赤ちゃんの枕はいつから必要?おすすめ商品や選び方について調査

これから子育てを考えているご家庭のみなさんや、現在進行形で子育て中のママさんへ、赤ちゃんの枕の時期っていつにするか迷いませんか?経験のある方はみなさん枕の時期については悩んだと思います。そこで、今回は赤ちゃんの枕の時期について、徹底検証します!

赤ちゃんの枕はいつから必要?おすすめ商品や選び方について調査

目次

  1. 赤ちゃんの枕についてお悩みの方へ
  2. そもそも赤ちゃんに枕は必要なの?
  3. ちなみに赤ちゃんのベビー枕はいつから使用すれば良いの?
  4. どういう枕が良いの?赤ちゃんの枕の選び方をご紹介!
  5. 赤ちゃんにおすすめする枕①エスメラルダドーナツ枕
  6. 赤ちゃんにおすすめする枕②ジェルトロンベビーまくら
  7. 赤ちゃんにおすすめする枕②西川産業babypuffドーナツ枕
  8. 赤ちゃんの枕選びで注意したいこと!
  9. 枕はいつから必要なの?番外編「吐き戻し防止枕」
  10. 赤ちゃんの枕はいつから必要?おすすめ商品や選び方についてのまとめ

赤ちゃんの枕についてお悩みの方へ

子育て中のママさんやご家庭では、赤ちゃんの枕の時期についてお悩みではないでしょうか?実は赤ちゃんの枕の時期については、非常に迷われている方が多いんですね。今日は、そんなお悩みを解消するべく、赤ちゃんの枕の導入時期や、おすすめの枕や商品をご紹介したいと思います!ぜひ、本記事を赤ちゃんの枕の導入に参考にしてみて下さい。

そもそも赤ちゃんに枕は必要なの?

そもそも、赤ちゃんに枕は必要なのでしょうか?赤ちゃんはどうしても、小さいうちは向きくせがあります。右ばかりを向いてしまうとか、左ばかりを向いてしまうなんてことがあります。どちらかに寝るときの向きが傾いてしまうと、一番の気がかりとしては頭の形が変形してしまうんですね。そんな時には、やはり枕を使用して向き癖を直してあげる必要があります。

ただ1つ、みなさんにお伝えしたいことは、赤ちゃんの背骨はゆるやかなカーブを描いており、本来構造上は枕は必要はありません。例えば、大人の場合は骨の構造上、枕を使用しないと首や筋肉に負担がかかってしまうんですね。だから、必要なんです。つまり、赤ちゃんの場合は向き癖や頭の形を直すという意味で使用することが多いです。

ちなみに赤ちゃんのベビー枕はいつから使用すれば良いの?

基本的に赤ちゃんのベビー枕ですが、生後3ヶ月くらいからが目安です。では、それ以前はどうするの?というご意見もありますが、基本的にはタオルケット等で当てがってあげると良いでしょう。枕を使用しても問題はありませんが、なるべく生後まもない赤ちゃん用を使用しましょう。いつから使用した方が良いのかという点でいうと、多くの方がやはり3ヶ月をすぎた頃から使用している様子です。

生後3ヶ月以前は、タオルを使用しますが、そのタオルの厚みは薄いものを使用すると良いでしょう。それは、タオルの厚みがありすぎると高さが出てしまいますから、赤ちゃんの気道を塞いでしまう恐れがあり、それが窒息につながります。薄いタオルの場合でも、必ず赤ちゃんから離れずに様子を観察することが大切です。

どういう枕が良いの?赤ちゃんの枕の選び方をご紹介!

それでは、赤ちゃんの向き癖や頭の変形を直す為には、どのような枕を使用すれば良いのか、枕選びの特徴をご紹介したいと思います。向き癖も10人いれば10人違う訳ですから、様々な枕が市販されています。その特徴を参考にしてみて下さい。これから、具体的におすすめする枕の商品をみていきたいと思います。

赤ちゃんにおすすめする枕①エスメラルダドーナツ枕

この枕の最大の特徴は、真ん中にそに名の通り、穴があいています。この穴があることで、赤ちゃんの柔らかい後頭部を直接圧迫せずに、圧力を分散してくれます。それにより、絶壁予防につながります。とはいっても、このようなドーナツ枕は他にもあるわけです。では、なぜこの枕が指示されているのか見ていきましょう。

この枕は、まず画像ではよくわかりにくいですが、この枕の厚みは全て均等ではなく、厚い部分と薄い部分とで厚みに違いがあります。このような形状によって、例えばもうすでに頭の形が平らになってきている側にこの枕の厚みのある方を添えてあげれば、平らになった頭をもとに戻すことができます。

事実使用した方のレビューを見ると、「5ヶ月の娘が頭の形が平らになってしまい、友達にすすめられたこの枕を使用すると、形がもとに戻りました。」「絶壁が治った!」という意見が数多く寄せられています。とても評価の高い枕なんです。

そして、製造も日本製ですので、安心して使用することができます。そして、洗濯したときにこれまでの枕でみられた中のコットンの偏りも、この枕については見られなく、とても丁寧な縫製だったという意見もあるほどです。このような点から、おすすめの商品と言えるのではないでしょうか。

もし、注意点をあげるとすれば、枕全般に言えることですが、この枕もやや厚みがありますので、赤ちゃんが就寝中は必ず目を離さないようにしましょう。厚みがある分、窒息してしまうリスクも高いですので、その点は赤ちゃん枕商品には注意が必要です。この枕は頭の形を直したい方におすすめです。

赤ちゃんにおすすめする枕②ジェルトロンベビーまくら

こちらのベビー枕も、amazonではベストセラー1位の実績のある、おすすめ商品です。ただ、1位だからおすすめしているのではなくこの枕に使用している特殊な素材にありました。それは、宇宙船内用の技術を利用した単純立体構造ジェルというものを使用し、体圧を分散し、通気性と耐久性にすぐれているのです。

つまり、宇宙開発から生まれた素材を使用し、赤ちゃんのデリケートな頭を支えてくれます。構造的にも枕中央にくぼみを設けているので、安定して赤ちゃんの首も支えてくれます。また、水洗いも可能なために常に清潔を保ことができます。

使用した方の感想としては、「産まれたときから、右ばかり向いていて右側がぺたんこになっていましたが、今は上を向いて寝ています」「良い枕なんですが、赤ちゃんの抜け毛がつきやすいです」という意見もありました。またその他では「値段が高い」という意見も。amazonレビューでは総合評価、星4つの商品です。体圧を分散して、向きを矯正するのにおすすめできる商品と言えます。

赤ちゃんにおすすめする枕②西川産業babypuffドーナツ枕

赤ちゃんの枕はいつから使用した方が良いのかという意見がありますが、基本的には生後3ヶ月以降を目安にすると良いとお話ししました。それは生後3ヶ月以前だと赤ちゃんの頭が非常にデリケートな為、タオルで対応する方が赤ちゃんに負担が少ないからです。

ただこの西川産業のドーナツ枕をおすすめする理由は、新生児から3ヶ月、4ヶ月〜12ヶ月、12ヶ月〜36ヶ月まで使用できるものをそれぞれ成長ごとに分けて販売しているという事です。ですので、購入する側もとても選びやすく「いつから使用したら良いの?」「いつから必要なの?」と迷う必要がありません。また、付属で汗っかきの赤ちゃんの為にパイル地のピローケースもついてきて、心使いもありがたい商品です。

赤ちゃんの枕選びで注意したいこと!

ここからは、赤ちゃんの枕選びで商品以前の問題として注意しなければいけない事をご紹介していきます。まず、枕に使用する生地ですが、あまり柔らかすぎたり薄すぎたりしても赤ちゃんが寝返りをうつ時に口を塞いでしまうという事態におちいるので考えものです。また逆に枕が厚すぎても、気道を塞ぎかねません。この変の感覚は非常に難しいです。ただ、良い反響のある商品を選ぶことである程度の目安にはなります。

そして、赤ちゃんの枕選びでもう1つ重要視したいのが、洗える枕を選びましょう。おそらく、大半が洗えるようにはなっていますが、やはりそれでも手洗いではなく、洗濯機で手軽に洗えるものが良いですね。よだれや、ミルクで毎日のように洗う必要がありますからね。なるべく、枕本体も洗えるものであれば清潔が保たれるでしょう。

また、枕の素材については、できるだけ天然繊維のものにしましょう。科学繊維のものですと、赤ちゃんの敏感な肌でアレルギーや皮膚のかぶれの心配があります。また、天然繊維の方が肌ざわりがよく赤ちゃんの快眠にもつながります。

枕はいつから必要なの?番外編「吐き戻し防止枕」

これまで枕はいつから必要なのかというテーマに沿って、様々な枕をご紹介してきましたが、番外編として吐き戻し用の枕をご紹介します。それが、この「サンデシカ スリーピングピロー」です。ゆるやかな傾斜がついているので、使用された方からは「吐き戻しが減りました」という声が聞かれています。

生後3ヶ月などは吐き戻しが多いお子様もいらっしゃるので、吐き戻しが多いと赤ちゃんもつらいですから、このような商品を使用してみるのも1つの方法として良いかもしれません。少し、お値段との相談にはなるかと思いますが、ご検討してみて下さい。

赤ちゃんの枕はいつから必要?おすすめ商品や選び方についてのまとめ

みんさん、いかがでしたでしょうか?赤ちゃんの枕といっても、赤ちゃんの頭の絶壁を予防するものから、向きを矯正するもの、そして吐き戻しを防止する枕、生後まもない頃から使用できる枕など用途も様々です。それぞれのご家庭の事情に合わせた枕を使用することで、赤ちゃんにとってより良い睡眠を工夫してあげましょう。

ただ、赤ちゃんの頭の構造上では生後まもなくから枕を使用する必要はありません。繰り返しになりますが、赤ちゃんの枕は、向きを矯正したり、頭の形を矯正するのに使用することがほとんどです。なので、赤ちゃんが嫌がるようなら無理に使用せず、寝ているときだけ枕を使用し頭の形や向きを矯正すると良いでしょう。寝ている時だけでも、効果はありますよ!

また、向きの矯正や頭の矯正は枕だけの工夫よりも、ママやパパが話しかける方向を変えてみたり、寝る場所の工夫をして、寝室のドア側を平らになっていない頭側を向けることで、向きの偏りも少なくなります。枕だけでなく、寝ている環境や、声のかけ方も工夫してみましょう!

もっと赤ちゃん関連の情報を知りたいアナタへ!

Thumb新生児・赤ちゃん服のサイズの選び方!ベビー服の見方・目安は?
Thumb新生児の原始反射とは何?赤ちゃんに見られる動き・種類を知ろう
Thumb新生児のおすすめ抱っこ紐まとめ!本当に使える人気ランキング!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-01-23 時点

新着一覧