女が嫉妬する時の心理や態度は?克服方法・職場での付き合い方まとめ

「女の世界は怖い」そう言われる1つの理由が嫉妬によるものです。暮らしの中で女の怖さを目の当たりにする瞬間は結構ありますよね?女の嫉妬は悪質で精神的苦痛になってしまうことも少なくありません。女同士の嫉妬によって悩んでしまった時の克服方法をご紹介していきます。

女が嫉妬する時の心理や態度は?克服方法・職場での付き合い方まとめ

目次

  1. 女の嫉妬は怖い?心理や態度、克服方法などまとめ!
  2. 職場やママ友にいない?嫉妬する女
  3. 嫉妬する女に振り回されるのはもうやめよう!
  4. 女が嫉妬する原因はどこにある?どんな心理?
  5. 女の嫉妬=その人を羨ましく思っている
  6. 女が嫉妬すると態度がガラッと変わることも!
  7. 職場やママ友からの女の嫉妬克服方法!気にしないことが1番
  8. 職場やママ友からの女の嫉妬克服方法!できるだけ距離を置く
  9. 職場やママ友からの女の嫉妬克服方法!同情してあげること
  10. 女の嫉妬は怖い!気にせずに距離を置く克服方法が1番!

女の嫉妬は怖い?心理や態度、克服方法などまとめ!

女の嫉妬というものは、人間関係においてとても怖いものです。職場やママ友、学校など女性として暮らしていけば、何度かはぶつかることや目の当たりにしてしまうことがあるかと思います。そんな態度が激変する女の嫉妬の被害にあってしまった時はどうすればいいのか、克服方法についてご紹介していきます。

女の嫉妬によって、精神が崩壊してしまうことも少なくありません。1人の女のためにあなたの体も心も犠牲にする必要はないのです。今日から少しでも生きやすくなるために、女の嫉妬の心理について学んで、克服できるように心がけて行きましょう!

職場やママ友にいない?嫉妬する女

女として暮らしていく中で、女の怖さというものを目の当たりにすることはありませんか?職場のお局やモンスターなママ友、学校の友達など様々な場面で出会う可能性があります。女同士が怖いと言われるのは、ほとんどが嫉妬からくるやっかみが原因なのです。

自分が被害にあっていなくても、恐ろしくモンスターな女の嫉妬をぶつける人もいますよね。中には態度や言葉にして伝えてくることもあります。女性の中には「マウンディング」と呼ばれるランクづけをしたがる人もいて、そんな人と知り合ってしまったらもうおしまい。その人よりもランクが上になってしまうだけでひどい嫉妬を受けることもあります。

女性として暮らしている中で、そのような関係に悩まされてしまうことがないとは言い切れません。また、現在そのような態度が激変する女の嫉妬によって精神が病んでしまっているという人も中にはいるかもしれませんね。女の嫉妬は怖いものですが、その嫉妬を克服していくことも必要です。

嫉妬する女に振り回されるのはもうやめよう!

嫉妬する女と関わる暮らしで、精神が病んでしまったという方もいるのではないかと思います。あまりにもひどい仕打ちを受けていたら疲れてしまうのは、当たり前ですよね。距離感をなかなか保てずに、知らないうちに自分の体がボロボロになってしまっていた…ということも少なくないです。

誰にも相談することが出来ずに、悩んでしまっているという人は、もう嫉妬する女に振り回されるのはやめにしましょうと言いたいです。たった1人のために自分の身も心も削る必要は全くないのです。そのようなことを気にしてマイナスに考えていると、相手の思う壺になってしまいます。

女の嫉妬を繰り出してくるモンスターに対して、どのような態度を取っていいのかわからないという方に、女が嫉妬する原因や心理、克服方法についてご紹介していきます。現在そのような被害にあっていないという方も、今後の暮らしの中で遭遇した時のために役立ててくださいね。

女が嫉妬する原因はどこにある?どんな心理?

女が嫉妬する原因はどこにあるのか、ということをまずお話ししていきます。女が嫉妬する場合には、ほとんどの場合は羨ましさの裏返しです。嫉妬は比較することから生まれることが多いです。例えば、イケメンと付き合っている、旦那の給料がいい、子供の頭がいいなど、比較することから起こります。

最初から不相応の相手にはそこまで嫉妬はしません。同じくらいのレベルだと判断した時、相手の方がわずかでも上回った場合に嫉妬は起きるのです。悪く言ってしまえば、嫉妬する相手は自分のことを下に見ているということなのです。そのことが原因で嫉妬は発生してしまいます。

本人は悔しいという感情や、苛立ちから嫉妬をしてしまうことが多いですが、その心理の奥深くには、羨ましいという心理が必ずあります。正当な理由があって相手に起こった出来事を羨ましく思っているのに、なぜか気に入らないと思ってしまい嫉妬が発生し態度に表すことになります。

女の嫉妬=その人を羨ましく思っている

羨ましいという感情は誰にでも起こりうるものです。自分の友達にそう思ったことは誰でもあるのではないでしょうか?しかし、その嫉妬が悪い方向に働いてしまった時に女のトラブルが発生してしまうということなのです。嫉妬という感情ではなく羨ましいという感情で済ませてしまえば嫉妬は起こらないのです。

それが嫉妬として心の中で大きくなればなるほどに、トラブルの元になります。嫉妬という感情が生まれてしまうとなかなかコントロールが出来なくなってしまうのです。普通の人であれば羨ましいという感情で処理してしまえることを、処理できない心が狭い可哀想な人だということなのです。

大人になってたくさんの人と出会えば、嫉妬を表に出すことが悪いことだという判断がつきます。しかし、中にはそのような当たり前のことを学ばずに大人になってしまう可哀想な人もいるのです。大人なふりして心はまだ子供のままの人がとても多いです。嫉妬をする女は学ぶ機会を与えてもらえなかった可哀想な人なのです。

女が嫉妬すると態度がガラッと変わることも!

女の嫉妬といえば、とにかく突然態度がガラッと変わり、どこまで発展してしまうかわからないです。中には嫉妬が原因で近隣トラブル、その後警察沙汰になってしまうこともあり得るのです。最初のうちは、嫌味を言われるくらいで終わることが多いですが、それがだんだんとエスカレートしてしまうと嫌がらせに発展してしまうこともあり得るのです。

女の嫉妬は限度がありません。だからこそとても怖いのです。一度ついてしまった火はなかなかおさまらないのです。そんな強い圧力で攻撃されてしまったら、誰でも精神的に参ってしまいます。相手が変われば…。なんていう望みはほとんどないに等しいのです。

残念ながら暮らしの中で出会う女性の中には、嫉妬を態度に出すことはあまり良いことではない、という当たり前のことに気づかずに大人になってしまった人は、たくさんいるのです。女の嫉妬に悩んでしまったらあなたの人生そのものが狂ってしまう可能性もあります。

様々な対処法を試みてどうしようもないほどになってしまった場合には、誰かに相談してやめてもらうように働きかけることも大事です。なるべくおおごとになることなくおさまってくれることが1番望ましいですが、それでもどうしようもない場合には、他の人に助けを求めることも大切ですよ。

職場やママ友からの女の嫉妬克服方法!気にしないことが1番

女の嫉妬にあってしまったら、気にしないことが1番なのです。そうすればおおごとにならずに、終わることもあります。あなたの方が優れていることが事実なのです。だからこそ相手は嫉妬するのです。あなたの方が優れているのならば、堂々としていればいいのです。

相手に嫉妬されることを恐れて、気にしながら生きていくのは身が重すぎます。それならば、相手に言われるくらいでなんてことないということを、あなたも態度で示していけばいいのです。そうすることによって、相手はあなたを下に見ていたことを考え直し、あなたのレベルが上なんだと認識するようになります。

あまり良く思われていないところから、気にするほどでもない人間に変わることが大切なのです。あなたがその度に謙遜して、マイナスな発言をしてしまっては思う壺なのです。何を言われても態度に示されても笑顔で返していれば、相手もこの人に言っても意味がないということに気づくようになるのです。

職場やママ友からの女の嫉妬克服方法!できるだけ距離を置く

まず、自分に害を与える人間だとわかったら、できるだけ距離を置くことが大切になります。職場やママ友で、なかなかそれができないということもあるかもしれませんが、自分にとってマイナスな人と無理に付き合う必要はないのです。

あなたはその人と付き合うことをやめて、他の人と付き合うようにしていけばいいのです。だんだんと距離を取っていくうちに、相手からの嫉妬もだんだんとなくなっていくはずです。

近くにいればいるほど、相手に刺激を与えることになります。嫉妬を表に出して来たとわかった瞬間に、ある程度距離を置いた上で付き合いを続ける方が効果的なのです。逆上させることがないように、嫉妬の被害を受けた直後にはなるべく離れるように心がけるといいでしょう。

絶縁するということは、なかなか関係性的にも難しいことが多いです。少し仲の良かった知り合いから、挨拶をする程度の知り合いへとランクを落として上げることでこれ以上の摩擦がない付き合いを続けていくことができるかと思います。一度摩擦が起こってしまうとデリケートなので、慎重に距離感を取っていくことが大切です。

職場やママ友からの女の嫉妬克服方法!同情してあげること

女の嫉妬には、羨ましいという感情が含まれています。それをまっすぐに表現することができない人が攻撃的になってしまうのです。その時には、心の中で同情してあげましょう。間違っても口に出してはいけませんよ。相手は怖い存在ではなく、可哀想な存在なんだということを心の中で認識しましょう。

この程度の差に耐えられないほど小さな心で育って来てしまったこと、自分に対してこんなにも嫉妬をしてしまうこと、それを同情してあげましょう。嫉妬をしてくる相手に対して、「怖い存在である」という認識をしてしまうと、余計に相手のことを気にすることになってしまいます。

この人は怖い人なんかではなく、大人として真っ当に生きてこられなかったということに対して同情してあげましょう。自分よりもレベルが低かったことを同情することとはまた違ってきます。相手の人間性について、理解してあげることも大切になってくるのです。

女の嫉妬は怖い!気にせずに距離を置く克服方法が1番!

女として暮らしていく中で突然態度が変わったり、嫌味を言われたりすることは、誰もが経験する可能性があることです。大変な世界ではありますが、心理を理解した上で気にせずに距離を置いて付き合っていくことがとても大切なのです。自分の身を滅ぼす前に、自分の身を守る術を身につけていきましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2019-12-15 時点

新着一覧