おサイフケータイが使えるsimフリー、格安スマホを徹底調査!

月額料金が安くて評判のsimフリーや格安スマホに乗換えたい、でもおサイフケータイが使えるのか?そう心配している人は多いのではないでしょうか。ここでは、おサイフケータイ機能が使えるsimフリー、格安スマホについて徹底調査します!

おサイフケータイが使えるsimフリー、格安スマホを徹底調査!

目次

  1. おサイフケータイはどうやって使うの?
  2. おサイフケータイで何ができる?
  3. おサイフケータイを使う際の注意点について
  4. simフリーとは?
  5. simフリーの種類とそれぞれの特徴
  6. simフリーと白ロムの違いとは?
  7. 格安スマホとは?
  8. 格安スマホの種類とそれぞれの特徴
  9. simフリー端末とキャリア携帯の違いについて
  10. simフリーや格安スマホでおサイフケータイは使えるのか?
  11. simフリーや格安スマホでおサイフケータイを使う手順について
  12. おサイフケータイが使えるsimフリーは何があるの?
  13. simフリーでおサイフケータイを使うメリットとデメリットと注意点
  14. おサイフケータイが使える格安スマホ一覧
  15. 格安スマホでおサイフケータイを使うメリットとデメリットと注意点
  16. simフリーで使えるおサイフケータイ一覧
  17. simフリーで使えないおサイフケータイ一覧
  18. こんな人はsimフリーでおサイフケータイを使うとお得!
  19. おサイフケータイが使えるsimフリー、格安スマホのまとめ

おサイフケータイはどうやって使うの?

まず、おサイフケータイアプリを起動します。マイサービスが表示されますので、サービスを追加するを選択するとおすすめの電子マネーサービスの一覧が出てきますので、その中から利用したいサービスを選びます。

利用したいサービスが決まれば、そのアプリをダウンロードし、次に設定を行っていきます。設定が終われば、早速利用してみましょう。店舗や改札口の専用端末にスマートフォンをかざすだけで支払いが完了します。

おサイフケータイへのチャージ、つまり入金はクレジットカードを持っている場合は、クレジットカードで決済、持っていない人は現金をコンビニ等に設置されている専用の端末で入金します。また、ポイントサイトを利用している人は貯まったポイントを電子マネーに換金する事も出来ます。

おサイフケータイで何ができる?

まず、駅では切符や定期券を買わなくても、スマートフォンをかざすだけで改札口を通過できるため、通勤時の忙しい時間帯に利用する際のストレスが軽減できます。

現金もクレジットカードも持たずに手ぶらで買い物できたり、サービスを利用できます。そのため、現金を必要以上に持ち歩く必要が無いので、盗難のリスクが減ります。

おサイフケータイを使う際の注意点について

現金やクレジットカードを持ち歩かずに済むというメリットの半面、使いすぎてしまうという場合もあります。現金だと手持ちがあるかないかは目で確認ができる為、使いすぎるかどうかが分かりやすいのですが、おサイフケータイは携帯をかざすだけで決済が終わる為、お金を使ったという実感がわかないからです。

また最近では、おサイフケータイでも盗難をされるというケースが出ています。確かに、現金やクレジットカードを持っているよりは盗難リスクは少ないですが、電車等の混雑しているところで電子マネーのデータを盗むという手口も実際にあるようですので、現金を持ち歩かないからといって油断は禁物です。

simフリーとは?

携帯電話やスマートフォンの通信機能を使えるようにするにはsimカードが必要ですが、通常、携帯ショップ等でで購入した端末は、そのキャリアでないと利用できません。そのため、契約先を変えると端末も買い替えなければなりません。これは端末側と内蔵されているsimカードのロックがかかっているからです。

対してsimフリーは最初からロックがかかっていない端末で、キャリアを乗換えてもsimカードを入れ替えるだけでそのまま利用することができます。

長所

契約先のキャリアを変えても端末を買い換える必要がありませんので、長い目で見るとコストパフォーマンスが良いです。また、機器端末割引のサービスが受けられない代わりに、契約期間の縛りがありません。お気に入りのスマートフォンや携帯電話があれば、契約先を変更しても、そのまま利用ができます。

短所

各キャリアで実施している機器端末料金の割引キャンペーンが受けられず、端末代の実費負担が必要になります。また、端末が故障した場合は、キャリアや格安simでの端末保証が受けられない場合があります。

使用上の注意点について

simフリー端末でなくても、キャリアから格安simへそのまま同じ端末を利用することもできますが、その場合はsimロック解除が必要になります。端末によってはsimロックができない場合がありますので、詳しくはキャリアへ確認をしてみましょう。simフリー端末は故障時、キャリアではなく、機器端末のメーカーへ直接問い合わせをしなければなりませんので注意して下さい。

simフリーの種類とそれぞれの特徴

simフリーはキャリアを問わずに共通で使えるという事もあり、割高にはなりますが、長い目で見るとコストパフォーマンスが良いです。

Apple iPhone7

本体価格は公式サイトで購入した場合で72800円です。これがキャリアで購入すると、実質0円から半額位で入手できます。iPhoneは今までおサイフケータイが使用できませんでしたが、このiPhone7からおサイフケータイが利用できるようになりました。iOS 10を搭載しており、データーの読み込みが速く、動画視聴もストレスフリーで楽しめます。

ASUS Zenfone3

ASUSという台湾の企業が提供しているスマートフォン端末です。画面サイズが5.5インチで大きいです。Android端末では数少ないテザリングができる事もあり人気の機種となります。また、メインメモリが4GBと大きく、ゲームも動画視聴もストレス無く楽しめます。

HUAWEI nova

スマートフォン比較サイトで良くお目にかかる機器端末の1つです。メモリは3GBで、一般的なスマートフォンのメモリが2GBなので比較的容量が大きいといえます。端末代も40000円台で比較的安いですが、おサイフケータイが利用できないというデメリットがあります。

simフリーと白ロムの違いとは?

白ロムという言葉を耳にした事があるかと思いますが、白ロムとは、機器端末自体に契約情報や携帯電話番号の情報等が一切入っていない端末を指します。simフリー端末も機器端末自体に何の情報も入っていない状態なので、そういう意味では白ロムと同じです。

ただ、白ロムとsimフリーは全く同じものというのではありません。かつて携帯電話というのは、端末本体に書き込まれていました。これを黒ロムと言います。それに対して全くデータの書き込みがされていない端末を白ロムと呼んでいたのです。現在、契約情報や電話番号といった情報はsimカードに書き込みされていますので、黒ロムの端末は存在していません。

今はキャリアにこだわらず使えるsimフリーとキャリアに依存するキャリア端末の2種類しかなく、かつて言われていた白ロムしか残っていない事になりますが、白ロムというのはsimを入れていないキャリア端末のことを今は呼ぶようです。

格安スマホとは?

格安スマホは、docomoやau、Softbankといったキャリア携帯会社の回線を安く提供している携帯電話会社で、格安simとも言います。キャリア回線を安く買い取ることで安くサービスを提供しています。

長所

キャリア携帯会社より月額利用料が安いので、経済的負担が少ないです。また、ほとんどの格安simにおいては専用のsimカードを購入して、手持ちの端末に挿入するだけで利用ができる為、キャリアのように契約期間の縛りがありません。解約したい時があればいつでもできるというのが大きなメリットといえます。

短所

かけ放題プランについてはキャリアの方が内容が充実しているというのが現状です。キャリアの場合は、かけ放題プランを契約するには2000円から3000円程の料金を支払わなければなりませんが、国内電話であれば時間や回数無制限で電話がかけられるというメリットがあります。対して格安スマホは5分かけ放題、60分までかけ放題など、上限が設けられているものがほとんどです。

あとはキャリアメールが使えませんので、G-mail等のフリーメールが必要になります。フリーメールはパソコンやスマートフォン等、違う端末でも同じIDでログインすると、同じメールが確認出来るので非常に便利です。

使用上の注意点について

今キャリアで利用している端末をそのまま使う場合は、種類によってはsimロック解除が必要になります。例えば、現在auを利用しておりdocomoの回線を提供している格安スマホへ乗り換える場合はsimロック解除が必要です。もちろん、simロック解除ができない場合もありますので注意して下さい。

ただ、現在docomoを利用していて、docomoの回線を提供している格安スマホへ乗り換える場合はsimカードを差し替えるだけで利用ができます。つまり、キャリアから格安スマホへ乗換えしても同じ回線であれば端末はそのまま利用ができるというわけです。

格安スマホの種類とそれぞれの特徴

格安スマホは現在数多くあります。サービスを提供している企業も様々で、イオン等の流通系事業者や、楽天等のネットサービス、OCN等のプロバイダ事業者等で取り扱っています。別名格安simとも言われます。

端末はキャリアで使用していた端末、あるいはsimフリー端末さえあれば、あとはsimカードを入手し、挿入するだけで月額料金の負担を大幅に落として使えるという事から格安simと言われるようになりました。

楽天モバイル

docomo回線を提供している格安スマホです。楽天市場や楽天銀行のサービスを利用することによって、月額使用料が安くなります。また、格安スマホでは珍しく、キャリアと同じように専用のメールアドレスが持てます。更に楽天モバイルは速度が早くてノーストレスで使えるという声が多いです。

mineo(マイネオ)

多くの格安スマホでは、1種類のキャリア回線のみしか利用できませんが、こちらはdocomo回線とau回線2種類いずれかを選ぶことができます。2種類のかけ放題プランがあり60分までであれば通話料が無料になるプラン、または5分間までの通話であればかけ放題というプランのいずれから選べます。

OCN モバイル ONE

docomo回線を提供している格安スマホで、インターネットプロバイダでおなじみのOCNが提供している格安スマホです。OCNでんわアプリという10分間かけ放題の他、通話料自体が半額になるというお得なサービスがあります。更に050plusという通常の電話料よりも更に通話料が安くなるIP電話アプリも利用ができます。

UQ mobile

au回線を提供している格安スマホで、かけ放題等のサービスも含めて月額使用料1980円から利用できるというのが売りです。多くの格安スマホは、月額料金自体は安いのですが、かけ放題等のオプションサービスを付けるには更に追加料金が発生し、内容によってはキャリアと同じくらいの月額利用料になる事もあります。

simフリー端末とキャリア携帯の違いについて

例えば同じiPhone端末だとしてもsimフリータイプとキャリア専用のものとは異なります。simフリーはsimカードを購入することで音声通話やデータ通信ができるようになります。simフリー端末を購入するだけでは利用できないため、通信事業者と契約をして、simカードを入手し挿入することで通話や通信ができます。

キャリア携帯は機器を購入した時点で専用のsimカードが挿入されていますし、通信事業者と契約も済んでいるため、すぐに使用ができます。ただ、契約した通信事業者でしか利用ができません。格安simに乗り換える場合は、機器端末を買い換えるか、simロック解除を行い、simフリー端末と同じ状態にしておく必要があります。

simフリーや格安スマホでおサイフケータイは使えるのか?

格安スマホやsimフリーでお財布ケータイは使用できます。ただし条件があります。docomo回線を提供している格安スマホでdocomo端末を使用する、またはau回線を提供している格安スマホでau端末を使用する場合においては、おサイフケータイが利用できます。

端末と格安simのキャリアが一致しておれば使えるという事ですが、端末自体がおサイフケータイ機能搭載していることが条件となります。いわゆる白ロムと呼ばれる端末であれば使用ができます。白ロムはdocomoやauで入手できる端末で、これらの端末はおサイフケータイ機能が搭載されているものがほとんどです。

この白ロムに格安simを挿入することによって、おサイフケータイが問題無く使えるという事です。ただ、Softbankの場合、現在Softbank回線を提供している格安simがほとんどないため、利用ができません。

simフリーや格安スマホでおサイフケータイを使う手順について

docomoまたはauの端末を購入して、格安スマホと契約を行う、または現在手持ちの機種をそのまま格安スマホへ乗り換えるという方法があります。あるいは、おサイフケータイ機能が付いているsimフリー端末を購入して格安スマホを契約するという方法を取ります。

ちなみに、Softbankの端末は格安スマホではそのまま利用ができない為、simロック解除を行うか、新たに端末を購入しなければなりません。最近では中古のsimフリー、docomoやauの端末も沢山市場に出ているので、色々なサイトを見てみるといいでしょう。

おサイフケータイが使えるsimフリーは何があるの?

白ロム端末はおサイフケータイが使えるものが多いですが、simフリーは使えるものが少ないです。使えるsimフリーについてご紹介します。

iPhone7

今までiPhoneではおサイフケータイが利用できませんでしたが、このシリーズからSuicaとApple Payが利用できるようになりました。iPhoneが欲しいけれど、おサイフケータイが使えないからと諦めていた方も多いかと思いますが、これを機にiPhoneに乗り換える方も増えてくるのではないでしょうか。

arrows M03

機器端末も2~3万で安く、入手しやすいというのが強みです。バッテリーの持ちも良く、楽天Edy、QUICPay、nanaco、Suica等、利用者数が多いおサイフケータイサービスが利用できます。

AQUOS mini SH-M03

画像はもちろん申し分ありませんが、価格が5万程と比較的高めですが、おサイフケータイが利用できる端末の中ではハイスペックともいえます。楽天Edy、QUICPay、nanaco、Suica等が利用できます。

simフリーでおサイフケータイを使うメリットとデメリットと注意点

simフリーでおサイフケータイを利用するメリットとデメリット、そして注意点について簡単にまとめてみました。

メリット

月額料金がキャリアより安くなります。概ね5000円位は安くなります。

デメリット

格安simやsimフリー端末の仕様によっては、おサイフケータイが使えない事があります。また、アプリケーションをアップロードした際、電子マネーの情報が消えてしまい、入金した電子マネーが反映されないというケースも稀にあります。

注意点

利用するおサイフケータイを選ぶ際は、おサイフケータイ機能が内蔵されている端末であるかと、契約先の格安simで利用ができるおサイフケータイを確認しておきましょう。また、利用ができるおサイフケータイサービスで何らかのトラブルが無いかもチェックしておくと安心です。

おサイフケータイが使える格安スマホ一覧

ほんの一部ですが、おサイフケータイが使える格安スマホを紹介します。

mineo(マイネオ)

docomo端末かau端末等の白ロムを今現在所持している方におすすめの格安simです。白ロムはおサイフケータイが使えるものがほとんどですので、乗換え後も利用できます。

UQ mobile

KDDIのグループ会社でau回線を提供しています。auの白ロムを所持している方にはお勧めです。かけ放題等や複数のアプリの利用が1980円で利用できるというのが強みです。

LINEモバイル

docomo回線を提供している格安simです。強みとしてはLINE、twitter、facebook等、SNSサービスの通信量が無料で使えるということが挙げられます。SNSを頻繁に利用している人にはお勧めといえます。

格安スマホでおサイフケータイを使うメリットとデメリットと注意点

格安スマホでおサイフケータイを使うメリットとデメリット、そして注意点をまとめました。

メリット

キャリアに比べて月額使用料が安くなります。また契約している格安simによっては更におサイフケータイがお得に利用できます。楽天サービスを使っている方は、楽天モバイルで楽天edyが使えますし、ポイント還元率も更に高くなります。

デメリット

格安simによっては対応していないおサイフケータイもあります。キャリア独自が提供しているおサイフケータイは格安simで利用できませんので、電子マネーの残金がある方は、乗換え先で利用できるかを確認しましょう。

注意点

契約する格安simとsimフリー端末の種類、あるいは白ロムの組み合わせによってはおサイフケータイ機能が使えなくなることもあるので、乗換える前は今利用している端末はどこで購入したのか、おサイフケータイ機能、いわゆるFeliCaチップが内蔵されているのか、契約先の格安simの回線がどこなのかを確認しましょう。

simフリーで使えるおサイフケータイ一覧

よく耳にする下記のおサイフケータイは格安simでも利用ができます。一部の格安simでは使えないものもあるので、乗換えの際は念のために確認をした方が無難です。

Suica

電車や新幹線をよく利用する人におすすめのおサイフケータイです。自動改札機にかざして利用することで、改札口をスムーズに通過できるというのが便利です。iPhone7でも利用できるようになったのが嬉しいところです。

楽天Edy

楽天が提供しているおサイフケータイです。ほとんどの格安simで利用ができます。コンビニでも簡単にチャージできる↑、利用できる店舗も多いです。アプリをダウンロードして起動して初期設定すればすぐに利用できます。もちろん、楽天ポイントも貯まります。

nanaco

前払い方式を採用しており、使い過ぎを防ぐことができますので、安心して利用できます。特に審査も必要が無く、比較的敵誰でも利用しやすいおサイフケータイといえます。

simフリーで使えないおサイフケータイ一覧

主要のおサイフケータイ機能は格安simでも利用ができますが、やはり使えないものもあります。

ID(一部の端末とsimフリーであれば可能)

docomoが提供しているおサイフケータイで、docomoの白ロムでかつdocomo回線を提供している格安simであれば、利用ができますが、他の格安simやsimフリー端末等では利用ができません。

こんな人はsimフリーでおサイフケータイを使うとお得!

移動手段が電車という方はSuica、楽天市場でよく買い物する人は楽天Edyがお勧めです。また、良く旅行に行くという方は、万が一、現金が足りなくてもおサイフケータイがあると、クレジットカードでチャージができたりするので、とても便利です。

端末はiPhoneならばSuicaが使えるiPhone7、よりお得をしたいのであれば楽天モバイルで楽天Edyを利用すると、楽天ポイントが貯まりやすく、還元率が高くなります。

おサイフケータイが使えるsimフリー、格安スマホのまとめ

おサイフケータイは果たしてsimフリー、格安スマホで使えないのかと心配していた方も多いと思いますが、意外にキャリア携帯と同じように使えるということがお分かりいただけたらと思います。自分のライフスタイルに合わせて、よりお得におサイフケータイを活用していくと良いでしょう。

もっと格安simの情報を知りたいアナタへ!

Thumb小学生におすすめのスマホは?格安SIM・知っておくべき事まとめ

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-04-11 時点

新着一覧