シングルマザーは恋愛対象になる?難しい理由や心理・悩みについてまとめ

シングルマザーだからって恋愛しちゃいけないなんて、もう昔の話です。これから先もずっと一人なんて寂しいですよね。でもシングルマザーの恋愛がなかなか難しいのも現実です。どうして恋愛が難しいのか?その理由や悩めるシンママたちの現状をまとめてみました。

シングルマザーは恋愛対象になる?難しい理由や心理・悩みについてまとめ

目次

  1. シングルマザーだって恋したい!
  2. 増えていくシングルマザー
  3. 恋愛対象にはならないと考える男性の心理
  4. シングルマザーの恋愛が難しい理由①子供が最優先
  5. シングルマザーの恋愛が難しい理由②時間がない
  6. シングルマザーの恋愛が難しい理由③男性側がひく
  7. シングルマザーの恋愛心理
  8. シングルマザーは恋愛できない?
  9. モテるシングルマザーとは?
  10. キラキラしてるシングルマザー
  11. 大人の女性としての魅力
  12. 守ってあげたいシングルマザー
  13. シングルマザーの悩み
  14. 恋愛から再婚まで
  15. シングルマザーは恋愛対象になる?まとめ

シングルマザーだって恋したい!

一度は幸せな家庭を夢見たものの、どういう訳かシングルマザーになってしまった女性達。愛する子供を守るため、必死に頑張っているシングルマザー達も、たまにふと、人恋しくなったりするものです。

子供はいつか成長して離れて行く。このままずっと一人だったらさみしい、などなど色々な想像が頭の中を駆け巡るでしょう。「恋したい!」そう思うことは、女に生まれたからには、当然の心理なのです。

「子供がいるのに離婚して...」「恋愛なんて何考えてるんだ」などとシングルマザーの恋愛は、なかなか世間では理解してもらえないようです。それでも、素敵な相手と出会い、幸せな再婚をしている人だってたくさんいます。シングルマザーが幸せになるためには、どんな出会いがあり、悩みを乗り越えてきたのかみていきましょう。

増えていくシングルマザー

離婚率が年々上がっている現代の日本では、シングルマザーの数もどんどんと増えています。総務省の調べでは2010年にはシングルマザーが100万人を超えたそうです。最近では母子家庭の貧困が話題になったりと、シングルマザーを取り巻く環境は決して楽なものではないのが現実です。

離婚を決意してシングルマザーになった人は、自分で決断をしたことで、いい方向へ開き直っている女性がたくさんいます。離婚を経験しても、しっかりと自分と子供の幸せを考えながら生活することで、幸せな出会いを手に入れているのです。シングルマザーだから不幸なんてことは全く考えていないものです。ある種たくましく生きていける素晴らしい力を持っているのです。

恋愛対象にはならないと考える男性の心理

どんなに素敵な女性と出会いがあったとしても、シングルマザーと聞いて、離れて行く男性も当然います。シングルマザーは恋愛対象として見れないと考える男性達です。でも、たんなるバツイチならOKだという男性もいます。このことから、子供という存在が、男性から恋愛対象として外される理由だと考えられます。

なぜシングルマザーではいけないのか?それは、「責任」という言葉が頭の中に浮かぶからです。お互いを好きで恋愛をするのはいいのですが、子供がいるとなれば、その子の生活や将来も関わってきます。いきなり他人の子供の親になって、生活を支えることができる男性との出会いはかなり難しいでしょう。無責任に付き合うことはできないと理解しているだけマシだと言えるでしょう。

シングルマザーの恋愛が難しい理由①子供が最優先

シングルマザーの生活は、子供を中心に回っていると言っても過言ではありません。ある程度大きくなるまでは、いつもそばにいてしっかりと守ってあげなくてはなりません。それができるのは母親である自分だけなのです。また、子供から父親をなくしてしまったことへの、罪悪感も感じることがあるようです。

もし、恋愛できるような相手との出会いがあったとしても、優先すべきは子供の事です。相手にはきちんとシングルマザーであることを伝えましょう。さらに、子供が彼との付き合いに嫌悪感を示したらどうでしょう。自分の気持ちは抑えて、子供の気持ちを優先させてあげなければなりません。

もし、本当に彼もあなたを愛しているなら、子供が成長して認めてくれるまで待ってくれるはずです。

シングルマザーの恋愛が難しい理由②時間がない

シングルマザーの恋愛が難しい理由のひとつには、時間がないことがあげられます。子育てしながら家事をこなし、生活のために仕事もしなければならないとなると、恋愛なんてしている暇はない!という人も多いのではないでしょうか。自分のために時間を使える余裕があれば、少しは恋に前向きになれるのかもしれません。

シングルマザーの恋愛が難しい理由③男性側がひく

シングルマザーと聞いて男性側がひいてしまうこともあります。でも、こればかりはどうしようもありません。シングルマザーを恋愛対象としては見れない男性がいるのも事実です。

潔くあきらめましょう。今の現状をすべて受け止めてくれる人でなければ、例え恋愛したとしても、将来的に幸せになるのは難しいでしょう。わざわざ追いかけるだけの、時間と労力がムダになります。

シングルマザーの恋愛心理

恋愛に臆病になっている自分

恋愛したいという気持ちはあっても、自分だけじゃなく子供も一緒に愛して欲しいと願うのがシンママの心理です。子供の事を優先する自分を、きちんと認めてくれなくては恋愛するのは難しいでしょう。また、「自分が幸せにする」などの言葉を言ってくれる男性と出会いがあったとしても、簡単に信用はできません。そんなことできる男性がいるとは思えないからです。

一度結婚に失敗しているシングルマザーにとって、あらためて男性と付き合うというのは、案外しんどいものです。離婚というのは、精神的にもかなり大きなダメージを受けるので、もう恋愛そのものさえ拒絶したくなるかもしれません。また離婚の理由が浮気をされた、などの場合とくに、男性を信用できないと感じ、恋愛するのは難しいかもしれません。

考えれば考えるほど、悩みや不安な気持ちがでてきて、とても恋愛なんてする心理状態じゃないシンママもたくさんいることでしょう。でも焦る必要はありません。無理に恋愛する必要もなければ、かたくなに拒む理由もないのですから。

会いたくても会えない複雑な恋愛心理

シンママの生活は、子育て、家事、仕事とかなり忙しいです。素敵な男性との出会いがあったとしても、その相手に合わせて時間を作るのはかなり難しいでしょう。恋愛をすれば会いたくなる心理はよく分かります。でも、子供の事を考えればそう簡単には自由に会いに行けません。

それでも、いいよ!と言ってくれる恋人ができたとしても、相手に我慢させてしまっている自分が情けなく感じるかもしれません。また、寂しさに耐えられなくなりそうな自分もいたりして、複雑な気持ちになってしまうでしょう。子供が一番大事と分かっているのに、こんなに悩み、つらいくらいなら、いっそ恋愛なんてしないほうがいい!と思うかもしれません。

シングルマザーは恋愛できない?

シングルマザーが恋愛をすることが、なんだかマイナスなイメージでとらえられているのが今の現実です。母親の恋愛=子供が不幸という図式が、いまだに世間では根強くあるのです。

とくにニュースなどでは、シングルマザーの恋人による虐待、母親の育児放棄などネガティブな話題ばかりが注目されています。これらの話題の元には、シングルマザーの恋愛が原因のように伝えられているのが今の日本社会の現実です。

普通の恋愛や子供のいないバツイチの恋愛とは違って、シンママの恋愛には、数多くの困難や悩みがありそうです。でも、そんな中でも、素敵な出会いをして恋に落ち、再婚して幸せになった人だっているのです。最近ではシンママはモテる!とまで言われているのです。幸せになることをあきらめなければ、きっと素敵な出会いができることでしょう。

モテるシングルマザーとは?

独身の適齢期の女子がたくさんいるのに、なぜかシングルマザーがモテているという現象を知っていますか?シングルマザーと言えば、バツイチ、子持ち、恋愛対象になるの?と思うかもしれませんが、男性にはシングルマザーを、ほっておけない、守ってあげなきゃいけないという心理が働くようです。

そんな男性心理を知ってか知らずか、シングルマザーは健気な笑顔で、子供のためにいつも頑張っているのです。生活に疲れ果てて、不幸をしょい込んでいるシングルマザーなんてイメージは、もう古いのです。今は、結婚という束縛から自由になり愛する我が子との、ささやかな幸せを大切にしているシンママが注目されているのです。当然、恋愛対象にもなっています。

Thumbバツイチ子持ちの女性の恋愛ルール!モテるための秘訣や恋愛事情を紹介!

キラキラしてるシングルマザー

つらい結婚や悩みから解放されたことで、自分らしく生きていける道を手に入れた、シングルマザーは周りが思うほど不幸じゃありません。最近では、芸能人のシングルマザーも、恋愛したり再婚したりと幸せな話題を振りまいてくれています。

子供がいるということは、自分とその子の人生を背負っていることになります。これは簡単なことでは決してありません。それ相当の覚悟が必要になるのです。守るべきものがあるという強さは、そのまま人としての魅力にもなります。

独身の女性が絶対に勝てない魅力は、この子供がいるという事実から生まれるのです。そして、シンママの持つ強さと、子供への愛情は毎日の生活をも明るくキラキラとしたものにしてくれます。普段から明るく、誰にでも笑顔で接することができるのは、そんな覚悟の表れなのかもしれません。人間としての深みが増して、より魅力的にうつるのでしょう。

大人の女性としての魅力

シングルマザーと恋愛したい

結婚、離婚を経験しているシンママは、男性の心理や行動に理解があります。未婚の女性よりも、落ち着いて物事を見極め、対応し、いちいち騒ぎ立てたり、責め立てたりもしないでしょう。

男性からすれば、面倒なことがなくとてもよい理解者であり、一緒にいれば居心地がよいでしょう。その分、相手の男性の事を冷静に観察もできるので、シンママとお付き合いしたい人は、その居心地のよさに甘えすぎないようにしましょう。

恋愛対象となる自立した大人の女性

子供と一緒に幸せになろうと頑張っているシンママは、男性に頼って生きて行こうなんて思いません。自分の力で、しっかりと生きる覚悟をしているので、他人に依存することもないでしょう。自立したその姿は、頼もしくもあり、男性からも女性からも憧れられる存在になるでしょう。

守ってあげたいシングルマザー

多くの男性は、心の奥にヒーローになりたいという心理が隠れています。一生懸命頑張っているシングルマザーの健気な姿は、そんな男性のヒーロー願望をくすぐるのです。また、子供がいるということで責任感が芽生え、幸せにしてあげなきゃ!という気持ちが高まってくるのです。

世の中にはシングルマザーを恋愛対象として見れない男性もいたり、逆にほっておけない男性もいたりと、実に様々です。でも、一つ言えるのは普段、頑張っている姿を見ているからこその答えです。最初から面倒を見てくれそうな男性を探していたり、自分の境遇を嘆いて人の悪口ばかりを言っているような女性では、恋愛対象どころか相手にもされなくなるでしょう。

シングルマザーの悩み

子供好きだと軽々しく言う男達

シンママと付き合うのに、子供に好かれるのは必須条件。でも、子供の事まで考えてくれるのはありがたいけど、「俺、子供好きだからさ」などと、いかにも見え透いたセリフを吐く男性がとても多いのがシンママの悩みの種になっています。

バツイチで子持ちだった男性ならまだしも、子育てをしたことのない男性が、ただ子供好きという理由だけで、簡単に子供の事を語って欲しくない!とシンママ達は思っています。子供がいるという現実を、軽く考えすぎている男性が多く、せっかくの出会いがあっても恋愛に踏み出せないのが、正直なところなのです。

二人きりで会いたがるのはどうなの?

恋愛中の男女だったら、二人きりで会いたいのも当然の気持ちです。でも、シンママの恋愛はちょっと違うのが悩みです。子供と一緒にいる大人は自分だけ、まさか家に置いて出かけることなんてできません。

二人きりになることなんて、よっぽどの条件が揃わないと無理なのです。それを、二人で会おうと言ってくる男性は、本当の意味で、シンママの事を理解してくれてるとは思えません。

恋愛から再婚まで

バツイチ男性との相性がいい

シングルマザーの恋愛は難しいと言われますが、その困難を乗り越えて再婚した人もたくさんいます。とくに、シンママと相性がいいのは、バツイチの子持ち男性と言われています。お互いに結婚していた経験があるので、ムダなケンカや対立はしません。子育ての経験があれば、それだけシンママの悩みを理解し、大きな支えとなってくれる可能性があります。

過度な父親像を求めないこと

恋愛から再婚となると、どうしても子供にとっての父親という存在になります。でも、あまり完璧な父親像を求めないほうがいいでしょう。きっと再婚を考えてくれるほどの相手ですから、頑張っていい父親になろうと、悩み努力してくれるはずです。無理をして疲れてしまわないように、見守ってください。家族の形に決まりはないのですから、自分達らしい幸せを築いてください。

シングルマザーは恋愛対象になる?まとめ

シングルマザーの恋愛は、普通の恋愛より難しく悩みもたくさんありそうです。でも、愛する我が子と一緒に、自分の選んだ道を頑張って進んでいる姿に心を奪われる男性もたくさんいます。そう考えれば、シングルマザーは立派に恋愛対象となると言えるのではないでしょうか。

まだまだシングルマザーに対する目は厳しい社会ではありますが、これからの人生を、幸せに生きるためにどうすべきかは、自分自身で決断するのです。シングルマザーだからと、周りの目を気にする必要なんてありません。自分と子供の幸せを一番に考えて毎日を一生懸命暮らしていけばいいのです。きっと素敵な出会いが訪れることでしょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-04-25 時点

新着一覧