ユニットバスの使い方で一人暮らしを快適に!素敵な工夫アイデアまとめ

一人暮らしの部屋やビジネスホテルの定番であるユニットバス。あまり使いやすいイメージや、くつろげるイメージが無いかもしれません。しかし、ユニットバスだって工夫した使い方をすれば快適に過ごせるんです!今回はおすすめの使い方アイデアをまとめてご紹介します!

ユニットバスの使い方で一人暮らしを快適に!素敵な工夫アイデアまとめ

目次

  1. ユニットバスとは
  2. 一人暮らしの部屋選びでも大切
  3. ユニットバスのメリット
  4. ユニットバスのデメリット
  5. ユニットバスの使い方の定番問題【カーテン】
  6. ユニットバスの快適な使い方【入浴法のアイデア】
  7. ユニットバスの快適な使い方【収納法のアイデア】
  8. ユニットバスの快適な使い方【インテリアのアイデア】
  9. ユニットバスの快適な使い方【掃除法のアイデア】
  10. 工夫した使い方でユニットバスを楽しもう!

ユニットバスとは

ユニットバスへの誤解

皆さん、ユニットバスってどんなお風呂場のことをさしているのか、正確に理解していますか?多くの人が、「ユニットバス=お風呂とトイレが一緒になっている」という意味だと思っているようですが、実はそれは間違いなんです。

ユニットバスとは正確には、お風呂場の壁・天井・床が一体になっている状態のことをさしています。つまり、お風呂とトイレが一緒か?別か?という問題ではないんです!

二点ユニットバスと三点ユニットバス

ユニットバスには、大きく分けて二種類があります。まずは、お風呂と洗面台が同じ部屋になっているもの。これは二点ユニットバスです。そして、多くの人がユニットバスと聞いてイメージするであろう、お風呂と洗面台とトイレが同じ部屋になっているものは、三点ユニットバスと呼ばれます。

一人暮らしの部屋選びでも大切

検索条件の使い方で損してるかも!

特に一人暮らしの部屋を探すとき、間取りや駅からの距離、築年数や近くにスーパーがあるか…など色々な条件を考えますよね。その中に「お風呂とトイレは別々が良い!」という条件を上げる人は多いのではないでしょうか。

その際、単純に「ユニットバス」を除外して物件を見てしまうと、二点ユニットバスも三点ユニットバスもまとめて除外することになるので、実はバストイレ別の物件も見落とすことになってしまうのです!独立洗面台にこだわる人にとっては、その探し方でも問題ないかもしれません。

しかし、そこにこだわりが無いのであれば、ユニットバスを一括して切り捨ててしまうのは、思わぬ掘り出し物の物件に出会うチャンスを捨てることになっているかもしれないのです!これを知ると、物件探しサイトの使い方がもっとうまくなりそうですよね。

ユニットバスのメリット

家賃が安い

一人暮らしの部屋を選ぶにあたって、やはり一番気になるのは家賃ですよね。ユニットバスの物件は、そうでない物件よりも比較的家賃が安い場合が多いです。

毎月の生活をどのようにやりくりするか?生活のどこにお金をかけて、どこにかけないのか?というのは人それぞれです。ユニットバスの物件を選ぶという節約も、人によってはアリかもしれません。

部屋が広い

三点ユニットバスの物件は、お風呂・洗面所・トイレの3つが一つの空間に集まっていますから、バストイレ別で洗面所独立の物件に比べて、他のお部屋やキッチンなどが広くなります。スペースの使い方の可能性も広がります。

賃貸物件の家賃は、一部屋の大きさではなく物件全体の面積によって決まってくるので、ユニットバスの物件は、家賃が同じくらいのバストイレ洗面所別の物件よりも、広々としたお部屋になるのです。居間やキッチンが広いと快適で嬉しいですね。

一気に掃除できる

三点ユニットバスの場合、お風呂とトイレが同じ空間にあるので、お風呂のシャワーを使って、湯船だけでなく床もトイレも掃除が出来てしまいます。お掃除方法のお好みもあるかもしれませんが、一度に済むというラクさは魅力的でしょう。

バストイレ別の間取りでは、水を流してトイレ掃除をすることはなかなか難しいですよね。おそらくぞうきん等を使っての拭き掃除が主になります。その点、ユニットバスなら思いっきりシャワーで流して、トイレをピカピカにできちゃいます。

ユニットバスのデメリット

使い方によっては清潔感に欠ける?

ユニットバスが嫌だなあと思う人の理由の大半が、「なんとなく清潔感に欠ける」という感覚ではないでしょうか。トイレの床にお風呂からの水滴が飛び散ったり、湿気やカビが気になったりと、ユニットバスには確かに水気のケア問題がつきものです。

ユニットバスには窓がないことが多いので、換気扇を回したり扉を開けておくなどの工夫をしていないと、すぐカビが生えてしまいます。換気扇を回す電気代は、長時間でもそんなに高くはなりませんから、ぜひユニットバスには換気扇を回しましょう。

トイレに行くタイミング!

友達や彼氏が家に遊びに来た時に、ユニットバスだとうっかりトイレのタイミングに困ることがあります。相手がお風呂に入っている時にはトイレが使えないからです。

ユニットバスの部屋では、お風呂の順番やトイレのタイミングにちょっとした注意が必要になります。ちなみに、ユニットバスだとトイレットペーパーが湿っぽくなるということもあります。

水圧に注意

特に集合住宅の上の方の階だと、ユニットバスのシャワーの水圧が弱い場合があります。一人暮らしの部屋を検討する際には、ユニットバスをただ眺めるだけではなく、可能なら実際に水やお湯を出してみて、水圧に不満が無いかどうかを確認することをおすすめします。

ユニットバスの使い方の定番問題【カーテン】

カーテンの使い方は湯船に入れる?出す?

ユニットバスの使い方に関して、定番で出てくる疑問といえば「カーテンはどんな状態で入浴するのか?」という問題です。もちろん、シャワーを浴びる時には、洗面所やトイレの方に水が飛ばないようにカーテンを閉めますよね。では、閉めたカーテンの下の部分は、湯船に入れますか?それとも出しますか?

ユニットバス全体を清潔に快適に使うためには、カーテンは湯船の内側に入れる使い方をおすすめします。カーテンが外側に出ていると、シャワーの水がカーテンに当たった時に、そのまま下まで流れて洗面所やトイレの床まで濡らすことになってしまうからです。

カーテンを内側に入れていれば、体や頭を流すのにシャワーを使っても、その水が湯船の外まで濡らすことはありません。特に、旅行先や友人の家など、他の人と一緒にユニットバスを使う場合には、こういった工夫をして綺麗に使う方が喜ばれるでしょう。

揺れるカーテンを止めたい

ユニットバスの狭い空間で体や頭を洗っていると、そばにあるカーテンが腕や背中などに張り付いてきて不快な思いをすることがありますよね。それを予防するためのアイデアとして、最初にカーテンの裾をシャワーで濡らすことをおすすめします。

カーテンを湯船の内側に入れて、シャワーで下の方だけを濡らして、そのまま湯船の内側の壁にペタッとくっつけてしまうのです。この工夫によって、カーテンがゆらゆら揺れなくなるので、体にカーテンがくっついてくることもなくなります。

ユニットバスの快適な使い方【入浴法のアイデア】

気ままな一人暮らしや羽を伸ばしたい旅行先など、ユニットバスは様々なアイデアによって快適に入浴できます。ここではちょっとした工夫のあるユニットバスの使い方をご紹介します。

使い方を工夫した女子的ユニットバス術

①まずはシャンプーを済ませる。②トリートメントをつけながらお湯を溜める。③お湯で温まりつつ、体と顔を洗う。入浴剤などを活用してバブルバスにするのもおすすめです。④よく温まったら、お湯を抜きながら顔も体も泡を流す。髪の毛のトリートメントも一緒に流す。

ユニットバスには湯船の他に洗い場が無いので、お湯につかって温まることと体を洗うことを、いかに一つの場所で両立させるのかという所がポイントになります!

そしてもう一つ、この入浴法でポイントなのは、最初にシャンプーを済ませてトリートメントまでつけておいて、最後に一気に流すという所です。トリートメントを付けてから流すまでに時間を置くことが出来るので、髪にトリートメントを浸透させることが出来て、美髪にもなれそうです。

ユニットバスの快適な使い方【収納法のアイデア】

使い方①壁や天井を活かす

一人暮らしの家では、収納スペースが少ないこともあるので自然と収納術の工夫が身に付いていきますよね。また、一人の生活だと自然と自分の使い方に合った収納が極まります。ユニットバスでも、そんな一人暮らしあるあるの収納力を活かしましょう!

壁に取り付けられるラックや、天井から吊ることが出来るカゴなどは、バスタイムに使うソープ類やスポンジなどを入れておくのに便利です。自分の使い方に合った配置を見つけましょう!

使い方②収納ワゴンを活用

壁や天井以外にも、もちろん床に置く収納グッズも良いでしょう。よくキッチンに使われるような、キャスター付きのワゴンをユニットバスに置くという使い方も、お風呂やトイレに関するものを一括して整理できて便利です。

ユニットバスの快適な使い方【インテリアのアイデア】

自分だけのリラックス空間に

収納に使うグッズの色やカーテンの色、テイストを揃えると、統一感のあるオシャレなバスルームを演出することが出来ます。また、明るい色のシャワーカーテンはバスルームを広く見せてくれます。

もし置くスペースがあるのなら、小さな観葉植物もおすすめです。部屋だけでなくお風呂に観葉植物を置くというのも、おしゃれな使い方ですよね。

ユニットバスの快適な使い方【掃除法のアイデア】

シャンプー類の直置きに注意

ユニットバスは、シャワーを使って全体をまとめて掃除出来て楽ですが、シャンプーなどの容器の底にヌルヌル汚れが溜まりやすいという難点があります。出来れば、シャンプー類は直接置くのではなく、水はけのいい台やカゴなどを使って整理しましょう。

また、入浴の度に使ったシャンプーの底を軽く流す習慣をつけておくと、汚れが溜まりにくくなっていいでしょう。

サンダルがおすすめ

お風呂掃除とトイレ掃除をした直後や、お風呂に入った直後にトイレに入る場合、床が濡れていて気持ち悪いことがありますよね。そんな時のために、トイレ用のサンダルを用意しておくと、いつでも足元を気にせずにトイレに行けて便利です。

工夫した使い方でユニットバスを楽しもう!

ユニットバスの快適な使い方、工夫した使い方についてまとめて説明しました。一人暮らしの皆さんは、それぞれに自分独自の使い方を編み出しているようです。なんといっても、自分の生活にぴったり合った使い方が一番快適ですよね!

今回紹介した使い方が気に入った人は、ぜひご自分の使い方に加えて、活用してみて下さいね!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-12-12 時点

新着一覧