マネージャーの仕事内容とは?役職・役割・給料・年収・資格まとめ!

みなさんはマネージャーというとどんなひとを思い浮かべるでしょうか。マネージャーという役職には明確な定義がないため、企業によって役職や仕事内容が違います。この記事ではマネージャーの意味やマネージャーとしての共通の役割や仕事の内容についてまとめました。

マネージャーの仕事内容とは?役職・役割・給料・年収・資格まとめ!

目次

  1. マネージャーの仕事って?
  2. マネージャーの意味
  3. 芸能人や運動部のマネージャーの仕事
  4. マネージャーの役割・仕事
  5. マネージャーの役割・仕事「統括・管理」
  6. マネージャーの役割・仕事「指導・育成」
  7. マネージャーの役割・仕事「責任」
  8. マネージャーの役割・仕事「意思決定」
  9. マネージャーになるための資格はあるの?
  10. 気になるマネージャーの給料・年収は?
  11. マネージャーの仕事「まとめ」

マネージャーの仕事って?

みなさんはマネージャーというとどんなマネージャーを思い浮かべるでしょうか。芸能人のマネージャー、企業のマネージャー、学生さんは部活動のマネージャーの印象が強いかもしれません。

企業のマネージャーの中にもエリアマネージャー、グループマネージャー、プロダクトマネージャーなど複数の役職が存在します。医療の場においてはケアマネージャーという役職もあります。ケアマネージャーは介護支援専門員のことです。

実はマネージャーには明確な定義がなく、各役職で業務内容が異なります。芸能人のマネージャーと企業のマネージャーでは仕事の内容はもちろん印象も全然違いますよね。この記事ではマネージャーとしての役割や資格、気になる給料などを調査しました!

マネージャーの意味

マネージャーというのは、主に企業や組織において仕事を管理したり総括する責任者のことです。マネージャーという名称はマネジメント(管理)から来ている言葉で、日本で昔からある役職名としては「課長」や「係長」に当てはまります。

マネジメントという言葉の定義は曖昧で、「管理」という意味の他に評価や改善、計画、組織化などさまざまな意味合いを含んでおり、ビジネス上におけるさまざまな資源やリスクを理解し管理すると考えた方が理解がしやすいでしょう。マネージャーもマネジメントと同様に定義が曖昧になっており、仕事の内容や階級の範囲は企業によってまちまちとなっています。

芸能人や運動部のマネージャーの仕事

芸能人のマネージャーや部活動のマネージャーは企業におけるマネージャーとは違い日本特有のものです。芸能人やタレントのマネージャーは、担当しているタレントがスムーズに芸能活動を行えるようにスケジュールの管理や送迎、各種法的な雑務など仕事は多岐に渡ります。

マネージャーはタレントの売り込みなども担当しているため、マネージャーの手腕によってタレントとしての人気が左右されることもあるようです。野球部やサッカー部などの部活動のマネージャーは、雑用や記録などの仕事が主なようです。

その他、常に人の目を気にしないといけないタレントはストレスを抱えやすいため、時には悩みを聞いたり相談に乗ったりして心の支えになることも芸能マネージャーという役職の重要な役割です。

たしかに雑用といえど運動部のマネージャーの仕事は大変です。特に学生の部活のマネージャーは給料も入らないので、本当に部活が好きで部員達を一途に応援する気持ちがないと勤まらないと思います。

マネージャーの役割・仕事

マネージャーという役職にはあらゆるものが求められます。セールスマンとして優秀な成績を残していた人がそのままマネージャーになっても、マネージャーの役割を理解しないままでは部下を惹きつけることはできません。しかし、マネージャーとなるひとがマネージャーとしての役割をきちんと理解することで部下が仕事を辞めたいと思わせない環境作りや、部下の仕事のモチベーションを維持することにつながります。

マネージャーの役割・仕事「統括・管理」

マネージャー=管理者という言葉の通り、マネージャーは一つの組織の責任者です。部下達を束ね、プロジェクトや組織の統括、管理を行うのがマネージャーの重要な役割です。

部下の行動をしっかり管理し、プロジェクトや仕事の進捗状況を常に把握し各自実行に移して貰うことで結果が出せるようにします。そのためには、同時にマネージャー自身が最前線に立って動ける人物でないと部下を惹きつけることができません。

普段どこでどんな仕事をしているかわからないマネージャーに指示されても説得力がなく、不満が募るひともいます。優秀な部下は尚更かもしれません。それよりも率先して仕事をやってみせるマネージャーの方が部下を惹き付けることができます。

マネージャーの役割・仕事「指導・育成」

部下に業務の専門知識、マーケティングなどのノウハウを教え、育成していくこともマネージャーの重要な役割です。部下を育てることで組織力の向上を促し、効率的に結果を出すことにつながります。

プロジェクトの中にはそのプロジェクトにむけた組織活動だけではなく、部下の育成も含まれます。部下に仕事を指示するだけでなく強みを理解し、対話を通してスキルが不足している部分は成長できるように指導するのもマネージャーの大事な役割です。仕事は優秀な人材がひとりでこなすよりも、ひとりひとりが一定のスキルを持ち確実に仕事をこなす組織の方が確実に仕事の効率は上がります。

部下が相談しやすいような雰囲気をつくるのも大事です。気軽に相談ができるという安心感だけで部下の仕事に対するストレスは減り、成長することで作業効率も上がります。

マネージャーの役割・仕事「責任」

組織の管理者であるマネージャーには責任が伴います。部下を預かり組織を任された以上、結果に責任を持つことが重要になります。部下の育成はマネージャーの仕事であるため、場合によっては部下の仕事の責任もマネージャーに課せられる場合もあります。

マネージャーの責任はとても重いものなので、仕事の内容や人によってはプレッシャーになってしまいます。実績が認められて給料が増えたとしても手放しで喜べない人は多いのかもしれません。

部下を思い一生懸命取り組むマネージャーにはちゃんとついてきてくれる人がいます。部下とのコミュニケーションをはかりモチベーションをたもつのもマネージャーの大切なお仕事です。何を考えているかわからないと言われないようマネージャーとしての自分の意見を伝えていくことも重要になります。

目標に向かって一生懸命努力をするのは部下の役割で、マネージャーにはその結果が求められます。全員がどんなに頑張ってもそこに結果が伴わないことには事業に貢献したとはいえず、マネージャーとしての成果を企業に認めてもらう事はできません。

マネージャーの役割・仕事「意思決定」

マネージャーの仕事には意思決定も含まれます。意思決定とはとある目標の達成のためのあらゆる手段を考察・分析し、その複数の選択肢から一つを決定することをいいます。役職を問わず日常業務のほとんどの活動に意思決定が必要とされています。マネージャーの意思決定にはもちろん責任が伴います。

マネージャーになるための資格はあるの?

マネージャーという役職になるためにはその業務のスキルやキャリアなど必要な条件はさまざまですが、最近できた資格でビジネスマネージャー検定というものが存在します。あらゆるマネージャーが共通して身につけておくべき重要な基礎知識を学ぶというものです。

マネージャーという責任のある立場に立つ為には資格よりも経験が重視される事が多いですが、それぞれの役職で持っていると有利な資格は存在します。とくにIT業界では技術の裏付けやスキルアップを目的に資格を取得する方が多い傾向にあります。

一方芸能マネージャーは学歴を問われる事は少なく、主に人とかかわる仕事なので、学歴よりも適正や意欲などの人間性が重要視されています。資格は普通自動車免許を必須とし事務作業ができる程度のインターネットスキルや、語学力があると歓迎されるようです。

気になるマネージャーの給料・年収は?

一般社員とマネージャーの給料や年収がどれくらい違うのか考えた事はありますか?マネージャーというのは責任をともなう役職であるため、とくに年齢が高くなるにつれて年収に差がでます。

DODAに登録している25〜39歳のビジネスパーソン約5万人のデータから、マネージャー職と一般社員の平均年収を調査しました。その結果、役職のない一般社員の平均年収が442万円なのに対して、マネージャー職に就いている人は532万円と、90万円の差があることがわかりました。また、年齢別に見ると、25〜29歳では37万円、30〜34歳では72万円、35〜39歳では101万円と、年齢が上がるにつれて年収の差は広がることがわかりました。

この結果をみると、不況に負けないキャリアを作り、給料・年収アップを目指す為にはマネジメントスキル(部下や同僚、職場のスタッフを管理して、業務を向上させる能力)を身につけることがひとつの手段といえます。

マネージャーの仕事「まとめ」

マネージャーにとって最も大切な事は、才能ではなく真摯さであるといわれています。誠実で強い価値観をもち、部下を育てる覚悟があるということです。プロジェクトであり何気ない日常業務であり、その時の状況で何が一番大事か優先順位を見極める必要があるのです。価値観は育ってきた環境や経験がもとになって形成されます。

マネージャーは部下と向き合い、成長を促す助言を与えられているかが重要になります。部下とのコミュニケーションである対話は非常に大事です。役職が上がると対話が減り、対話が減ると組織を動かす力が弱まってしまうので注意しましょう。

マネージャーにはマネージャーの仕事があります。組織が発展し成長していくのに重要な役割があります。時には誰からも理解を得られず孤独を感じることもあるかもしれませんが、そんなときはもう一度マネージャーとしての役割を考え直してみましょう。目の前の困難ではなく、視野を広げることでもっと先の目標が浮かび上がってくるでしょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-08-19 時点

新着一覧