結婚証明書の演出が人前式で人気!テンプレートで簡単手作り!

結婚式の演出は思い出に残るものですが、最近は凝った演出をする方も増えてきています。人前式の挙式をする方は「結婚証明書」を書くことになりますが、その結婚証明書も自分で用意する方も増えているようです。今回は、素敵な結婚証明書のデザインについてご紹介します。

結婚証明書の演出が人前式で人気!テンプレートで簡単手作り!

目次

  1. 結婚証明書って何?
  2. 人前式で結婚証明書にサイン!
  3. 結婚証明書の内容とは?
  4. おすすめのテンプレートをご紹介
  5. シンプルなデザインの結婚証明書
  6. 英語の結婚証明書
  7. フレームに花を用いた結婚証明書
  8. オリジナル結婚証明書「ウエディングツリー」
  9. 押し花を使った手作りの結婚証明書
  10. 絵に自信があるなら自分で描いても
  11. ゲストにお願いする際のポイントとは?
  12. みんなの結婚証明書を見てみよう
  13. 作った結婚証明書、どう飾る?
  14. 【おまけ】公的な結婚証明書って?~お役所編
  15. 素敵な結婚証明書で思い出に残る結婚式を

結婚証明書って何?

結婚式の演出アイテム

結婚証明書とは、神に誓う「教会式」とは違うゲストに結婚の証明をしてもらう「人前式」の挙式スタイルをとる時に使う証明書です。結婚証明書といっても役所などで効力のある公的なものではないのですが、ゲストの前で誓いを立てるための重要な演出アイテムの1つになります。結婚証明書は人前式ならではのアイテムなので、これから結婚式を考えている方は、是非活用してみてはいかがでしょうか。

この結婚証明書は、人前式に参列してくれるゲストに署名してもらうことで成立するものです。通常は結婚式場などでウエディングプランアーが用意してくれますが、シンプル過ぎて物足りないものになってしまうので、オリジナルの結婚証明書を準備するカップルも増えているようです。今回はそんな結婚証明書の作り方をテンプレートを使う方法と使わないで作るオリジナルの方法をご紹介します。

人前式で結婚証明書にサイン!

ゲストから結婚の証明として署名をもらったら、挙式で誓いの言葉を交わした後に新郎新婦で自分の名前を署名して初めて結婚証明書が成立します。最近の人前式スタイルの結婚式は、新郎新婦のサインが入った結婚証明書をゲストに見せる瞬間が一番盛り上がるのではないのでしょうか。そんな大切な瞬間をもたらしてくれる結婚証明書の中身を見ていきましょう。

結婚証明書の内容とは?

愛と誠実を誓う

結婚証明書の内容に決まりはありませんが、一般的には人前式に参列して頂いたゲストを証人として結婚の誓いを交わしたり、どんな時でも一生支えあって愛と誠実を誓う、といった内容を証明書に記載するようです。ワードなどで作る場合には、少し言葉を変えたりすることもできるので、お決まり文句は嫌だという人にもおすすめです。

人によっては、新郎新婦でお互いに誓約をすることを3つ程度羅列して誓い合うという結婚証明書を作るようです。例えば、無駄遣いをしません、これ以上太らないように気を付けます、など、その夫婦オリジナルの誓いを立てるというのも面白みがあっていいでしょう。ゲストを和ませるアイテムになりそうですね。

英語での結婚証明書は?

旦那様、奥様のどちらかが外国の方の場合、結婚証明書の内容を英語で記載される方もいらっしゃるでしょう。そういった場合には、英語と日本語の両方を記載しておくと、英語が分からないゲストの方でも読むことが出来るますね。年配の方がいらっしゃる場合には特に英語が分からないこともありますので、ゲストの年齢層も考えて英語を用いると良いでしょう。

「結婚証明書」を英語にすると「Marriage ertificate」です。内容は日本語でも、「結婚証明書」の部分を英語で表記してもきりっとしまってかっこよくなりますね。英語と日本語が混ざり合ってしまいますが、うまく組み合わせて素敵な結婚証明書に仕上げましょう。ちなみに、英語で「Groom」は新郎、「Bride」は新婦です。

おすすめのテンプレートをご紹介

ネットで検索してみるとたくさんのテンプレートが無料でダウンロードできるようになっています。市販の結婚証明書を使ったり、自分で用意した台紙に印刷する方法などがあります。では、実際にどのようなテンプレートがあるのか見ていきましょう。

シンプルなデザインの結婚証明書

あまり可愛すぎない結婚証明書の方が良い、という方もいらっしゃるでしょう。もちろん、シンプルな結婚証明書のテンプレートも存在します。レースのイラストだけが薄く書かれているものであったり、文字だけのものもあります。シンプルなタイプのものに自分でシールやレースなどのアイテムを貼ってデコレーションするのも素敵ですね。

英語の結婚証明書

英語と日本語が書かれている結婚証明書のテンプレートもあります。日本語の結婚証明書に比べればあまり数はないかもしれませんが、ダウンロードして印刷することが出来ます。後でご紹介するアクリル板で作る結婚証明書の内容を英語で書いていくと、とてもおしゃれなアイテムになります。筆記体はちょっと難しい書き方ですが、自作の結婚証明書を書く際にはおすすめです。

フレームに花を用いた結婚証明書

可愛すぎずシンプル過ぎないのが花や植物などをモチーフにしたフレームの結婚証明書ですね。華美になりすぎずに大人の結婚式に使えるタイプの結婚証明書のテンプレートです。結婚式を挙げる時期に合わせて植物を選ぶというのもいいですね。少しだけ華やかさを求める方にはおすすめのアイテムです。

オリジナル結婚証明書「ウエディングツリー」

最近よく目にするようになった結婚証明書の1つですが、前もって木の幹だけ書かれた結婚証明書に、ゲストの指にインクをつけて葉っぱに見立てて指印を押してもらう「ウエディングツリー」もおすすめです。インクを4種類程度用意して、押してもらったところに名前を書いてもらうというスタイルです。

ウエディングツリーにもテンプレートはあります。気だけでなく、気球やハートになるようになるもの、レコードやカップケーキなど色々なタイプがあります。ゲストの指印でイラストが出来上がるというのも素敵な結婚証明書ですね。探してみるとたくさんありますので、興味のある方は検索してみて下さい。

テンプレートを使わないで木のイラストだけを用意するので、後で結婚証明書に合わせたフレームに入れればインテリアとしてのアイテムにもなります。いつも結婚証明書が視界に入っていれば、いつまでも仲睦まじい夫婦のまま居られそうな気がしますね。

風船や星空に見立てても

黒板にホワイトやゴールド、シルバーなどのペンを使って星を書いてもらうという方法もあります。結婚証明書を夜空に見立てて人前式の参列者に署名してもらうというのも素敵ですね。新郎新婦が夜空をバックにしているように見えるレイアウトにすると、ゲストがあっと驚くようなアイテムになりますよ。

葉っぱや星以外にも、風船に見立てた結婚証明書もおしゃれなアイテムになります。風船の場合、指印でもいいですがシールを用意しておくのもよいでしょう。シールの上に直接ボールペンで書けるタイプの方が、名前を書くスペースを気にしなくてもいいのでおすすめです。

押し花を使った手作りの結婚証明書

アクリル板を使って作ろう

一見オーダーメイドで作ったように見えるアクリルの結婚証明書ですが、実は自分で作ることが出来ます。式場のロビーやホールにこんな素敵な結婚証明書が置いてあったら素敵ですよね。それでは、作り方をご紹介していきます。

材料は、アクリル板2枚(大きさはA4くらいがおすすめ)、白の油性マジック、押し花などの飾り、接着剤を用意します。字を書くのに自信がない方は、結婚証明書を印刷した用紙も用意しましょう。アクリル板は透明であればどのようなものでもいいのですが、穴が開いていて化粧ビスがついている「アクリルフレーム」というものを使うと綺麗に作れます。

まず、押し花などの飾りの配置を決め、接着剤で止めます。両面テープでもOKです。次に、結婚証明書の内容を書いていくのですが、アクリル板の下に紙を敷いてペンでトレースしていけば曲がらずに綺麗に書いていくことが出来ます。アクリル板に書かずに結婚証明書を挟んでしまうという方法もあります。

最後に、乾いたらもう1枚のアクリル板を乗せてビスで止めれば出来上がりです。一番上のアクリル板に新郎新婦がサインをすれば、ハンドメイドの結婚証明書の完成です。脚を取り付ければ立てかけることもできますし、裏に壁掛け用の金具をつければ壁に掛けることもできますよ。サインをする際には油性の白いペンを置いておくことをお忘れなく。

ちなみに、材料にある押し花ですが、自分で作らなくてもインターネットネット通販で購入することが可能です。安いものであれば700円前後、1,200円前後だと色々な種類の花が入っているものが購入できます。結婚証明書にたくさんの種類の花を使おうとすると結構なお金がかかってしまいますが、探してみると色々ありますので、押し花をお探しの方は検索してみて下さい。

絵に自信があるなら自分で描いても

テンプレートは使わずに自分で絵を描く、という方もいらっしゃるでしょう。絵に自信がある方なら自分の好みのイラストを描けることが出来るので、文字だけ印刷して代わりに絵を描いていくというのも素敵ですよね。アクリルや水性絵具を使って透明感のある絵にすると綺麗に仕上がりますよ。

ゲストにお願いする際のポイントとは?

心配りも忘れずに

ウエディングツリーに指印を押して署名してもらう際には、経験のない方もいらっしゃると思いますので、どうやってやるのかをきちんと記載した案内を一緒に置いておくのがベストです。スタンプ台とボールペンを置いた隣に、インクの付いた指を綺麗にするウエットティッシュも忘れずに置いておきましょう。これでゲストの方も快く指印を押すことが出来ますよ。

みんなの結婚証明書を見てみよう

人前式経験者の皆さんはどのような結婚証明書を作ったのかを見ていきましょう。こちらの方は、右側に自分たちの軌跡を、左側に結婚証明書を記したものにしたようです。新郎新婦のことを昔から知らなくても、簡単な馴れ初めが書かれていると2人のことが少しでも分かるのでいいですよね。こういった結婚証明書も素敵です。

こちらはアクリル板で作った結婚証明書です。友人の結婚式か何かで作ってあげたものなのでしょうか。ひまわりのような花がとてもキュートな結婚証明書ですね。少ない数の押し花でも立派な結婚証明書が出来ます。シンプルな中に華やかさを取り入れた素敵な結婚証明書です。

こちらはびっくりするほど精巧に作られた結婚証明書です。結婚証明書の台紙を開くと遊園地が飛び出す様に作られています。この結婚証明書はゲストをあっと驚かせるのには良いものですね。緻密な作業ができる方でないとなかなか作ることは難しいかもしれませんが、手先の器用な方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。他のカップルと差がつきますね。

作った結婚証明書、どう飾る?

フレームに入れて見えるところに

せっかく作った結婚証明書をしまってはもったいないですよね。結婚証明書を新居に飾ることをお考えの場合は、飾ることを前提にして作る必要があります。あまり大きすぎても飾りにくくなりますし、見開きになるように表紙に付けてしまうと剥がせなくなってしまったりします。飾るのであれば厚紙などの台紙に印刷し、フォトフレームや額縁などに入れると飾りやすくなります。

アクリル板で作った場合には脚をつけて立てかけられるようにしたり、壁掛け金具をつけたりと工夫をすればリビングなどに飾っていつでも見ることが出来ます。喧嘩をしたときやお互いのことでイライラしたときなど、結婚証明書を見ることであの頃の気持ちを思い出すことが出来ます。そういった意味でも飾っておくとベストだと思います。

最近では、大きな布にゲストの署名を頂いてタペストリーにしたり、ポスターサイズの結婚証明書を作る方もいらっしゃるようです。業者に依頼することになるとは思いますが、そういったものをインテリアとして飾るのもおしゃれですね。お部屋の雰囲気に合わせて、どういった結婚証明書を作成するかを考慮するのもよいでしょう。

【おまけ】公的な結婚証明書って?~お役所編

役所から発行される「婚姻届受理証明書」のこと

結婚証明書は公的なものではないと申し上げましたが、役所等での公的なものというのは戸籍となります。役所では、戸籍が正式に登録されるまでは時間がかかります。婚姻を証明する必要がある場合に「婚姻届受理証明書」というものを役所で発行してもらうことが出来ます。これは「受理しました」という内容のものなのでシンプルなもので、役所によって異なりますが、300~400円の手数料がかかります。

また、役所によっては上質紙で受理証明書を出してくれるところや、結婚の記念として結婚証を発行してくれる役所もあります。結婚証を発行してくれる役所はまだ少ないと思いますが、気になる方はお住いの市町村の役所にお問合せしてみてはいかがでしょうか。

素敵な結婚証明書で思い出に残る結婚式を

人前式で人気のアイテム「結婚証明書」の作り方についてまとめてきましたがいかがでしたでしょうか。人前式を行うカップルの数ほど結婚証明書があると言っていいほど色々なデザインのものがありますね。テンプレートを使って作るのもいいですが、アクリル板を使って結婚証明書を作ると演出のアイテムだけでなくインテリアにもなって、思い出をクローゼットにしまい込んでしまうこともなくなりますね。

結婚式の準備期間はとても忙しいかと思います。テンプレートを使って結婚証明書を簡単に作っても2人の結婚の誓いに変わりはありません。人前式を行うのであればゲストをお迎えする素敵なアイテムにもなりますので、結婚を考えている方は是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。これで婚姻届を役所に提出すれば、晴れて夫婦になれますね。末永くお幸せに!

結婚に関する記事一覧

Thumb結婚の内祝いのお返しは何がよい?相手に喜ばれるおしゃれなギフトランキング!
Thumb席次表プロフィールのまとめ!項目や写真にこだわって手作りしよう♪
Thumb「our love story」の作り方まとめ!結婚式をもっと華やかに♪

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-19 時点

新着一覧