赤ちゃん肌着の選び方は?ベビー服でおすすめの人気商品を調査!

初めて赤ちゃんを迎える人が悩むのが赤ちゃんのベビー肌着選びです。赤ちゃんのベビー肌着はサイズや素材に加え、色々なデザインがありどれを選べば良いのか迷います。ここでは、赤ちゃんのベビー肌着のおすすめ商品や人気の肌着を紹介します。

赤ちゃん肌着の選び方は?ベビー服でおすすめの人気商品を調査!

目次

  1. 赤ちゃんの肌着選びどうしていますか?
  2. 赤ちゃんの肌着の役割
  3. 赤ちゃんの肌着「短肌着」とは
  4. 赤ちゃんの肌着「長肌着」と「コンビ肌着」
  5. 赤ちゃんの肌着「ロンパース」とは
  6. 赤ちゃんの肌着のサイズ標記の見方を覚えよう
  7. 赤ちゃんの肌着や洋服のデザインと赤ちゃんの成長
  8. 赤ちゃんの肌着は着せ方で選ぼう
  9. 赤ちゃんの人気肌着「アカチャンホンポ」
  10. 赤ちゃんの人気肌着「メイド・イン・アース」
  11. 赤ちゃんの人気肌着「PGガーゼ」
  12. 赤ちゃんの人気肌着「ユニクロ」
  13. 赤ちゃんの人気肌着「ファミリア」
  14. 赤ちゃんの人気肌着「プチバトー」
  15. 人気の赤ちゃん肌着の選び方まとめ!

赤ちゃんの肌着選びどうしていますか?

赤ちゃんのベビー肌着には色々なデザインや素材の物がたくさんあります。育児の本や、育児雑誌にも色々なメーカーから販売されている肌着が掲載されていたり、赤ちゃんのベビー肌着は値段もピンからキリまで!赤ちゃんのベビー肌着はどうやって選べば良いのか、どんな物をそろえれば良いのか迷いますよね!

育児をする上で赤ちゃんの肌着選びは、結構重要です。赤ちゃんが快適に過ごせるように、より良いベビー肌着を選んであげたいですね。ここでは、赤ちゃんのベビー肌着の種類や役割、いろいろなメーカーのおすすめ肌着などを紹介していきます。赤ちゃんに合わせてベビー肌着を選ぶには何を基準に選べば良いのでしょうか。育児をより快適に、育児をより楽しんでやっていけるように赤ちゃんの肌着選びを学んでいきましょう。

赤ちゃんの肌着の役割

大人の体温に比べて、赤ちゃんの平熱は37度前後と少し高めです。赤ちゃんは体温調節をする機能がまだ未熟なので、衣類で調整してあげなくてはいけません。ついつい、今日は寒いから。とたくさん着せてしまって赤ちゃんが汗ばんでしまうなんて事があります。実は赤ちゃんは体温が高いので、大人よりも暑がりなのです。気温や室温を見て、肌着で体温調節をしてあげる事が大切になってきます。

肌着は、赤ちゃんの汗を吸収したり赤ちゃんの体温調節に欠かせない大切なアイテムなのです。そんな赤ちゃんには必須のベビー肌着を選ぶ時、ママたちは何を基準に選んでいるのでしょうか。たくさんのメーカーから色々な可愛いデザインの赤ちゃんのベビー肌着が売り出され手いますが、デザインだけで選んでしまうと、デリケートな赤ちゃんの肌を傷めてしまう可能性もあるんです。まずは赤ちゃんの為のベビー肌着について学んでいきましょう。

赤ちゃんの肌着「短肌着」とは

まず、新生児に必要になってくるのが「短肌着」です。短肌着は丈の短い肌着の事で、新生児に着せると、丁度赤ちゃんの腰辺りの丈になります。袖は5分袖くらいになるのが短肌着です。肌着には様々な種類があるのですが、その肌着の中でも一番内側に着せるのが短肌着になります。赤ちゃんの肌に直接触れるので「汗を吸う」役割をしてくれます。

基本の短肌着は、前あわせになっていて、紐で結ぶタイプが多いようです。やわらかい素材で作られていて、季節によって様々な布地の厚さのものがあります。短肌着単品でも販売されていますが、長肌着やコンビ肌着と一緒に着せる事の多いたん肌着は、長肌着やコンビ肌着とのセットになって売られている事が多い様です。

赤ちゃんの肌着「長肌着」と「コンビ肌着」

短肌着とセットで販売されているのが多い「長肌着」また似たような物で「コンビ肌着」というのがあります。まず長肌着は、写真左のスカート状になっている長い肌着の事で、短肌着の裾を長くしたつくりになっています。赤ちゃんに着せるとつま先が隠れるくらいの長さになります。まだ寝たままの新生児は短肌着と長肌着をセットで着せ、その上にベビー服を着せるのが基本です。長肌着は前が大きく開くので、育児に慣れていないママやパパでもオムツ替えが簡単に出来て便利です。大体、新生児の時期に着せる肌着と思っておくと良いと思います。

長肌着と同じ様に育児でも長い期間活躍するのがコンビ肌着です。コンビは、長肌着と違って裾の部分がスナップで留められるようになっています。股の部分が二つに分かれているので、足を活発に動かしだす赤ちゃんのはだけ防止になります。赤ちゃんに着せる時は、短肌着の上に着せるのが基本です。短肌着と重ねて着せることが多い名が肌着は「保温」役割をしてくれる赤ちゃんの肌着です。

赤ちゃんの肌着「ロンパース」とは

育児雑誌などにも度々登場する「ロンパース」という商品をご存知ですか。コレも肌着なのでしょうか。育児をしていくと、赤ちゃんはあっという間に自分で動くようになっていきます。ロンパースはそんなハイハイ期の赤ちゃんの為の洋服なんだそうです。一枚繋ぎになっているロンパース型の商品は洋服にも肌着にも見られる形状です。見た目も可愛いし、憧れてしまう商品ですよね。

ロンパースは、一枚の繋ぎになっていてるので、かぶるタイプのロンパースはある程度腰が据わって1人でお座りできる様になると脱ぎ着が楽なのも人気の理由です。首がまだ据わっていない赤ちゃん用に前が全開する商品もあります。また、股の部分がスナップになっているのでオムツ替えもスムーズに行う事ができます。成長に合わせて育児には欠かせないおすすめの商品です。

赤ちゃんの肌着のサイズ標記の見方を覚えよう

育児で悩むのが子どもの洋服のサイズ選びです。ましては赤ちゃんの肌着となるとすぐに着られなくなるのでは?とサイズ選びに悩みますよね。赤ちゃんのベビー肌着のサイズはやベビー服のサイズは、50・60…というような「身長」で標記されています。しかし、実際にわが子の身長を把握している人は少ないものです。そんな時は、赤ちゃんの月齢のサイズ目安を知っておくと便利なのでおすすめです。

サイズ標記は身長が記されています。サイズ50は、月齢が0~2ヶ月で体重が3キロ前後の赤ちゃんに向いているサイズです。60標記の場合は、月齢が3ヶ月~5ヶ月で体重が6キロ前後の赤ちゃんに適しています。サイズ70標記は、月齢が6ヶ月~11ヶ月で体重が9キロ前後の赤ちゃんに適しています。サイズ80標記は、月齢が12ヶ月前後で、体重が11キロ前後の赤ちゃんに適しています。サイズ90は月齢が2歳ほどで、体重が13kg前後の赤ちゃんに適しています。サイズ選びには伸張や体重、月齢が参考になります。大きすぎる物は、子どもの動きを妨げてしまったり、寝ておる間に顔を覆ってしまい思わぬ事故にも繋がりかねませんので、赤ちゃんに合ったサイズを身に着ける事をおすすめします。

赤ちゃんの肌着や洋服のデザインと赤ちゃんの成長

サイズ標記について理解できたら、自分の赤ちゃんにはどんな素材のベビー肌着が必要なのかを学んでいきましょう。赤ちゃんの成長はとても早いので、あっという間にベビー服が小さくなってしまいます。せっかく、かわいいデザインのベビー服を用意したのに、季節とサイズが合わなかった。なんてよく聞く失敗談です。こうした失敗をなくすためには、月齢による成長度合いを見越して、肌着やベビー服を選ぶ必要が出てきます。また、デザインだけで肌着やベビー服を選んでしまうと、赤ちゃんの成長度合いによっては着せ難いのもや、赤ちゃんにとって動き難いデザインのものなどもあるので把握しておくと育児にも役立ちます。

例えば、首がまだ据わっていないうちにすっぽりと頭からかぶせる前開きではない物は着せる事が難しいです。まだ首の据わらない寝ている状態のうちは、前が全開するデザインの肌着やベビー服がおすすめです。首が据わってきたら首から被せて着せる事は可能ですが、背中にリボンや羽などの装飾が付いている物は可愛いですが寝たままの赤ちゃんには着心地が悪いかもしれません。逆に寝返りなどの動きが出てくる時期の赤ちゃんはロンパースタイプの肌着やベビー服の方が動きやすく、お腹がはだける心配がありません。肌着やベビー服は、赤ちゃんにとって着心地の良いもので、ママたちにとっては脱ぎ着が楽な育児に最適なデザインを選びましょう。

赤ちゃんの肌着は着せ方で選ぼう

新生児期の肌着に多いデザインは前部分を紐で結んで留めるデザインの物が多いようです。それは産まれたばかりの赤ちゃんは、肌が弱いため、スナップなどの固い素材を使用すると、赤ちゃんの肌を傷つける可能性があるからです。また、紐で止めるタイプの肌着であれば、赤ちゃんの成長に合わせてぴったりと着せてあげられます。また、最近増えているワンタッチ式の肌着は、面ファスナーを使用しているので前を合わせてぺタっと貼るだけで簡単に着せることができます。紐で結ぶデザインの物は、動いているうちや、抱っこするうちにほどけてしまう事があるのに対して、面ファスナーの肌着やベビー服はその心配がありません。

赤ちゃんにとって、柔らかく着心地の良い紐式の肌着や面ファスナー式の肌着は育児をするうえでも扱いやすくおすすめの商品です。特に暑い夏には、赤ちゃんは何度も肌着を着替えます。まだ寝ている新生児の時代は紐式の肌着でも脱ぎ着は簡単ですが、寝返りをし始めたりするとじっとしていてはくれません。月齢や成長段階に応じて育児しやすい肌着やベビー服などの商品を選ぶ事をおすすめします。

赤ちゃんの人気肌着「アカチャンホンポ」

ではママたちが選ぶ人気肌着おすすめ商品をご紹介していきます。まずは人気のアカチャンホンポのベビー肌着です。人気の理由は、値段と豊富な品揃えです。綿素材やフライス素材の物など商品の種類が豊富で色々なデザインの物がたくさん販売されています。すぐに成長してサイズアウトしてしまう赤ちゃんのベビー肌着なのでコストを抑えたい人におすすめの商品です。

いろいろなキャラクターとのコラボ商品も数多く取り揃えてあるので、好みの商品が見つかる事間違いなしです!汚れたりしても気にせずにがんがん洗えるコスパの高い商品が数多く取り揃えてあるのが、アカチャンホンポの人気の理由のひとつです。

赤ちゃんの人気肌着「メイド・イン・アース」

布ナプキンでも有名な、「メイド・イン・アース」はオーガニックコットンのメーカーです。人気があるメイド・イン・アースの赤ちゃん短肌着は、ふわふわのオーガニックコットンを使用して作られているので、伸縮しに富んでおり赤ちゃんの肌にぴったりとフィットします。素材だけではなく、縫製にもこだわりがあり、タグや結び紐もオーガニックコットンなんだそうです。敏感肌の赤ちゃんにも優しい無染色・無化学処理なので安心です。

赤ちゃんの肌はデリケートで柔らかいので、こだわり抜いた「メイド・イン・アース」のオーガニックコットンの肌着はママたちにも人気で、贈り物としても喜ばれる商品です。

赤ちゃんの人気肌着「PGガーゼ」

「ピージーガーゼ」は九州は福岡の筑前にある様々なガーゼ商品を取り扱うお店です。豊かな緑「Plenty Green」、赤ちゃんがお腹にいることをPGと表現することを語源に名付けられたそうです。様々なガーゼ商品のなかでも人気のあるPGガーゼの赤ちゃん用肌着は細部までにこだわった作りで人気です。

商品は淡い色合いの物が多く、手書きで描かれた絵が施されています。その手触りや着心地は全国にファンをもち、ママたちやお祝いの品としても重宝されています。タオルには名入れをしてくれるサービスもあり人気です。

赤ちゃんの人気肌着「ユニクロ」

言わずと知れた「ユニクロ」の赤ちゃん用肌着も大人気です。ご存知の通り安価な価格設定も魅力ですが、様々なブランドとのコラボ商品も多く販売されています。赤ちゃん用の肌着ではメッシュ加工のものが人気があり、値段の割りにしっかりしたつくりと可愛いデザインで人気が有ります。ユニクロではベビー服も大人気で、シンプルなデザインの物や、流行の商品が安価で手に入るので肌着と合わせてベビー服も人気の商品です。

また、ユニクロのベビー肌着は、股下にスナップがついているボディタイプだけでなく、ランニングタイプやキャミソールタイプなどの様々なタイプの商品が豊富に取り揃えてあるのも人気の理由のひとつです。2枚セットで1000円前後なので、洗い替えとしても重宝します。月齢に合わせて工夫して作られているので、いろいろな柄を揃えたくなりますね!

赤ちゃんの人気肌着「ファミリア」

NEKの朝の連続テレビ小説でご存知の方も多いと思いますが、テレビ小説になる前から大人気のベビー用品店であるファミリア。こちらの赤ちゃんの肌着も人気です。淡い色合いとかわいらいい刺繍が印象的なファミリアの商品は、他のベビー用品に比べると少し値が張りますが、その品質は天下一品です。

品質の良いものを身につけさせたい方や、お祝いの品としても喜ばれる商品です。赤ちゃんの為に考え抜かれたデザインや工夫が詰め込まれたロングセラー商品です。

赤ちゃんの人気肌着「プチバトー」

フランスの老舗ブランドプチバトーの赤ちゃん用品も大人気です。シンプルな中におしゃれで洗練されたデザインが光るプチバトーのベビー用品はコットンにこだわった優しい風合いも人気の一つです。

1950年代に登場したベビー肌着の歴史はかれこれ67年の歴史があります。当時赤ちゃんだった人はもう祖父祖母になっている年代ですね!子どもの安全と快適さを追及した柔らかいプチバトーの商品に使われているコットンは、発がん性物質や、アレルギー性物質、有害物質によるお肌や健康面へのリスク回避を保証されています。

赤ちゃん我身に着けるものなので、安全、安心に与えてあげられるのは嬉しいですね。年月を重ねる毎に様々なデザインも登場しているプチバトーは、全世界で愛されています。

人気の赤ちゃん肌着の選び方まとめ!

様々なおすすめ赤ちゃんの人気肌着をご紹介してきました。気になる商品はありましたか。赤ちゃんの肌着は「汗を吸収する」役割と、身体を「保温」する役割があります。短肌着は直接肌に着けるものなので吸汗性の高い綿やガーゼ素材の肌着をおすすめします。また、成長の早い赤ちゃんだからこそ大きめの商品を買うのではなく、月齢や成長段階に合わせたサイズの物を選んであげられると良いですね。

基本は、短肌着の上に長肌着を着せ、その上にベビー服を着用します。夏などの暑い時期は長肌着を着せる必要はありません。しかし、体温調節の機能が未発達な赤ちゃんは肌着やベビー服で体温を調節してあげる必要があります。季節や室温に合った肌着を着せるようにしましょう。デザインを重視して選ぶのではなく、赤ちゃんの成長段階で肌着を選んであげてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-08-19 時点

新着一覧