上手な別れの言葉をまとめてご紹介します!彼氏と別れたい人必見!

失恋する、させる際の別れの言葉というものについて考えた事はあるでしょうか。上手な別れ方をする為には適切な別れの言葉と不適切な別れの言葉があるものです。今回はそんな様々な別れの言葉を例文を交えてご紹介していきたいと思います。メールで伝えるのはNGかもしれません。

上手な別れの言葉をまとめてご紹介します!彼氏と別れたい人必見!

目次

  1. 別れの言葉は失恋とセット、彼氏と上手に別れる為に
  2. 恋愛を終わらせるなら別れの言葉は必須
  3. 別れたい相手にこんな別れの言葉を使うのはNG
  4. メールはNG!別れの言葉によってはキレられたり恨まれ続ける事も
  5. 別れたいなら別れの言葉だけでなく空気も重要
  6. 復縁は絶対に無い!きっぱり別れたい時の別れの言葉
  7. 不満を改善してくれるなら…復縁の可能性を残した別れの言葉
  8. 中途半端な別れの言葉では相手を苦しめる事にも
  9. 別れの言葉は相手を思いやり感情的にならない事も大切
  10. お互い納得できる別れの言葉を使って上手な別れを

別れの言葉は失恋とセット、彼氏と上手に別れる為に

恋愛をしていれば時には失恋する事もあるものですが、なるべく長続きをさせたいと思っていてもこればかりは自分の意思だけで決める事はできないもので、残念な結果に終わってしまう事を受け入れなければなりません。

しかし自分が失恋させる側の立場になった時、できれば穏便に別れ話をしたいと考える人は多いのではないでしょうか。別れをすんなり受け入れてくれる彼氏であれば良いかもしれませんが、別れの言葉はなかなか難しいものです。

そこで今回は上手な別れ話をする為にも重要な別れの言葉について、例文や別れの言葉として選ぶには不適切であると考えられる言葉などをまとめてご紹介していきたいと思います。別れの言葉一つで彼氏の今後を左右する事もあるかもしれませんよ。

恋愛を終わらせるなら別れの言葉は必須

恋多き女性にとっては別れ話もお手の物かもしれませんが、別れの言葉を選び間違えて彼氏とモメてしまったなんて経験は無いでしょうか。別れの言葉は告白の言葉以上に労力を使うものです。

関係を終わらせたいなら失恋を自覚させる事も大切

人によっては別れ話をするのが面倒だからと別れの言葉すら伝えずに恋愛を終わらせようと考える人もいるものですが、これまで自分に時間を割いてくれた相手に気持ちの区切りをつけさせる為にも、やはり別れの言葉は必要です。

しかし今までは失恋してばかりだった、別れ話なんてした事が無いという人はどんな別れの言葉なら彼氏と上手に別れる事ができるのかわからないなんて事もありますよね。

お互いの関係性が冷め切っている場合にはシンプルに「別れたい」だけでも良いかもしれませんが、大抵の場合には相手にとっては寝耳に水でその理由を聞きたがる事が多いのではないかと思われます。

別れたい相手にこんな別れの言葉を使うのはNG

別れ話を穏便に済ませたいという人の中には「アナタは悪くない、悪いのは私」といったニュアンスの別れの言葉を使う人も多いものです。けれどこういった別れの言葉は、かえって相手に期待を持たせる事となります。

人によっては自分次第で関係を終わらせずに済むのではないかと考え付きまとわれてしまう事もあるかもしれませんし、嫌いになったんじゃないならどうして別れるんだ!と納得してくれない可能性も高そうです。

自分はどうせ別れるつもりなんだから別れの言葉なんてどんなものを使っても同じだ、と考えているのであれば、不要なトラブルも引き起こしかねません。別れの言葉選びはお互いが一歩進む為にもとても大切なものなんです。

メールはNG!別れの言葉によってはキレられたり恨まれ続ける事も

大切な別れ話を電話やメールでする事を嫌う人もいます。彼氏への誠意を見せるという意味でも、別れの言葉はなるべく顔を突き合わせて伝えるのがせめてもの礼儀ではないでしょうか。メールの文面だけでは真意が伝わらないかもしれません。

例外としてメールでの別れが正しい場合も

ただし彼氏が別れの言葉を聞いた途端に逆上したり手を上げたりしそうなタイプだという場合には、むしろメールなどを使った別れを選ぶ方が賢明な場合もあるかもしれません。相手の性格に応じて直接かメールか臨機応変な対応も必要です。

「実はそんなに好きじゃなかった」といった別れの言葉は絶対に選んではいけません。たとえそれが本心であったとしても、そんな別れの言葉を告げられた相手にしてみれば「これまで君に費やした時間は何だったんだ」となってしまいます。

恋人としては付き合っていけないけれど、人間としては好きだから友達でいたいという希望を含ませた別れの言葉も良いとは言えません。彼氏としては振られたにも関わらず気持ちの切り替えができず、中途半端な失恋に未練が残ってしまう事もありそうです。

別れたいなら別れの言葉だけでなく空気も重要

別れの言葉を伝える際には言葉選びだけではなく、空気を読むという事も大切です。物凄く楽しくて今まさに幸せの絶頂だ!という時に別れの言葉を告げられても、彼氏としては突然の失恋に気持ちが追い付かずとにかく別れを阻止しようとするかもしれません。

逆に彼氏がとても不機嫌な状態である時に別れの言葉を告げてしまったら、火に油を注ぐ事となって穏便に済ませられる筈だった別れ話がかえってこじれる事にもなりかねません。告白と同様に、別れの際にも空気を読む事は大切です。

当然場所も重要ですが、人がたくさんいるレストランの中での別れ話などは周囲に話を聞かれてしまう可能性もありますし、二人の間に流れるであろう重たい空気を周囲の人にも背負わせてしまう事となります。

別れの言葉を伝えようとするのであれば、なるべく他人に話を聞かれづらくお互いにリラックスできる様な状態で告げるのが良さそうです。当然空気や場所を選んでもいい加減な言葉では意味がないので、真剣に伝える事が一番大切です。

復縁は絶対に無い!きっぱり別れたい時の別れの言葉

それではいよいよ別れの言葉をご紹介していきたいと思います。まずは今後絶対に復縁する可能性は無いと言い切れる相手へ伝える別れの言葉ですが、少しでも可能性を持たせる様な別れの言葉はNGです。

もしも他に好きな人ができてしまったという場合には、それ自体を別れの言葉としてはっきり相手に伝える事も良い方法です。伝えられた彼氏は怒る事もあるかもしれませんが、人の気持ちはどうする事もできません。

例文としては「アナタより好きな人ができてしまったから別れてください」「浮気になってしまうのは嫌だから」と、もう一番の存在ではない事をきっぱり伝える事が大切です。

他に好きな人ができたわけではないけれど今の彼氏とは別れたい、という場合には、付き合い始めにはあった気持ちが無くなってしまった事を伝えるのが良さそうです。

例文としては「何度も考えてずっと悩んでいたけど、アナタの事が恋人として好きだって気持ちが無くなってしまった」と、もう恋愛の対象ではなくなってしまった事を別れの言葉に含めるのが良いかもしれません。

不満を改善してくれるなら…復縁の可能性を残した別れの言葉

現状で相手に不満があるから別れたいけれど、もしも改善してくれる意思があるのならまだ関係を続けられそうだという場合には、むしろ期待を残した別れの言葉を伝えるのが良い方法かもしれません。

例文としては「アナタの○○な部分をどうしても受け入れる事ができないから、別れたいと思ってる」といった風に別れの言葉を伝えてみてはどうでしょうか。彼氏の考え方次第では改善するから時間が欲しいと申し出てくれるかもしれません。

相手に対する不満は無いものの自分自身の問題で恋愛とを両立する事が難しくなってしまった場合、きちんと理由を伝えた上で気持ちが冷めたわけではない事も付け加えるのが良さそうです。

例文としては「アナタの事は変わらず大好きだから辛いけど、今は仕事が凄く重要な時期だから集中したい」と別れの言葉を伝えれば、相手次第では「落ち着くまで自分の時間を大事にしよう」と提案してくれるかもしれません。

中途半端な別れの言葉では相手を苦しめる事にも

別れの言葉の内容次第では、伝えられた側にトラウマを植え付けたり苦しめてしまう可能性も大いにあり得るものです。溜まった不満をぶつけて相手を傷つける様な別れの言葉では、気持ち良く別れる事はできませんよね。

例文としては「私じゃアナタを幸せにしてあげる事ができないから」「嫌いになったわけじゃないんだけど」といった別れの言葉は、まず間違いなく相手は納得をしてくれないものです。

場合によっては「嫌われたわけじゃないならまだ可能性があるかも」といつまでもアナタを想い続ける事となり、彼氏の心をずっと縛り付けてしまう事にもなりかねません。別れの言葉を伝えるなら、相手を解放してあげる事も大切です。

別れの言葉は相手を思いやり感情的にならない事も大切

どれだけ憎くて別れたいと考えた相手であっても、別れの言葉はあくまで感情的ではなく穏やかに伝える事が大切です。別れの言葉というだけでも十分に相手を動揺させるものですが、感情的な言葉では素直に聞き入れては貰えません。

例文としては「アナタの○○な所がずっと許せなかった」「もうアナタの事なんかどうだっていい」なんて言葉をもしも自分が告げられたとしたら、別れの言葉としては不適切であるという事が理解できるのではないでしょうか。

別れたい理由によっては別れの言葉が感情的になってしまうのも無理はないかもしれませんが、別れまでを長引かせても誰も得をするものではありませんよね。感情をグッと堪えて大人になる事が上手な別れのコツかもしれません。

お互い納得できる別れの言葉を使って上手な別れを

相手の気持ちが強ければ強いほどに別れの言葉をすんなりと受け入れて貰うというのは難しい事かもしれません。けれどやはり決意した以上は別れの言葉を伝えなければお互い中途半端なままですし、勇気を出す事が大切です。

別れの言葉を伝える際には別れたいという気持ちだけではなく、これまで自分と過ごしてくれた彼氏との楽しかった時間に対する感謝の気持ちも一緒に伝えるのが良さそうです。恨みつらみばかりでは不快さや怒りしか残りません。

別れの言葉は練習できるものでもなければ伝える機会もそう多くは無いと思いますが、だからこそメールや電話などではなくきちんと顔を合わせた上で心からの感謝と共に別れの言葉を伝えれば、上手な別れ方ができるのではないでしょうか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-16 時点

新着一覧