結婚式の招待状の返信マナー!アレルギーがある場合・ない場合の書き方!

結婚式の招待状をもらうのは嬉しいですよね!せっかくだからマナーも完璧に返信したいと思うものの「アレルギーを正直に書いてもいいの?」など書き方に迷うことも。そこで今回は基本の結婚式招待状返信マナーからアレルギーの有無の書き方までご紹介していきます。

結婚式の招待状の返信マナー!アレルギーがある場合・ない場合の書き方!

目次

  1. 結婚式招待状が届いた!返信の書き方とマナーを知りたい
  2. 結婚式招待状返信を書く前に!基本のマナーを確認
  3. 結婚式招待状の返信期限のマナー
  4. 結婚式招待状返信時の表面(宛名)の書き方
  5. 結婚式招待状返信時の裏面の書き方!「出席」の場合のマナー
  6. 「御」「芳」など敬語にあたる文字を消す
  7. 「出席」の場合のマナー!お祝いメッセージ書き方文例
  8. イラスト入りの結婚式招待状返信も人気
  9. 正直にアレルギーを書いて大丈夫?アレルギー記入欄の書き方
  10. アレルギーがあるのに招待状にアレルギー記入欄がない場合の書き方
  11. 結婚式招待状返信時の裏面の書き方!「欠席」の場合のマナー
  12. 結婚式「欠席」の場合のマナー!お祝いメッセージ書き方文例
  13. 連名で招待状をもらったのに1名しか参加出来ないときの返信マナーは
  14. 結婚式招待状の返信が遅れた場合のマナー
  15. 結婚式招待状は返信マナーを守ればお祝いの気持ちがもっと伝わる

結婚式招待状が届いた!返信の書き方とマナーを知りたい

返信マナーは?アレルギー欄もどう書けばいいの

結婚式の招待状が届くのはとても嬉しいことですよね。一方で招待状の返信の書き方に迷ったり、アレルギー欄に正直に書いても良いのかなど、返信マナーについて気になったりもするものです。せっかくならば、パーフェクトな返信をしたいですよね。そこで今回は、結婚式招待状の返信の書き方について解説していきます。以下の記事を参考に、マナー美人の返信を目指しましょう。

結婚式招待状返信を書く前に!基本のマナーを確認

アレルギーなど配慮してくれている新郎新婦の気持ちを大切に

新郎新婦にとって、結婚式は一生に一度の大舞台。最高の1日にするためにもゲストを最大限におもてなししようとしてくれています。その気持ちに応えるためにも、ゲストとして最低限のマナーを守った返信を心がけたいものですよね。ここでは、結婚式招待状の返信時に気を付けるべき、基本マナーをまず確認していきましょう。

出来たら万年筆か毛筆で

結婚式の招待状は、正式には毛筆や万年筆で書くのが良いとされています。ただ現在はそこまで厳密ではないので、黒のボールペンでも大丈夫です。ただし、薄くてグレーに見えるボールペンは不祝儀事に見えてNGなので、あくまで濃い黒色一色で書くようにしましょう。ただし、招待状にイラストを書いたりする場合は、必ずしも黒一色でなくても大丈夫ですよ。

二重線で消すときは定規を使用

結婚式の招待状では、表面と裏面の何カ所かを二重線で消す場面が出てきます。そのときに手書きの二重線だと線が曲がってしまい汚く見えるので、定規を使いましょう。キレイに書くことは、新郎新婦へのお祝いの気持ちを表すことにも繋がります。

予定が未定のときは電話で一報を

結婚式招待状は、結婚式当日より2~3か月余裕を持って発送する新郎新婦が多いです。そのため、どうしても外せない仕事などの都合で、招待状をもらった時点で結婚式に参加出来るかどうかがまだわからないという方もいるかと思います。そのような場合はまず電話で新郎新婦に連絡して、「結婚式に行きたいけれどどうしてもまだ都合がわからない」旨を伝え、予定が決定した時に返信しましょう。

結婚式招待状の返信期限のマナー

届いてから1週間以内の返信がマナー

結婚式招待状は、大体届いてから1か月後に返信締切のことが多いものですが、締切ギリギリに投函するのはマナーとしては良くないです。ギリギリに返信が届くと、招待状を送った側も「返信が面倒だったのかな?」と感じてしまいますので、お祝いの気持ちを表すためにも、届いてから1週間以内に返信するのが良いでしょう。

結婚式招待状返信時の表面(宛名)の書き方

二重線で「行」を「様」へ変更

宛名の「行」という字に定規で二重線を引き、その横に「様」を書き加えます。「行」という字は「バツ印」や「黒塗り」で消すのではなく、必ず二重線で消しましょう。もちろん、二重線だからと言って訂正印などは押さなくても大丈夫ですよ。

結婚式招待状返信時の裏面の書き方!「出席」の場合のマナー

「出席」に丸をつけ「欠席」は二重線で消す

結婚式に出席の場合は、「出席」に丸印をつけます。このとき「ご出席」の「ご」の字は敬語のため、二重線で消すのがマナーです。また「御欠席」の字は全て二重線で消してしまいましょう。「出席」の前後に文字を書き加えて「慶んで出席させていただきます」「喜んで出席いたします」などとすると丁寧で好印象ですね。

連名で招待状をもらった場合は参加者全員の名前を記入

連名で結婚式招待状を受け取った場合は、参加者全ての氏名を記入して返信します。くずし字などにしてしまうと、新郎新婦が席次表や席札などを作成する際に読みにくいと困るので、見やすくはっきりとフルネームで記入しましょう。もちろん、夫と同じ苗字の妻の場合は、苗字は省略して大丈夫です。

また子供も出席させたい場合は、子供用の椅子やお子様メニューの準備など別途準備が必要になるため、まずは電話などで新郎新婦に子供を連れて行っても良いかの確認をしましょう。そして問題ないようであれば、子供の名前も全て記入します。もし赤ちゃんが出席する場合で食事の準備が不要であれば「離乳食を持っていくので食事の準備は大丈夫です」などと余白に書き加えるとわかりやすくて良いですね。

「御」「芳」など敬語にあたる文字を消す

敬語にあたる「御」「芳」の文字を二重線で消す

「お名前」「御芳名」「ご住所」など、「御」「御芳」「お」などの丁寧語にあたる言葉は、返信する際には二重線で消します。結婚式招待状の返信上級者は二重線ではなく「寿」という字で「御」「ご」などの文字を上書きしたり、イラストやシールで隠したりもするので、余裕があったら真似してみるのも良いですね。

「出席」の場合のマナー!お祝いメッセージ書き方文例

名前や住所を記入したら、いよいよメッセージの記入になります。メッセージ欄が無い場合は、備考欄に新郎新婦へのお祝いメッセージを記入しましょう。備考欄やメッセージ欄は「空欄じゃだめ?」「絶対書かなきゃいけないの?」と感じるかもしれませんが、メッセージを貰ったら新郎新婦は嬉しいものなので、是非お祝いの気持ちを込めて書きたいところです。

ポイントは「句読点を打たない」こと

結婚のお祝いメッセージは短すぎても寂しいし、長すぎても見にくいので、ちょうど良い長さの文章が良いですね。その際「お祝い事には終止符は打たない」ということで、メッセージは「。」や「、」と言った読点や句読点は打たないのがマナーです。以下の文例を参考にして、ちょうど良いお祝いメッセージを考えてみてくださいね。

結婚式招待状のメッセージ書き方文例

「ご結婚おめでとうございます お招きいただきとても嬉しいです 喜んで出席させていただきます」「ご結婚おめでとうございます 当日のお二人の晴れ姿が楽しみです 何か私にお手伝いできることがあったら相談してくださいね」「お招きいただき誠にありがとうございます お二人の晴れの門出に立ち合わせていただくことをとても嬉しく感じております 慶んで出席させていただきます」といった文が好印象です。

イラスト入りの結婚式招待状返信も人気

最近では、結婚式招待状の返信にイラストを書くのも人気です。「御」などの丁寧語をイラストで消してしまって、装飾を施すことで、結婚式をとても楽しみにしている気持ちが伝わりますね。招待状返信を受け取る新郎新婦も、きっと喜んでくれるはずです。

正直にアレルギーを書いて大丈夫?アレルギー記入欄の書き方

招待状の記入欄には、アレルギーについて記載する欄があることがあります。アレルギーが無ければ問題ないのですが、アレルギーがある場合は「正直に書いてしまったら、アレルギー用の食事を準備したり、新郎新婦の迷惑になってしまわないだろうか?」と心配になってしまいますよね。そのため、以下でアレルギー欄の考え方・書き方についてご紹介していきます。

アレルギーを書いても迷惑にならない?アレルギー欄記入時の考え方

結論から言うと、アレルギー欄は新郎新婦を気にすることなく、正直に書いてしまって大丈夫です。新郎新婦は「ゲストにアレルギーの心配なく、快適に披露宴・パーティーを楽しんでほしい」と考えています。また軽いアレルギーなら良いですが、アレルギーの中には症状が重いものもあり、パーティーの途中でアレルギーにより体調不良になってしまっても大変なので、正直にアレルギー欄に書いてしまいましょう。

アレルギーがない場合のアレルギー欄の書き方

アレルギーがない場合は、アレルギー記入欄を空欄にしてもいいのか、それともそのまま「ありません」と書いて良いのか、など、書き方に迷ってしまいますよね。

アレルギーがない場合はシンプルに「特にありません」でも良いですし、「特にありません。お気遣いありがとうございます」「アレルギーは何もありません。お心遣いありがとうございます」などと書くのも好印象です。大事なのは「何か書くこと」。空欄だと新郎新婦も「ちゃんとこのアレルギー欄見てくれたかな?」と心配になってしまうので、何か記載しておきましょう。

アレルギーがある場合のアレルギー欄の書き方

前述の通り、アレルギーがある場合は正直に書いてしまいましょう。アレルギーがいくつもある場合も、そのまま書いてしまって大丈夫です。新郎新婦としても、アレルギーが具体的に記載されている方が具体的に対応しやすいんです。

アレルギーがあるのは仕方ないことですが、食事の準備について新郎新婦に少しだけ手間をとらせてしまうことになるので、アレルギー欄を記入する際は一言新郎新婦を労う言葉を足すと好印象です。具体的には「ご面倒をお掛けして恐縮ですが、卵白のアレルギーが有りますので、ご配慮いただけると幸いです。宜しくお願い致します。」などと記載すれば大丈夫です。

出席者の一部がアレルギーがある場合の書き方

例えば夫婦二人で出席する場合で、夫だけアレルギーがある場合などもありますよね。そのような場合は「夫がカニのアレルギーがあるため、ご考慮頂けると嬉しいです」などと記載すれば大丈夫です。

アレルギーがあるのに招待状にアレルギー記入欄がない場合の書き方

「アレルギーがあるのに、アレルギー記入欄がない」という場合はどうしたら良いか迷いますよね。「アレルギー記入欄がないのに、わざわざメッセージ欄や備考欄に書いたら図々しいかな?」と気が引けてしまいます。しかし、アレルギー欄がなかったとしても、アレルギーについて記載しても大丈夫です。

結婚式場や披露宴会場などでは、ゲストの食事アレルギーについての対応には慣れていることがほとんどです。そのためアレルギーについて記入する欄がないのにメッセージ欄や備考欄にアレルギーのことを書いても、失礼にはあたらないので安心してくださいね。

結婚式招待状返信時の裏面の書き方!「欠席」の場合のマナー

少し間をおいて返信する

出産や仕事の都合で最初から結婚式に出席出来ないとわかっていても、すぐに返信をしてしまうと「出席する気がさらさらない」と受け取られ失礼にあたる可能性があります。そのため、結婚式招待状が到着してから1週間程度経過したときに返信するのが丁寧です。

ただし、少し間をおいてから返信するといっても、返信期限ギリギリになったり、返信期限を超えてしまうのはマナー違反です。新郎新婦は招待状の返信を待っている間でも「席順をどうしようか」「料理のメニューは?」などと結婚式について考えたりしているので、ある程度早く出席・欠席がわかることは段取りがしやすく嬉しいことです。なのでギリギリの返信は辞め、余裕を持った返信を心がけましょう。

「欠席」に丸をつける

結婚式招待状には「御欠席」という丸を付ける欄があるかと思います。欠席の場合は、丁寧語にあたる「御」という字を二重線で消して、「欠席」に丸をします。またその際、「欠席」という文字の前後に文字を追記して「残念ながら欠席させていただきます」などと書くと丁寧に見えて好印象ですね。

結婚式「欠席」の場合のマナー!お祝いメッセージ書き方文例

大事なのは残念な気持ちを表すこと

招待したゲストが結婚式に出席出来ない場合、新郎新婦はとても残念に感じていることでしょう。その気持ちをくみ取って、こちらとしてもとても残念に感じているということがメッセージで伝わるように書くと良いですね。

行けない理由を書いた方が「どうしても行けない」ということが伝わって良いですが、理由を書くかどうかはその理由にもよります。おめでたい出産や既に決まっている仕事の出張などは理由をはっきりと書いた方が良いですが、弔辞などの不祝儀や病気や入院といった場合は、おめでたい結婚式の招待状には敢えて書かないのがマナーです。では、欠席の場合の招待状メッセージ例文を具体的に見ていきましょう。

欠席の場合のメッセージ欄の書き方文例

「ご結婚おめでとうございます 大変残念ですが出産を控えているため欠席させて頂きます お二人の末長い幸せを心よりお祈りしております」「ご結婚おめでとうございます せっかくお招きいただいたのですがどうしても都合がつかず残念ですが出席することができません 末長い幸せをお祈り申し上げます」といった文が好印象です。

連名で招待状をもらったのに1名しか参加出来ないときの返信マナーは

例えば「夫婦で招待されたけれど夫が仕事で行けない」など、連名で招待されたけれど一部しか参加できない場合は、その旨をそのまま書けば大丈夫です。「出席」「欠席」の丸をつける欄は「出席」に丸をつけ、その上で出席者のみ氏名を記入します。そしてメッセージ欄に「夫が仕事の都合がつかず、残念ですが私一名で出席させていただきます」などと書けば大丈夫です。

結婚式招待状の返信が遅れた場合のマナー

アレルギー配慮などで何かと大変な返信取りまとめ

結婚式の準備のなかで、招待状の取りまとめは最も大変な作業の1つです。ゲストの出欠やアレルギーの有無がわからないと、席次表の作成や料理の調整、引き出物の発注などの次の作業も出来ないため、新郎新婦の結婚式準備作業がどんどん後ろ倒しになってしまい負担をかけてしまいます。だからこそ、招待状の返信は早いに越したことがないのです。

しかし「長期出張で招待状を見たのが遅れた」「ついうっかり返信期限が過ぎていた」など、返信期限に遅れてしまうこともあるかと思います。その際はまず返信に遅れていることに気付いた時点で、電話などでお詫びと一緒に「すっかり遅れてしまったけど出席するつもりだ」などと一報するのが丁寧です。その後、出来るだけ早く招待状に記入して返信しましょう。

結婚式招待状は返信マナーを守ればお祝いの気持ちがもっと伝わる

いかがでしたか?結婚式の招待状の返信は迷ったり緊張したりもしますが、返信マナーを知っていれば怖くないですよね。新郎新婦の一生に一度の晴れの場なので、お祝いの気持ちを込めて返信しましょう。自信を持って返信すれば、きっとゲストのあなたにとっても、結婚式当日は晴れやかで楽しい1日になるはずです。

結婚式招待状について合わせて読みたい記事は

Thumb結婚式の招待状!返信メッセージで喜ばれるには?例文ご紹介!
Thumb招待状の返信は簡単なイラストでアート風に!新婦を喜ばせちゃおう♪
Thumb結婚式の招待状を送る時期はいつが最適?招待状発送のマナー!
Thumb結婚式招待状の返信の書き方・マナーまとめ!出席・欠席の両パターン紹介

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-22 時点

新着一覧