ショートでもポニーテールができる?短い髪でもOKなアレンジのやり方

とってもかわいいショートヘアですが、アレンジの少なさが気になるところ。たまにはポニーテールやアップスタイルでアレンジしたくありませんか?そこで今回は、ショートヘアでもできるポニーテールのやり方や、短い髪の毛でもできるアレンジ方法をご紹介します。

ショートでもポニーテールができる?短い髪でもOKなアレンジのやり方

目次

  1. ショートヘアスタイルはアレンジが少ない?
  2. ショートヘアでもできるヘアアレンジのやり方を学ぼう
  3. ショートヘアでもできるポニーテールのやり方
  4. コテで巻いてから作るショートポニーテールのやり方
  5. ポニーテールのやり方を動画で知りたい!
  6. ショートヘアのポニーテールをアレンジでもっと楽しもう
  7. ショートポニーテールを応用すればおだんごヘアもできる
  8. ショートポニーテールができればハーフアップも簡単
  9. ポニーテール以外にもあるショートヘアのアレンジ
  10. ショートヘアでもポニーテールスタイルに挑戦してみてくださいね

ショートヘアスタイルはアレンジが少ない?

芸能人でも続々と髪を切る人が続くほど短い髪型が大人気。今までずっとロングヘアだった方は、ショートヘアにしたらアレンジが少なくなってしまうことを心配している方もいるのではないでしょうか。おしゃれに敏感な方ほど、毎日同じ髪型だと飽きてしまいますよね。

ショートヘアでもできるヘアアレンジのやり方を学ぼう

そこで今回は、ショートヘアでもできるヘアアレンジのやり方を大公開!ポニーテールのやり方を覚えれば、ハーフアップやおだんごなどいろいろなアレンジに応用することができます。短い髪でもできるかわいいヘアスタイルたちをチェックしていきましょう。

ショートヘアでもできるポニーテールのやり方

まず最初に、ショートヘアで作る基本のポニーテールをご紹介していきます。短い髪だとアレンジをするのに器用さが必要かと思いがちですが、ちょっとしたコツを覚えれば誰でも簡単にできますよ。

髪の毛をブローして整えたら、低い位置でポニーテールを作ってできあがり。この髪型を作るポイントは、最初にきちんとブローして髪の毛を整えておくこと。こうすることで余計な髪の毛がはみ出たりせず、すっきりと髪をまとめることができます。

さきほどの基本のポニーテールからすこしだけアレンジを加えたポニーテールです。まず低い位置でポニーテールを作ったら、ゴムを手で押さえながらトップの部分を軽く引っ張りだせば完成。こうすることで、ふんわりと丸みのあるシルエットを作ることができます。

さらにゆるっとしたスタイルを作るなら、あえて襟足の毛は入れずにポニーテールを作りましょう。トップの髪の毛も少し多めに引っ張ると、エアリー感がアップします。短い髪が出すぎてしまう場合は、最初にワックスをつけて髪の毛をまとまりやすくしておくと良いですよ。

コテで巻いてから作るショートポニーテールのやり方

初級編のポニーテールをマスターしたら、次はコテを使って作るやり方をご紹介します。同じポニーテールでもカールした髪の毛を土台に使うだけで、グッと印象を替えることができるんです。

髪全体をコテで巻いてからポニーテールにすると、こんな風にふわふわのヘアスタイルが作れます。ただ巻いてから結ぶだけなので特別難しいことはありません。ちょっと気合を入れたい日や、デートのヘアスタイルにもおすすめですよ。

巻いた髪の毛の場合もトップの毛を引っ張り出せば、さらにふんわりとしたかわいいヘアスタイルに。

ハイライトが入っているヘアスタイルだと、立体感がでるのでとってもおしゃれ。しっかりと巻いておけば、ポニーテールにも丸みがでるので、短い髪でもボリュームをだすことができます。

こちらは髪全体を巻くのではなく、毛先をワンカールにしてから結んだアレンジです。ポニーテールのくるんとしたシルエットがとってもかわいいですよね。

髪全体をふんわりと巻いたあとポニーテールをし、あえてはみ出した髪の毛をいれずに放置したアレンジ。ラフな感じがとってもかわいいですし、作り過ぎず崩した雰囲気は、今とっても人気があります。

ちょっと高い位置でポニーテールを作れば、元気で明るい印象のヘアスタイルが作れます。はつらつとした印象を与えられるかわいいヘアアレンジです。高くするほど髪の毛がはみだしやすくなるので、ワックスをつかってまとめやすくするか、ヘアピンで固定してください。

こちらも巻いたあとにポニーテールをしたアレンジですが、ウェット感のあるワックスを使うことで濡れた質感を作りました。普通のワックスよりもしっかりと髪の毛が固定できるので、ショートヘアにぴったり。シンプルなファッションでもおしゃれさんに見せてくれるヘアスタイルです。

ポニーテールのやり方を動画で知りたい!

ポニーテールを作るまでの様子を動画で見たい方は、こちらを参考にしてみてください。低い位置で作るポニーテールと、高い位置で作るポニーテールの2種類をご紹介します。

ショートボブで作るポニーテールのヘアアレンジが紹介された動画です。用意するのはヘアゴム1つでok。最初にワックスを髪に馴染ませたら、髪の表面だけコテで巻きます。トップの部分の毛の引っ張り方なども、動画でみるとグッとわかりやすくなるのでチェックしてみてください。

ボブで作る高めのポニーテールの作り方が紹介された動画です。低い位置は初心者でも簡単に作れますが、高い位置になると少し技術が必要。また、高い位置のポニーテールは頭が締め付けられたように感じる方も、ちょっとしたコツで快適なポニーテールを作ることができます。

ショートヘアのポニーテールをアレンジでもっと楽しもう

低い位置と高い位置で作るポニーテールをマスターすれば、いろいろなアレンジを楽しむことができます。ヘアアレンジがもっと楽しくなる、おしゃれなアイデアたちをあつめました。

アクセントのあるかわいいヘアゴムでポニーテールを作ったアレンジ。シンプルなヘアゴムで結ぶのもかわいいですが、アクセント重視ならヘアゴムにもこだわってみてくださいね。いろいろな種類のゴムが売られているので、形を変えるだけで同じポニーテールでも違う雰囲気が楽しめます。

こちらはリボン型のヘアゴムを使ってポニーテールを作りました。ポニーテールは顔をスッキリと元気な雰囲気に見せる効果がありますが、リボンのゴムを使えばガーリーな印象をプラスできますよ。

バレッタを使ってポニーテールを作ったヘアアレンジ。ヘアゴムの代わりにバレッタという斬新なアイデアですが、モダンな雰囲気がとってもおしゃれに仕上がっています。髪の毛がまとまりにくい場合は、目立ちにくいゴムでポニーテールを作ってからバレッタをつけると良いですよ。

ポニーテールのサイドの部分をヘアピンでアレンジ。暗い髪の毛の場合はゴールドやシルバーなど明るい色のヘアピンを使うと、アクセサリーのようにおしゃれに目立たせることができます。カラフルなヘアピンは100円ショップでも購入できるのでおすすめです。

同じようにヘアピンを使ったアレンジですが、こちらは軽く編みこみをしてからポニーテールを付けているのと、ヘアピンをクロス型につけているのがポイント。ショートヘアで編みこみをするのはかなり難しいので、写真のようにかなりゆるっとした感じでok。難しく感じるかもしれませんが、慣れてしまえば簡単に作ることができますよ。

三角の形をしたバレッタをポニーテールの上につけたアイデア。シンプルなポニーテールでも、バレッタをアクセントにくわえるだけでおしゃれ上級者に見せることができるのでとってもおすすめです。

ショートポニーテールを応用すればおだんごヘアもできる

ポニーテールのアレンジを覚えたら、次はワンランク上のおだんごにもチャレンジしてみませんか?髪が短いからおだんごなんて無理!と思った方でも、ポニーテールさえできればかわいいミニおだんごが作れちゃいます。

髪全体を巻いたあと、低い位置でおだんごを作ったアレンジ。おだんごは結び目の中心から毛先を全体にひろげ、ピンで固定して作ります。エレガントな雰囲気が出せるので、結婚式やパーティーの髪型としてもおすすめです。

細かくくるくるとねじりながら、低い位置で小さなおだんごを作ったアイデア。カラフルなヘアクリップを組み合わせることで、個性的でおしゃれな印象を作ることができます。

高い位置でおだんごを作りたい場合は、まずハーフアップで上にひとつお団子を作ってから、下半分の毛で近い位置でおだんごを作りましょう。2つのおだんごを近い位置で作ることで、まとめてひとつのアップスタイルを作ったようなシルエットが完成します。

ショートポニーテールができればハーフアップも簡単

ポニーテールよりも甘さをだしたいなら、ハーフアップスタイルがおすすめです。こちらは最初に髪の毛を巻いたあと、くるりんぱでハーフアップをし、トップの毛をだしたアレンジ。ショートヘアでも上半分の髪の毛は長さがあるので、アレンジがしやすいのがポイントです。

シンプルなのにとってもキュートなハーフアップおだんご。見方によっては家の中のリラックススタイルのように見えてしまうので、ピアスや伊達めがねなどのアクセサリーをつけておしゃれ感を作りましょう。

ポニーテール以外にもあるショートヘアのアレンジ

ポニーテール以外にもアレンジが知りたい!という方のために、簡単に作れるヘアアレンジをもう少しだけご紹介します。

こちらはサイドの毛をヘアピンで留めただけの超簡単アレンジ。ポニーテールができないほどベリーショートヘアでもできるので、髪が伸びるまでのアレンジとしてぜひ取り入れてみてください。

ヘアバンドはショートヘアにぴったりなおしゃれアイテム。逆に髪の毛が長いとあわせにくかったりするので、ショートヘアの方はぜひ取り入れてみてください。

ショートヘアでもポニーテールスタイルに挑戦してみてくださいね

短い髪だと諦めてしまいがちな、ポニーテールやおだんごなどのアップスタイルをご紹介しましたが、いかがでしたか?ショートブームが続くなか、髪を切ろうか迷っている方も多いはず。ショートでもいろいろなアレンジができるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ヘアスタイルやアレンジについてもっと知りたい方はこちら

Thumbショートヘアアレンジを紹介!簡単で今すぐ真似したくなる!
Thumbくるりんぱとバレッタで簡単ヘアアレンジ!ショートからロングまで可愛く♪
Thumbショートヘアアレンジまとめ!学校でもOKなアレンジを紹介!
Thumbヘアピンでアレンジできる!ショートヘアの可愛いヘアピンの付け方を紹介!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-09-23 時点

新着一覧