唇にシミができてしまう原因を調査!簡単な予防法・ケア方法まとめ

唇のケアはしっかりと行えているでしょうか?唇には肌と同じようにシミができてしまうため、毎日のケアや予防がとても大切です。唇のシミはさまざまな原因により作り出されてしまうため、原因をよく理解して対策・予防し、きれいな唇を保って美人になりましょう!

唇にシミができてしまう原因を調査!簡単な予防法・ケア方法まとめ

目次

  1. 唇は女の武器の一つ。シミがあると美人でも台無しに見える
  2. 唇も肌と一緒でシミやほくろができる
  3. 意外と唇のシミはできやすい
  4. 唇にシミができてしまう原因とは?
  5. 唇への摩擦がシミを作る原因になることも
  6. 唇にできたシミはどうケアしたらよい?
  7. 唇のシミ予防にはまず刺激を与えないこと
  8. シミを増やさないために唇にも紫外線対策
  9. 唇の乾燥や炎症はシミの元
  10. 唇のシミを消すにはどんな方法がある?
  11. 医療機関の治療は安全安心。でも唇のシミだと高額な場合も
  12. 唇のシミも肌と同じように生まれ変わりきれいになる
  13. 唇のシミ、思わぬ病気が潜んでいる場合もあるので注意しよう
  14. 唇がきれいだと美人度が増す?
  15. 唇も女性にとって大切なパーツ、大切にしよう

唇は女の武器の一つ。シミがあると美人でも台無しに見える

唇がきれいだととても魅力的な女性に見えますよね。シワもシミもなく、きれいなプルンとした唇に、世の中の男性もときめきを覚えるのではないでしょうか。ですが、そんな唇にシミがあったらどう思いますか?少し残念な気持ちになりますよね。せっかく美人なのに…、可愛いのに…と唇のシミのせいで魅力が半減することだってあるのです。

唇のシミはリップや口紅でいくらか隠すことができますが、きちんとケアや予防をしないと繰り返してしまったり、なかなか消えなくなってしまいます。唇は女の武器の一つです。シミがあることで魅力も下がってしまうので、できてしまったらしっかりとケア、できる前にきちんと予防をしておきましょう。

唇がきれないだとメイクの仕上がりもよく見えます。女性だから、ではなく、きれいな唇でいるためにも原因をしっかりと知り、ケアや予防、対処方法できれいな唇を保つようにしましょう。

唇も肌と一緒でシミやほくろができる

唇にも実は肌と同じで一定期間で生まれ変わり(ターンオーバー)をしています。また肌と同様シミやほくろといったメラニン色素によるトラブルもできやすい箇所なのです。今まで肌のシミ対策しかしていなかったという場合には、これから新しくシミを作らないようにしっかりと対策をしていきましょう。

唇は肌に比べると色が赤いので、シミができてもなかなか気づけない…といいうこともあるでしょう。特に唇のケアをあまりしないという場合には尚更です。普段から唇はあまり気にしていない…なんて人は今すぐ自分の唇にシミがないかチェックしてみましょう。

意外と唇のシミはできやすい

唇にシワができるのは分かるけど、唇にシミなんて…とシミが今までできなかった人からしてみたら、半信半疑な内容ですよね。ですが意外と唇のシミはできやすいのです。肌と同様唇は紫外線が当たりやすい箇所です。肌の紫外線対策をしている人はたくさんいても、唇の紫外線対策をしている人はこれよりも少ないでしょう。

また紫外線だけでなく、唇への刺激もシミを作る原因として考えられます。普段から唇を噛んだり舐めたりするクセはありませんか?これが続くと唇への負担となり肌(唇)の奥で炎症を引き起こしてしまいます。シミの原因はメラニン色素だけではないため、紫外線対策をしっかりとしていても、刺激を与えるような行為を続けているとシミができてしまうのです。

唇にシミができてしまう原因とは?

唇にシミができてしまう原因は一つではありません。よくシミの原因として知られているのが紫外線ダメージですが、実はこの紫外線対策だけをしていても対策としては不十分なのです。シミとなる原因をきちんと知り、自分がやってしまいそうなことに対してしっかりと対策や予防をするようにしましょう。

紫外線ダメージ

肌のシミに対しても一番知られているのが紫外線ダメージですよね。実は唇は肌と違い皮脂腺がありません。そのため紫外線から唇を守るためのバリアーがないため、紫外線ダメージを直に受けてしまうのです。UV効果のあるリップクリームなどで紫外線対策をしていない場合は特にシミの原因として考えられます。

唇への刺激

唇を噛む癖などがある場合、それは唇にとって大きな負担となっています。刺激を受けつづけると肌の奥では炎症が引き起こされます。炎症が起こるとそれに対応しようとメラニン色素が生成・活発化されてしまうため、シミができやすくなってしまいます。

メイクの落とし忘れ

口紅やリップクリームを落とし忘れていると肌への負担だけでなく、油分が紫外線に反応してしまうためシミができやすい状態を作ってしまいます。口紅の色が落ちていても油分が残っている場合もあるため、負担にならないようにクレンジングするなどして油分が落ちるようにしましょう。

病気

唇のシミは皮膚がんや腸のポリープといった病気が隠れていることがあります。直接の原因ではない可能性もありますが、これらの病気のせいで唇にシミができてしまうことも考えられます。形がいびつ、大きい、痛みを伴うなどの場合にはまず病気を疑った方が良いでしょう。

唇への摩擦がシミを作る原因になることも

何気なくティッシュで口を拭いたり、うつ伏せで寝ている状態でも、実は唇に余計な摩擦が加わっていることがあります。唇の摩擦は唇の刺激同様、肌の奥の炎症に繋がるためシミができやすい状態を作ります。

また唇への刺激・摩擦はこれだけではありません。洗顔方法や顔を拭く際に強く擦ってしまうような方法を取っていると刺激・摩擦となってしまいます。普段何気なくやっている行為でも、このように炎症を引き起こす原因に繋がってしまうため注意しましょう。

唇への刺激・摩擦はシミだけでなく、唇荒れやシワの原因にもなりますから普段から唇に刺激や摩擦を与えていないか気をつけましょう。

唇にできたシミはどうケアしたらよい?

唇にできたシミは消えるのを待つだけではいつになるか分かりません。きちんとケアすることでシミの原因に対処できますし、予防にも繋がります。唇にできたシミはいつか消えると放っておかないで、きちんとケアするようにしましょう。

専用のクリームを使う

シミ消しクリームを唇に塗ることでシミを早く消すことができます。ただ唇に塗るので人によっては気持ち悪く感じてしまうというデメリットがあります。また食事をする前は付けないようにしましょう。シミ消しクリームによっては妊娠中に使えないものもあるので、説明書をきちんと読んでから使用するようにしましょう。

保湿をする

唇には油分がありません。唇も肌と同様に乾燥します。乾燥すると唇が切れてしまうこともあります。そのため保湿をしてしっかりと保護してあげることが大切です。他にも唇専用の美容液やオイルもあるので、こういったもので唇を保護してあげるようにしましょう。

唇のシミ予防にはまず刺激を与えないこと

唇のシミ予防にはまず刺激を与えないように心がけることが大切です。人は物事に慣れていくると単調な作業や行為を忘れがちになります。何気なく気を気をつけるのではなく、意識しながら気をつけるようにしないと気づかないうちに刺激を与えてしまっているので注意しましょう。

刺激を与えないためには洗顔方法を替えたり、寝方を変える必要があります。他にも唇を舐める・噛むクセを直す必要があります。美しい唇を維持するためにも自分が刺激を与えていると思いあたる行為があれば見直すようにしましょう。

シミを増やさないために唇にも紫外線対策

シミをこれ以上増やさないためにも、唇にも紫外線対策はしっかりと行うようにしましょう。方法としてはUV効果のあるリップクリームや口紅を使ったり、マスクをして紫外線を防ぐようにしましょう。また日傘や帽子で顔に紫外線が当たらないようにするのも効果的です。

また紫外線対策をしながら注意したいのが唇への刺激や摩擦です。マスクをする場合、喋るときには外して離すようにしないとマスクと唇が擦れてしまい刺激となります。他にもリップクリームや口紅の落とし忘れは負担となるのできちんと油分まで落とすようにしましょう。

どの対策も一度に行ってしまうと長続きしない可能性があります。もし実行が負担に感じるのであれば、一つずつ様子を見ながら行いましょう。唇もターンオーバーを繰り返しているので、これらの対策を行うことでシミも消しやすく、防ぎやすくなります。

唇の乾燥や炎症はシミの元

他にも唇の乾燥や炎症には気をつけるようにしましょう。唇の乾燥もシミの元です。唇がガサガサ、渇いていると唇を舐めてしまう人もいますが、これは刺激となりさらに悪化させてしまう一方です。クリームを塗って保護したり、化粧水で保湿を行うようにしましょう。

唇の乾燥は洗顔方法にも左右されてしまうので、刺激の少ない洗顔剤に替えたり唇だけは別で洗うようにしましょう。唇の乾燥は見た目的にも悪いので、普段からしっかりとケアしてシミ・シワのない唇を目指しましょう。

唇のシミを消すにはどんな方法がある?

唇のシミのケア方法で専用のクリームを紹介しましたが、当然シミ消しとしても効果を発揮してくれます。他にも医療機関や美容サロンでの治療やオイルでのシミ消し方法もあるので自分に合った方法でシミを消すようにしましょう。

医療機関やサロンでレーザー治療

シミ消しのレーザー治療は唇に行ってくれるところもあります。このような治療方法でシミを消すことができるので、余裕があれば相談だけでもすると良いでしょう。体調や妊娠状況次第で行ってくれない場合もあるので、事前に行っているかなどを確認するようにしましょう。

ホホバオイルを塗る

油分のない唇にオイルを塗ることで油膜を作ってあげることができるため、刺激から唇を守る役割を果たしてくれます。特にオイルの中でもホホバオイルが効果が高いとして人気があり、ケアだけでなくシミ消しとしても広く使われています。

使い方は口紅を塗る前にひと塗りし、ふき取ってから口紅を塗る。または口紅を塗っていないときは常にホホバオイルを塗るかのどちらかです。シミのケア・対策だけでなく、シワ予防にもなるので日頃のケア方法としておすすめです。

医療機関の治療は安全安心。でも唇のシミだと高額な場合も

医療機関や美容皮膚科・サロンなどでの治療は自分で行うよりも安全で安心が持てるでしょう。しかし治療部位が唇となると、注意点が増えてきたり値段も高額になる場合があります。また場所によっては行ってくれない場合もあるため確認が必要です。

公式HPを見ても詳細が無い場合は手間でも一度電話して確認した方が良いでしょう。予約をして行ってみたら、唇にはやってませんと言われてしまう可能性だって考えられます。余計な時間や損をしないためにも、確認はした方がよいでしょう。

また治療をしてもらったら終わりではなく、しっかりとシミ予防をするようにしましょう。予防をしなければシミはまた繰り返しできてしまいます。新たなシミを作らないためにも、紫外線対策といった予防方法を忘れずに行いましょう。

唇のシミも肌と同じように生まれ変わりきれいになる

唇も肌と同じようにターンオーバーを繰り返します。そのため古い角質は剥がれ落ちて新しいものへと変わりきれいになっていきます。このターンオーバーがきちんと起きていればシミも早く消えますが、刺激を与えている、乾燥しているなどの場合にはターンオーバーが乱れてしまいシミも消えにくい状態になってしまいます。

唇もシミができやすい部位ですが、実は肌に比べるとターンオーバーが早いのでシミも消えやすいのです。通常肌のターンオーバーは28日と言われていますが、これに比べて唇のターンオーバーは約5日程度です。そのため肌よりもシミが早く消えやすいのです。

しかしターンオーバーが早いからと言って何も対策や予防をしていないとシミを繰り返し作ってしまうので注意しましょう。何も対策・予防をしていないと唇も乾燥してしまいシワを作ります。見た目も悪くなり、顔全体のイメージにも影響してしまうので対策・予防はきちんと行いましょう。

唇のシミ、思わぬ病気が潜んでいる場合もあるので注意しよう

多くの場合、唇にシミができても問題はありません。それは紫外線が主な原因だからです。しかし中には病気という場合もあり、全く無視できないのも確かです。唇のシミに異変が起きた場合や変だと感じたら病気を疑いましょう。

皮膚がん(メラノーマ)

大きいシミやほくろ、ぷくっと盛り上がったものは特に注意が必要です。小さいシミや盛り上がりのないシミであれば皮膚がんの可能性は低いでしょう。また触ってみて痛みがある場合も要注意で、一度病院で診てもらった方が良いでしょう。他にも小さかったシミが日に日に大きくなる場合も注意が必要です。

腸のポリープの可能性がある

直接の原因ではないにしろ、これらに関わる病気の可能性がある場合に唇にシミができたり、口の中にそばかすのようなシミやほくろができる場合があります。唇のシミと共に口の中に変化があった場合には腸のポリープなどの病気の可能性があるので病院で診てもらいましょう。

異変を感じたらすぐに病院へ

異変を感じたら、心配になったらすぐに病院で診てもらいましょう。特に皮膚科ならよく診てくれますし、必要があれば他の科や病院を紹介してもらえます。放っておくと病気の進行にも繋がり、最悪の場合命に関わるようなことになるので、異変があった際は早めに病院を予約し受診しましょう。

唇がきれいだと美人度が増す?

唇がきれいだと見とれてしまう人も多いでしょう。特に唇は色っぽさを表す部位でもあるため、常にきれいに保っていたい場所です。ですが唇は食事をしたり飲み物を飲んだり、喋ったりと非常に動きのある場所です。どんなシーンでもきれいな唇を保つためには、やはり日々のケアやさまざまな予防が大切になります。

唇も女性にとって大切なパーツ、大切にしよう

唇も女性にとってとても大切なパーツです。顔の一部なので見た目も左右しかねません。女の武器の一つにも数えられる唇ですから、大切にするようにしましょう。きれいな唇は美人度や可愛さをさらにアップさせてくれますから、いつもケアをしてシミのない唇にしましょう。

唇のケアについてもっと知りたいあなたにオススメの記事

Thumb唇の色が悪い原因は?改善方法やピンク色にするケア方法について調査
Thumb唇のかわむけが起きる原因は?改善・対策法、ケアの仕方について調査
Thumb唇の日焼け対策にリップクリームは有効?どんな症状?治し方を調査!

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2020-07-03 時点

新着一覧