顔のパックの効果と注意点まとめ!基礎知識と正しい使い方について調査

顔パックは、今やスキンケアの常識ともいうべき1つの流れになっています。取り入れている方も多いのではないでしょうか。しかし、何気なくやっている顔パックにも使い方や注意点がありました。今回は、そんな顔パックを使う時についてのお話です。

顔のパックの効果と注意点まとめ!基礎知識と正しい使い方について調査

目次

  1. 顔パックの正しい使い方で効果UP!お肌への潤い&栄養補給!
  2. 顔パックの基礎知識から始めましょう!
  3. 顔パックが人気!その理由は?
  4. 顔パックの効果が知りたい!
  5. 顔パックの主な種類
  6. 顔パックの選び方は?
  7. スキンケアの時間…顔パックを順番は?
  8. 顔パックの効果的な頻度とは?
  9. 顔パックの正しい使い方【シートタイプの顔パック編】
  10. シートパックの使い方の注意点
  11. 顔パックの正しい使い方【塗るタイプの顔パック編】
  12. 塗るパックの使い方の注意点
  13. 顔パックの効果的なおすすめアイテム【シートパック編】
  14. 顔パックの効果的なおすすめアイテム【塗るパック編】
  15. 顔パックは手作りも出来る!?手作り顔パックの基礎知識
  16. まとめ【基礎知識は簡単!顔パックでうるもち美肌を欲張りにGetしよう!】

顔パックの正しい使い方で効果UP!お肌への潤い&栄養補給!

皆さんは、スキンケアの中に取り入れていますか?顔パックは、スキンケアの定番となっているアイテムです。しかし、そんな顔パックには正しい使い方があることをご存知でしたか?今回は、顔パックの基礎知識からおすすめのアイテムまで徹底的にたっぷりご紹介していきます。

顔パックの基礎知識から始めましょう!

最初は、顔パックの基礎知識からおさらいしていく事にしましょう。普段あたりまえに取り入れているものでも、実は知らなかったことがたくさんあります。そんな新発見と復習も兼ねて、顔パックについて一緒におさらいしていきましょう。

顔パックってそもそも何?

顔パックとは、シート状や固形になっているものが多く、その中に保湿成分や美容成分をたっぷり含ませたスキンケアのアイテムです。その種類は、とても多くて、シンプルなものから付けるだけで楽しくなるバラエティーに富んだものも増えています。今では、女性のみならず、男性も気軽に出来るようになりました。

顔パックが人気!その理由は?

先ほどは、顔パックの基礎知識をお届けしましたが、続いては、顔パックが人気となった背景にスポットを当てていきましょう。その背景には、生活をする中で嬉しい人気の理由がたくさんありました。

理由①【スキンケアにプラスするのが楽チン!】

顔パックの魅力と言えば、その手軽さではないでしょうか。時間もかからず気軽に、手軽に出来ますし、やっている最中でも他の事が出来てしまうところは女性には嬉しい限りです。夜の時間帯は、済ませたい事もいっぱいあるので、忙しい方にとっては特に便利なアイテムです。

理由②【続けやすいお値段】

いくらいいアイテムでも続けられなければ意味がありません。顔パックは、1枚あたりのお値段がお手頃ですし、時にはセールなどでまとめ買いする事も出来ます。ブランドによっては、お値段に差はありますが、比較的続けやすいお値段設定なので、使い続けている方も多く、人気が継続しています。

理由③【効果を実感できる】

どんなスキンケアアイテムでも、効果を実感出来ないと使うのを諦めてしまったり、違うアイテムに乗り換えたくなるのが人の心です。しかし、顔パックは、1つのアイテムの中にそれぞれの型に合わせた美容成分や保湿成分が入っているものを自分で選べるので、お肌の悩みに合わせてそれぞれの効果を実感出来るようになっています。

顔パックの効果が知りたい!

続いては、顔パックの効果をご紹介していきましょう。先ほども少し触れましたが、顔パックはラインナップによって効果に違いがあります。その中でもメインになる効果をお届けします。

顔パックの効果①【保湿効果】

顔パックには、保湿成分や美容成分が滴り落ちるくらい含まれています。そのシートやパックをスキンケアの時に貼って時間を置くと水分がたっぷり補給されて保湿効果が得られます。

顔パックの効果②【美容成分のお肌に補給】

顔パックには、保湿効果に加えてもう1つ美容成分が配合されている所も魅力です。アイテムによって、その成分は異なりますが、顔パックをすると、保湿と美肌ケアを両方を一気にやっているような感覚になります。水分と同時に、美容成分もお肌にゆっくりと浸透してくれるのでしっとり潤ったお肌に整えてくれます。

顔パックの効果③【肌トラブル防止効果】

お肌の基礎知識として、スキンケアで一番重視したいのは、保湿です。保湿をされたお肌は、弾力と潤いがあり、外的刺激からにも対応出来る肌状態に仕上がります。しかし、保湿がしっかりされていないとカサカサしてしまって傷つきやすいので、肌トラブルになってしまう可能性があります。ニキビやシワなどの肌トラブルを防止するには、まず肌の状態を整えてあげる事が先決です。

顔パックの主な種類

次にご紹介するのは、顔パックの種類です。ここでは、主なものを2つご紹介します。この種類を知って、それぞれの使い方も知っておきましょう。

種類①【シートパック】

1つめは、シートタイプの顔パックです。最も基本的なタイプです。袋から取り出し、顔の上に乗せるだけのアイテムで、美容成分などが染み込んだシートとして使用されているのは、コットンやパルプなどのお肌に刺激の少ないものです。それに、保湿成分や美容成分を染み込ませてシートパックは成り立っています。

種類②【塗る顔パック】

2つめは、塗るタイプの顔パックです。クリームやジェル状の顔パックをお風呂場などで、顔に乗せた状態で時間を置いて流すタイプがほとんどです。少し手間がかかるものの、目元や小鼻のキワなど細かい部分にまでしっかり塗布でところが魅力です。

顔パックの選び方は?

顔パックを始めるのはいいけど、購入する時に何を基準にして選べばいいのかわからないこともあります。自分のお肌にあった効果を得るためにも選び方がポイントになります。

選び方①【肌質に合わせて選ぶ】

1つめの選び方は、肌質に合わせて選ぶという方法です。パッと見は同じように見える肌質も、人によってオイリー肌、乾燥肌、敏感肌などに分けられます。オイリー肌さんには、さっぱり系のシートパック、乾燥肌さんには、しっとり系の塗るタイプやシートタイプの顔パック、敏感肌さんには、低刺激の顔パックなど自分の肌と向き合って選んでいきましょう。

選び方②【悩みに合わせて選ぶ】

先ほどは肌質を中心にした選び方をお伝えしましたが、今度は、お肌のコンディションや悩みに合わせて選ぶ方法です。肌質が違う事で、お肌が抱えている悩みも違います。乾燥が気になる、ニキビが気になる、シミが気になるなど自分のお肌の悩みに合わせながら栄養補給をしてあげましょう。

選び方③【用途で選ぶ】

顔パックの中には、シートパックもあれば、塗るタイプのパックもあります。その中でも、スクラブが入っていたり、保湿に特化していたりとタイプもさまざまです。顔パックを自分がどういった用途で使いたいのかを考えながら選ぶようにすることも1つの方法です。

スキンケアの時間…顔パックを順番は?

次は、スキンケア中に組み込む時の顔パックの順番をご紹介します。いつものスキンケアの中に盛り込むだんだん慣れてくるので、初めて顔パックをする方も取り入れやすくなります。

シートタイプの顔パックの場合

シートタイプの顔パックを取り入れる場合は、洗顔をして、化粧水で水分量を整えた後にシートパックを入れましょう。その後、美容液や乳液、保湿クリームを取り入れるとGOODです。

塗るタイプの顔パックの場合

塗るタイプのパックは、お風呂の中で洗顔後に施すのがおすすめです。そのまま時間を置いて流してお風呂から上がったら、化粧水、美容液、保湿クリームという順序でケアしてあげましょう。

顔パックの効果的な頻度とは?

顔パックって、週にどれくらいすればいいのでしょうか?お肌にもっとも効果的な頻度やタイミングをお伝えしていきます。

顔パックの頻度は…【週1〜2回がおすすめ!】

顔パックは、週に1〜2回がベストです。ブランドによって異なりますが、肌に栄養補給する目的として使いたいので、多くても1日置きにしましょう。もし、毎日したい場合は、化粧水パックを取り入れる事がおすすめです。

顔パックをするタイミングは…【夜がおすすめ!】

顔パックをするタイミングは、夜の時間がベストです。1日の終わりに疲れたお肌を労ってあげる意味でも少し時間をとって、優しくスキンケアをしてあげましょう。使い方や効果も大切ですが、ゆったりした気持ちでリラックスして行うことがGOODです。

顔パックの正しい使い方【シートタイプの顔パック編】

それでは、ここまでご紹介してきた2つの種類の顔パックのメリットや使い方、注意点をお届けしていきます。顔パックの基礎知識は、そのもの自体の特徴だけではありません。やはり使い方も大切な基礎知識です。それぞれの顔パックには、正しい使い方と注意点があります。これを頭に置いて使用していきましょう。

シートタイプの顔パックのメリット

シートタイプの顔パックのメリットは、やはり手軽で便利だということです。やりたい時に出来て、何か他の事をしながらでも行う事が出来ます。さらに、洗い流さなくてもいいので、お肌にたっぷりの栄養分を補給してあげことが出来る事も魅力です。

シートタイプの顔パックの正しい使い方

シートタイプの顔パックは、先ほどの手順の所でもお話しした通り、化粧水の後にやってあげましょう。化粧水の後に、シートタイプの顔パックを顔に貼ったら、10〜15分放置してはずしてから、両手で顔全体を覆いながら手の体温で抑え込むようにお肌に馴染ませてあげましょう。

シートパックの使い方の注意点

続いては、シートパックを効果的に使うための注意点を2つご紹介します。実は、シートパックって長い時間お顔に貼付けておけばさらに効果アップというわけではありません。この注意点を意識する事で、効果的に顔パックを使用出来るようになります。

注意点①【時間厳守しよう!】

シートタイプの顔パックは、基本的に10〜15分が使用の目安です。それ以上顔パックをしていくと、美肌を目的として行っているはずのシートパックによって、逆に乾燥していく可能性があります。それよりも長くやりたいという方は、シートの周りが乾いてきたのを目安にはずすようにしましょう。

注意点②【化粧水の後に取り入れよう!】

シートタイプの顔パックは、洗顔の後にやりたくなりますが、お肌に水分を補給してから使うようにしましょう。お肌に化粧水を入れてから、シートパックをすることで、お肌への浸透率がさらにアップするので、効果をより実感出来るメリットがあります。

顔パックの正しい使い方【塗るタイプの顔パック編】

次は、塗るタイプの顔パックです。シートパックよりも少し手間がかかりますが、シートパックにはないメリットも持っています。そんなメリットや注意点をお届けします。

塗るタイプの顔パックのメリット

シートパックは、貼るだけなので便利なところもありますが、目の周りや小鼻など細かいところが塗れていない事があります。その反面、塗るタイプの顔パックは、目元や小鼻などの細かい部分までしっかり塗布する事が出来るので、顔全体を均等にパックする事が出来ます。

塗るタイプの顔パックの正しい使い方

塗るタイプの顔パックは、流すタイプがほとんどです。まず、適量を手の平に出したら、額、両頬、鼻、顎の順にファンデーションをつけるように乗せていきましょう。人差し指と中指をつかいながら、外側に向かって伸ばしていきます。足りないようなら少しずつ足しながら顔全体にパックしていきましょう。10分程したら、ぬるま湯でしっかり流していきましょう。

塗るパックの使い方の注意点

次は、塗るパックの使い方の注意点です。お肌にいいアイテムでも使用するにあたっての注意点はあります。しっかり守って美肌をゲットしましょう。

注意点①【塗布の時に注意しよう!】

顔パックを塗布する時は、面積の大きい部分や乾燥の気になる部分から塗布していきましょう。指先で伸ばしていく時は、優しく全体に伸ばしていきます。さらに、目元や口元のデリケートゾーンは、特に気をつけて鏡を見ながら丁寧に伸ばします。一度付けた所は触らないようにすることも注意点です。

注意点②【しっかり流そう!】

塗るタイプの顔パックは、お風呂場でやってあげるとお風呂の中の蒸気で、お肌に水分が加わり、顔パックも伸びやすくなりますし、時間が経ってから流す時もすぐに流せます。流す時は、ぬるま湯をたっぷり使ってしっかり流すようにしましょう。お肌に流し残しがあると、それが肌荒れの原因になる恐れもあるので注意しましょう。

顔パックの効果的なおすすめアイテム【シートパック編】

ここからは、顔パックのタイプ別におすすめのアイテムをご紹介します。顔パックは、色んなブランドから数えきれないくらいの種類が出ています。その中から厳選した3つのアイテムをご提案します。

おすすめ①【LuLuLun】フェイスパックシリーズ

濃密保湿マスクのルルルンの顔パックは、365日、化粧水としても使える顔パックになっています。中に配合されている米セラミドの効果で、お肌に潤いを弾力を与えてくれます。お顔全体に密着してくれるシートもクセになります。さらに、タイプや大きさもさまざまなので、自分の顔パックの頻度なに合わせて選ぶ事が出来ます。

おすすめ②【石澤研究所】毛穴撫子お米マスク

毛穴撫子のお米マスクは、厚手のシートにライスセラムを配合した美容成分がたっぷり含まれています。指が吸い付く程のもっちりとしたお肌に仕上げてくれます。乾燥肌の方のおすすめで、お肌を柔らかくして毛穴を開きを防いでくれます。

おすすめ③【イニスフリー】イッツリアルスクイーズシートマスク

イニスフリーのシートマスクは、全16種類から自分のお肌の状態に合わせたタイプのシートマスクが選べます。お値段も1枚当たり100円くらいのリーズナブルです。しっかりしたシートで、お肌にキレイに密着してくれます。袋の中に残った美容液は、デコルテや身体に塗ってもGOODです。

顔パックの効果的なおすすめアイテム【塗るパック編】

続いては、塗るタイプの顔パックのおすすめアイテムをご紹介します。おすすめの塗るタイプの顔パックを2つご提案します。

おすすめ①【SKINFOOD】ブラックシュガーマスク

つぶつぶの黒糖を使ったマスクです。スキンフードの中でも一番人気のマスクです。保湿力にも優れていて、もっちりとした潤いと弾力のあるお肌に仕上げてくれます。肌質問わず使用出来るのも嬉しい点です。

おすすめ②【LUSH】マスクシリーズ

ラッシュのフェイスマスクは、1つ1つ手作りで、なおかつお顔の悩みに合わせて選べる程種類が豊富です。それぞれに香りも違い、使い切りしやすい大きさなので、自分の肌に合ったアイテムを選ぶ事が出来ます。

顔パックは手作りも出来る!?手作り顔パックの基礎知識

手作り顔パックとは、お家にあるものを利用して顔パックを作ることです。基礎知識として、はちみつやヨーグルト、アボカドなどの普段口にする材料を使って作ります。防腐剤なども入っていないので、使い切りが基本です。いくつかのレシピをご紹介します。

顔パックレシピ①塩ヨーグルトパック

用意する道具は、顔パックを混ぜる用の容器とスプーンなどを準備します。材料は、無糖ヨーグルト大さじ2(顔が隠れるくらいの量)、塩ひとつまみ、はちみつ大さじ1/2、薄力粉ティースプーン2杯ほどです。ヨーグルトに塩を入れてから混ぜたら、そこへはちみつと薄力粉を入れて混ぜるだけです。

顔パックレシピ②ハチミツ牛乳パック

用意する道具は、混ぜれる容器とスプーン、コットンです。はちみつ小さじ2と牛乳小さじ2を混ぜてからそれをコットンに染み込ませてお顔に貼ります。10分程したらコットンを剥がしてぬるま湯で洗い流してから、冷水で引き締めましょう。

まとめ【基礎知識は簡単!顔パックでうるもち美肌を欲張りにGetしよう!】

いかがでしたか?顔パックの基礎知識から使い方、注意点、アイテムまで盛りだくさんにお送りしてきました。顔パックも使い方さえ知れば、スキンケアに大きな助けとなってくれます。顔パックをもっと身近なものにして、お肌により一層磨きをかけて、欲張り美肌をゲットしていきましょう♡

Thumbひまし油で顔パック!シミ対策・クレンジングにも最適?その効果とは!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-13 時点

新着一覧