証明写真の撮り方のコツは?キレイな証明写真を撮る方法を紹介

履歴書や運転免許証などに必要な証明写真。自分の思い通りに、キレイに撮れたことありますか?お金をかけて、プロのカメラマンに撮ってもらわなくても、撮り方のコツをつかめば、自分でもキレイな証明写真が撮れます!誰でもできる証明写真の撮り方のコツを、ご紹介します!

証明写真の撮り方のコツは?キレイな証明写真を撮る方法を紹介

目次

  1. 証明写真がキレイに撮れない!嘆く人続出!
  2. 証明写真機でキレイな写真が撮れない理由とは?
  3. キレイな証明写真の撮り方のコツ!メイク方法を変えるだけで全然違う!
  4. キレイな証明写真の撮り方のコツ!撮る前に髪型も要チェック!
  5. キレイな証明写真の撮り方のコツ!服装でも印象が変わる!
  6. 証明写真機での撮り方のコツ①カーテンをしっかり閉める!
  7. 証明写真機での撮り方のコツ②ストロボの位置・ガラスの汚れをチェック!
  8. 証明写真機での撮り方のコツ③椅子の高さを調節!
  9. 証明写真機でもキレイに写る撮り方のコツ①レフ板(代用品)を用意!
  10. 証明写真機でもキレイに写る撮り方のコツ②服や髪型を最終チェック!
  11. 証明写真機でもキレイに写る撮り方のコツ③顎は引き気味に!
  12. 証明写真機でもキレイに写る撮り方のコツ④目をしっかり開く!
  13. 証明写真機でもキレイに写る撮り方のコツ⑤口角を上げる!
  14. 証明写真機でもキレイに写る撮り方のコツ⑥姿勢を正す!
  15. 撮り方のコツを掴んでキレイな証明写真を撮ろう!

証明写真がキレイに撮れない!嘆く人続出!

証明写真は、運転免許証、パスポートなどの身分証明にはかかせないものですよね!長年持つものだし、人に見せるものなので、キレイに写りたいのに、なかなか思い通りにはいきませんよね。更に証明写真は、バイトや就職の面接時に必要な履歴書にも、必要になりますね。証明写真の写りは、採用の決め手にもなり得る重要なものです。証明写真をキレイに撮る方法はあるのでしょうか?

自分ひとりでも簡単に、証明写真をとることができる証明写真機。プロのカメラマンに頼むよりは、比較的お金もかからずに、証明写真がゲットできますよね!ですが、その写りは普段の自分と違うように見えたり、犯罪者のような暗い写りになってしまったりと、うまく撮ることができず、嘆いている人も多いようです。SNSには、そんな困った声が多くみられます。

証明写真を撮る方法は、主に4通りあります。①プロのカメラマンに、写真スタジオで撮ってもらう。②証明写真機で自分で撮影する。③スマホ・カメラで自分で撮影する。④友人や親に頼んで撮ってもらう。といった方法があります。その中でも、比較的お手軽で、お金のかからない証明写真機での、キレイな証明写真の撮り方のコツをご紹介していきます。

証明写真機でキレイな写真が撮れない理由とは?

証明写真に限らず、どの写真においても言えることですが、いつも自分が鏡で見ている顔と写真で撮る顔は、左右が逆に見えます。いつも見慣れている自分の顔と、左右が逆になった顔を見ると、誰でも違和感を抱いてしまうものです。左右対称の顔の人間なんて、ごくわずかしかいませんので、ほとんどの方が、写りがおかしいと思ってしまう訳です。

更に証明写真では、プライベートな写真と違って、思いっきり笑顔を作ったり、自由な表情は基本許されていません。少し笑みを浮かべた程度の、真顔で写らなけらばならないのです。日頃から、鏡で自分の顔を見るとき、無意識に表情を作っています。証明写真では、真顔に近い素の自分の顔で撮るため、キレイにとれないことが多いようです。

特に今の若い世代は、スマートフォンのカメラアプリの加工や、プリクラに慣れてしまっています。証明写真機での、簡易的なフラッシュや、加工なしの写りでは、納得がいくはずがありません。ですが、そんな証明写真機でも、キレイに撮る方法はあります。撮り方のコツを学んで、少しでも納得のいく証明写真を撮りましょう!

キレイな証明写真の撮り方のコツ!メイク方法を変えるだけで全然違う!

ベースメイク・ハイライト・シェーディング

証明写真機では、肌の加工機能が備わっているものは、まだまだ少ないので、肌を健康的にキレイに見せるために、ベースメイクが重要になってきます。肌の血色の悪さや、肌荒れをキレイに隠すためにも、カバー力の強い、リキッドファンデーションを使用することを、お勧めします。クマやシミは、コンシーラーで、しっかり隠しましょう!そして不自然にならないように、顔と首の色は同じになるようにしましょう。

証明写真機で撮る写真では、のっぺりした顔にならないために、立体感を出すメイクをしましょう。フェイスラインや鼻筋の脇にシェーディングを入れます。そして、Tゾーンや鼻筋、顎にハイライトをのせます。そうすることで、顔に立体感が出てキレイに撮ることが出来ますよ!

アイブロウメイク

証明写真機のフラッシュの光で、眉毛の色がとんでしまわないように、アイブロウメイクは、いつもより少し濃いめにしましょう!不自然にならないように、髪の毛と眉毛の色は、同じ色にするのが、お勧めです。また、細すぎる眉や、上がり過ぎた眉の形は、印象が悪く見えることがあります。バイトや就職に使う履歴書用の証明写真では、少し太めのアーチ型の眉にすると、優しく見えて印象が良いです。

アイメイク

アイメイクは、濃くなりすぎないように注意しましょう!アイラインは、細めにくっきりと引きます。アイシャドウは、落ち着いた優しい印象の、ブラウンやピンクブラウンがお勧めです。マスカラはつけすぎないように、ナチュラルに仕上げましょう!証明写真機でも、キレイに撮る方法をマスターすれば、ナチュラルメイクでも盛ることができますよ!

また、瞳を大きく見せるコンタクトなどは、目ヂカラが出てキレイに写りますが、パスポート用の証明写真では、通らないことがほとんどです。証明写真の用途によって、使い分けるようにしましょう!

リップメイク・チーク

証明写真では、リップもナチュラルで落ち着いた色を選びましょう!薄めのピンクがおすすめです。もともとの唇の血色が悪い人は、リップコンシーラーを使って、リップの発色が良くなるようにするのがお勧めです。また、健康的な表情に見せるためにも、チークが重要になります。証明写真機のフラッシュの光で、色がとんでしまわないように、しっかりめにいれましょう。

Thumb証明写真のメイクはどうする?就活を有利にするメイクのコツを紹介

キレイな証明写真の撮り方のコツ!撮る前に髪型も要チェック!

証明写真では、顔周りを髪の毛で隠すのはNGですよね!個人の特定のためにも、清潔感を出すためにも、顔に髪の毛が、かからないようにしましょう。また、前髪でおでこを隠してしまうと、顔に影が出来て、証明写真の写りも悪くなってしまいます。前髪はなるべく、横に分けて、影が出来ないように、セットしましょう。

痛んだ髪の毛は、印象が悪くなってしまいます。証明写真を撮る前に、しっかり切っておくか、後ろに束ねてしまいましょう!また、肩につかないくらいのボブやショートヘアの人は、毛先がハネてしまわないように、気をつけましょう。

Thumb女子の証明写真は髪型がポイント!ロングもショートも好印象に!

キレイな証明写真の撮り方のコツ!服装でも印象が変わる!

証明写真では、服装は白シャツが多いですよね!清楚に見えるので、バイトや就職の履歴書用に、向いています。ですが白い服は、証明写真で撮ると、全体的に白っぽくなって、ぼんやりと見えてしまいます。白い服でも、キレイに撮る方法は、背景に青を選ぶことです。服の色と背景の色のコントラストが、写りをキレイに見せてくれますよ!白でなくてもいいなら、紺色などの濃い色のほうが、肌がキレイに写ります。

証明写真の服装が、シャツ意外でも問題ない場合もありますよね?そんなときは、Vネックを着ると首回りがスッキリして見えて、小顔効果にもなります。逆に、タートルネックなどの首が詰まった服装は、顔が大きく見えてしまいますので、避けましょう!

証明写真機での撮り方のコツ①カーテンをしっかり閉める!

証明写真機でキレイに撮るには、カーテンをしっかり閉めることが大切です。外からの光を遮断し、フラッシュの効果を最大限に引き出せます!カーテンの隙間から、光が入ってくると、不自然な影や光が写ってしまうことがありますので、要注意です。また、外に人の気配がすると、緊張してしまったりするので、なるべく1人の空間になるように、カーテンはしっかり閉めるようにしましょう!

証明写真機での撮り方のコツ②ストロボの位置・ガラスの汚れをチェック!

証明写真機に必ずついているのが、強い光を発するストロボです。写真撮影をする前に、このストロボの位置を必ずチェックしておきましょう!なぜかというと、ストロボを荷物などで隠してしまうと、その部分だけ、光が遮られてしまいますので、キレイに撮ることができません。足元にもついていることが多いため、荷物の置き場所には注意しましょう!

また、証明写真機は大勢の人が使うものなので、正面のガラスが汚れていることもあります。ガラスが汚れていると、そのまま写りに影響してしまいますので、撮影する前に汚れていないかチェックしましょう!汚れが気になった場合は、ガラスを傷つけないように、柔らかい布かティッシュで、軽く拭きましょう。こういった細かいところも、証明写真をキレイに撮るには大切になってきます!

証明写真機での撮り方のコツ③椅子の高さを調節!

キレイな証明写真を撮るには、椅子の高さを自分に合わせることも重要です!撮影が始まってから、慌てて調整したのでは、正確な位置に合わすことができません。証明写真機でお金を入れる前に、椅子の調整を行いましょう!

キレイに撮る方法としては、椅子の高さをカメラと平行に合わせるよりも、少し上に調節して、カメラを見下ろすようにしましょう!そうすると、自然に顎を引いた姿勢になります。椅子を上げ過ぎると、下を向き過ぎて、二重顎になってしまうので、調節は丁寧にやりましょう!

証明写真機でもキレイに写る撮り方のコツ①レフ板(代用品)を用意!

証明写真機でありがちなのが、全体的に暗くなってしまうことですね。顔に影ができて、クマが目立ってしまったり、のっぺりとした印象になってしまうことが多いです。それを防ぐためにレフ板を使って、顔にフラッシュを集めましょう!

最近では、折りたたみ式の簡易的なレフ板も販売されているようです。本格的なレフ板でなくてもいいので、代用品になる白いハンカチや、スケッチブックなどを用意しましょう。写真を撮影するときに、膝の上に広げて載せると、光を反射して、明るく撮ることができます。クマや肌のくすみが気になる人には、ぜひ挑戦して欲しい方法です!

Thumb証明写真をプリクラで?証明プリで撮った写真は履歴書で使えるの?

証明写真機でもキレイに写る撮り方のコツ②服や髪型を最終チェック!

家で服や髪型をチェックしても、撮影するときに崩れてしまっていては、意味がありません。撮影する前に、最終チェックを忘れないようにしましょう!シャツの襟は曲がっていないか、服にシワが寄っていないか、中心がずれていないかなど、細かくチェックしましょう。

髪型も、前髪をしっかり分けて固めたつもりが、バーコードになっていたり、アホ毛が立っていたりと、証明写真機までの道のりで意外と崩れてしまうものです。ワックスなども、持ってきておくことをお勧めします!次の撮影者が待っていたとしても、お金をかけて撮るのですから、焦らずゆっくりチェックしましょう!

証明写真機でもキレイに写る撮り方のコツ③顎は引き気味に!

証明写真機でもキレイに写るには、顔の角度が重要です!椅子の調整のところでも触れましたが、顎は引き気味で撮影するのが、キレイに撮るコツです。顎を引くと、小顔に見えますし、自然と目もパッチリと開きます。ただし顎を引きすぎると、二重顎になってしまったり、睨んでいるように見えたりするので、加減には注意しましょう!

Thumb写真写りが悪い人必見!写真写りが良くなる方法やメイクを紹介!

証明写真機でもキレイに写る撮り方のコツ④目をしっかり開く!

証明写真機のフラッシュに、ひるんでしまって、目を細くしてしまったり、半目に写ってしまうことってありますよね?証明写真機では、撮りなおせる回数は限られていますので、1回の撮影で決めてやるんだ!という気持ちで、撮影に挑みましょう!

目に力を入れる感じで、パッチリと見開きましょう!自然と目に光が入り、やる気のある表情になりますよ!証明写真機で撮れる写真によくある、犯罪者顔も防げますよ!ただ、目を見開くときに、不自然に眉毛まで上がらないように注意してくださいね!また正面のガラスではなく、奥にあるカメラを見据えてみましょう!より自然な表情が作れますよ!

証明写真機でもキレイに写る撮り方のコツ⑤口角を上げる!

証明写真では、基本的に歯を見せて笑ってはいけませんよね!真面目に撮ることを意識しすぎて、硬い表情になっていませんか?明るくポジティブな表情に見える、軽い笑みで撮るのが理想的です。といっても、作り笑顔はなかなか難しいものですよね?そんなときでも、簡単に自然な笑みが作れる方法をご紹介します!

まずは、「ウィ」と言うように、口角を上げてみてください。その口角のまま、歯を見せないように唇を閉じます。すると自然な笑みが作れるので、苦労しませんよ。家の鏡で練習してから、本番でやるほうが、うまくいきやすいですよ!本気でキレイな証明写真が撮りたいなら、表情の練習は必須です!

証明写真機でもキレイに写る撮り方のコツ⑥姿勢を正す!

どんなに顔をキレイに作っても、姿勢が悪ければ、写りは台無しになってしまいます。カメラの正面に座るようにして、ピンと背筋を伸ばしましょう!そこで気をつけたいのが、気を張り過ぎて、肩が上がってしまうことです。硬い印象を与えてしまいますので、注意しましょう。

リラックスして、肩に力が入らないようにしましょう。そして猫背にならないように、肩を少し後ろに引くイメージで姿勢を保ちましょう!そうすると、鎖骨もキレイに写りますよ。ぶっつけ本番では、なかなか良い姿勢が作れないので、撮影しに行く前に、家で練習してみるのが良いでしょう!

撮り方のコツを掴んでキレイな証明写真を撮ろう!

証明写真機でも、キレイに撮れる方法やコツをご紹介してきましたが、参考になる情報はありましたか?色々な方法がありますが、すべてを気にし過ぎて、緊張してしまうのも、写りを悪くしてしまう原因になります。自分が挑戦しやすい方法だけ取り入れて、証明写真機で実践してみましょう!

最近では、証明写真機の中でも、美肌補正や肌色補正の機能があるものや、背景の種類が多く、好きな色を選べる進化したものも出てきました!そんな最新型の証明写真機と、キレイに撮る方法を使えば、自分の思い通りの証明写真が撮れるかもしれません!大事な証明写真は、自分の納得のいく写真を使用したいですよね!この記事で紹介した方法を参考にして、ぜひ実際に試してみてください!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-05-13 時点

新着一覧