お風呂の浴槽や浴室についた水垢をを落とすにはクエン酸がおすすめ!

お風呂掃除は掃除の中でも大変度の高い箇所です。お風呂場には水垢がつきやすいので、落とすのに苦労しますよね。そこで絶大な効果を発揮してくれるのがクエン酸。今回は浴槽についた水垢が簡単に落とせるクエン酸についてご紹介していきます。

お風呂の浴槽や浴室についた水垢をを落とすにはクエン酸がおすすめ!

目次

  1. お風呂の水垢が落ちない!
  2. お風呂場の水垢もクエン酸でスッキリ!
  3. お風呂の水垢掃除に最適なクエン酸の種類
  4. クエン酸を使ったお風呂の水垢の落とし方
  5. お風呂の水垢汚れが軽いときの落とし方
  6. お風呂の水垢汚れが酷いときの落とし方
  7. クエン酸と重曹でお風呂の水垢も皮脂汚れもピッカピカ
  8. クエン酸と重曹でエコ掃除
  9. 便利なクエン酸スプレー
  10. お風呂の水垢掃除でクエン酸を使う時の注意点
  11. 注意点を守ってラクしてお風呂掃除

お風呂の水垢が落ちない!

浴室の掃除は決して楽ではありませんよね。もし長い間磨かないでいると浴槽や鏡などに白い筋が付着して汚れてきます。これは水垢や石鹸カスがこびりついたもので、水やお湯をかけただけでは落ちないため、綺麗に落とすのに非常に苦労します。時にはお風呂用洗剤を使っても完璧に落ちないこともあり、お風呂の水垢はホントに厄介な汚れなのです。

お風呂場の水垢もクエン酸でスッキリ!

そこで浴槽などに付いた厄介な水垢を綺麗に落としてくれるのがクエン酸です。クエン酸は酸性で水垢や石鹸カスはアルカリ性の要素を持っています。酸性の汚れの落とし方はアルカリ性洗剤が向いていますし、アルカリ性の汚れは酸性で中和することで劇的に汚れが落ちやすくなります。汚れの落とし方の化学ですね!

浴室の水垢はクエン酸で信じられないくらい簡単に汚れが落ちます。それにドラッグストアなどでクエン酸は手軽に購入できますし、大量に入っているのに安いのが嬉しいポイント。効果があって安いアイテムが一番ですね。

お風呂の水垢掃除に最適なクエン酸の種類

クエン酸と一言で言ってもいくつか種類があって、薬用と料理用、掃除などの工業用の3種類があります。何が違うのかと言うとクエン酸の濃度によって分けられています。薬用が一番濃度が高く、その次に料理用で最後が工業用になります。また値段も同じ順番で薬用のクエン酸が一番高く、一番安いのが工業用になります。

お風呂の浴室掃除に使うクエン酸は、掃除用なので工業用の一番安いもので問題ありません。クエン酸には食用もあるから大丈夫と思っても、決して食べてはいけません。工業用のものは不純物が多く含まれているため、絶対に口にしないよう注意しましょう。

一般的なドラッグストアで掃除用のクエン酸として売られているものは、大体1個250円~350円程度でとてもお手頃価格なので購入しやすいです。またドラッグストアの他ネット通販でも販売されていて、こちらの方が安価な場合が多いそうなので、ぜひネットでもチェックしてみてくださいね。

クエン酸を使ったお風呂の水垢の落とし方

クエン酸を使って水垢汚れを綺麗にする落とし方は、クエン酸スプレーを作ることです。クエン酸を水に溶かして霧吹きに入れて吹きかけていくだけで、簡単に落ちます。準備するものは霧吹きとクエン酸と水だけ。大さじ1~2杯くらいのクエン酸を、水に入れてよく混ぜて溶かします。溶かしずらいときはお風呂に残ったぬるま湯などを使うとすぐ溶けます。

クエン酸スプレーが完成したら、とにかく水垢が気になる部分へシュッシュッとかけていきましょう。窓のガラス磨きのような感覚で楽しくできます。

お風呂の水垢汚れが軽いときの落とし方

お風呂内の汚れが比較的軽いときの水垢の落とし方は、クエン酸スプレーを汚れ部分にシュッシュッと吹きかけたら2,3分くらい放置してからシャワーで流します。軽い水垢ならこすらなくても霧吹きでかけて洗い流すだけでOK!もう市販の洗剤なんて必要なくなるくらいの効果が期待できます。

お風呂の水垢汚れが酷いときの落とし方

水垢汚れが酷い場合の落とし方は、キッチンペーパーでクエン酸パックをして汚れを落とします。やり方は簡単でまず、水垢汚れが酷い部分にクエン酸スプレーを吹きかけます。その後スプレーした箇所にキッチンペーパーを張りつけて、顔パックのようにしばらく放置します。汚れが酷い場合のクエン酸スプレーは、若干濃い目に作るのがおすすめです。

クエン酸パックをしたら、触らず30分くらいそのままにしておきます。時間が経ったらキッチンペーパーのパックを剥がしシャワーで洗い流します。これだけでかなり落ちますが、もしもまだ汚れが残っていたら掃除用のブラシかスポンンジで軽くこすり洗いしてみてください。これで完璧に綺麗になるでしょう。

クエン酸と重曹でお風呂の水垢も皮脂汚れもピッカピカ

クエン酸と同じく掃除の強い味方が重曹です。この2つは同時に使うことができます。一緒に混ぜると二酸化炭素が発生しますが、換気さえきちんとしていれば健康に問題はありません。浴室を掃除するときは最初に重曹と水を混ぜた重曹スプレーを吹きかけていきましょう。

重曹は油汚れや皮脂汚れを落とすのに効果があります。その次にクエン酸スプレーで水垢と石鹼カスを掃除していきます。このように重曹とクエン酸だけで浴槽がピッカピカになりますよ。

クエン酸と重曹でエコ掃除

前述の通り重曹は皮脂汚れや油汚れに強いので、浴槽内を掃除するのにピッタリです。浴槽には皮脂や汗汚れがついているので、アルカリ性の重曹が合います。また酸性のクエン酸は水垢に最適。

水道水にはケイ酸という物質が含まれていて、水が蒸発したときに残る白い固まりがケイ酸です。よく浴室の蛇口やドア、バスタブの縁に白い筋状の汚れが目立ちますよね。このケイ素を綺麗にしてくれるのがクエン酸です。ただケイ酸は頑固な汚れなので、クエン酸何度か使って時間をかけて洗っていきましょう。

それにクエン酸は石鹼カスにも有効です。この石鹼カスというのは石鹸が水に溶けて水道水に含まれているミネラル成分と合わさってできたもので、浴室の壁の下部分や洗面器、浴用のイスにも付いている粘着性のある汚れです。また石鹼カスには石鹸の脂肪も含まれているため、重曹を使っても落ちます。

以上のように浴室掃除はその汚れの性質に合わせて、クエン酸や重曹を使い分けると汚れが綺麗に落ちる大事なポイントになります。ただ「この浴槽の汚れは水垢なのか、皮脂汚れなのか見ただけでは分からない!」という方もいるでしょう。そんな時はひとまず重曹を水に混ぜた重曹水で浴槽を洗ってみて下さい。重曹スプレーで吹きかけたらブラシやスポンジでこすり洗いし、シャワーで洗い流します。それで残っている汚れにはクエン酸スプレーを使いましょう。

それでもまだ残っている頑固な汚れには、重曹の粉をそのまま汚れている箇所に振りかけてから、スポンジなどでこすり洗いしてみましょう。重曹には研磨剤が含まれているので汚れをダイレクトに落としてくれます。重曹とクエン酸を上手に使って浴室はピッカピカ!

便利なクエン酸スプレー

実は毎日浴室の掃除をするのは正直面倒だ!と思っている方は少なくないはずです。そんな時に活躍してくれるのが前述しているクエン酸スプレーです。長期間溜め込んだ水垢汚れは掃除するのも一苦労ですが、毎日のお風呂上りに浴室の壁にクエン酸スプレーを吹きかけます。5分程度そのままにしてからシャワーで洗い流します。

お風呂上りのひと手間だけで、浴室を綺麗にキープできます。特に浴室の壁の白い汚れに困っている方には効果絶大です。

お風呂の水垢掃除でクエン酸を使う時の注意点

このようにお風呂掃除に大活躍してくれるクエン酸は、大量に入っているのに安いのでパーフェクトなお掃除アイテムですよね!ただ使う時は次に説明する注意点を必ず守って使うようにしてください。

クエン酸と塩素系洗剤は絶対に混ぜないこと!クエン酸はご存知の通り酸性なので、塩素系洗剤と混ぜてしまうと身体に有害な塩素ガスが発生してしまいます。このため絶対に混ぜないように気を付けて下さい。・クエン酸を金属には吹きかけないこと!

こちらの場合もクエン酸は酸性なので、金属にかけてしまうと腐食して錆の原因になります。浴室内に金属の配管などがある方は、絶対にクエン酸やクエン酸スプレーをかけないようにしましょう。もし誤ってかけてしまっても、直ちにシャワーで洗い流せば大丈夫です。

クエン酸が完全に乾くまでにしっかりと洗い流すこと!クエン酸スプレーをお風呂の壁や鏡にスプレーすれば、水垢と石鹸カスが驚くほど落ちて綺麗になると説明してきました。でもスプレーしたまま翌日まで洗い流さないで放置したままでいると、再び白い筋状のものが現れています。クエン酸スプレーで汚れを落としたはずなのに!とガッカリすることになります。

水垢と石鹸カスがクエン酸スプレーによって中和され、スプレーした水分の中で溶けて汚れが落ちる仕組みなので、スプレーして汚れが溶けた状態で洗い流せば綺麗になりますが、放置しておくことで水分だけ蒸発して水垢と石鹸カスは以前より固くなって再び固まってしまいます。このような状況にならないためにも、クエン酸スプレーが乾く前にシャワーで洗い流すことが大切です。

Thumbお風呂のカビを予防する対策と、できたカビには重曹や酢でお掃除を!

注意点を守ってラクしてお風呂掃除

簡単に手に入ってしかも安価なクエン酸。水洗いだけでは綺麗にならないお風呂の水垢を落としてくれる、効果の高いお掃除グッズです。ぜひあなたのお掃除アイテムの1つに加えてみてはいかがですか?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-12-01 時点

新着一覧