お風呂の排水溝は髪の毛などたまりがち!臭いのもとをたつお掃除法は?

普通にお風呂入っていると”なんか水の流れ悪い?”なんて経験をしたことありませんか?実はそれは排水溝が髪の毛により詰まっている可能性があるんです!詰まりを放置してしまうと水の流れだけではなくにおいも放ちます。そこで今回はお風呂の排水溝の掃除方をご紹介します!

お風呂の排水溝は髪の毛などたまりがち!臭いのもとをたつお掃除法は?

目次

  1. お風呂の中で排水溝が一番汚い!
  2. お風呂の排水溝はどのくらいの頻度で行うといいの?
  3. お風呂の排水溝のつまりの原因とは?
  4. お風呂の排水溝が臭い!原因は何?
  5. お風呂の排水溝の掃除はどうやって行うの?
  6. お風呂の排水溝をもっと簡単に掃除する方法とは?
  7. お風呂の排水溝のつまりはどう解消するの?
  8. お風呂の排水溝をつまりを予防する方法とは?
  9. もっと手軽に排水溝の汚れを予防するグッズは?
  10. お風呂の排水溝のにおいを抑える方法♪
  11. 排水溝のお掃除の仕方をご紹介しました

お風呂の中で排水溝が一番汚い!

お風呂の中で一番汚いといわれているのが”排水溝”になってます。ちなみにお風呂の排水溝の汚れは実は原因によって変わってきます。

お風呂の排水溝の汚れは何種類かありたとえば、オレンジのヌルヌルは酵母菌が原因だったり、黒っぽい汚れはお風呂でおなじみの黒カビが原因だったり髪の毛などのゴミが原因でも排水溝の汚れやにおいが目立ってしまいます。そうならないためにも毎日とはいえませんが最低でも3日に1回はお掃除することがとても大事なのです!

お風呂の排水溝はどのくらいの頻度で行うといいの?

お風呂の排水溝を掃除する頻度は理想は毎日だと思います。でも、毎日お風呂の排水溝お掃除する暇なんてないという人もいると思います。そんな方は毎日ではなく2日に1回行うようにしましょう!それでも、難しい場合は最低でも1週間に1回は行いましょう!

お風呂の排水溝のつまりの原因とは?

そのため、お風呂の浴槽にある排水溝に石鹸カスや髪の毛がが付着したままでいると、水の流れが悪くなりその結果つまりを引き起こしてしまいます。

ちなみに、洗い場の排水溝は髪の毛他ボディクリームやオイルが原因で排水溝が詰まってしまうこともあります。いきなり起こると思われているお風呂の排水溝のつまりですが蓄積されて起こっていることがほとんどですのでそうならないためにもこまめにメンテナンスをすることがとても大事になってきます!

お風呂の排水溝が臭い!原因は何?

お風呂の排水溝をお掃除しないとお風呂全体がなんとなく臭いと感じてしまいます。お風呂の排水溝は体や髪の毛を洗った際にでてしまう石鹸カスや髪の毛が排水溝に流れていきます。

それをそのまま掃除せずに放置した結果、湿気やお風呂場の高温などで繁殖しそれが臭い原因になっているのです。また、あまりにも放置をしすぎるとカビが生えてしまいそのカビが原因でアレルギーを引き起こしてしまう原因にもなってしまいます。

お風呂の排水溝の掃除はどうやって行うの?

では、臭いの原因が分かったところで今度はお風呂の排水溝の掃除の仕方をご紹介していきます!

用意するもの!

重曹(100ml)・水(200ml)・クエン酸(小さじ1杯)・いらない布(Tシャツ1枚ぐらい)・スポンジ・いらない歯ブラシ・ポリ袋をご用意していきます!

1.排水溝のゴミを取っていきます。

髪の毛、皮脂、石鹸、シャンプーやリンスなどのゴミを使い古しの歯ブラシで取ってゴミ袋に入れます

ある程度お風呂の排水溝についているゴミを取り終えたら、今度はスポンジで排水溝付近の汚れを取っていきます。

2.排水溝にたまっている水分を取っていきます。

お風呂の排水溝にたまっている水をいらないTシャツなどで吸い取っていきます。完全になくなるまで水分を吸い取っていき、完全に水分が排水溝になくなったら布は捨てます。

3.お風呂の排水溝に重曹を振りかけていきます。

水分をなくなったら、今度はお風呂の排水溝に重曹を振りかけていきます。重曹をふりかけ終わったらコップにお水をクエン酸を混ぜて排水溝に入れていきます。泡立ってきたらそのまま30分時間をおきましょう!

4.お湯をかけたらお風呂の排水溝掃除の完了です!

30分たったら、お風呂の排水溝をスポンジでこすりそのままシャワーで1分流します。このときのお湯はぬるま湯よりも少し熱い43度くらいがいいそうですよ!さっさと流すのではなく1分きちんと流すようにしましょう!この方法を行うと汚れもにおいも取れますので臭いが気になるときに行ってみるといいですね!

お風呂の排水溝をもっと簡単に掃除する方法とは?

先ほどご紹介した方法でも、いいですが時間がなくもっと簡単に済ませたいという人もいると思います。ここではそんな人にピッタリなお掃除方法をご紹介していきます!

用意するもの!

パイプユニッシュ・歯ブラシ・ポリ袋をご用意していきます。

1.歯ブラシなどで汚れを取っていきます。

まずはお風呂の排水溝のふたをはずします。はずし終えたら髪の毛・石鹸・ゴミなどを取り除いて袋に捨てていきます。

2.浴槽内+浴槽外の排水溝にパイプユニッシュを流し込みます。

まず、浴槽内の排水溝に1/3入れていきます。1/3入れ終えたら今度は浴槽の外にある排水溝に2/3パイプユニッシュを入れていきます。そのまま30分~1時間放置していきます。放置している間に浴槽に水を半分くらいためていきます!

3.浴槽の栓を抜いたら簡単にできるお風呂の排水溝掃除の完了です!

30分~1時間たったら浴槽の栓を抜いて一気に水を流したら完了です♪ちなみにこのときよくそうにためる水は水だけにしてください!お湯をためて流してしまうと有毒なガスを発生してしまう恐れがありますのでお湯ではなく水を入れることを忘れないでくださいね!

お風呂の排水溝のつまりはどう解消するの?

では、今度はもし排水溝につまりが生じたらいいのでしょうか?ここでは排水溝のつまりの解消方法をご紹介していきます!

つまりにはラバーカップが効果的!

まずお風呂の排水溝が詰まったら試したいのがトイレにもあるラバーカップ。これをお風呂の排水溝に押して引くと、ゴミ・髪の毛・ヘドロなどが浮き上がってきます。それらが出てきたら排水溝にシャンプーのキャップなどの固形物が入っていないかどうかをチェックしましょう!その後ゴミなどを回収し水を流してみると綺麗に流れますよ!

それでもつまりが改善されない場合はどうしたらいいの?

それでも流れがイマイチと感じる場合は、奥でまだ髪の毛や石鹸カスなどがへばりついている可能性もあります。そのときに試したいのがトイレの洗剤になります。実はトイレの洗剤には髪の毛を溶かす成分が多く含まれています。

トイレの洗剤をボトル半分くらい排水溝に注ぎ込みます。そのまま水を流し、そのまま20分から30分放置します。時間がたってから仕上げに水を流して完成です!トイレ洗剤の中には換気を必要とするものも中にはありますので使用するときは十分に換気し、むやみに洗剤を混ぜないように気をつけてくださいね!

お風呂の排水溝をつまりを予防する方法とは?

排水溝はちょっとしたことでも汚れてしまいます。汚れがつまりにつながってしまいます。そうならないためにも予防方法がとても大事になってきます。どんな風に予防するといいでしょうか?ここでは予防方法をご紹介していきます!

1.髪の毛などをキャッチするシールを使う!

排水溝に貼るシールを貼ることで排水溝にゴミが落ちるのを防いでくれます!大きさも様々ですので使う前に大きさを図るようにしましょう!ちなみに、穴にもいろいろあるそうですよ♪100均でも売ってますよ♪ちなみに、排水溝にシールを張るときは排水溝のお掃除をしたあと排水溝が十分に乾いてから貼りましょう!

2.排水溝ネット

キッチンで使う排水溝ネットもしくはゴミ取りを先ほどのシールの上におきます。深さがあると上部まで穴がふさがらないのでなるべく深めのものを選ぶようにしましょう!

もっと手軽に排水溝の汚れを予防するグッズは?

排水溝の臭いや汚れを予防するのにはシールなどがありますが、なかなか買いにいけず結局そのままなんてこともあるかと思います。台所で使う排水溝用のネットを使ってもいいと思いますが一番手軽なのは”アルミホイル”です。

アルミホイルを3cmくらいに丸めて排水溝の受け皿に置くと、水を流すたびに金属イオンが発生しその結果菌の繁殖を抑制する働きがあるといわれています。アルミホイルがない場合は10円玉でも良いそうですよ!

お風呂の排水溝のにおいを抑える方法♪

お風呂の排水溝はきちんとにおいを対策をすることでにおいを抑えることができます!ここでは排水溝のにおいを抑える方法をご紹介していきます!

1.こまめに排水溝をお掃除しよう!

排水溝のにおいは髪の毛やごみそして石鹸カスなどをそのままにしていることが原因でおこります。一度掃除してもしばらく掃除しないと悪臭の原因にもなってしまいます。そうならないためにもこまめにお掃除をするようにしましょう!

人によっては”そんな暇ない!”という人もいると思います。そういう人はお風呂やシャワーをあびたら上がる前に排水溝をチェックし髪の毛を取るようにするようにしましょう!それをするかしないかでにおいも変わってくるそうですよ!

2.カビの繁殖を防ごう!

カビも排水溝の悪臭の原因になります。先ほどもご紹介しましたがカビをそのまま放置してしまうとアレルギーになってしまいかねません!そうならないためにもお風呂にカビを生えさせないことがとても大事になってきます♪

カビを生えさせないって具体的にどうすればいいのかというと、お風呂やシャワー後に40度以上の温度で壁や床をシャワーで洗い流します。その後タオルなどで水分を取り除き、喚起をすることでカビが生えにくい環境を作ることができます!できるだけ浴室の床にモノをおかないなどの対策もすると安心ですね!

排水溝のお掃除の仕方をご紹介しました

排水溝はできるだけお掃除したくない場所になりますよね。でもお掃除しないでいるとにおいだけではなくつまりなどの原因にもなりかねません。また、正しい掃除方法を知らないと悪化させてしまい水道業者を呼ぶことになってしまいます。そうならないためにも正しい掃除方法を知る必要があります!

お風呂は1日の疲れを癒してくれる大切な場所にもなります。小まめにお掃除やにおい対策などをすることで素敵なバスタイムをすごすことができますよ♪いきなりすべてを行うのは難しいと思いますのでできることから挑戦してみてくださいね!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-09-29 時点

新着一覧