肉割れのレーザー治療にかかる料金・値段は?レーザー基礎知識まとめ

肌の露出が多くなる夏場は特に肉割れで悩んでいる方も多いのではないのでしょうか。肉割れは美容クリニックのレーザー治療で目立たなくすることができると言われている時代です。そんな肉割れの治療法、レーザー治療の料金、値段や基礎知識を紹介していきます!

肉割れのレーザー治療にかかる料金・値段は?レーザー基礎知識まとめ

目次

  1. 肉割れとは
  2. 肉割れの原因
  3. 肉割れができやすい場所
  4. 肉割れを治すには
  5. レーザー治療とは
  6. 肉割れのレーザー治療
  7. 肉割れレーザー治療の費用、料金は高い?
  8. 肉割れレーザー治療には保険が適用されない
  9. 肉割れレーザー治療は1度では終わらない!?
  10. 肉割れレーザー治療にかかる期間
  11. 肉割れレーザー治療のメリット、デメリット
  12. 血流改善ガス治療
  13. 自宅での治療
  14. クリニック選びのポイント
  15. 最後に:肉割れレーザー治療の前に考えてみよう

肉割れとは

何らかの原因で皮膚が強引に引っ張られ、皮膚に白い線や赤いミミズ腫れのような線ができてしまうことを肉割れと言います。

肉割れでできた白い線は肉割れ腺、またはストレッチマーク、妊娠線とも言われ、男女共に肉割れ腺で悩んでいる人は沢山いると言われています。特に女性は水着やミニスカートをはく機会が多くなる夏場は肉割れ腺が気になってしい、コンプレックスになってしまってる方も多いのではないでしょうか。

肉割れの原因

肉割れの原因はいくつかあります。肥満によるもの、成長期によるもの、女性の場合だと妊娠によって妊娠線と言われる線ができてしまう場合もあり、これも肉割れです。身体が成長したときや、急に太ったとき、妊娠でお腹が大きくなったときなど皮膚が伸び縮みしてしまうことが肉割れの主な原因です。

肥満による肉割れ

肥満による肉割れ。これが肉割れで1番多い原因だと言われています。急激に太ることによって皮膚が引っ張られ、皮膚の内部に存在する真皮が傷つくことで皮膚表面に線が出てきてしまいます。体重の増加が気になっている方は注意が必要です。

妊娠による肉割れ

妊娠によりお腹が大きくなり、皮膚が引っ張られることでこちらも皮膚内部の真皮が傷ついてしまい、肉割れができてしまいます。マタニティラインとも言われます。

成長期による肉割れ

成長期は代謝がすごく活発と言われていて、それに伴って真皮の働きも活発になります。肥満による肉割れとは違い、体格の変化によって皮膚が引っ張られ肉割れができてしまう場合があります。この肉割れはストレッチマークとも言われています。

肉割れができやすい場所

妊娠によるお腹の肉割れや肥満体系だった人が急激に痩せたときにできるお腹周りの肉割れは想像できる方も多いかもしれません。しかし、肉割れは太もも、胸、お尻など脂肪のつきやすいお腹以外の場所にもできてしまう可能性があります。

太もも

太ももの肉割れも肥満が原因で起こると言われています。急激な体重増加で真皮が傷つき、ダイエットに成功して痩せたときに太ももにしわのような肉割れができてしまいます。

胸の肉割れは妊娠によって胸が大きくなることで肉割れになってしまうと言われています。妊娠によってお腹と胸はどうしても大きくなってしまうものなので仕方がないことでもあると言えます。

お尻

こちらも急激な体重増加が原因で起こると言われています。お尻は脂肪がつきやすい場所なので意外と注意が必要なのと、普段なかなか見えない場所なので気づきにくいという注意点もあります。

肉割れを治すには

クリームやオイルを使用したスキンケア、マッサージ、コラーゲンの摂取、レーザー治療など肉割れの治療法は様々です。

クリームでのスキンケア

クリームの中には肉割れ専用のクリームというものがあり、このクリームができてしまった肉割れに対して効果的だと言われています。マッサージをしながら肉割れの箇所に塗り込んでいきましょう。

肉割れを治すには乾燥させないための保湿が大切だと言われているので、こまめにクリームやオイルを塗るようにすることが大切です。

レーザ治療

クリーム、オイルでのスキンケアも肉割れに効果的だと言われていますが、クリーム、オイルでのスキンケア、コラーゲン摂取などの治療法よりも短時間で治療ができ、1番効果的な治療法と言われているのが『レーザー治療法』です。

そのレーザー治療法についての基礎知識や気になる料金、値段について今から説明していきます。

レーザー治療とは

レーザー治療は、肌にレーザー照射による熱刺激を与えて肌の再生を促す方法です。肌を火傷させ強制的に代謝を促進させます。

レーザー治療は安全か

レーザー治療は安全な治療法とは言われていますが、もともとの肌トラブルや、技術者の技術不足などによって火傷やさらなる肌トラブルなどの報告が多いのも事実です。肌が弱い方は特に特に注意が必要です。肌が強い方でも体調や精神面の変化によりレーザーによるダメージを受けてしまう場合もあるので必ずしも安全とは言い切れないようです。

肉割れのレーザー治療

肉割れのレーザー治療にはいくつか種類がありますが、どの方法であっても肉割れを起こしてしまっている場所にレーザを当て、肌に存在するコラーゲンの活性化を促すというのが基本的な原理と言われています。コラーゲンの活性化は肌の再生に繋がるので、肉割れを治すのに効果的と言われます。

安全なのか

ちゃんとした効果を得るには肌の奥の組織までレーザーがいきわたるようにしなければならないので、レーザーの照射を強くしなければいけません。しかし、レーザーのパワーをあげることで、火傷などの肌トラブルに繋がってしまうこともあります。

肉割れのレーザー治療で火傷を負ってしまったという方はネットの口コミからもわかるように少なくないです。なので、レーザー治療で肉割れを消す場合は、安全な治療法とは言われているものの多少のリスクはあるという覚悟をもってレーザー治療に臨んだほうがいいかもしれません。

肉割れレーザー治療の費用、料金は高い?

レーザー治療は何種類かありますが、どのレーザー治療を行うにしても費用、料金は高額になってしまうと言われています。1度のレーザー治療でおおよそ2万~4万円程度の値段が相場です。これはあくまで相場なので、治療を受ける部位クリニックで値段は大きく変わってきます。

レーザー治療を受けるクリニック部位で料金が変わる

レーザー治療にかかる料金、値段はレーザー治療を受けるクリニックによって大きく変動してきます。1回のレーザー治療の料金、値段が1万~のクリニックをあれば、1回の費用、料金で4万以上かかるクリニック、また部位によっては20万円以上の料金、値段がかかってしまうクリニックもあります。

料金、値段が高ければ必ずしも効果が高いとは言い切れないので、施術を受ける部位、料金や値段を含めしっかりとクリニックのドクターと相談した上でレーザー治療に臨みましょう。

肉割れレーザー治療には保険が適用されない

肉割れ線を消すための治療ではほとんどの場合保険が適用されない為、治療費を10割自己負担する必要がある、自由診療扱いとなってしまいます。その為、肉割れ線を消すレーザー治療は当然ながら相応の値段になってしまい、自宅でクリームやオイルを使ったスキンケアでの治療を選ぶ人も多いと言われています。

保険適用となるケース

肉割れの線を消すための治療で保険が適用される極まれなケースとして、肉割れによって日常生活が普通に送れないほどの激しい痛みがある、肉割れの傷が深すぎて皮膚が正常な状態ではないなどが挙げられます。

すなわち、自分に自信が持てない、肌の露出が嫌だなどといった見た目のコンプレックスによる肉割れ治療では保険適用外になってしまい、自由診療による自己負担での値段で治療を行わなければならないということになります。

肉割れレーザー治療は1度では終わらない!?

1度のレーザー治療で約2万円から4万円もの料金、値段が必要と言われている肉割れのレーザー治療ですが、ほとんど目立たないように肉割れ線を消すには1度のレーザー治療では終わりません。

5~6回のレーザー治療が必要

肉割れの状況や部位、範囲で大きく変わってくることはありますが、基本的に5~6回のレーザー治療が必要だと言われています。そのため、料金もトータルで15万~20万程かかってしまうことになります。

肉割れレーザー治療にかかる期間

クリニック、ドクターの判断によっても異なってきますが、レーザー治療を行ってからまた次のレーザー治療を行うのに1週間~2週間ほど間隔を空けるのが一般的だと言われています。これはレーザー照射による肌への負担を考慮したもので短時間で連続してのレーザー照射ができないためです。

2~3か月は覚悟しておく

5~6回の施術が必要で施術と施術の間隔を2週間程空けることが必要な肉割れレーザー治療、そのため治療期間は短くても2か月、長いと3か月以上かかってしまうと言われています。レーザー治療は他の治療法と比べて早い治療法だとは言われていますが、最低限の期間は必要なんですね。

レーザー治療が順調に進まなっ型場合

5~6回の施術で肉割れ線を消す作業が順調に進んだ場合、2か月~3か月の期間で肉割れ線は消すことができると言われていますが、肉割れ線を消す作業が順調に進まず、思ったほど効果がでなかった場合にはさらなる通院が必要となり、平均の2か月~3か月より長い治療期間が必要となってきてしまいます。

肉割れレーザー治療のメリット、デメリット

レーザー治療のメリット

肉割れのレーザー治療のメリットとして割と短期間で効果がでることと肉割れの症状とレーザーを照射する機械の相性が良い場合には思ってる以上の効果がでて、ほとんど元の肌に近いくらい肉割れ線を消すことができるということです。

レーザー治療のデメリット

レーザーの照射によってコラーゲンを活性化を促し、肌の再生が期待できる一方で肌が弱い人は火傷やさらなる肌トラブルへと繋がる危険性があります。また、人によって効果が大きい人も入れば、得られる効果が少なく、費用のわりに満足する効果が得られないと感じてしまう人もいます。これらの部分は肉割れのレーザー治療のデメリットと言えるかもしれません。

血流改善ガス治療

血流改善ガス治療とは、肉割れの原因となる真皮に直接ガスを注入することで肌の表皮、真皮の代謝を改善し、またガスの注入によるダメージでコラーゲンを生成させると同時にダメージを与えられることによって回復を試みる皮膚の再生能力をつかった治療法です。

レーザー治療と比べたメリット

これまでは肉割れを消す治療で主流だった治療法はレーザー治療でしたが、レーザー治療は皮膚の外側にレーザーを当てて治療を行う為、患者さんの肌の状態によっては火傷や思わぬ肌トラブルに繋がってしまう危険性がありました。一方、血流改善ガス治療は肌の内側から肉割れ線を消すことを試みる治療法なので肌の外的ダメージの心配はありません。

しかも、治療時間も10分程度と言われており、レーザー治療とは比べものにならないくらい短時間で行える治療法とも言えます。

自宅での治療

自宅で行える治療法の中にオイルやクリーム、ローションを使用したスキンケアが挙げられます。肌質や肉割れの症状によってはこちらの治療法のほうが効果が感じられるという場合もあります。

レーザー治療と比べたメリット

1番のメリットと言えるのはやはり費用がかからないという点です。薬局で購入した1000円程のクリームでスキンケアを行い、肉割れが解消できた場合、実質1000円程の費用で治療できたと言えますのでレーザー治療とは比べものにならないくらい経済的ですよね。しかし、安く治療ができるとはいえ、自宅でのスキンケアは毎日行わなければならないのと、期間もレーザー治療より長い期間を覚悟する必要があります。

また、自宅でのスキンケアの効果には症状によって個人差もあるので半年クリームを塗り続けても効果があんまり感じられないという場合もあります。とはいえ、肉割れ治療を安く行いたいという方には自宅スキンケアはおススメな方法と言えます。まず、自宅スキンケアで治療を行い、自宅スキンケアで効果が得られなかった場合はクリニックで治療の相談をしてみるのもいいかもしれません。

クリニック選びのポイント

クリニックでの治療は健康面や精神面などを考慮して治療法を提案してくれるので患者側としてみたら安心ですよね。しかし、クリニックと一言でいってもたくさんのクリニックが存在します。どのようなクリニックで治療を行えばいいのか迷ってしまう方も多いそうです。

治療経験豊富なドクターがいるか

肉割れにはさまざまなタイプがあり、白い線だけができてるタイプ、赤くみみず腫れのようになってしまってるタイプなどさまざまです。そのタイプによって治療法はもちろん異なってきます。こうしたさまざまなケースに対応してくれる治療経験が豊富なドクターが在籍しているクリニックを探してみましょう。

口コミをみてみる

実際にクリニックを利用したという患者さんの口コミをネットなどで見てみるのもクリニック選びのひとつのポイントになると思います。自分やそのクリニックからの目線だけでなく、他の第三者目線からのクリニックの評価を見てみることでそのクリニックへの信頼も強くなり、安心感を持って診察に臨めるかと思います。

最後に:肉割れレーザー治療の前に考えてみよう

ダイエットや妊娠、成長に伴ってできてしまった肉割れ線を消したいと悩んでいる方は大勢います。症状や状態によって治療法も自宅で時間をかけてコツコツと自分でできるものからクリニックでの血流改善ガスを使った治療、レーザー治療などさまざまです。肉割れ線を消すのに1番効果があると言われているのはレーザーによる治療法ですが費用もそれなりの時間もかかってしまい、リスクも伴います。

なので、クリニックでの治療を考えている方はまず、信頼できる、些細なことでも相談できる、質問に答えてくれるクリニック、ドクターをみつけ、レーザー治療も選択肢にいれつつもリスクや費用の面をよく考えて自分に合った肉割れを消す治療法、改善法を見つけていきましょう!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-04-26 時点

新着一覧