おすすめの毛玉取り機と毛玉取りブラシ!どのくらいきれいに取れるの?

冬の衣類は毛玉がつきやすい。毛玉を取るなら毛玉取り機を使用シたことがあるけれども、毛玉取りブラシも気になる。そんな毛玉取り機と毛玉取りブラシにつての知識を得てみてください。購入する手がかりや、使いやすさで自分に合ったものが見つかります。

おすすめの毛玉取り機と毛玉取りブラシ!どのくらいきれいに取れるの?

目次

  1. 毛玉ができるのはなぜなのか
  2. 毛玉を取る方法
  3. 毛玉取り機と毛玉取りブラシがない場合の毛玉取りの方法とは
  4. 毛玉取り機と毛玉取りブラシはどこで購入できるのか?
  5. 毛玉取り機と毛玉取りブラシの効果
  6. おすすめの毛玉取り機と毛玉取りブラシについて
  7. 毛玉取り機と毛玉取りブラシの使用方法
  8. ダイソーの毛玉取り機と毛玉取りブラシの口コミ評価は
  9. 毛玉取り機と毛玉取りブラシはどちらが綺麗に毛玉をとれるのか
  10. 毛玉を防ぐ方法
  11. 毛玉取り機と毛玉取りブラシで毛玉のない服でいつまでも綺麗に

毛玉ができるのはなぜなのか

毛玉が出来る原因

毛玉が出来る理由は、冬物の洋服の素材が関係します。また、毛玉は動く時の摩擦によってもできます。その為、いろいろなところに毛玉ができるため、毛玉を取ることを考えると、多くの人は、毛玉取り機やブラシなどを使用する人が多くなります。

動きの摩擦によって、特に毛玉ができやすい場所は、脇や袖の内側などが多いとされます。また、肩や袖口・衿・裾まわりと、あらゆる場所に毛玉ができます。そして、見落としがちですが、リュックやバックなどを持った場所にもできます。色々な場所に毛玉ができると、毛玉が目立つ様になってしまいます。

毛玉ができる素材

毛玉ができる素材としては、アクリル100%物です。また、アクリル・ポリエステルの合成繊維の服も毛玉になりやすい素材です。他にも、綿とポリエステル、ウールとアクリルなども毛玉ができます。このように見ると、どれも毛玉がつく服に思ってしまいます。

逆に毛玉ができにくい素材は何か知りたくなります。それは綿(コットン)や麻、シルク素材のものです。それも100%の物の方が毛玉ができにくいです。少しでも混合されている場合は毛玉ができないと言い切ることはできません。

毛玉を取る方法

毛玉ができてしまうと、綺麗にしたいけれどもどのようにしたら良いのかと考えることは多いのではないでしょか。毛玉を指で取ってしまうこともあるのではないでしょうか。しかし、衣類の繊維の事を考えるとどのような方法があるのでしょうか。

実は、毛玉を取る方法は家庭にある身近な物でもできます。その方法は様々です。しかし、大切な洋服を長く使用するには、服の繊維を傷めずに簡単に毛玉を取れる物がおすすめです。よく使用されるのは、毛玉取り機や毛玉取りブラシになります。

毛玉取り機と毛玉取りブラシがない場合の毛玉取りの方法とは

毛玉ができても毛玉取り機や毛玉取りブラシがないとできないのかと思いますが、他にも身近にあるもので毛玉を取る方法はあります。一つ目は、食用スポンジを使う方法です。毛玉は取れますが、引っ張って取っている形になるので、洋服へのダメージは大きくなります。

他には、カミソリを使って毛玉を取る方法があります。簡単に毛玉を取ることができるようになるまでには時間がかかります。また、眉毛を切る小さなハサミを使用する方法もあります。根気がいる作業になるので、広範囲になるとおすすめはできません。

毛玉取り機と毛玉取りブラシはどこで購入できるのか?

冬物の服などは、着ていると、知らないうちに広範囲に毛玉がついていると気がつくことがあるのではないでしょうか?毛玉を取ってきれいにしたいと思うと、はじめに思いつくのは毛玉取り機です。今ではとても身近な100円ショップのダイソーにも置いてあります。

毛玉取りブラシも、ダイソーにあります。しかし、毛玉取り機も毛玉取りブラシもネットでの購入が多くなります。また、購入の際に口コミに目を向けてから購入する人が多くなります。使用方法は同じですが、デザインなどの違いなどがあります。

毛玉取り機と毛玉取りブラシの効果

毛玉取り機

毛玉取り機には電池式とコード式があります。ダイソーにある毛玉取り機は電池式です。安く手に入るタイプの物は電池式ですが、扱いやすく、毛玉を取ることに適しています。しかし、電池なのでパワーがいつでも安定しているというわけではありません。

オススメの毛玉取り機は、コード式になります。パワーがあるので、時間がかからずに毛玉を取ることができます。製品によっては、毛玉を取る作業だけでなく、毛足の長さを調整出来るものもあります。色々な種類があり、機能も様々なので、口コミを見て購入するのもおすすめです。

毛玉取りブラシ

ブラシなのでいつでもどこでも簡単に使用できます。そのため、1日の終わりにブラシすることなどで、毛玉をできにくくしてくれます。そして、花粉の除去や埃の除去も出来るので、普段の生活をする上で、とても便利なアイテムになります。

毛玉取りブラシは、ブラシと一緒にブラッシングクリーナーが付いています。毛玉を取るっていて、ブラシに毛だまが絡みついたのを除去するためのものです。毛玉取りブラシもよく口コミを見て比較することがおすすめです。

おすすめの毛玉取り機と毛玉取りブラシについて

おすすめの毛玉取り機

ダイソーの毛玉取り機は、電池式で電池の消耗は他の物より若干早く感じます。しかし、毛玉を取ることは多少のパワー不足はあっても、よく取れるためいコスパが良くて優秀です。

一番優秀なのはコードレス式の毛玉取り機です。値段は電池式よりも高めになりますが、人気なのは「テレコム」の商品になります。カーペットなどの大きいものにも使用できるとのことで、多くの毛玉が取れることが期待できます。

おすすめの毛玉取りブラシ

ダイソーには毛玉取りブラシもあります。毛先は少し固いですが、毛玉が取れるので、コスパも良くて便利です。おすすめなのは、「クリーニング屋さんの毛玉取りブラシ」です。

毛玉取り機と毛玉取りブラシの使用方法

毛玉取り機

毛玉取り機を使用する場合は、アイロン台などの平らな場所を使用します。そして、押し付けることはせずに、軽く服の上を滑らせるような感じで使用すると上手に毛玉を取ることができます。コツが必要ということはないので、普通に使用すると簡単に毛玉を取ることができます。

毛玉取り機は物によって性能が違うため、服を着たままでも毛玉を取ることが出来るものもあります。また、クッション、ソファー、カーペットにも使用できる物もあります。高さを選べる物もあるので用途が色々とあるので使用範囲が広がります。

毛玉取りブラシ

使用方法としては、繊維の流れに沿って、繊維を整える感覚で丁寧にブラッシングします。網目に沿って平行にブラシを当てますが、必ず片手は衣類に添えてブラシがしっかりと生地に当たるようにします。上手く取れるコツは同じ方向に動かすことです。

毛玉取りブラシは、毛玉を取るだけではなく、静電気防止対策としても有効です。また、繊維の流れを整えることができるので、毛玉防止にもなり、肌触りや風合いも良くしてくれます。さらに、コートやニットにブラシを当てると汚れを落としてくれる効果もあります。

ダイソーの毛玉取り機と毛玉取りブラシの口コミ評価は

最近ではダイソーにも毛玉取り機と毛玉取りブラシがあるので、安くて試しに使用するという人は手に取るのでないでしょうか。ダイソーの商品はとてもいいものと、やはり100円という商品があるので、毛玉を取るにはどのくらい適しているのか、周りの人の口コミ評価が気になります。

ダイソーの毛玉取り機の口コミ評価

電池式でコンパクトな印象の毛玉取り機ですが、ネット上での口コミは100円なのに毛玉がよく取れるとの評価が高いです。しかし、電池の消耗は激しく、時間がかかってしまうというデメリットもありますが、綺麗に取れるのでおすすめできます。

ダイソーの毛玉取りブラシの口コミ評価

毛玉取り機の口コミ評価が高いので、ブラシの口コミがとても少ないです。ブラシは毛玉取り機のデメリットを考えて購入する人が多いようです。ブラシが大きく、エコで経済的という理由と、広い面積があるものにはブラシがおすすめになります。

毛玉取り機と毛玉取りブラシはどちらが綺麗に毛玉をとれるのか

毛玉取り機は時間がかかり、毛玉の取り残しも多く見られます。丁寧に行うことで綺麗に毛玉を取ることが可能になります。毛玉取りブラシは毛羽立ちは多少目立ちますが、急ぎの時には時間がかからず毛玉が取れます。

また、素材によってどちらが綺麗に取れるかも変わります。ウール素材のものは毛玉が取りやすいので、ブラシを使用すと綺麗に毛玉を取ることができます。しかし、アクリルなどはブラシでは取れにくいので、毛玉取り機を使う方が効率的になります。

どちらも綺麗に毛玉を取ることができるので、どちらがという順位をつけるのは難しいです。個人的に使いやすいなど様々なので、自分にあったものが一番綺麗に毛玉を取ることが出来るものになります。また、使い分けて使用することもより効果があるのでないかと思います。

毛玉を防ぐ方法

毛玉は繊維の先に絡まっているものなので、こまめにブラッシングすることで予防できます。また、お気に入りの洋服は良く着てしまいますが、連続して着用することを避けると、摩擦が起きる回数が少なくなるので、毛玉がつきにくくなります。

また、洗濯をしている時にも摩擦が起きて毛玉ができます。そのため、ニットなどの衣類を畳んだ時よりも、小さめのネットに入れることで、洗濯している時の摩擦を減らした、毛玉を防ぐことができます。必ず一つのネットに1枚の衣類を入れて使用するようにしてください。

靴下などは裏返しにして洗濯することで、簡単に毛玉を防ぐことができます。そして、洗濯をする際には洗濯槽に衣類を詰め込みすぎないようにすることも重要になります。

毛玉取り機と毛玉取りブラシで毛玉のない服でいつまでも綺麗に

セーターなどの服を毛玉ない状態で着ると、やはり素敵に見えます。そのためには、毛玉取り機や毛玉取りブラシを使用して、少しの手間ではありますが、やるのとやらないのではとても違いがあります。女性はいつまでも綺麗でいたいのと同じように、衣類が綺麗であることも大切ではないでしょうか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-14 時点

新着一覧