マスカルポーネのレシピ集!ティラミスやパスタを簡単に作れる♪

マスカルポーネと聞いて思いつくのが、マスカルポーネチーズです。私たちが普段食べている料理やデザートの材料として使われています。今回は、たくさんあるマスカルポーネのレシピのか中から厳選してお送りします。マスカルポーネのレシピを徹底的に特集します。

マスカルポーネのレシピ集!ティラミスやパスタを簡単に作れる♪

目次

  1. マスカルポーネのレシピはティラミスだけじゃない!?マスカルポーネはこんなに万能だった!
  2. 美味しいレシピに早変わり!マスカルポーネとは?
  3. マスカルポーネは手作り出来る!?マスカルポーネを簡単作れるレシピ
  4. マスカルポーネを「おつまみ」に活用!簡単美味しいレシピ集
  5. 料理に1品!マスカルポーネで簡単「サラダ」が作れるレシピ集
  6. 何度も食べたくなる!マスカルポーネの「朝食」レシピ集
  7. マスカルポーネで「メイン」料理も簡単!食卓に1品レシピ集
  8. 洋風料理もお手の物!マスカルポーネで「パスタ」レシピ集
  9. デザートの定番!マスカルポーネで作る「ティラミス」のレシピ集
  10. 簡単時短なマスカルポーネの「カップデザート」レシピ集
  11. 朝食もおやつもおまかせ!「パンケーキ」レシピ集
  12. 手軽に作りたい!デザート「ケーキ」レシピ集
  13. マスカルポーネたっぷりこっくりな「チーズケーキ」レシピ集
  14. レシピに使える♡マスカルポーネのおすすめ商品
  15. まとめ【マスカルポーネをもっと身近に!料理にデザートに自由自在!】

マスカルポーネのレシピはティラミスだけじゃない!?マスカルポーネはこんなに万能だった!

マスカルポーネは、一度は聞いた事のあるアイテムです。その中でも、連想されるのがティラミスです。しかし、マスカルポーネを使ったレシピは、ティラミス以外にも実はたくさんあります。簡単に作れるデザートや料理などたっぷりお届けします。

美味しいレシピに早変わり!マスカルポーネとは?

まずは、マスカルポーネとはどんなアイテムかについてからご紹介しましょう。

マスカルポーネとは…【熟成させないフレッシュチーズ】

マスカルポーネは、原料となるクリームを固めて水分を抜いただけのクリーム状のかたまりです。他のチーズと比べても大きな違いがあり、熟成せずに作られたフレッシュなチーズになっています。テクスチャーは、水分量が多く、なめらかになっています。塩分や酸味も少ないタイプのチーズです。

マスカルポーネは手作り出来る!?マスカルポーネを簡単作れるレシピ

実は、このマスカルポーネは、自宅で簡単に作る事が出来ます。まずは手始めにそのレシピからお届けします。材料も少なくて簡単なので、作り置きしておくと料理やデザートなどに使えて便利です。是非チャレンジしてみましょう。

マスカルポーネの原料は…【生クリーム】

マスカルポーネの原料である生クリームは、乳脂肪のみを原料とした乳脂肪分18%以上のものを指します。乳脂肪分が高ければ高いほど、口当たりが滑らかになります。その乳脂肪分のおかげで、濃厚な風味とコクがあるので、マスカルポーネを作る時にもぴったりです。

マスカルポーネの手作りレシピの材料

材料は、生クリーム200ccとレモン汁大さじ2のみです。ただし、生クリームは、乳脂肪分が約35%のものを選ぶようにしましょう。その他に、使用する道具は、フライパンとボウル、ザル、ゴムベラを準備します。

マスカルポーネの手作りレシピ

用意した大きめのフライパンに3cmくらいまでのお湯を注いで火にかけて、生クリームの入ったボウルを入れて湯煎します。ゴムベラで混ぜながら、沸騰しないように温めます。そこへレモン汁を加えて、ときどきゆっくりかき混ぜます。とろみがついてきたら室温まで冷まして、ザルの上に濡らして絞ったらさらしを置いてから冷めたクリームをそこへ乗せてザルの上からラップをかけて、冷蔵庫で2時間冷やせば完成です。

マスカルポーネを「おつまみ」に活用!簡単美味しいレシピ集

マスカルポーネレシピの1つめは、おつまみに使える簡単で美味しいレシピをご紹介します。お酒のお供に是非準備したいマスカルポーネですが、少し工夫するだけで、お酒がさらに美味しく楽しみ事が出来ます。食べたいと思った時にすぐ作れる簡単レシピスタートです。

レシピ①ガーリッククリームチーズのバケット

マスカルポーネの1つめのレシピは、ガーリックとマスカルポーネを合わせたおつまみの料理レシピです。材料は、マスカルポーネチーズ食べたいだけ、ニンニクチューブ小さじ1、レモン汁大さじ1、バケット食べたいだけを準備しましょう。

作り方

ボウルにマスカルポーネとニンニクチューブ、レモン汁を入れて、混ぜてからあればバジルも加えて混ぜ合わせます。パンをこんがり焼いて、作ったマスカルポーネクリームを乗せたら完成です。

レシピ②梅とくるみの生ハムマスカルポーネチーズ巻き

ワインによく合う和風のおつまみレシピです。びっくりする程少なくて簡単なおつまみです。材料は、マスカルポーネチーズ小さじ4、生ハム4枚、はちみつ南高梅種無し1個、くるみ2個を準備しましょう。

作り方

生ハムにマスカルポーネチーズを塗ったら、4等分に切った梅と割ったくるみを乗せて巻いたら完成です。

レシピ③蟹缶とマスカルポーネチーズの春巻き

メイン料理にも作りたくなるマスカルポーネと蟹缶の春巻きのおつまみレシピです。冷凍保存も可能なので、作っておくと便利です。材料は、蟹缶80g、マスカルポーネ1パック(110gくらい)、春巻きの皮10枚、塩適量、水に溶いた小麦粉1:1を用意しましょう。

作り方

ボウルに蟹缶を汁ごと入れて、マスカルポーネチーズを開けて混ぜ合わせます。味見をして薄ければ、塩出味を調節しましょう。春巻きの皮を4等分に切り、小麦粉を水で溶いたものを用意しておきます。春巻きの皮を角が自分の方に向くように置いて、ティースプーン1杯の種を乗せて巻いていきます。最後に、小麦粉で作ったノリを塗って成形します。170度の揚げ油で揚げ色がつくまで、揚げましょう。

料理に1品!マスカルポーネで簡単「サラダ」が作れるレシピ集

続いては、マスカルポーネを使ったサラダのレシピです。いつもの料理にプラスαしたり、ダイエットをしている人にもおすすめのレシピたちをご紹介します。

レシピ①マスカルポーネを使ったカボチャサラダ

ほんのり甘いカボチャサラダです。口に入れただけで、ホッとするマスカルポーネチーズを使ったまろやかな口当たりのサラダです。材料は、カボチャ1/4、マスカルポーネチーズ大さじ2、牛乳100ml、はちみつ大さじ2、クルミとレーズンお好み量、塩少々を準備しましょう。

作り方

カボチャを小さく刻むか皮を剥いてレンジで加熱します。カボチャを熱いままボウルに入れて牛乳を加えたら、ハンドミキサーで滑らかになるまで混ぜます。はちみつを入れて、炒ったクルミとレーズンを入れ、そこへマスカルポーネを入れたら塩で味を整えましょう。

レシピ②アボカドとマスカルポーネチーズの濃厚サラダ

アボカドとマスカルポーネを使ったクリーミーなサラダです。美容にもダイエットにもおすすめで簡単なレシピです。材料は、アボカド1個、マスカルポーネチーズ100g、カニカマ4本、塩小さじ1、コショウ1つまみ、レーズン(無くても可)お好みで準備しましょう。

作り方

アボカドの皮を剥いて一口大に切ります。ボウルにアボカドを入れて、カニカマを割いていれたら、そこへマスカルポーネチーズ、塩を入れてよく混ぜ合わせます。それをお皿に盛りつけてお好みでレーズンを乗せたら完成です。

レシピ③リンゴとにんじんのマスカルポーネサラダ

リンゴの酸味とはちみつのコクがマスカルポーネとよく合うデザートのようなサラダです。材料は、リンゴ1/2個、にんじん1/3本、マスカルポーネチーズ1パック、粉チーズ適量、はちみつ適量、レモン汁適量、オリーブオイル少々、バジル適量、ブラックペッパー適量を用意します。

作り方

リンゴはよく洗って皮のまま薄めのいちょう切りにし、にんじんは千切りにします。ボウルにマスカルポーネチーズ、粉チーズ、はちみつ、レモン汁、オリーブオイル、バジル、ブラックペッパーを入れて混ぜたら先ほどのリンゴとにんじんを投入して和えたら完成です。

何度も食べたくなる!マスカルポーネの「朝食」レシピ集

1日を彩る料理の1つとして、朝食があります。清々しい1日のスタートを切るのにふさわしいマスカルポーネを使った朝食のレシピをご紹介します。料理のレパートリーがまた1個増える瞬間です。

レシピ①マスカルポーネチーズたっぷりのフレンチトースト

朝食の定番といえば、フレンチトーストです。簡単なのに、ふんわり美味しいマスカルポーネたっぷりのフレンチトーストレシピです。材料は、パン(バケットがおすすめ)適量、牛乳100cc、たまご1個、砂糖大さじ1〜11/2、バター5g、サラダ小さじ1、マスカルポーネチーズ適量、ジャム(マーマレードがおすすめ)適量、フルーツ(お好みで用意)適量を準備しましょう。

作り方

ボウルにたまご、牛乳、砂糖を入れて、しっかりかき混ぜます。パンにフォークで穴を開けておきましょう。トレーにたまご液を入れたら、パンを片面ずつ5分程つけこみましょう。フライパンにバターを入れて、両面をこんがり焼きます。お皿に盛りつけて、マスカルポーネチーズ、ジャム、お好みでフルーツを盛りつけたら完成です。

レシピ②イチゴのコンフィチュールトースト

忙しい朝でも簡単に作れるイングリッシュマフィンを使った朝食レシピです。材料は、イングリッシュマフィン1個、マスカルポーネ適量、イチゴのコンフィチュールの材料として、イチゴ300g、砂糖90g、レモン果汁大さじ1を準備しましょう。

作り方

イチゴのコンフィチュールを作ります。ヘタを取り、イチゴを洗ってからボウルに入れて、全体的に砂糖がまぶします。1時間以上置いてイチゴから水分が出たら、鍋に移してレモン汁を入れて火にかけます。沸騰したら、火を弱くして灰汁を取りながら煮立ったら、水分が少し残っている程度で加熱を止めます。マフィンをトーストしたら、マスカルポーネチーズを乗せて、作ったコンフィチュールを乗せて完成です。

レシピ③マスカルポーネのサンドイッチ

サンドウィッチでパパッと朝食。マスカルポーネとレタスで、ボリューム満点の朝ご飯レシピです。材料は、食パン2枚、ハム1〜2枚、レタス適量、マスカルポーネ大さじ1、マヨネーズ大さじ1、粒マスタード大さじ1、マッシュルーム2個を用意します。

作り方

まず、マッシュルームをスライスして軽く茹でたら、マッシュルームをギュッと絞ってみじん切りにします。マスカルポーネ、マヨネーズ、粒マスタード、マッシュルームを混ぜたら、パンに先ほどのクリームを塗って、レタスを挟みましょう。半分に切ったらラップで包み、1時間程冷蔵庫で冷やします。

マスカルポーネで「メイン」料理も簡単!食卓に1品レシピ集

次は、マスカルポーネを使ったメイン料理になるレシピです。メインのおかずになるような簡単美味しいレシピをお届けします。お箸が進む1品です。

レシピ①鶏肉とマスカルポーネソースのこんがり焼き

鶏肉とマスカルポーネのコラボレシピです。おしゃれな洋風おかずをメインにしましょう。材料は、鶏もも肉1/2枚、マスカルポーネ大さじ1、だし入り味噌大さじ1/2、ねぎお好み量、粉チーズお好み量、付け合わせの野菜をお好みで準備しましょう。

作り方

マスカルポーネと味噌を混ぜ合わせて、お好みでねぎの小口切りも混ぜます。鶏もも肉を一口大に切って、フライパンで焼き、火が通ったらグラタン皿に移して、先ほど作ったソースを乗せて、トースターで焼き色がつくまで焼いてからお皿に盛りつけます。野菜を添えて完成です。

レシピ③マスカルポーネを入れた豆乳シチュー

白菜とキャベツの甘みが詰まったシチューレシピです。材料は、白菜多め、キャベツ白菜の1/3くらい、芽キャベツ6個、カボチャ小玉1/4くらい、玉ねぎ1個半、無塩バター適量、オリーブオイル適量、バニラビーンズバター適量、ブーケカルニエ1包、マスカルポーネ50gくらい、豆乳適量を準備しましょう。

作り方

芽キャベツは、下の部分を5mmほど切り落として、汚れや硬い葉を除き、芯に十字に切れ目を入れます。オリーブオイルと無塩バターで玉ねぎを炒め、玉ねぎが透き通ったら、カボチャを投入して炒めます。バニラビーンズバターを適量追加し、そこへ水とブーケガルニエを入れて煮込み、葉もの野菜を入れて煮込みます。ブーケガルニエを取り出し、豆乳とマスカルポーネを好みの量加え、沸騰しないように煮込みます。

洋風料理もお手の物!マスカルポーネで「パスタ」レシピ集

続いてご紹介するのは、マスカルポーネを使ったパスタのレシピ集です。パスタのアレンジは、豊富で洋風から和風まで幅広いパスタレシピが存在します。その中でもマスカルポーネの風味が活きるパスタ料理をお届けします。

レシピ①トマトとマスカルポーネの冷静パスタ

トマトの爽やかな酸味とマスカルポーネのコクがベストマッチな冷製パスタです。材料は、トマト缶(400g)1缶、マスカルポーネチーズ250g、バジル数枚、オリーブオイル大さじ2、にんにく2片、塩1/4〜、コショウ少々、スパゲティー200g、茹で用の塩20gを準備しましょう。

作り方

オリーブオイルとニンニクをフライパンで炒め、香りを移します。ニンニクがきつね色になってきたら中火にし、トマト缶を投入します。中火で半分の量になるくらいまで煮て、水分がほとんど飛んだら塩とマスカルポーネチーズを入れて弱火にし、ゴムベラで混ぜます。チーズが溶けたら、味見をして、少しコショウを足します。塩で味を整え、冷ましてから冷蔵庫へ入れておきましょう。茹でたパスタを和えて完成です。

レシピ②アボカドとマスカルポーネチーズのクリームパスタ

アボカドのクリームパスタです。材料は、パスタ適量、にんにく2片、アボカド1個、生クリーム1パック、生ハム1人4枚くらい、パスタの茹で汁おたま1杯、塩適量、塩こしょう適量を準備しましょう。パスタは、パッケージの茹で時間通りに茹でます。さらに、ニンニクをみじん切りにし、アボカドは、一口大に切っておきます。

作り方

フライパンを温めてオリーブ油とニンニクを入れ、焦げる手前まで炒めたら、アボカドを投入します。軽く炒め、生クリームを加えて、優しく混ぜながら茹で途中のパスタの茹で汁を入れて、塩も3つまみ入れます。マスカルポーネを大さじ1〜2入れて溶けたら火を極弱火にして、塩コショウで味を整え、茹で立てのパスタにかけ、ちぎった生ハムと塩こしょうを少し振りかけて完成です。

レシピ③マスカルポーネの和風パスタ

マスカルポーネを使った和風のパスタレシピです。材料は、パスタ100g、塩適量、オリーブ油小さじ1/2、みじん切りニンニク1/2片、ざく切りトマト1/2個、ざく切りほうれん草1〜2束、バター10〜15g、マスカルポーネチーズ大さじ1〜、粗挽きこしょうお好み、しょうゆ少々、塩適量を準備しましょう。

作り方

パスタを茹でている間に、フライパンを熱してからオリーブ油とニンニクを投入して炒めて、野菜類を炒めます。トマトは、皮付きのまま入れても湯剥きしてもOKです。野菜がしんなりしたら、バターとチーズを入れて馴染ませ、しょうゆと粗挽きこしょうと塩も入れて味を整えます。ゆで上がったパスタを入れて混ぜたら完成です。

デザートの定番!マスカルポーネで作る「ティラミス」のレシピ集

マスカルポーネチーズを使ったデザートと言えば、「ティラミス」です。今回は、普通のティラミスにプラスして、少し変わったティラミスもご紹介します。

レシピ①簡単で美味しいティラミス

材料は、マスカルポーネチーズ125g、卵1個、砂糖30g、生クリーム100g、スポンジケーキ1台、純ココア適量、インスタントコーヒー大さじ4、砂糖大さじ3を用意します。卵は事前に卵黄と卵白に分けて、卵白のみを冷蔵庫に入れておきます。コーヒーシロップは、インスタントコーヒーと砂糖に1カップ強くらいのお湯を入れて溶いておきます。

作り方①

スポンジケーキをお皿の型に合わせて切ったら、1cmくらいの厚さにスライスしておきます。型にスポンジを1層敷いて、コーヒーシロップをたっぷり含ませて冷蔵庫に入れておきます。マスカルポーネをボウルに入れて、泡立て器で柔らかくしたら卵黄と砂糖3/4の量を入れてクリーム状にさせます。別のボウルで卵白と砂糖を少しずつ加えてメレンゲを作ったら、先ほどのボウルに加えて混ぜます。

作り方②

生クリームを7分立てにして先ほどと同じボウルに加えて、混ぜます。型を冷蔵庫から取り出して、先ほど作ったチーズクリームを乗せてから、片面にシロップを塗ったスポンジを重ねます。またシロップを染み込ませましょう。さらに、その上にマスカルポーネクリームを乗せて、ココアを振りかけて、冷蔵庫で1時間冷やしましょう。

レシピ②きなことバナナの和風ティラミス

きな粉の和風テイストのティラミスも簡単で美味しいです。材料は、マスカルポーネ100g、生クリーム100g、砂糖20g、バナナ2本、フルグラ大さじ8、きな粉大さじ4を準備します。

作り方

マスカルポーネと砂糖を混ぜ合わせてから、6分立てにした生クリームを合わせます。グラスにフルーツグラノーラとカットしたバナナを入れて、そこへ先ほどのチーズクリームを流し込みましょう。きな粉を振りかけたら完成です。

簡単時短なマスカルポーネの「カップデザート」レシピ集

マスカルポーネを使った簡単に食べれるカップに入ったデザートのレシピをご紹介します。手軽に作れて、なおかつ手軽に食べれるのが嬉しいデザートたちです。

レシピ①混ぜてかけるだけのコーヒームース

大人の味のコーヒームースです。材料は、マスカルポーネ100g、クリームチーズ100g、生クリーム100g、グラニュー糖70g、ゼラチン3g(大さじ1)、水大さじ2、エスプレッソ1袋分を用意しておきましょう。エスプレッソソースが無い場合は、インスタントコーヒー、砂糖、水を1:1:1の割合で混ぜて作りましょう。

作り方

ボウルに生クリームを入れて、ハンドミキサーで8分立てくらいにします。別のボウルに常温にしたマスカルポーネ、クリームチーズ、グラニュー糖を入れて先ほど使ったハンドミキサーで混ぜます。耐熱容器にゼラチンと水を入れて、600wのレンジで約30秒程加熱し、マスカルポーネチーズのボウルに生クリームと溶かしたゼラチンを投入します。容器にいれてエスプレッソソースをかけたら完成です。

レシピ②マスカルポーネチーズのプリン

マスカルポーネでカップデザートの王道簡単絶品プリンのレシピです。材料は、マスカルポーネチーズ115g、卵3個、牛乳250cc、生クリーム100g、グラニュー糖50g、バニラビーンズ1本、グラニュー糖(カラメル用)40gを準備します。鍋に牛乳と分量の半分のグラニュー糖とバニラビーンズを入れて温めておきましょう。

作り方

ボウルにマスカルポーネと残り半分のグラニュー糖を入れて泡立て器で混ぜ、そこへ卵を1個ずつ投入します。さらに、生クリームも混ぜ合わせ、先ほど作った牛乳を少しずつ加えていきます。別の鍋に、カラメル用のグラニュー糖を4回に分けて溶かし、カラメルソースを作ります。それをプリン型に入れて、上からプリン液を濾しながら入れたら、天板にお湯をはって、160度のオーブンで35分蒸し焼きにしたら完成です。

朝食もおやつもおまかせ!「パンケーキ」レシピ集

パンケーキの人気は衰えず、今もパンケーキ屋さんに通う女性たちが多くいます。そんな美味しいパンケーキを手軽にお家で味わえるレシピをご紹介します。朝食にもおやつにもデザートにも食べたくなるマスカルポーネのパンケーキレシピ集です。

レシピ①何でも合うシンプルパンケーキ

マスカルポーネチーズとクリームチーズのなめらかなパンケーキです。材料は、バター20g、マスカルポーネチーズ100g、クリームチーズ100g、卵2個、プレーンヨーグルト100g、レモン汁3g、砂糖40g、強力粉150g、ベーキングパウダー5gを準備します。

作り方

バターを溶かして、マスカルポーネとクリームチーズとよく混ぜ合わせます。そこへ卵とヨーグルト、レモン汁を加えてから、砂糖と強力粉、ベーキングパウダーを入れて混ぜ合わせましょう。弱火で温めたフライパンでおたま1杯分くらいを掬って焼きましょう。しばらくしたら裏返して、焼き加減を確認したらOKです。

レシピ②マスカルポーネチーズがたっぷりパンケーキ

パンケーキの上にマスカルポーネクリームをたっぷり乗せたパンケーキです。材料は、パンケーキミックス150g、卵1個、牛乳100ml、マスカルポーネ100g、生クリーム100ml、ヨーグルト大さじ3、ミルクジャム又は砂糖大さじ2、ミルクアイス適量、グラノーラ適量、チョコソース適量を準備しましょう。

作り方

ボウルに卵を溶いて、ホットケーキミックスを加えてよく混ぜます。さらに牛乳を加えて混ぜます。別のボウルで生クリームをホイップしたら、そこへマスカルポーネチーズ、ヨーグルト、ミルクジャム又は砂糖を入れて混ぜ合わせます。パンケーキの生地を焼いて、マスカルポーネクリームとミルクアイス、チョコソースをかけたら完成です。

手軽に作りたい!デザート「ケーキ」レシピ集

普段でもふと作りたくなるマスカルポーネチーズを使ったケーキのレシピです。これを機にケーキレシピに挑戦してみましょう。

レシピ①はちみつとマスカルポーネチーズのケーキ

しっとりふわふわのケーキです。材料は、ホットケーキミックス100g、マスカルポーネチーズ100g、卵1個、はちみつ30g、油20g、マスカルポーネチーズ50g、はちみつ大さじ1を準備しましょう。ケーキを焼くときの10センチくらいのパウンドケーキ型を用意します。紙タイプがあればさらに便利です。

作り方

ボウルにマスカルポーネチーズとはちみつを混ぜ合わせて、卵と油を少しずつ加えたら、ふるいにかけたホットケーキミックスを加えて混ぜます。2つの型に入れて170度のオーブンで30分焼いて、生地に焼き色がついたら完成です。

レシピ②マスカルポーネチーズのにんじんケーキ

にんじんたっぷりのケーキです。材料は、人参100g、バター50g、砂糖60g、卵3個、薄力粉100g、ベーキングパウダー小さじ1/2、マスカルポーネチーズ30g、上白糖大さじ1、生クリーム30mlを準備します。人参は、茹でてからフードプルセッサーで撹拌し、バターを常温に戻し、卵は卵白と卵黄に分けておきます。さらに、型にわら半紙を敷いておきます。オーブンは、180度で予熱しておきましょう。まず、ボウルに卵白を入れて、砂糖を2回に分けてメレンゲを作ります。

作り方

別のボウルにバターを泡立てて卵黄を加えます。撹拌した人参を卵黄の中に加えて、粉類を加えたら、メレンゲを3回に分けていれます。型に流し180度のオーブンで30分焼きます。別のボウルを用意して、生クリームを5分立てにしたら上白糖を入れ、マスカルポーネを加え泡立てます。焼き上がったケーキを冷まして、型から外れたら型をはずしてそのまま乗せておきます。完全に冷めたらクリーム乗せて完成です。

マスカルポーネたっぷりこっくりな「チーズケーキ」レシピ集

レシピ①ベイクドチーズケーキ

濃厚なベイクドチーズケーキです。材料は、クッキー80g、バター40g、牛乳大さじ1、マスカルポーネ230g、卵1個、薄力粉50g、グラニュー糖50g、牛乳100cc、レモン汁大さじ4を準備します。

作り方

袋にクッキーを入れて砕いたら、溶かしたバターと牛乳を入れて混ぜます。型に敷き詰めて、冷蔵庫で冷やしておきましょう。常温のマスカルポーネをよく練り混ぜて、グラニュー糖と牛乳と卵を少しずつ加えてよく混ぜます。薄力粉をふるって混ぜたら、レモン汁を加えて再び混ぜます。180度に予熱したオーブンで70分ほど焼いたら型からはずして冷蔵庫で冷やします。

レシピ②簡単ヘルシーチーズケーキ

マドレーヌ型で作るチーズケーキです。材料は、クリームチーズ200g、マスカルポーネチーズ100ml、パルスイート20g、卵2個、生クリーム100ml、おからパウダー30g、レモン汁30cc、オイル適量を準備します。

レシピ

オイル以外の材料を全て撹拌しておきます。オーブンは180度で予熱しておきましょう。マドレーヌ型を並べてオイルを塗ったら、撹拌した生地を型に流し込みます。空気を抜いて、180度のオーブンで40分程焼いて、焼き目がついたら粗熱を取って冷やします。

レシピに使える♡マスカルポーネのおすすめ商品

最後にマスカルポーネチーズを市販で買う時におすすめの商品をご紹介します。手作りマスカルポーネもいいですが、時間がない時は、市販のマスカルポーネでパパッと作りましょう。

その①【雪印北海道100】マスカルポーネチーズ

雪印北海道100のマスカルポーネチーズは、北海道の生乳を100%使用した生クリームのようなテクスチャーのチーズです。パンに塗ったり、デザートや料理にも使える万能アイテムです。そのまま食べる時は、一緒についているエスプレッソソースをかけて食べてみて下さい。

その②【ザネッティ】マスカルポーネチーズ

イタリアが原産のマスカルポーネチーズです。イタリアで生まれたティラミスの材料としても有名になっていて、今ではその人気がイタリア全土に広がっています。生クリームとバターのような濃厚な味わいとテクスチャーで、クラッカーやパンなどにつけたりすれば、コクが口いっぱいに広がります。

まとめ【マスカルポーネをもっと身近に!料理にデザートに自由自在!】

いかがでしたか?マスカルポーネは、クリームチーズや他のチーズほど、親近感が少ないチーズです。しかし、料理やデザートなど多種多様な使い道があります。今回ご紹介したレシピの他にも、試してみたくなるレシピが溢れています。自分のお気に入りのレシピを見つけて、是非作ってみましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-05-27 時点

新着一覧