キムワイプおいしい!がネットで話題♪本当に食べれる?元ネタ画像あり

ネットニュースで話題を集めるシート・キムワイプ。実は、おいしいって、本当?そもそも、食べれるの?「おいしい」と言われるきっかけとなった元ネタの画像があるの?キムワイプを使ったおいしい料理も。今回は、そんなキムワイプの気になるニュースについて、迫ります。

キムワイプおいしい!がネットで話題♪本当に食べれる?元ネタ画像あり

目次

  1. キムワイプはおいしい?
  2. キムワイプの概要
  3. おいしい、食べれる以前に、色々とネタにされていたキムワイプ
  4. キムワイプが人気の理由
  5. キムワイプがおいしいって、本当?
  6. キムワイプがおいしい理由の元ネタ画像
  7. キムワイプを料理したらおいしい?
  8. キムワイプと鼻セレブどっちがおいしい?
  9. キムワイプはおいしいけど、食べるのは気をつけた方が
  10. おいしいキムワイプの可能性に期待!

キムワイプはおいしい?

ネット上で人気を集め、時にニュースにもなっているシート・キムワイプ。卓球やメガネの拭き取りに便利と言われているけど、実は、食べれる上においしいって、本当?そもそも、食べ物ではないのに、食べれるの?「おいしい」と言われるきっかけとなった元ネタの画像があるの?キムワイプを使ったおいしい料理もあるって、本当?今回は、そんなキムワイプの気になるニュースについて、迫ります。

キムワイプの概要

キムワイプとは、アメリカの大手製紙業キンバリー・クラークが開発した紙製ウエス(汚れを拭き取るシート)で、日本では日本製紙クレシアと提携・製造しています。硬い紙質、毛羽立ちがない、使っても繊維が出ないという特性から、小さく細かな実験器具や部品の汚れを拭き取ることに便利です。実は、通販サイト・Amazon.co.jpのDIY・工具のベストセラー部門で、2年連続1位を獲得しており、評価も高いです。

一見すると、ティッシュに見えますが、本物のティッシュよりも紙質が硬いので、鼻をかむとヒリヒリすることがあります。中には、実際に鼻をかんでいるけど、全く平気という人もいるそうですが、くれぐれもティッシュと間違えて、鼻をかまないようにしましょう。

キムワイプの姉妹品に、キムタオルというものがあります。こちらは、キムワイプよりも厚手で大きくて、多量の水や油などの汚れを素早く確実に吸収することが出来ます。但し、タオルと言っても、こちらも紙で出来ている為、洗うと破れてしまうので注意してください。

おいしい、食べれる以前に、色々とネタにされていたキムワイプ

実は、キムワイプは、「おいしい」「食べれる」と言われる以前から、色々とネタにされたり、本来の用途以外に使われたりしていました。一体、どんなことに使われていたのでしょうか?

実は、実験道具や部品の他に、メガネの拭き取りに使っている人もいるそうで、使うとメガネが一段と綺麗になると言われていますが、メガネのレンズの種類によっては、メガネのレンズが傷付いたり、メガネのコーティングが取れたりすることがありますので、メガネの拭き取りに使うのは控えましょう。

中には、キムワイプで、卓球をする人もいるそうです。でも、一体どうやって、卓球を行うのか気になりますね。そして、実は、キムワイプ卓球という競技があり、何とサイトまでありました。会員数も2015年4月1日時点で、400人以上いるそうですね。もちろん、ネットニュースに取り上げられたこともありました。

KTTA 国際キムワイプ卓球協会 日本支部

この他にも、髪飾りにしたり(上の画像)、紙飛行機を作ったり、工作したり、七夕の短冊にしたりする他、マニキュア落とし、キッチンのガス台の油落としなど、様々な用途に使われていました。色々な所で使えて、便利なのですね。この他にも、まだまだ使える用途があるかもしれませんので、探してみてください(但し、くれぐれも間違ったことには使わないように)。

また、横浜線の電車・E233系も、キムワイプの配色に似ていると話題になっています。確かに、色合いが似ていますね。ちなみに、上級者になると、ネクタイやカーテン、バスなど、緑と白が並んでいるだけで、キムワイプに見えてしまうのだそうです(笑)。

キムワイプが人気の理由

本来は拭き取りシートとして使われているキムワイプですが、どうしてネットでニュースになる程、人気を集めているのでしょうか?

上述の概要にも書いてありますが、繊維が出にくい、紙質が硬く丈夫で破れにくいという特性があり、部品や実験道具の汚れを拭き取ることに便利だそうです。

更に、箱のデザインもシンプルで、形も立方体(もちろん、直方体もあります)で、部屋の隅っこに、ちょこんと佇む白緑模様の箱に心をときめかせたり、ブロックの様に積んで遊んだりする人がいるそうです。これが理由で、用途以外に使われているのかもしれませんね。

以上の事から、理系の大学や、製造業の工場、研究所などでは、重宝されており、理系の人なら一度は使ったことがあるはずですが、一般家庭でも、愛用している人が多いみたいですね。ただ、本来は業務用の商品なので、一般のお店では、あまり見掛けない様ですが、東急ハンズなどの大きなデパートでは、普通に売られているらしいですよ。興味を持った人は、一度購入してはいかがでしょうか?

キムワイプがおいしいって、本当?

実は、「キムワイプがおいしい」と言われているそうです。「えっ?キムワイプって、食べ物ではないでしょ?」「おいしいと言うのは、ネタなのでは?」「そもそも、食べれるの?」と思う人も、いるかと思われます。しかし、Twitterでは…。

といった、コメントで溢れかえっていました。ネタの可能性もありますが、実際に食べるとおいしいみたいですね。ちなみに、気になるお味ですが、どうやら、少し甘いそうですね。なお、ティッシュも食べると甘いらしいですが、実際に食べてお腹を壊さないのでしょうか?その辺が、少し心配ですね。

キムワイプがおいしい理由の元ネタ画像

それにしても、「キムワイプがおいしい」と言われる様になった理由は、一体何故なのでしょうか?調べたところ、Twitter上に、その元ネタと思われる画像が見つかりました。

どうやら、この「キムワイプおいしい」と狂気的に食べている人のイラストが元ネタ画像であるようですね(ちなみに、これの更なる元ネタ画像は、「ティッシュおいしい」だそうです)。筆者も、画像を見て、思わず笑ってしまいましたが、実際に元ネタ画像と同じことをやっている人を見かけたら、完全に病気だと思ってしまいそうですね(苦笑)。

キムワイプを料理したらおいしい?

実は、何と実際にキムワイプを使って、おいしい料理を作っている強者がいました!以下に、キムワイプを使った料理を幾つかご紹介しますので、気になるメニューがあったら、参考にしてください。

ティッシュ代わりや調理道具として使うだけではなく、実際に食材として使っている人がいましたね。個人的には、ミルクレープの見た目が良さそうですね(実際に、食べることは無理ですが)。しかし、所詮はシート。味はおいしいかもしれませんが、やっぱり食べた時は硬いと感じるそうです。飲み込むことは難しそうなので、真似しない方が良いかもしれませんね。

キムワイプと鼻セレブどっちがおいしい?

とあるサイトで、キムワイプと鼻セレブ(ティッシュの中でも特に甘いと言われているらしい)とどちらがおいしいかというページを見つけました。味覚センサー「レオ」で調べたところ、何と鼻セレブの方が、キムワイプより甘いという結果が出ました。ちなみに、甘さは、5段階中、鼻セレブが1.78、キムワイプは1.42だそうです。意外にも、鼻セレブの方が甘いのですね。

また、ネット上では、キムワイプや鼻セレブよりも、ローションティッシュの方がおいしいという声もありました。実際に、ローションティッシュを食べたことがあるのでしょうか?(汗)実際に、試すことは出来ませんが…。

キムワイプはおいしいけど、食べるのは気をつけた方が

しかし、幾らネット上で「キムワイプがおいしい」「キムワイプは食べれる」と言っても、所詮はシート。食べ物ではありません!実際に、キムワイプの料理をした人や食べた人達も「キムワイプ(ティッシュ)食を推奨していません」「必ず自分の体調と相談しつつ、自己責任の上で、行ってください」と注意するコメントを書いていました。実際に「おいしい」と言われていても、実際に食べる際は、せめて舐める程度でお願いします。

また、実際にキムワイプを食べている人は、異食症という病気を患っている可能性があります。異食症とは、栄養価の無いものを無性に食べたくなる病気の事で、極度のストレス、鉄分や亜鉛不足などが原因で起こる病気です。ちなみに、食べるものは、キムワイプ(紙)の他にも、土、粘土、毛、氷、木炭、チョークなどがあります。異食症は、子供や大人の妊婦に多いそうです。心配な人は、一度病院で診てもらいましょう。

おいしいキムワイプの可能性に期待!

メガネの拭き取りやティッシュ代わり、汚れ落とし、工作、卓球の競技、遂にはおいしい食べ物としても使われて、意外なところでニュースにまでなっているキムワイプ。製造会社・日本製紙クレシアがこの様なニュースや本来の用途以外に使われていることについて、どう思っているのかは不明ですが、これからも、キムワイプの新たな可能性に期待しましょう!(但し、用途は正しく使ってくださいね)

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-04-25 時点

新着一覧