「仁義なき戦い」の名言・名セリフ集!菅原文太、松方弘樹など人物別に紹介

映画「仁義なき戦い」に名言があるのをご存知でしょうか。仁義なき戦いはただのヤクザ映画ではなく、実は実録映画で当時の出演していた俳優も魅力的な映画です。今回は、今は亡き菅原文太や松方弘樹などの仁義なき戦いの隠れた名言を面白おかしくご紹介します。

「仁義なき戦い」の名言・名セリフ集!菅原文太、松方弘樹など人物別に紹介

目次

  1. 「仁義なき戦い」って?こんな怖い映画に名言や名セリフなんてあるの?
  2. 「仁義なき戦い」の名言と名セリフを日常会話で使ってみよう!【入門編】
  3. 「仁義なき戦い」の名言と名セリフを日常会話で使ってみよう!【中級編】
  4. 「仁義なき戦い」の名言と名セリフを日常会話で使ってみよう!【上級編】
  5. 「仁義なき戦い」の名言と名セリフを日常会話で使ってみよう!【クレーム編】
  6. 「仁義なき戦い」の名言と名セリフを日常会話で使ってみよう!【恋愛編】
  7. 他にもある「仁義なき戦い」の名言と名セリフ集
  8. 「仁義なき戦い」で一番有名な名言
  9. 「仁義なき戦い」は名言以外にも見どころはたくさん
  10. 「仁義なき戦い」の名言【おまけ】

「仁義なき戦い」って?こんな怖い映画に名言や名セリフなんてあるの?

映画「仁義なき戦い」は1973年から1974年にかけて上映された東映の映画でシリーズは5部作となっており、実際に広島で起こった暴力団の抗争事件をもとに制作されタイトルどおり仁義や任侠がない実録映画でモデルとなった当事者たちも健在のころに作られておりとてもリアルなヤクザ映画です。

「仁義なき戦い」のインパクトが大きすぎるテーマ曲

「仁義なき戦い」といったらやっぱりあのテーマ曲ではないでしょうか。イントロがトランペットからはじまり、とてもインパクトがある、あの曲。誰でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

名俳優たちの若かりし頃の勢いのある演技が魅力的でかっこいい!

菅原文太、松方弘樹、梅宮辰夫、田中邦衛、北大路欣也、黒沢年男などの多くの名俳優たちが出演しており、ビジュアルも内容もインパクトのある作品です。菅原文太をはじめ、ほとんどの俳優が「仁義なき戦い」を自分の代表作と言っています。

「仁義なき戦い」は登場人物の説明がややこしい

「仁義なき戦い」は実録映画ですが、モデルと登場人物の名前が違うので1人の登場人物に対して役名・俳優・モデルの3人がいます。例えば主役を説明する場合は、「菅原文太」が演じる「広能昌三(モデル:美能幸三)」となりかなりややこしいですね。

主役は菅原文太が演じる広能昌三(美能幸三)

出演者した俳優が自分の代表作としていますが、実は主役は菅原文太が演じています。美能幸三が獄中で書いた手記をもとに作られた仁義なき戦い。菅原文太が演ずる広能昌三はその手記を書いた美能幸三がモデルです。主役だけあり名セリフもたくさんあります。

三度も殺される役の松方弘樹

松方弘樹は5部作中3作に出演しています。しかし、実はすべて別人の役で松方弘樹は3回とも殺されてしまうという役です。しかも、おどろきなのが松方弘樹が演ずる役はすべて物語に重要なキーパーソンとして登場しています。先ほどの説明の仕方をすると、きっととんでもないことになりそうですね。実は松方弘樹の演じる役は名セリフがほとんどありませんがキャラクターとしての人気の高いです。

「仁義なき戦い」は名言や名セリフが多いの?

とは言え、実録の抗争事件の話だと思うと名言や名セリフなんてあるのかと疑問を持つ方も多いでしょう。「仁義なき戦い」のセリフは怖い言い方になっていますが、実は標準語にするととてもいいことを言っていることが多いのです。今回はそんな「仁義なき戦い」の名言や名セリフを集めてみました。

「仁義なき戦い」の名言と名セリフを日常会話で使ってみよう!【入門編】

それでは、たくさんの名言、名セリフを集めたので分かりやすいように日常会話で使えるようにご紹介します。菅原文太や松方弘樹になったつもりで「仁義なき戦い」の名セリフを日常生活で使ってみましょう。まずは入門編から。

周りの人に「無理をするな」と言われたら

厳しい状況や残業が長引きそうなときに「無理しなくてもいいよ」と言われたときに、どうしても達成させたい気持ちがある場合に、この言葉を使いましょう。上司や同僚もきっとあなたを手伝ってくれるはずです。ゆっくりこのセリフを言うのがポイントです。

あなたの友達が何かされたとき

もし、あなたの友達が誰かに嫌がらせなどを受けていたり、ひどいことをされた場合は、このように友達に言ってあげましょう。この言葉で友情が深まること間違いなしです。

「仁義なき戦い」の名言と名セリフを日常会話で使ってみよう!【中級編】

入門編の名言や名セリフを無意識に言えるようになったら、次は中級編です。中級編は入門編に比べてちょっと難易度が上がります。ポイントは菅原文太や松方弘樹になりきって低めのトーンで言うのがおすすめです。

強制参加の歓送迎会で

あまり、親しくない人の送別会や違う部署の歓迎会って面倒ですよね。また、自分自身の歓送迎会もあまり乗り気じゃない方も少なくはないと思います。そんなときはこの名セリフがおすすめです。

頼める相手が苦手な人しかいない

例えば、外注に出そうと思った案件でも予算がなかったり、初めての業者より少し高くても知ってる業者の方が安心感はありますよね。それは社内外、問わず、話しをしたことのない人に何かをお願いするより、ちょっと怖い上司にお願いするときにこの言葉を使いましょう。これで上司とあなたの信頼度が上がるかもしれません。

「仁義なき戦い」の名言と名セリフを日常会話で使ってみよう!【上級編】

さあ、ここからは上級編です。中級編までは日常でよくあることなので、使いやすいかと思います。上級編ではあなたの怒りが抑えられないときなどに使える名言、名セリフを集めました。ぜひ、ここぞという時に使ってみましょう。ちょっと声を張るのがポイントです。

提案した企画がボツになりそうになったら

何度、提出しても通らない企画書ってありますよね。自分の企画力が弱いのか、上司の嫌がらせなのか分からなくなる前に、ダメ出しをされたらこう言いましょう。ポイントは3回目のダメ出しの時がちょうどよいでしょう。

上司が失敗を押し付けてきた

手柄は自分のものにして、失敗は全部、部下のせいにする上司っていますよね。もし、あなたの上司が失敗を押し付けてきてあなたのせいにしてきたら、こう言いましょう。きっと上司は自らの指導力不足を認めるでしょう。

コンペでクライアントに

クライアントがあなたの企画と競合の企画で迷っていて中々回答が得られないときにプレゼンの最後にクライアントにこう言いましょう。きっとクライアントはあなたの企画に決めること間違いなしです。

「仁義なき戦い」の名言と名セリフを日常会話で使ってみよう!【クレーム編】

これはあまり使う機会が少ないかもしれませんが、電話で問い合わせたときに少々お待ちくださいと言われて、たらい回しにされたり、何度も同じことを聞かれたりすることありますよね。結局聞きたいことが聞けなかったりなど…そんなときにはこのセリフを言いましょう。

「仁義なき戦い」の名言と名セリフを日常会話で使ってみよう!【恋愛編】

もし、あなたのパートナーがいつも受け身で少し退屈に感じてきたら要注意です。そんな隙だらけの相手に不満を感じたり喧嘩の時などに使える仁義なき戦いの名セリフを集めました。

恋愛編は少し難易度が高いかもしれません。なぜなら、「仁義なき戦い」のファンである、あなたのパートナーもきっと「仁義なき戦い」のファンでしょう。名言・名セリフを言うと、きっとあなたのパートナーも同じように返してくるのでその反撃方法もここでご紹介します。

隙だらけだった相手からこのように「信用」という言葉を言われたら反撃開始です。ブーメランを返して反撃しましょう。

これでは、まだ弱いですね。きっと相手も同じように返してくるでしょう。

相手が開き直ろうが、逆上しようが、次からが本番です。相手に反撃される前に即座に追撃しましょう。時にはハッタリも必要です。相手に対してすべてを知っているかのように余裕の表情で言うのがポイントです。

きっとこれで相手は完全にあなたに頭が上がらないでしょう。どうでしたか?うまく使いこなせそうでしょうか。恥ずかしがってはいけません。大切なのは「仁義なき戦い」の登場人物になりきることです。

他にもある「仁義なき戦い」の名言と名セリフ集

これまで面白おかしく「仁義なき戦い」の名言と名セリフ集をご紹介してきましたが、実は胸に突き刺さるような確信をついた名言と名セリフもあります。ここからは少し、まじめに名言と名セリフ集をご紹介したいと思います。

先手必勝

何事も先手必勝というわけではありませんが、「二番煎じ」なんて言葉もあるくらいなので少なからず先手を打った方が有利なことも多いのではないでしょうか。

お金では返せないもの

お金では返せないものや解決できないものってたくさんありますよね。義理もその一つではないでしょうか。

「仁義なき戦い」で一番有名な名言

一番有名な名言は5部作もあり主役の菅原文太の言葉と思いきや、実は「仁義なき戦い」のファンの間で一番、名言・名セリフだと言われているのは松方弘樹が演ずる坂井鉄也が組長に詰め寄るシーンのこの言葉。

ヤクザ映画なので血を流すなど、とても過激な表現ですが、現代の会社などでも組織論として思い当たる節はあるのではないでしょうか。ふんぞり返って何もしないお偉いさんに言いたい一言ですね。

「仁義なき戦い」は名言以外にも見どころはたくさん

「仁義なき戦い」は実録であり、当時の過激な表現などが多く含まれていますが、現代社会ではありえないようなことも多いので十分フィクションとして楽しむことができます。また、今は亡き名俳優たちの若かりし頃の演技を見るのも楽しみ方の一つです。また、今回は5部作だけの紹介でしたが実はそのほかにもシリーズがあります。どれも見ごたえのある作品なのでおすすめです。

「仁義なき戦い」の名言【おまけ】

ここまで様々な名言・名セリフをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。日常生活で使うには少しハードルが高い言葉ですが、何かしら確信をついているのではないでしょうか。また、「仁義なき戦い」は言い方や、やっていることは全く違えどヤクザも組織の人間なんだと感じる作品です。

これは意外と隠れた名言ではないでしょうか。毎日、働くということは身を削っていますからね。とても良い言葉だと思います。この他にもたくさんの名言があるので興味がある方は「仁義なき戦い」を見てみてください。

「仁義なき戦い」に関する記事はこちら

Thumb「仁義なき戦い 広島死闘篇」のあらすじ・名言!登場人物のモデルは?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-06 時点

新着一覧