ネバネバ食材は美容や健康を保つ為の最強の味方になってくれる?

ネバネバ食材が体に良い事はよく聞きますよね。そこでどんな食材が何に効果があるのかなどネバネバ食材を詳しく説明していきます。ダイエットや便秘、体臭などを消してくれるなんて効果もあるんです!本当にお手軽なスーパーフードと呼んでもいいくらいです。

ネバネバ食材は美容や健康を保つ為の最強の味方になってくれる?

目次

  1. ネバネバ食材とは
  2. ネバネバ食材はなぜ良いのか
  3. ネバネバ食材の中に含まれる成分
  4. ネバネバ食材は野菜よりも最強?
  5. ネバネバ食材:納豆
  6. ネバネバ食材:オクラ
  7. ネバネバ食材:なめこ
  8. ネバネバ食材:山芋
  9. ネバネバ食材:メカブ
  10. まとめ

ネバネバ食材とは

ネバネバ食材と言ってもたくさん種類があります。全部全部食べようとしてもなかなか難しいものがありますよね。オクラや納豆などが1番手頃で皆さんの食卓に並ぶことも多いのではないでしょうか。驚くほど体にいいのでぜひ積極的に食べてもらいたいものです!

ネバネバ食材はなぜ良いのか

ネバネバ食材は胃から小腸への食べ物の移行をゆっくりにする作用があります。それにヌルヌルが食材を包み込んで体内で余分な油を吸収しなくなるのでダイエットにも良いし健康にも良いです。野菜は食物繊維が豊富とゆうのは常識ですがそれだけじゃ便秘解消とゆう訳にはいきません。まずは腸内を健康の状態にする事が大事なんです。なので積極的にネバネバ食材食べなければ栄養が足りてない!ってことが起きてしまうわけなんです。

ネバネバ食材の中に含まれる成分

ネバネバ食材のネバネバは"ムチン"とゆう成分です。コレにはドライアイ防止や胃炎や胃潰瘍を予防する効果、肝機能や腎機能を強化する効果・免疫力を高める効果があるんです!しかし熱に弱いので熱しすぎたり洗い過ぎには気をつけて調理してください。

ネバネバ食材は野菜よりも最強?

ベジタブルファースト!野菜を1番はじめにたべると良いのは皆さん知ってますよね。ネバネバ食材も一緒です。血糖値の急上昇を防いでくれるからです。しかし野菜だけ取り入れてもこの効果はイマイチだと言います。血糖値の上昇を緩やかにする効果と、脂質の吸収を抑えてくれる効果の両方を持っているのは野菜よりも海藻なんです。野菜を食べるのは体に良い事はもちろんですがネバネバ食材をプラスするとさらに良い事がわかりますよね。

ネバネバ食材:納豆

そのままご飯にかけても薬味をいれても美味しいネバネバ食材と言えば納豆ですよね。ビタミンB2や食物繊維が豊富に含まれているので便通に悩まされている女性にオススメです。女性ホルモンに似た大豆イソフラボンも摂取出来るので生理不順や更年期障害などホルモンバランスの乱れている方も積極的に摂り入れてみるのもいいですね!

ネバネバ食材:オクラ

さっと茹でて食べると美味しいオクラはペクチンとゆう成分がが含まれています。ペクチンには腸の働きを活発にして排便を促す効果があるのでダイエットの敵 便秘 が改善されるとダイエットに期待できますよね。それに脂肪の吸収を抑える効果もあるので多少の運動をして脂っこい食べ物を減らしオクラを多めに食べると食物繊維も摂り入れる事ができるので体重減にも期待できます。

ネバネバ食材:なめこ

お味噌汁に入れたり酢と絡めて食べると美味しい食材です。なめこにはトレハロースとゆう成分が含まれており美肌を目指す方にはオススメです。トレハロースは高い保湿力があるので乾燥肌のケアに期待できます。それだけではなく肌の細胞を保護する効果もあるので美肌を保つ最強食材です。

出典: https://instagram.com/p/BTEfLZwBZ64/

ネバネバ食材:山芋

すりおろしてご飯にかけたり刻んでサラダとして食べるのも美味しい食材ですよね。山芋にはカリウムが含まれているのでむくみやすい人にはもってこいの食材です。むくみは塩分の摂り過ぎなどが原因と言われていますがこのカリウムは不要な塩分を体外へ排出する効果があるのでむくみ解消に効果的なのです。それに山芋には唐辛子と同じ成分が入っているので発汗や脂肪を促す効果が期待できますよ!

ネバネバ食材:メカブ

メカブのネバネバ成分であるフコイダンには、脇や口の気になる臭いを抑える効果があると言われています。それに免疫力を高める力もあるので花粉症にも有効だと言われています。もずくには、殺菌作用もありますので食中毒を予防する効果も期待できますので食べてみてください。

まとめ

結論、ネバネバ食材はいつもの食材にプラスする事 そして 一番はじめに食べるとしっかり役割を果たしてくれます。ネバネバ食材にもいろいろ種類があり効能が多少違ったりするのでいろいろ組み合わせてみたり目的に応じて食べるものを変えたりするといいかもしれません。どれを食べてもきっとプラスになってくれるはずです。

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2018-11-14 時点

新着一覧