リビング学習のおすすめレイアウトは?メリットやデメリットも紹介

子供の勉強って何処でしていますか?最近子供の学習法でリビング学習が良いと言われています。どうしてリビング学習が良いのでしょうか?リビング学習法のレイアウトやリビング学習法のメリット・デメリットも一緒にご紹介します。是非参考にしてみて下さい。

リビング学習のおすすめレイアウトは?メリットやデメリットも紹介

目次

  1. リビング学習法って?
  2. 育児にもおすすめリビング学習!
  3. リビング学習のおすすめレイアウトは?
  4. 邪魔にならないリビング学習机!
  5. 学習机が無くてもダイニングテーブルでも出来ます。
  6. リビング学習のメリットは?
  7. 親が勉強をみてあげれる!
  8. 集中力がつく!
  9. リビング学習で今何を勉強しているのか把握できる!
  10. リビング学習のデメリットはあるの?
  11. リビング学習を実践して学力を上げましょう!

リビング学習法って?

リビング学習法とは字の通り、リビングで勉強する方法の事です。学校から帰ってくるとリビングで宿題や復習等の学習を子供部屋や勉強部屋でせずに家族がいるリビングで行う事です。最近では子供部屋ではなくリビング学習する子供が増えてきています。

昔は勉強などの学習は自分の勉強部屋ですると言われきましたが、最近ではリビングで学習する方が成績が上がると言われています。現役東大生に何処で学習していましたか?と言うアンケートでもリビングで学習していたという結果がとても多く聞かれたと言われています。ではリビングで学習させたいならどうすれば良いのでしょう?

育児にもおすすめリビング学習!

まだ子供が小さく目が離せなくてもリビングで学習させると、子供は真剣に学習してくれます。すぐそこにお母さんがいる事で安心して集中できます。お母さんも家事をこなしながら子供の様子を見る事が出来ます。お絵かきやパズル等小さいお子さんの育児にもリビング学習はとても良くおすすめですよ。

育児で子供の集中力をどう高めれば良いのか?という悩みは昔も今も同じだと思います。リビングは家族にとってとても安らげる場所でもあり落ち着ける場所でもあります。子供の集中力を高めようと育児に悩んでいるお母さんもリビング学習を子供と一緒にしてみて下さい。小さいお子さんは特に集中力が凄いですよ。出来たら褒める事を忘れずに!

リビング学習を小さい頃からやるとスムーズです!

リビング学習を大きくなってから実行しようとしても中々上手くいかないものです。ついつい玩具で遊んだり、遊びに夢中になってしまう物です。そこで小さいうちからリビング学習をしておくとスムーズに勉強できますよ、玩具などの誘惑に負けなくなります。育児でも大変な勉強を子供にどうさせるかは昔も今も親の悩みでもあります。

小学生になると勉強をしなくてはいけなくなります。リビング学習をするという方が最近とても多いと言います。育児をしながら家事もこなせるので親である私達にとってもリビング学習は勉強も見てあげれるのでとても良い方法でおすすめです。ではリビング学習はどう始めれば良いのかご紹介します。是非参考にしてみて下さい。、

リビング学習のおすすめレイアウトは?

リビング学習を始めるならまず環境を整えます。家のリビングに学習する場所をレイアウトします。レイアウトとは、配置を決める事です。学習机をどこに置くか?教科書は何処に置くか?等をレイアウトします。大きいリビングなら学習机をドンと置いても良いかと思いますが大抵は学習机が邪魔になってしいますね。

Thumb部屋のレイアウトをアプリでシュミレーション!それもスマホで簡単に?

邪魔にならないリビング学習机!

最近ではネット通販でもリビング学習の為の学習机が販売されています。昔は子供部屋に大きな学習机が当たり前でしたが、最近はやはりリビング学習法が多く、学習机もリビングに置いても邪魔にならないコンパクトな物が増えてきています。実際大きい立派な学習机を子供部屋に買ったけど物置状態だと悩んでいるお母さんも多いと言います。

おすすめリビング学習机!

おすすめは壁にペタッと付けるタイプの学習机です。幅も薄くリビングでも邪魔になりにくいタイプのリビング学習机です。カラーボックスで簡単に作れますよ。通販でも販売していますが、自分で好みの長さや幅で作れるのでお勧めです。カラーボックスに教科書を入れれるので散らかったりしません。

最近ではリビング学習机をインテリアの1つとしてレイアウトする人が多くなってきています。インテリアとして学習机を考える時代になってきたのですね。お洒落でしかも、収納もきちんと考えられています。リビングにある学習机なので常に綺麗に整理整頓されているのも勉強がはかどりますので。おすすめです。

すでに子供部屋に買ってある学習机でも大丈夫ですよ。リビングの邪魔にならない場所をレイアウトしてリビング学習を始めましょう。折角買った学習机を無駄にしない為にも今ある物で始めましょう。しかし、運び入れたり大きすぎて邪魔になるのであればダイニングテーブルで学習する事をお勧めします。

学習机が無くてもダイニングテーブルでも出来ます。

わざわざ学習机を買わなくてもダイニングテーブルでもリビング学習は出来ます。宿題や復習、そして予習とお母さんの目が届く場所で出来るのがリビング学習法の良いところです。その場合教科書が散らからないようにする事が必要にはなりますね。

教科書や辞典等をしまえる棚があると便利でおすすめですよ。リビングで教科書が散らかる事もない為お母さんもイライラしません。自分でしまうという癖をつけるとより良いと思います。

リビング学習のメリットは?

リビング学習すると学力が上がると言われていますが、その他にもリビング学習をするにあたってのメリットとはあるのでしょうか?またそのメリットとは何なのかご紹介します。是非参考にしてみて下さい。

親が勉強をみてあげれる!

リビング学習のメリットはやはり、親が勉強を見る事が出来る事だと思います。子供部屋で勉強していては親は見る事が難しく、また子供が分からない時すぐに聞くことが出来ない為そのままになってしまっている事もあります。リビング学習はわからない時すぐに親に聞く事が出来て子供にも勉強を教える事ができます。

集中力がつく!

リビング学習で集中できるのか不安だと思いますが、実はリビング学習でのメリットで集中力が見に着くと言われているんですね。お母さんが家事でバタバタと料理や掃除などをこなしているこの環境が子供の集中力を高めてくれるそうです。逆にシーンと静まりかえっている部屋では落ち着かず集中力がなくなると言われているんですね。

リビング学習で今何を勉強しているのか把握できる!

子供が今何を勉強しているのか把握できます。口を出すのは良くないのですが、何を今勉強しているのか覗くことが出来ますね。育児で悩んでいる方も子供が大きくなってくると勉強面での悩みが増えます。何を勉強しているのか?どう教えれば良いのかなど、子供が大きくなるにつれて育児の悩みも変わってくるものです。子供が何を勉強しているのかを知る事も大事ですよ。

リビング学習のデメリットはあるの?

学力が上がると評判のリビング学習ですが、デメリットもあります。リビング学習でのデメリットをまとめてみました。リビング学習のメリットを多く生かすためにもデメリットを知り、デメリットに注意しながらリビング学習を行うと良いと思います。是非参考にしてみて下さい。

邪魔が入りやすい!

リビング学習でのデメリットはやはり、邪魔が入るという事です。特に弟や妹など小さい子供がいる家庭ではリビングでの勉強に支障が出ます。これは仕方のない事だと思いますが、リビング学習をするうえで兄弟に邪魔されないようにするには、下のお子さんにはお母さんが付いてお絵かきやパズル等集中できる物をさせると良いですよ。

勉強の邪魔なテレビは消して!

リビング学習でテレビをつけて勉強していませんか?折角集中して勉強していてもテレビが付いていたりすると集中力がなくなってしまい、代わりにテレビに集中してしまいます。テレビは必ず消しましょう。また、音楽なども同じです。音楽で頭に勉強が入ってきません。必要のない音は出さないようにしましょう。

親の口出しはやめて!

リビング学習でのデメリットと注意する事としてやってはいけない事があります。それは、親が勉強に対して必要以上に口を出してしまう事です。「ここ間違っているよ」「ちゃんとしなさい」など親なら口を出してしまいたいところですがそこは我慢です。折角やる気になっているのに子供のやる気がなくなってしまいます。

リビングが散らかる!

リビング学習でのデメリットでお母さんが頭を痛めるのが、リビングの散らかりです。教科書やランドセルなどの収納をきちんと準備しておいた方が良いですよ。最近ではランドセルや教科書をきちんと収納してくれる棚も販売されていますのでお勧めです。

学習机やダイニングテーブルで勉強すると必ず出るのが消しゴムのクズです。子供が勉強する時何故か大量の消しゴムのクズが出てしまいます。ゴミ箱に捨ててくれれば良いのですが、ほとんどが机やテ-ブルの下に落ちてしまいます。しかし、汚したからと子供を叱らないように気を付けましょう。勉強する事が嫌になってしまいます。片づけはお母さんの仕事です。

リビング学習を実践して学力を上げましょう!

リビング学習法が学力を上げると言われています。実践しないのは勿体ないですね。子供が嫌がるようであればしない方が良いですが、そうでなければ是非リビング学習法をおすすめします。親は口を出さずに聞かれた事にだけ答えましょう。静かに子供を見守りましょう。きっと集中力も上がりますよ。是非参考にしてみて下さい。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-06-13 時点

新着一覧