結婚式でのドレスのマナーを知っておこう!友達と親族での服装の違いは?

結婚式のドレスのマナーについて、きちんとマスターしていますか?なんとなく、お店で気に入ったものを選んでいませんか?お店に売っているドレスや小物は、実はマナーに合う物ばかりではありません。ぜひ正しいマナーを知って、素敵なドレスで結婚式をお祝いしましょう!

結婚式でのドレスのマナーを知っておこう!友達と親族での服装の違いは?

目次

  1. 結婚式のドレスのマナー、大丈夫ですか?
  2. 結婚式お呼ばれドレスのマナー①ドレスの色
  3. 結婚式お呼ばれドレスのマナー②どこまで肌見せOK?
  4. 結婚式お呼ばれドレスのマナー③素材に注意
  5. 結婚式お呼ばれドレスのマナー④パンツスタイルはOK?
  6. 結婚式お呼ばれドレスのマナー➄靴の選び方
  7. 結婚式お呼ばれドレスのマナー⑥バッグの選び方
  8. 結婚式お呼ばれドレスのマナー⑥髪型の注意
  9. 親族としての結婚式は違う意識で
  10. 結婚式親族のドレスのマナー①兄弟・姉妹【未婚】
  11. 結婚式親族のドレスのマナー②兄弟・姉妹【既婚】
  12. 結婚式親族のドレスのマナー③いとこ・甥姪
  13. 結婚式親族のドレスのマナー④母親
  14. 結婚式のドレスはレンタルするのも手
  15. 結婚式のドレスのマナー、マスターできましたか?

結婚式のドレスのマナー、大丈夫ですか?

結婚式は一生に一度!

大切な人の結婚式、一生に一度の晴れ舞台を祝うのに、やっぱりマナーは大切です。特に結婚式は、老若男女幅広い年齢層の人が集まる場であり、自分や身近な友人があまり細かいことを気にしていなかったとしても、伝統的なマナーを大切にする人が近くにいる可能性は高いです。

自分自身だけでなく、一緒にお祝いをするゲストの皆さん、そしてもちろん新郎新婦が気持ちよく幸せな時間を過ごせるよう、ぜひ正しく美しいマナーで、結婚式に出席しましょう。ここでは、結婚式のマナーの中でも、特にドレスや小物などの服装に関するマナーについて、まとめて解説していきます。

結婚式お呼ばれドレスのマナー①ドレスの色

結婚式に白いドレスは絶対NG!

結婚式の主役である新婦のウェディングドレスと被ってしまうため、白いドレスを着るのは絶対にNGです。せっかくの美しい純白の花嫁姿ですから、ゲストは白いドレスは避けて、結婚式にはカラードレスを着ましょう。

また、ベージュや薄いパステルカラーなど、結婚式場の照明が当たった時や写真に写った時に、白に似て見える色のドレスも避けた方が無難です。もしそのような色のドレスを着るのであれば、濃い色のボレロやショールを合わせるなど、白いドレスに見えないような工夫が必要です。

そして、カラードレスに合わせるショールやボレロも、白っぽいものは注意が必要です。披露宴の最中は大半の時間を座って過ごすことになりますから、上半身だけを見た時に白っぽいショールやボレロの面積が広いと、白いドレスを着ているように見える可能性があります。

華やかなカラードレスは結婚式に吉

白っほく見えることのない、華やかなカラードレスが結婚式の参列には好ましいです。色味のある明るい色のドレスを着ていくと、記念写真の雰囲気も華やかになるので喜ばれます。

もしも黒いドレスを着るのなら、素材感やデザインが華やかなドレスを選んだり、アクセサリーや羽織物の合わせ方を工夫して明るくまとめましょう。合わせる小物次第で、結婚式にふさわしい華やかさを演出できます。

可能であれば、花嫁のお色直しのドレスの色を聞いておいて、その色と被らない色のドレスで出席するのも一つのマナーです。ただ、お色直しのドレスは結婚式当日のお楽しみで、と考える花嫁もいますので、その場合は自分が選ぶふさわしいドレスで出席すればOKです。

基本は同系色、無地のドレスがマナー

基本的に、結婚式に出席する際のドレスは無地のドレスがふさわしいとされています。カラフルな柄物のドレスは避けた方が無難です。ただ、柄や刺繍が入っていても、同系色であれば大丈夫です。ちょっとしたラインストーンなどの装飾がついたドレスも、結婚式らしく華やかでいいでしょう。

対照的な二色を使ったデザインのバイカラーのドレスは、「わかれる」という意味を連想させるため結婚式のマナーとしては避けるべきとされています。ただ、最近はトレンドやパーティードレスの多様化によって、厳密にNGという扱いではなくなってきているようです。

カジュアルな結婚式であれば、バイカラーのドレスを着ても問題ないでしょう。幅広い年代の方が出席する結婚式や、服装の自由度が分からないような結婚式には、避けておいた方が賢明です。

結婚式お呼ばれドレスのマナー②どこまで肌見せOK?

ミニ丈や露出の多いものは避けるのがマナー

結婚式のお呼ばれドレスは、基本的にミニ丈や肩出しなど露出の多いものや、あまりにタイトでセクシーすぎるようなデザインは避けましょう。結婚式の主役である新婦より目立ってしまいますし、品がない印象を与えることもあります。ただ、結婚式の時間帯によってドレスコードの考え方は変化します。

結婚式の時間帯に合わせて変わるマナー

午前中から夕方18時までの時間に行われる結婚式に出席する場合は、前述のように露出のあるドレスは避けます。しかしそれ以降の時間帯、夜に行われる結婚式においては、イブニングドレスといわれる露出のあるドレスが正装となります。

イブニングドレスとは、胸元や肩、背中が大きく開いて、ドレス丈が足首辺りまで長い、ロングドレスのことです。このような大胆なドレスをなかなか着る経験がないと、ちょっと不安に思うかもしれませんが、夜の結婚式ならこれでOKです。

ただ、昼でも夜でも、挙式の場での肌の露出はマナー違反です。同じ日に行われる披露宴にイブニングドレスで出席する場合でも、挙式の間は羽織物などをプラスして露出をなくし、結婚式にふさわしいスタイルにしましょう。

結婚式お呼ばれドレスのマナー③素材に注意

結婚式に動物素材はNG

毛皮や革素材のものは、「殺生」をイメージさせるため結婚式の場ではNGとされています。また、結婚式では新郎新婦がこの日のために選んだお料理を頂くのですから、毛皮の毛が料理に入ったりしては残念です。そういった理由からも、結婚式ではファー素材のドレスは避けた方が良いでしょう。

結婚式お呼ばれドレスのマナー④パンツスタイルはOK?

ビジネスライクに注意

結婚式に出席する服装には、パンツスタイルもOKです。しかし、気を付けなければならない点があります。まず、ビジネスで着用するようなスタイルのスーツは避けましょう。結婚式での服装としてはふさわしくありません。

また、結婚式には真っ黒なリクルートスーツもNGです。男性ゲストがスーツで出席するため、女性ゲストまで黒いスーツを着てしまうと結婚式場全体の色味が暗くなってしまいますし、女性の黒いスーツは結婚式のお祝いの印象よりも、お葬式などの喪の印象を与えやすい服装です。

パンツスタイルも華やかにアレンジして

パンツスタイルで結婚式に出席するなら、光沢のある生地や明るく華やかな色、ドレスアップした印象を与えるシルエットなど、お祝いの席にふさわしいものを選びましょう。

アクセサリーや靴、髪型などをマナーの範囲で華やかにアレンジして、トータルでおしゃれにまとめれば、パンツスタイルで結婚式に出席してもOKでしょう。

結婚式お呼ばれドレスのマナー➄靴の選び方

つま先の隠れるパンプスで

結婚式に出席する際の靴は、つま先が隠れたパンプスがマナーです。ヒールが細く、高さが5cm以上あるパンプスを選べば、ドレスアップした華やかな雰囲気を出せておすすめです。

あまり高いヒールは苦手という人は、3cmくらいでもマナー違反にはなりません。全くヒールの高さがないパンプスは、カジュアルすぎるので避けましょう。もちろん、妊娠中など特別な理由がある人は、安全で歩きやすい靴で出席しましょう。

オープントゥのパンプスやサンダル、ミュール、ブーツなどは、装飾が華やかであっても結婚式のマナーとしてはおすすめできません。

ストッキングを必ずはくのがマナー

季節には関係なく、結婚式の服装では素足ではなくストッキングを着用するのがマナーです。ストッキングはベージュ系の肌色に近いものがおすすめです。柄物は網タイツはやめましょう。カジュアルな結婚式なら、ラメやワンポイントの飾りが入ったストッキングもOKです。

薄い黒のストッキングもマナー違反ではありませんが、喪のイメージを持つ人もいるので、結婚式ではできれば避けた方が無難です。また、ストッキングは伝線した時のために予備を一足持っておきましょう。

結婚式お呼ばれドレスのマナー⑥バッグの選び方

ドレスに合わせた小ぶりなパーティーバッグ

結婚式のドレスに合わせるバッグは、小ぶりなパーティ用のものです。あまり大きすぎると、カジュアルな印象になってしまいます。全体にスパンコールや光り物がちりばめてあるような派手なバッグは、夜の結婚式向きです。

昼の結婚式では光り物は避けるべきとされているので、上品なパールや、キラキラした装飾が控えめなものを選びましょう。

バッグも素材に注意

ドレスと同じく、結婚式で持つバッグの素材にも、ファーやアニマル柄などはNGです。また、ビニール素材や綿素材のバッグもカジュアルになりすぎるので結婚式では避けた方が良いでしょう。

紙袋はやめましょう

パーティーバッグに荷物が入りきらない場合に、サブバッグとしてブランドの紙袋を持っている人をまたに見かけます。たとえ高級ブランドの紙袋だったとしても、結婚式のマナーに合っているとは言えません。

サブバッグを持ちたい場合には、フォーマルにふさわしいデザインのきちんとしたバッグを、サブ用に用意するのがマナーです。

結婚式お呼ばれドレスのマナー⑥髪型の注意

結婚式におすすめはアップヘア

結婚式の髪型で一番おすすめなのは、アップヘアです。華やかさときちんと感があり、好印象な髪型です。髪の毛を下ろしたスタイルでも、セット次第で結婚式にふさわしい髪型にすることは出来ますが、アップヘアに比べると難しいでしょう。

また、結婚式の最中はお食事を頂いたり、頭を下げてご挨拶したりします。髪型がきちんとまとまっていた方が、これらの動作が美しくなるため、やはりきちんとまとめたアップヘアの髪型がおすすめです。

ヘアアクセサリーの選び方

髪型のまとめ方だけではなく、ヘアアクセサリーにもマナーがあります。もちろんドレスに合わせて選びますが、大きいお花のモチーフや、ティアラをイメージさせるようなヘアアクセサリーは、新婦と被ってしまうのでNGです。それ以外にも、新婦より目立ってしまいそうな派手な装飾はマナー違反です。

また、ラメやファーが周りに落ちそうなヘアアクセサリーも避けましょう。せっかくのお料理に入ってしまったら、周りの迷惑になります。

親族としての結婚式は違う意識で

親族のマナーは格上

親族として結婚式に出席する場合は、友人同僚として出席する場合とは違った心構えが必要です。ゲストではなく、新郎新婦側としてお客さまを迎えるという立場になります。

結婚式での親族の服装は、他のゲストの方々に与える印象に大きく影響します。チャラチャラしただらしがない印象を与えてしまっては、新郎新婦に嫌な思いをさせてしまうかもしれませんので、きちんとマナーを守った正装で出席したいものです。

また、親族紹介や記念撮影など、特別な節目としての意味もありますし、受付の謝礼や主賓へのお車代を渡すこともあるため、「見られる」という意識を持っておく必要があるでしょう。友人同僚として出席する場合の服装マナーとは違う部分を解説しますので、ぜひ参考にして下さい。

結婚式親族のドレスのマナー①兄弟・姉妹【未婚】

結婚式は振袖を着るチャンス!

未婚の女性が結婚式に出席する場合は、振袖を着ることが出来ます。成人式以来、せっかくの機会だからということで、振袖を着る人が多いようです。振袖には大振袖と、それよりも少し袖が短い中振袖があります。大振袖は花嫁衣装にもできる振袖なので、中振袖を選ぶのがマナーです。

事前に新婦が結婚式で和装をすると分かっている場合には、新婦よりも柄や色を抑えたり、色が被らないようにするなどの配慮ができると良いでしょう。また、結婚式では振袖ではなく色留袖を着てもOKです。髪型は和装に合わせて上品にアップにしましょう。

和装以外でもOK

もちろん、結婚式では和装ではなくドレスでも大丈夫です。ドレスなら、落ち着いた上品な色合い、育ちの良さそうな印象を与える装いが良いでしょう。髪型も華やかかつ清潔感のあるスタイルにしましょう。高校生以下なら、ドレスを用意しなくても学校の制服でも出席できます。

結婚式親族のドレスのマナー②兄弟・姉妹【既婚】

既婚の女性が結婚式に出席する場合は、振袖を着ることは出来ません。和装なら、基本的に黒の留袖を着用します。色留袖を着てもOKですが、基本的に兄弟・姉妹の服装は両親よりも控えめにします。髪型も華やかかつ清潔感のあるスタイルにしましょう。洋装もOKです。

結婚式親族のドレスのマナー③いとこ・甥姪

いとこや甥、姪の結婚式に親族として出席する場合には、特別に決まった服装マナーはありませんが、やはりきちんとフォーマルなマナーを守った服装が求められることは間違いありません。事前に親族の服装を聞いておき、雰囲気を合わせられるようにすると良いでしょう。

結婚式親族のドレスのマナー④母親

結婚式に母親の役割は大切

母親の結婚式での服装は、和装の場合は黒い留袖です。洋装の場合は、肌の露出が少なく上品なドレスがマナーです。新婦よりは控えめにしますが、ゲストへのあいさつ回りや挙式でのベールダウンなど、結婚式での母親の出番は多いですから、華やかで品のある装いにしましょう。

和装にするのか洋装にするのか、大体の装いの雰囲気を、結婚式当日の前に親族両家で確認しておくと、当日ちぐはぐな雰囲気になるという失敗を防げます。また、結婚式での昔からの慣習や家に伝わる風習がある場合もありますので、そういった点も事前に確認するといいでしょう。

結婚式のドレスはレンタルするのも手

結婚式に便利なドレスレンタルサービス

色々な式に合わせてベストな衣装を身につけようとすると、どうしても手持ちのドレスでは足りない、用意しきれないということもあるでしょう。そんな時は、結婚式場やドレスショップのレンタルサービスを利用するのも一つの手です。

友達と貸し借りしちゃう

同じコミュニティの友達の結婚式が続くと、同じドレスを何度も着たくないなと思いますよね。そんな時は、そのコミュニティと関係のない友人からドレスを借りてしまうというのもアリです。

気軽に物の貸し借りができる親しい友人なら、お互いに必要な時にドレスを貸し合う!という風にすれば両方にとって助かります。もちろん、ドレスは大切に使って綺麗にして返す、お礼をするなど、親しき中にも礼儀ありです!

結婚式のドレスのマナー、マスターできましたか?

結婚式のドレスのマナーについて、友人として出席する場合のドレス、親族として出席する場合のドレス、と分けて解説してきました。大切な人の晴れの日を気持ちよくお祝いするために、マナーを守ったドレスを選ぶことはとても大切です。

ぜひこの記事で説明したマナーを参考にしてドレスを選び、小物や髪型を決めて、結婚式を華やかに盛り上げて新郎新婦をお祝いしてあげて下さいね!

結婚式のドレスやマナーについてもっと知りたいアナタへ!

Thumbドレスの着こなし!お呼ばれしたゲストの服装・人気のスタイルは?
Thumb結婚式の二次会の服装は?女性向けのマナーとコーデ画像を紹介!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-24 時点

新着一覧