フレグランスランプの使い方や効果まとめ!人気のブランドも紹介♪

インテリアとしても素敵な見た目のフレグランスランプ、今密かな人気を得ています。でもインテリアとしての見た目の美しさは見たことがあっても、使い方や香り、効果についてはあまり知られていません。そんなフレグランスランプの使い方、人気の香り、効果などについてご紹介!

フレグランスランプの使い方や効果まとめ!人気のブランドも紹介♪

目次

  1. フレグラスランプって?
  2. フレグランスランプを生み出した「Ashleigh & Burwood(アシュレイ&バーウッド)」とは
  3. フレグランスランプの使い方
  4. インテリアとしても楽しめるフレグランスランプ
  5. 見た目だけじゃない!フレグランスランプにはこんな効果がある
  6. フレグランスランプは2種類の大きさで展開
  7. 香りを楽しむために欠かせない人気のフレグランスオイル
  8. フレグランスオイルは2種類以上をブレンドがおすすめ
  9. フレグランスランプはメンテナンスも大事
  10. フレグランスランプで女子力を上げよう♪

フレグラスランプって?

ロンドンの「Ashleigh & Burwood(アシュレイ&バーウッド)」社が作った、フレグランスオイルを炊いて香りを楽しむルームフレグランスの一つです。

フレグランスランプは商品名

フレグランスランプは、アシュレイ&バーウッドが作ったルームフレグランスの商品名としても使われているので、フレグランスランプと言えば、アシュレイ&バーウッドの商品ということになります。

ハンドメイドだからこそ、世界で一つのデザイン

フレグランスランプの外装はモザイクガラスで一つ一つハンドメイドで作られているため、一つとして全く同じデザインがないところも特徴です。光に反射した輝きは、ラグジュアリーな雰囲気が出て、夜ベッドサイドで見たら、うっとりしそうです。

勿論香りも素敵♪

フレグランスランプの中に入れるフレグランスオイルも、素敵な香りが何種類もあります。好きな香りを入れれば、気分もリラックスすること間違いなしです♪

フレグランスランプを生み出した「Ashleigh & Burwood(アシュレイ&バーウッド)」とは

1993年にイギリスのロンドンで誕生した「Ashleigh & Burwood(アシュレイ&バーウッド)」は、フレグランス専門店です。ロンドンの南郊外に位置する2つの高級エリアの名前を使い、ハイクオリティライフをアピールしています。

本場のセラピストが調合した香りが人気

販売されているフレグランスオイルやエッセンシャルオイルは、厳選した植物由来の物だけを使用し、本場のセラピストがブレンドした本物の香りを届けることを信条としています。空間に広がる香りは、まさに気分を変えてくれる素敵なアイテムです。

フレグランスランプだけでなく、ディフューザーも人気

フレグランスランプ以外にも、火を使わないリードディフューザーやキャンドルなど、インテリアフレグランスをメインに展開し、どれも人気の高い商品を世に出しています。

フレグランスランプの使い方

小学校の時、アルコールランプを使った記憶はあると思いますが、フレグランスランプはまさにそんな感じの使い方になります。ボトル内にフレグランスオイルを入れ、そこに特殊なセラミック芯を用いて、触媒燃焼させることで香りを部屋中に広めます。

まず、ウィックと言われるセラミック芯をフレグランスランプから抜いて、そこにフレグランスオイルを2/3程注ぎます。オイルを注ぐ際は、フレグランスランプ購入時に付属していた漏斗を使って注ぐことで、周りを汚すことなく入れることができます。

ウィックをフレグランスランプに戻し、2~3時間程ウィックにフレグランスオイルが染みこむのを待ちます。染み込ませている間は、フレグランスランプのサブキャップ(穴が開いていない方)を閉めておきます。染み込ませた後、ウィックに火をつけ、2~3分後に火を手で仰いで消したり、吹き消してください。

火が完全に消えると、触媒燃焼が始まりますので、穴が開いているデコレーションキャップを被せて、完了です。大体2時間程香りが続きます。

火を使うので、使い方には注意!

フレグランスオイルは、油なので普通に燃えます。その為、周りに燃えやすい物は置かないようにしましょう。また、火を消した後のウィックも熱くなっていますので、直接触るなど火傷しないように注意しましょう。

香りを止めたい場合は、サブキャップを被せる

フレグランスランプでもう十分香りを楽しんだし、いいかなーと感じたら、穴が開いていないサブキャップを閉めることで、香りも収まります。

インテリアとしても楽しめるフレグランスランプ

アシュレイ&バーウッドのフレグランスランプは、インテリアとして置くだけでも十分楽しめます。

モザイクガラスの輝きは、高貴な印象の物が多く、海外の教会にあるステンドグラスを彷彿とさせるものばかりです。フレグランスランプを玄関の棚やベッドサイドなど、ちょっとした優雅な雰囲気を作り出したい場所に置けば、見るだけでも気分が上がります。

見た目だけじゃない!フレグランスランプにはこんな効果がある

フレグランスランプは、見た目や香りでリラックス効果をもたらすという部分でも大きな役割を持っていますが、このアシュレイ&バーウッドのフレグランスランプは、除菌や消臭もできる優れものなのです。

イギリスのAIHAラボラトリーにて正式認証を得ている「除菌&消臭」効果

国際標準化機構(ISO)の認可を受けているイギリスのAIHAラボラトリーにて除菌と消臭についての調査され、バクテリア・アレルギーを誘発するダニ・カビ胞子を99%除去し、たばこの臭いも99.9%除去することが実証報告されています。

このデータが示しているように、香りだけでなく、クリーンさもある機能面も優れているのが、このフレグランスランプなのです。

Thumbリセッシュ・ファブリーズ・ハイジアの違いは?消臭スプレーを徹底比較

香りや空気清浄効果は、30畳!

フレグランスランプはそんなに大きなボトルではありませんが、香りや空気清浄効果は、なんと約30畳(約56㎡)も有効範囲とされています。リビングに置いて、各部屋のドアを開けていれば、その部屋にも効果が広がりそう。

風邪の季節やハウスダストなどのアレルギーが気になる方にも、香りプラス除菌も兼ねたフレグランスランプは、必須アイテムにしてもよさそうです。

Thumbプラズマクラスターの効果とは?効果なしの噂も!除菌・消臭も検証

フレグランスランプは2種類の大きさで展開

現在販売されているフレグランスランプは、SとLがあります。Sは大体高さ12cm×幅6cm、Lは大体高さ約18cm×幅9.5cmです。Sは大体女性の手のひらサイズぐらいなので、場所も取りません。Lはちょと高さもあるので、割と存在感があります。

どちらにせよ、消臭効果や香りについての広がりに差はないようなので、お部屋のサイズや見た目で好きな形で決めてしまってもよさそうです。

香りを楽しむために欠かせない人気のフレグランスオイル

フレグランスランプに欠かせないのが、フレグランスオイルです。フレグランスランプに使えるフレグランスオイルは100種類以上もあります。

フレグランスオイルには、天然由来の成分が使われている上、肌に着ける香水よりも厳格なアルコール基準をクリアしているので、敏感な肌の方にも優しい仕上がりになっています。そんなこだわりを持つ、素敵な香りのフレグランスオイルの中でも人気商品をご紹介します。

ホワイトティ(White Tea)

ベルガモットのシトラスノートとフローラルジャスミントーンを組み合わせて作られた柔らかで上品な香りが特徴です。

アメリー(Amelie)

マンダリンやラズベリー、アンバーにシナモンを加えた甘酸っぱいフルーツの香りが特徴です。(写真一番左)

イザベラ(Isabella)

ローズを基調に、マンダリン、ジャスミン、フランキンセンス、シダー、バニラを調合した、甘い華やかな香りが特徴です。(写真右から二つ目)

ロマンス(Romance)

パルマローザ、ベルガモット、ダバナを組み合わせが、リラックスしたロマンチックな雰囲気を作り出す、甘い香りが特徴です。(写真一番右)

レッドベルベッドローズ(Red Velvet Rose)

ビロード調の深紅色が特徴の「クリムゾングローリー」という品種のバラを使ったこの商品は、このバラのダマスク系の香りを基調とし、ララック、オレンジブロッサム、マリーゴールドのミッドノートにバラとネロリを調合した、ムスクとバニラの香りが特徴のフレグランスオイルです。

フレッシュリネン(Fresh Linen)

ラベンダーとシトラスの香りの組み合わせに、アロエとフレグリの成分を含んだ、清潔感溢れる石鹸のような香りが特徴です。(写真右側)

グリーンティー(Green Tea)

ベルガモット、フレッシュバジル、カモミールの独特の香りを持つ甘く清潔な緑茶の香りが特徴です。

リラクゼーション(Relaxation)

繊細なゼラニウム、野生のラベンダー、クラリーセージを組み合わせた、ストレスを和らげ、リラクゼーションの時間を楽しむことができる香りが特徴です。

コールド&フル(Cold & Flu)

名前の由来がコールド(風邪)やフル(インフルエンザ)とあるように、健やかな空間をもたらす為に、浄化作用のあるユーカリ、ティーツリー、タイムを組み合わせた、メントールの成分がスッキリさせる香りが特徴です。

スリープ(Sleep)

甘いラベンダー、プチグレイン、クラリーセージの安らぎと穏やかさをもたらすブレンドが、心身をリラックスさせ、安らかな眠りに導く香りが特徴です。(写真右側)

見た目もおしゃれでインテリア性もあるボトルが特徴

シンプルなボトルのデザインは、フレグランスランプと共にインテリアとして置いても、素敵な空間が作り出せそうな雰囲気を持っています。煌びやかなボトルの傍にお気に入りのフレグランスオイルを並べれば、ちょっとした海外の癒しの空間のようなインテリアになりそうですね。

フレグランスオイルは2種類以上をブレンドがおすすめ

フレグランスランプ以外でも、アロマオイルを炊いて部屋で香りを楽しんでいる方は沢山いると思います。慣れた方は、アロマオイルをブレンドするという使い方をされると思いますが、アシュレイ&バーウッドの場合も2種類以上をブレンドして使うことで、香りだけでなく効能を高めることもできるのです。

次に、効果的なブレンドをご紹介します。

憂鬱な気分を解消したい時(リラクゼーション×スリープ×レッドベルベットローズ)

深いローズの香りに、安らぎをもたらす効果の高いリラクゼーションとスリープの2種類をブレンドすることで、ゆったりとした落ち着いた気持ちと華やかな気持ちに導いてくれそうです。

幸福感溢れる気持ちにしたい時(リラクゼーション×グリーンティ)

甘めの緑茶の香りに、ストレスを和らげるリラクゼーションをブレンドした香りは、ふわっとした幸福感に満たされる気持ちに導いてくれそうです。

女性らしさを上げたい時(レッドベルベットローズ×ロマンス×イザベラ)

ローズと言えば、品のある女性らしさが漂う香りとして代表されますが、そのローズにロマンスやイザベラという甘めの香りをプラスすることで、可愛らしい女性も演出するかのような気持ちに導いてくれそうです。

寝る前の落ち着いた時間に(スリープ×ホワイトティ)

穏やかな眠りに導いてくれるスリープに、ホワイトティの柔らかな香りをブレンドすることで、より落ち着いた空間を作り出してくれそうです。眠る前にフレグランスランプをつけて眠りに就くのも贅沢な時間となりそうですね。

フレグランスランプはメンテナンスも大事

いくら優れたフレグランスランプとはいえ、火をつけるウィックの燃焼率が下がってしまうと、効果も半減してしまいます。その為にも、火の付き方が悪くなったなと感じたら、メンテナンスしましょう。

フレグランスオイルの「ニュートラル(neutral)」を使う

フレグランスオイルの中でも無臭ですが、消臭をすることもできるニュートラル(neutral)は、ウィックのメンテナンスにも使えます。小さなカップにウィックを入れ、浸るぐらいにニュートラルを注ぎ、1日置きます。

メンテナンスしても火が付きにくくなったら、交換

ニュートラルを使ってもウィックの火が付きにくくなったら、交換用のウィックも販売されているので、ウィック自体を交換しましょう。

フレグランスランプで女子力を上げよう♪

如何でしたでしょうか。フレグランスランプについて使い方や中に入れるフレグランスオイルまでご紹介してきました。

素敵なフレグランスランプに、100種類以上もあるフレグランスオイルをあなた好みにブレンドして炊くなんて、女子力が高そうな趣味ですよね。早速フレグランスランプとオイルを購入して、女子力の底上げをしちゃいましょう♪

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-22 時点

新着一覧