チョコレートのカフェイン含有量は?1日に摂取していい適正な量とは?

チョコレートのカフェイン含有量は、意外と見逃してしまいがちです。チョコレートに含まれる成分のうちカフェインもしっかり含まれているため、適正な摂取量にも心がけたいものです。そんな気になるチョコレートのカフェインについて詳しくみていきましょう。

チョコレートのカフェイン含有量は?1日に摂取していい適正な量とは?

目次

  1. チョコレートのカフェインの含有量と適正な摂取量について知っておこう
  2. ミルクチョコレートのカフェイン含有量はどのくらい?
  3. 美容のためにも摂取したいダークチョコレートのカフェイン含有量は?
  4. 見逃せないホワイトチョコレートのカフェイン含有量
  5. 昔から親しみのあるチョコレート菓子の含有量は?
  6. 健康な成人のカフェイン適正摂取量は?
  7. チョコレートなどからカフェインを過剰摂取した場合の症状
  8. ホットチョコでも有名なココアなどのカフェイン含有量もチェック
  9. 妊婦さんが気をつけたいカフェイン!チョコレート摂取はNG?
  10. 美味しいチョコレートもカフェインの過剰摂取には注意しよう

チョコレートのカフェインの含有量と適正な摂取量について知っておこう

チョコレートのカフェイン含有量は、コーヒーなどに比べるとつい忘れてしまいがちです。美容効果などにも注目される成分カカオに含まれるポリフェノールが含まれるチョコレートも、カフェインを摂取しすぎては意味がなくなってしまうようです。

そんなカフェインの含有量や適正な摂取量について知る前に、そもそもチョコレートの原材料は何か、そしてチョコレートに含まれる成分についても詳しくみていきましょう。

チョコレートの原材料について

チョコレートの原材料は、話題となっているカカオマスをはじめ、ココアバター、砂糖、乳製品がメインとなっているようです。カカオマスは、カカオ豆とちがうのか気になるかたもいらっしゃるようですが、カカオマスは、カカオ豆の皮の部分と胚芽の部分を取って炒り、すってつぶしたものがカカオマスといわれています。

そして、更にココアバターというのは、先ほどお話ししたカカオマスからココアパウダーをのぞいたものを指すといわれています。カカオマスとココアバターの苦みと砂糖や乳製品の甘さが合体して、美味しいチョコレートの口どけを楽しめるため砂糖と乳製品も必須な原材料のようです。

チョコレートに含まれるカフェイン以外の成分についても知っておこう

チョコレートに含まれる成分は、カフェイン以外にも美容や健康に効果が期待できるものも豊富に含まれているといわれています。

チョコレートの成分で特に注目されているのは、老化防止や抗酸化作用が注目されているポリフェノールをはじめ、脳を元気にしてくれるブドウ糖や腸内環境をきれいにしてくれる食物繊維も含まれています。

そして、美肌や健康を保つためにも必要なビタミン類やミネラル類も豊富に含まれているためチョコレートは、適正な摂取量を取れば成分の心配などもあまりないといわれています。

Thumbチョコレートは健康食品!ダイエット効果もある?おすすめの食べ方を紹介!

ミルクチョコレートのカフェイン含有量はどのくらい?

ミルクチョコレートは、甘えくて美味しく子供から大人まで大人気のチョコレートの種類のひとつですが、カフェインの量はチョコレート1枚50gにつき10mgの含有量といわれています。

これは、昔から親しみ深い明治のミルクチョコレートのカフェインの含有量からみた数値のようで、他のメーカーさんのミルクチョコレートもだいたいこれくらいだろうと言われています。

美容のためにも摂取したいダークチョコレートのカフェイン含有量は?

美肌のために摂取したいカカオ70%のダークチョコレートも、スーパーなどでも簡単に手に入るようになった時代でありますが、そんな人気のダークチョコレートのカフェイン含有量はどのくらいなのかみていきましょう。

ダークチョコレートのカフェイン含有量は、厚生労働省の調べによると、ミルクチョコレートに比べると少し多めで1枚50gのダークチョコレートで最大40mgのカフェイン含有量が想定されているようです。

ダークチョコレート50gのカフェイン含有量は、緑茶150mlくらいの量に含まれるカフェイン含有量と同じくらいのため、ダークチョコレートの食べ過ぎにはカフェイン過剰摂取につながる危険もあるため気をつけたほうがいいといわれています。

あくまでも過剰摂取がいけなくて、1日25gほど食べていらっしゃるかたは美容効果も実感しているためおすすめのようです。

Thumbカフェインの取り過ぎは注意!正しい摂取量の目安ってどのくらい?

見逃せないホワイトチョコレートのカフェイン含有量

チョコレートは、ホワイトチョコレート派というかたにとっても、ホワイトチョコレートのカフェイン含有量も気になります。

1枚50gのホワイトチョコレートのカフェイン含有量は、とても少なく2.5mgほどといわれていますのでそこまで心配する必要はないようです。

ただし、糖分などの摂り過ぎには気をつけなければいけませんので、毎日少しずつ楽しむのには良いかもしれません。

昔から親しみのあるチョコレート菓子の含有量は?

昔から親しまれているチョコレート菓子といえば、「きのこの山」「たけのこの里」といった明治から発売しているロングセラーのチョコレート菓子があります。こういったチョコレート菓子は、一部分がチョコレートのためカフェイン量もわかりにくいです。

「きのこの山」は、1箱チョコレートのカフェイン含有量は11.48mgと想定されているようです。「大人のきのこの山」はダークチョコレートを使用しているため、チョコレートのカフェイン含有量も増えて26mgほど1箱に含まれているといわれています。

「たけのこの里」は、1箱のチョコレートのカフェイン含有量が7.7mgと想定されているといわれています。「大人のたけのこの里」は、ダークチョコレート使用のため1箱のチョコレートのカフェイン含有量は17mgほどあるようです。

健康な成人のカフェイン適正摂取量は?

健康な成人のかたが摂取して良いカフェインの適正摂取量をみていきましょう。コーヒーに例えるとマグカップに3杯ほどのカフェイン量が適正摂取量といわれています。数値でいると、400mgのカフェインが適正摂取量といわれています。

普段からチョコレートとコーヒーをよく摂取するかたは、コーヒーだけの摂取量だけではなくチョコレートの摂取量も気にかけてカフェインの適正摂取量をコントロールすることも大切になってくるようです。

チョコレートなどからカフェインを過剰摂取した場合の症状

チョコレートなどからカフェインを摂取し過ぎてしまうと、カラダやメンタル面でも悪影響をおよぼしてしまうといわれていますので注意が必要です。

コーヒーなど職場でよくお飲みになられるかたも、いつの間にかカフェインを過剰摂取してしまっていたなんてこともよくあるようです。

カラダとメンタル両方に負担をかけてしまうカフェイン中毒に注意

チョコレートやコーヒーなどからカフェインの過剰摂取をしてしまい、カフェイン中毒になってしまうと興奮状態になったり、睡眠障害に悩まされたりするといわれています。

そして、カラダのほうも嘔吐や不整脈など命に関わる症状も出てくることがあるため十分に気をつけなければなりません。

エナジードリンクもカフェインが多く含まれるため、元気をつけるためエナジードリンクを飲んでいるというかたもカフェイン中毒には十分注意といわれています。

ホットチョコでも有名なココアなどのカフェイン含有量もチェック

ホットチョコとしても知られるココアもある意味チョコレートの飲み物バージョンのようなものといわれているため、カフェインの含有量も知っておくといいでしょう。甘くて美味しいので1日に何回か飲んでしまうというかたも、他にカフェインが多いものを摂取している場合は控えたほうがいいかもしれません。

ココアのカフェイン含有量は、マグカップ1杯ほどで4mgほどのカフェインが含まれているといわれています。コーヒーを飲むよりかは低いですがだからといって飲み過ぎもいけないので気をつけましょう。

Thumbココアのカフェイン含有量ってどれくらい?妊娠中に飲んでも大丈夫?

妊婦さんが気をつけたいカフェイン!チョコレート摂取はNG?

妊婦さんは、カフェインの摂取量にも十分に注意しなければならないため、ちょっとしたチョコレート摂取にも敏感になるといわれています。

チョコレートを食べ過ぎてしまうと、妊娠糖尿病など病気にも関係してきてしまうといわれています。妊婦さんのチョコレート目安摂取量は、50gの板チョコなら1日半分くらい、もしくは更に少な目に抑えておいたほうがカラダのために良いといわれています。

チョコレートを食べ過ぎなければ、ポリフェノールの効果で自律神経のコントロール効果もあり妊娠中のストレス緩和にもつながるので、少しの量で抑えられるなら食べても良いといわれています。

妊婦さんや産後のママが飲むココアについても知っておこう

妊婦さんや産後のママで授乳中というかたにとって、カフェインには敏感になるといわれています。今までコーヒーが好きだったけど妊娠をきっかけにココアに変えたというかたも、ココアだからと飲み過ぎてしまっては意味がなくなってしまうといわれています。

チョコレートやココアに含まれているテオブロミンという成分は、リラックス効果が高いといわれているため、少しの量なら妊娠中や産後で育児に忙しいママの精神的な支えにもなるため良いそうです。ただし、利尿作用が強いためあまり摂取しすぎてしまわないように注意しましょう。

美味しいチョコレートもカフェインの過剰摂取には注意しよう

チョコレートのカフェイン含有量は、ミルクチョコレートやダークチョコレートなど種類によってもカフェインの含有量が変わってくるようです。普段からコーヒーや緑茶など摂取することが多いかたは、チョコレートの量も考えながらカフェインの適正摂取量をケアしていくことも大事です。

妊婦さんやカフェイン摂取量をコントロールしなければならないかたは、チョコレートの摂取は控えめにしつつ味わうようにすることをおすすめされています。是非この機会に、チョコレートのカフェイン含有量に注目しつつ、美味しいチョコレートで美容と健康サポートをしてみてはいかがでしょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-23 時点

新着一覧