英才教育には弊害が?間違った育て方が子どもの将来の大きな失敗につながる

昨今英才教育を取り入れて育児をしている人がとても増えています。しかし、育児の中で間違った英才教育を行う事で子どもの将来に弊害が起こる可能性が有るとしたらどうしますか。間違った英才教育が育児や将来の子どもにどんな弊害を与える可能性があるのかまとめます。

英才教育には弊害が?間違った育て方が子どもの将来の大きな失敗につながる

目次

  1. 英才教育は間違った育て方?
  2. 英才教育とは?
  3. どんな英才教育があるの?
  4. 英才教育は子どもを賢くさせる?
  5. 間違った英才教育は子どもをダメにする?
  6. 間違った英才教育を受けた子どもの将来は?
  7. 間違った英才教育とは?
  8. スポーツの英才教育の注意点
  9. 失敗しないための英才教育は?
  10. 間違った英才教育は子どもの将来の弊害になり得る!まとめ

英才教育は間違った育て方?

わが子をこの手に抱いた時、あなたは何を思いましたか?健康で元気に育って欲しい。きっとそんなシンプルな事を思ったのでは無いでしょうか。しかし、親として「賢くなって欲しい」「将来はいい大学に」という思いがわいてしまうのも仕方が無い事です。

わが子をよりよい位置に上げるために、いま多くの育児をしている親が取り組んでいるのが「英才教育」です。英才教育といっても様々なジャンルの英才教育が存在する昨今、あなたの選んだ英才教育は間違った英才狂句ではありませんか?その間違った英才教育が、子どもの将来の弊害になるとしたらどうしますか?

英才教育とは?

当たり前のようになってきている「英才教育」とは一体どんな事を言うのでしょうか。英才教育とは、その子どもの年齢に関わらず知識や知恵を学ばせる「先取り教育」の事を指しています。

年齢にとらわれずに、様々な学力を身に付けることで、子どもが賢く育つよう、一生懸命になって育児に取り入れている親も多いようです。そんな英才教育は勉強ばかりではありません。例えば、一流のアスリートにさせるために、スポーツの英才教育を行っている人も多いのではないでしょうか。

どんな英才教育があるの?

英才教育と聞くと、ぱっと思い浮かぶのが読み書きや、フラッシュカード、速読や右脳教育ですね。また、一流のアスリートに育て上げるために、一つのスポーツに特化して英才教育を受けている子どもも多いようです。そんな英才教育は今では全国に様々な教室が展開しています。

そんな英才教育を受けている子ども達の特徴は、周りの同年齢の子ども達よりも読み書きが出来たりします。しかし、英才教育を受けている子ども達全員が優秀に育って行くのでしょうか。

英才教育は子どもを賢くさせる?

英才教育を受けたからといって、英才教育を受けてきた子ども達の全員が優秀な人間になれるわけではありません。物事には向き不向きというのがありますから、勿論、英才教育が合わない子どもだって存在します。親に褒められるのを嫌う子どもはいませんから、親に褒められる事が嬉しくて、頑張っている子どももいるかもしれません。

知的な学習能力は、英才教育を受けてきた子どもたちのほうが高くなるのでしょうか。色々な機関でも検証されていますが、英才教育を受けた数年は知的な能力が周囲の同年代の子どもたちよりも優れていますが、実際に成長していく上でその差は無くなっていくほうが多いとされています。

間違った英才教育は子どもをダメにする?

英才教育の代名詞、フラッシュカードや右脳教育、速読などは、子どもの意思や意欲に関係なく次々と与えられます。この英才教育があっている子どもには脳に刺激を受けますが、大半の子ども達は楽しむということを知らずにただただ間違った英才教育によって知識を手に入れて生きます。このよう新しい知識の喜びや楽しみを知らずして得た知識は、子どもの根本には残りません。

何か新しい体験をして楽しさを感じたり、新しい知識を吸収する喜びを知らずに得た知識は、その当時は高い学力を示しても、根本の心の部分がおろそかになった間違った英才教育を繰り返すことで、子供自身の心は固まってしまいます。この様な育て方をそれた子供の心は、波打たない心になってしまうのです。フラッシュカードや速読、右脳教育を間違って育児に取り入れてしまうと、将来、直感でしか物事を捉えることが出来ない人間になってしまいます。

間違った英才教育を受けた子どもの将来は?

英才教育は、各国で色々な方法で検証されて来ました。例えば、1970年代にドイツ政府が行った調査では、「勉強中心」の育て方をした幼稚園と、「遊び中心」の育て方をした幼稚園の子ども達を、長期にわたって比較調査した調査報告があるそうです。

この調査では、「勉強中心」の育て方をした子ども達は、「遊び中心」の育て方をした子ども達より、当時は高い知的能力を発揮していましたが、将来的には読書や算数で劣る結果になったそうです。また、感情面や社会性にいおいても、周りとの協調性に欠け、人間関係をうまく作れないという結果になったそうです。間違った英才教育の育て方を育児に取り入れると、が苦慮億だけではなく、情緒にも弊害が及ぶ可能性があるのです。

間違った英才教育とは?

英才教育を行う親によくある発言に「遊ぶ暇があったら勉強しなさい!」というのがあります。遊びは本当に不要な物なのでしょうか。この様に、幼少期から英才教育を受けた子どもの中には、幼児期に人と関わる機会が少なく、人に対する思いやりや、協調性が育ち難い環境であった子どもが少なからずいます。また感情のコントロール上手にできない子どもも多いので、進学や就職先で人とうまく関わることができずに、何事も長続きしない子どもが増えているそうです。

間違った英才教育の弊害としてよく耳にするのは、燃え尽き症候群といわれる子どもたちです。英才教育を育児に取り入れ、子どもの成長に合わない早い段階から色々な事をやらせすぎてしい、高校生くらいで燃え尽きて何もやる気を出せない人間になってしまいます。この様な、子どもの成長に合わない、大量な知識は積極的に育児に取り入れたりせずに育児を楽しみたいですね。

スポーツの英才教育の注意点

最近は、勉強だけではなくスポーツの英才教育もよく耳にするようになってきました。テレビなどで見かける一流のアスリートの中には、3歳から始めました。などという人が多いのでその影響も大きいのでしょう。どうせやるなら、一流のアスリートになって欲しいと思う気持ちもわかります。では本当に一流のアスリートになるためには英才教育でスポーツをはじめる必要があるのでしょうか。

スポーツにおいては、幼少期にどれだけたくさんの運動経験をしたかで引導の力に差が出るといわれています。しかし、それはたくさんの競技をたくさん経験させるとか、一つの競技に固執してやらせるというのとは違うそうです。一流のアスリートとして育てるためではなく、その子どもの将来の選択肢を広げるためにも、家族で公園に出かけたりしながら、走ったり、ボールを投げたりと様々な経験をする事で、「上手になるベース」を作ることが大切なんだそうです。野球選手にさせたいからと、ボールを投げてばかりいると肩を痛めてしまう可能性があります。まずは親子で様々な身体を使った遊びを取り入れるようにしたいですね。

失敗しないための英才教育は?

英才教育が子どもの将来に失敗や弊害を与えるといっているわけではありません。間違った英才教育は、子どもの将来に失敗や弊害を与える事がありえるという事なんです。例えば、失敗例として燃え尽き症候群もその一つですが、子どもにとって「発見する喜び」や「身についた喜び」「好奇心」を育てる時期にあまり偏った英才教育は必要ないのかもしれません。

英才教育を行う上で失敗しないために大切な事は、親が「必ず優秀になる」と期待しないことだそうです。英才教育によって起こる弊害は親が過度に期待することで起こっているようなものなのかもしれません。英才教育を失敗せずに行うためにまず第一に考えるべきは子どもの発達段階です。その子が「興味」を示した時に与えられるのが理想です。

間違った英才教育は子どもの将来の弊害になり得る!まとめ

様々な英才教育が世の中にはあふれています。速読や、フラッシュカード、右脳教育などです。しかし、その方法を間違う事で子どもの将来に弊害を及ぼすとしたらどうでしょうか。間違った英才教育は、子どもの将来に大きな失敗をもたらす可能性があるのだそうです。失敗例として、小さいうちから周りの子どもよりも読み書きや計算能力が長けている英才教育を受けた子供がいるとします。その子は、「私は勉強しなくてもこんな事わかる」と勉強に意欲を持って臨む事が出来ずその後は落ちこぼれていった。などという失敗談をよく耳にします。

間違った英才教育は、子どもにとって合う子どもと、会わない子どもがいるという認識も必要です。英才教育を行う事で、直感的な能力は長けているが、自分で考えたり想像したりするような心が育たず、何事にも心が波打たない子どもになってしまう可能性もあります。

だからこそ、子どもにとって「遊び」は友達との関わりの中で人間関係を学んだり、遊びを通してたくさんの経験をし、楽しみながら身につけられる最高の教育方法なのです。何事も、子どもに与える場合は「親が優秀になると期待しない」「子どもがその環境を自ら楽しめること」を重視して与えたいですね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-12-02 時点

新着一覧