冷蔵庫から水漏れを起こしている!原因は何処?予防や対策方法を調査!

冷蔵庫のトラブルと言えば水漏れが多いのは知っていましたか。毎日使う冷蔵庫の調子が悪いと困ってしまいますよね。そこで冷蔵庫の水漏れが起こる原因と対策についてご紹介いたします。冷蔵庫に異変が起きる前に予防しておくと安心ですよ。

冷蔵庫から水漏れを起こしている!原因は何処?予防や対策方法を調査!

目次

  1. 生活に欠かせない冷蔵庫
  2. 冷蔵庫の故障で困ることと言えば
  3. 冷蔵庫トラブルで1番多い水漏れ
  4. 水漏れの原因を探ろう
  5. 自動霜取り装置が原因!?
  6. 製氷機能に問題あり?
  7. 扉が完全に閉まっていない場合
  8. 凍結から来る水漏れには
  9. 冷蔵庫の水漏れをどうにかしたい
  10. 冷蔵庫の水漏れを防ぐ方法
  11. 水漏れ対策には掃除が大切
  12. 見直したい冷蔵庫の使い方
  13. 冷蔵庫掃除のおすすめ
  14. 引っ越し後の水漏れ対策に
  15. 修理を考えたときには保証書を
  16. 冷蔵庫の水漏れに気づいたら

生活に欠かせない冷蔵庫

毎日動いている冷蔵庫

夏が近づくにつれて冷蔵庫の開け閉めが多くなっていませんか。冷やさないといけない食材も増え毎日使う冷蔵庫が壊れてしまったら大変です。冷蔵庫などの大型家電はある日いきなり故障ということは少なく、おかしいな?と感じることが増え故障するといったケースが大半です。そこで冷蔵庫が動かなくなって困る前に確認していきましょう。

故障したら大変

冷蔵庫が故障すると1番困るのは冷凍してある物です。溶けて冷凍庫内はびしょびしょになりますし、ひどいときには冷蔵庫の周囲まで水浸しにすることでしょう。そうなる前には水漏れや、冷房が効かないなどの異変があるはずなのでちょっとのことと思わずに、しっかり原因を突き止めることが大切ですよ。

冷蔵庫の下の床にもダメージが

水漏れは冷蔵庫だけではなく、冷蔵庫が置いてある床まで腐らせてしまうことがあります。床が腐るのは冷蔵庫の重みと経年劣化もありますが、水漏れで滴る水によって腐る速度も速くなります。そのため水漏れを放っておいてはいけないのです。水漏れに気づいたら予防と対策を怠らないようにするといいでしょう。

冷蔵庫の故障で困ることと言えば

謎の水漏れが起きたら

最も多いトラブルが冷蔵庫内の水漏れです。特に排水部分に水が溜まり、食材が濡れることで気づかないうちに食材がカビていることも。カビ菌は繁殖力がとても高く食中毒の元にもなりますから水漏れの原因を探って対策しましょう。カビの予防にはアルコールスプレーなどが有効な方法ですよ。

水漏れは庫内の冷却機能も低くする?

冷蔵庫の水漏れが起こると冷蔵庫内の冷却機能が下がります。これは水漏れの原因にもよるのですが、冷蔵庫の排水は機械自体の蒸発熱によって起こっています。機械的な問題による水漏れの場合には水漏れと一緒に冷却機能に異変が起こるんです。冷却機能の異変に気づく方法は庫内を注意深く見てみること。

冷蔵庫の故障で困ったら

基本的に冷蔵庫の故障は機械を分解したり、取り外して確認したりといったことが必要なので業者の方にお願いするのが1番です。しかし、冷蔵庫のない状態で1週間ほども過ごすのは大変ですよね。そのため冷蔵庫が故障しないように予防していく必要があるのです。故障が目立つときには冷蔵庫の電源を落として修理業者を待ちましょう。

冷蔵庫トラブルで1番多い水漏れ

水漏れが起こるのはおかしい?

冷蔵庫で水漏れが起こると故障を心配しますが、一時的な場合もありますからまずはどんな水漏れか確認しましょう。原因によっては冷蔵庫の使い方を見直せばなることもありますよ。

1番多い冷蔵庫トラブルが水漏れ

冷蔵庫トラブルで1番多いのが水漏れですが、どうしよもないと思っていませんか?実は取り扱い説明書にも書いてある通りに掃除をすることが一番の予防になるのです。機械の故障からくる水漏れには素人では対処できませんが、掃除をすることでこの機械の故障を防ぐことができるので、ぜひ冷蔵庫を買ったら掃除をする習慣を身に着けてくださいね。

水漏れの原因を探ろう

確認したい4つのこと

さて冷蔵庫の水漏れが起きたときに確認したいことを4点ほどお話しいたします。まず冷蔵庫内の濡れ、または水が通った形跡があるかないか、冷蔵庫内ではなく周囲の床が濡れているのか、製氷機能がある場合は使用しているか、冷蔵庫または冷凍庫の扉が完全に閉まっているかです。当てはまる原因によって対策が変わってくるので注意深く確認しましょう。

冷蔵庫の霜取り機能について

水漏れで1番多い原因が霜取り装置の不具合です。冷蔵庫の開け閉めによって入る湿った空気が霜の原因なんです。湿った空気が冷えると結露となりこれが霜と呼ばれる物になります。突然霜が増えた、いきなり水滴が増えたというときには霜取り機能が正常に動いていない場合があるので気を付けてください。

自動霜取り装置が原因!?

疑うのは庫内の濡れた跡

冷蔵庫内の水濡れ跡の原因は自動霜取り機能が関係しています。本来霜取り機能によって溜まった霜を溶かし、水に変えドレーンホースと呼ばれる排水管へと流します。この機能が上手く働かなくなると水がたまったり、流れなくなる原因になるのです。

周囲の床が濡れるのはどうして

ドレーンホースが起こす水漏れにはもう1つ特徴があります。それが冷蔵庫の周囲の床が水浸しになることです。ドレーンホースは水の通り道であることから、カビや汚れが溜まりやすく放っておくと詰まってしまうことにより、水が外側に流れ落ちるから床が濡れてしまうのです。床の水漏れが気になったらドレーンホースの確認をしてみては。

製氷機能に問題あり?

製氷機がおかしいと水漏れを起こすことも

ドレーンホースや、自動霜取り機能に異変がないのに水漏れが起こるときには製氷機能を疑いましょう。給水器が浅くはまっているとポタポタ水漏れを起こすこともありますし、給水口にゴミや水垢が溜まると水の排水が上手くいかず水漏れを起こすことがあります。

汚れ以外にも給水タンクを繋ぐパイプが凍って水の通り道が塞がれ水漏れを起こすといったこともありまよ。この場合は製氷機能を一時的に止めることで改善されます。給水タンクの水漏れを放っておくと製氷機能が効かなくなるといったトラブルも起こりますから注意が必要です。

扉が完全に閉まっていない場合

冷蔵庫の扉に要注意

長年使っている冷蔵庫に起こりやすいトラブルが扉のパッキンが減り外気が入りやすくなることによる水漏れです。自動霜取り機能が働きすぎて水を沢作ることに加えドレーンホースが詰まっていると水を除去できないため大量の水漏れを起こします。

扉のパッキンを取り換えることが効果的な対策ですが、修理費などがかかってしまいがちです。そこでゆっくり密封させることを意識しながら扉を閉めることも方法の1つ。完璧にパッキンが壊れていない場合にはこうすることでしっかり閉まるので水漏れを最小限に留めることができるんです。

凍結から来る水漏れには

冷蔵庫の電源を切ることが有効

冷蔵庫の水漏れには凍結で起こるケースがあります。この場合は3日ほど電源を落としておけば正常に動くようになります。しかし凍結と判断して電源を落とすときにはくれぐれもぶつんといきなり切らないでくださいね。

冷蔵庫の水漏れをどうにかしたい

ドレーンホースの詰まりによる水漏れや凍結は自分で解決できますが、それ以外の自動霜取り機能の水漏れや扉の故障などは自分で治すことが困難だと思います。水漏れを直したいときいは自分で解決できる水漏れかどうかを見極めることも必要ですよ。

冷蔵庫の水漏れを防ぐ方法

水漏れを防ぐということは冷蔵庫を長持ちさせることにも通じます。そこで冷蔵庫を使うときに注意したいことは何かというと定期的な掃除を行うことです。特に給水タンク回りや、排水口部には汚れが溜まらないようにしたいものです。この他にも扉をゆっくり閉めることや、中に物を入れ過ぎないことにも注意しましょう。

水漏れ対策には掃除が大切

水の通り道は清潔に

冷蔵庫の水漏れの予防には日ごろから対策をしてください。庫内を清潔に保つことも大切ですが1番はドレーンホースや排水口をきれいにすることが大事ですよ。冷蔵庫の機種ごとにドレーンホースの場所は異なりますから取扱説明書で確認してみると良いですね。掃除の仕方も載っていることがあるのでぜひ確認してみてください。

製氷機周りもきれいに

製氷機と繋ぐパイプを清潔にすることも水漏れ予防の1つです。特に給水口は奥まったところにあるため見にくいですが、つまようじなどを使って細い口まできれいに水通りを良くしておきましょう。取り外しをするタンクの方はクエン酸水に付けて掃除をするときれいになるようです。参考にしてみてくださいね。

見直したい冷蔵庫の使い方

冷蔵庫は8割収納を心がけて

自動霜取り機能を上手く動かすためにも冷蔵庫の収納を見直しいきましょう。基本的に冷蔵庫は冷気を均一に保つことが効率の良い働きをするコツです。そこで収納は8割程度を目指してください。きっちりと隙間なく収納した方が良いのは冷凍庫です。ここが重要なポイント。

おすすめ収納方法

野菜ごとにボックスで分けると見やすいですし、8割収納を目視しやすいです。庫内の水漏れにも気づきやすくなりますからボックスを使うのは良い方法です。

引き扉に重い物を収納するときには注意しましょう。扉のパッキンを長持ちさせるには扉がしっかり閉まることがポイント。そのためには重たい物を入れて開け閉めをしないことが大切なのです。扉の内側には重量制限が書いてあるはずなので守るようにしましょう。

排水口部分を避けて収納することと冷気口を塞がないようにしましょう。冷気が出てくる部分を開けておくことで冷蔵庫内の温度が保ちやすくなります。そこで高さをそろえた収納がおすすめです。2~5センチほど上に空間を作るとグッド!

開ける時間は短く

扉の開け閉めで入る空気が水漏れの大きな原因となります。もちろん日常的に開け閉めすることが設計上当たり前なのですが、長い間開けっ放しにしておくことや何度も開け閉めすることで湿った空気が庫内に充満し霜取り装置を酷使してしまいがち。そのため扉の開け閉めは最小限に抑えましょう。

冷蔵庫掃除のおすすめ

故障予防にもなります

冷蔵庫の掃除というとやり方がわからなや、中の物を出すなど億劫になりますよね。そこで押さえておきたい掃除のやり方をご紹介いたします。掃除をしてすっきりとした冷蔵庫にすると電気代も少しだけ抑えられますよ。ぜひ冷蔵庫をきれいにして水漏れ予防をしていきましょう。

重曹が掃除にぴったり

重曹に汚れを落とす効果があることは有名ですよね。冷蔵庫内には雑菌が残りやすいことからアルコールスプレーも合わせて使ってください。重曹水を汚れや庫内に吹きかけた後、乾いた布巾でふき取ります。油汚れも重曹を使うことですっきり落ちてくれます。ふき終わったらアルコールスプレーをかけておしまいです。

重曹スプレーのうれしい効果はきれいにするだけではなく、消臭効果もあるということ。冷蔵庫の嫌な匂いも消せる重曹スプレーは余裕があったら1つ冷蔵庫に入れておくと便利です。すぐに使えるようにするということが習慣をつける方法なんですよ。

製氷タンクの簡単掃除方法

製氷機など外して洗える物は付け置き洗いがおすすめ。食器用ハイターもいいのですが、口に直接入れるものになりますから心配ですよね。そんなときに使えるのが酢酸です。酢酸というと聞きなれないですが、お酢などの成分のことです。製氷機の汚れはアルカリ性であることが多いので酸性のお酢で中和反応を起こしきれいにするというわけです。

製氷機の掃除は全体をきれいにしなければいけないのですが、お酢と水を1:2の割合で給水タンクに入れ(1/3程度)普通に氷を作るだけで全体がきれいになってしまうんです。できた氷はもちろん食べられませんよ。給水タンクに再び水を入れてお酢を流せば完了。簡単ですね。

中には色を付けたお酢入りの水を使うという方法も。こうすることで汚れが落ちているか目でも確認できるそうです。この場合の水で流す工程は2~3回ほどすると良いそうです。参考にしてみてくださいね。これで製氷機の水漏れ対策はバッチリ。

冷蔵庫の回りの掃除も忘れずに

これは水漏れとあまり関係ないのですが、冷蔵庫の周囲を掃除するといことです。重みのある冷蔵庫は床がきしみがちです。きしんだ床の部分に冷蔵庫から水分が漏れると床が腐ったりカビる原因になるので1年に1度は掃除をしてきれいな状態にしておきましょう。冷蔵庫回りや床をきれいにすることはゴキブリ発生を防ぐ有効な対策にもなりますよ。

冷蔵庫下の掃除は中見を全部出して電源を落とすこと、移動して掃除をすることと力仕事がメインになります。もしご家庭にいらない毛布などがあれば移動の際にそこへ冷蔵庫を乗せれば冷蔵庫の下のほこりなどを絡めとってくれます。移動するときにも四隅を持って運ぶだけになるのでとても楽になる点からもおすすめです。

引っ越し後の水漏れ対策に

水を抜くことを忘れずに

冷蔵庫の移動などで電源を落とすときにも注意してほしいのですが冷蔵庫は電源を落とすと自動霜取り機能が停止します。すると冷気がすべて水滴になり水へと変化するのです。これにより水漏れの原因となります。引っ越しをするときにはかならず水抜きと呼ばれる庫内の水を出す処理をしてください。

修理を考えたときには保証書を

保証期間なら無料~低価格で

冷蔵庫の水漏れが手に負えないときには業者に頼むのも方法の1つです。保証期間であれば無料で修理してもらえますし、保証書があれば低価格での修理が可能です。年数が経っている物の修理は20000円前後までかかってしまうこともあります。ゴムパッキンの交換にも20000円ほどかかる場合もありますから確認してみてくださいね。

冷蔵庫の水漏れに気づいたら

冷蔵庫の掃除は大掛かりな物と考えていませんか?水漏れが起きてから対策を取ろうと思っても手遅れなことが多いです。冷蔵庫の水漏れを予防する掃除を習慣にするだけで冷蔵庫自体を長持ちさせることができます。毎日しっかりとはいかなくても確認をして気になったところは掃除をするという方法を試してください。

冷蔵庫の中身も1週間単位で空っぽを目指すと掃除もしやすそうです。掃除と収納量に気を付けて水漏れ予防にしていきましょう。もちろん1年に1回冷蔵庫の大掃除も付け加えると虫予防と良い対策になりそうですよ。

おすすめ関連記事

Thumb冷蔵庫の小型2017!省エネ対策もバッチリな電気代も安い製品を紹介!
Thumbペットボトル収納アイデア・方法紹介!容器DIYケースで冷蔵庫収納
Thumb冷蔵庫の買い替えのタイミングはいつ?冷蔵庫の処分時期の選び方を調査!
Thumb冷蔵庫や冷凍庫の霜取りは簡単に取れる!効果的な方法や予防法とは

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-12-03 時点

新着一覧