころから、彼氏のことは想像で噂されているような話ばかりです。フィギュアをする中で結婚や妊娠は身体の負担になるでしょうし、そういった妊娠などのことはもう少し後の話かもしれませんね。妊娠といっても安藤美姫のように、急に妊娠した!ということには、ならないほうがファンは嬉しいかもしれません。

今後は、スケート界に恩返しをするような活動をすることになるでしょうね。浅田真央の引退後はアイスショー以外にも、指導者や解説者という仕事も想像できます。しかし、現在の解説者の席は、過去に引退した選手が独占している状態で、まだその席にはつけないかもしれないですね。

その席を取り合うとなると、また引退した浅田真央と以外の人たちの間で軋轢が生む可能性もあります。浅田真央も引退した今は、ゆっくりとスケートを楽しみたいはずなので、テレビでたくさん姿を見れるのはもう少し落ち着いてからでしょう。

引退発表で笑顔を取り戻し新しいスケート人生に挑戦!

引退したことで、様々なしがらみから解放されたかもしれませんね。引退してもスケートには関わりますし、引退ですべてが終わるわけではありません。引退したことで、新しいスタートになるわけですね。

突然の浅田真央の引退でしたが、記者会見の様子からは、新しいスタートにわくわくしているという感じでしたね。また同時に支えてくれたファンへの感謝と、そのことに対する恩返しをしたい気持ちが伝わってきました。引退から落ち着いたら、またアイスショーで素晴らしい演技を見せてほしいですね。

Thumb浅田真央の両親は離婚していた?父親・母親の職業を調べてみた!
Thumb浅田真央と羽生結弦が熱愛関係に?結婚の噂も?お互いの呼び方に注目!
Thumb浅田真央には引退できない理由がある?現在の姿にファンの声は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-06 時点

新着一覧