可愛い髪型で中学生・高校生など学校でもOKなアレンジを紹介!

女の子は可愛い髪型を見ると真似をしたくなります。中学生になると自分で可愛い髪型のアレンジなどはできないかなど、考えるようになります。中学生や高校生が学校に行くときに、簡単で可愛い髪型が出来るアレンジを紹介したいと思います。

可愛い髪型で中学生・高校生など学校でもOKなアレンジを紹介!

目次

  1. いつでも女の子は可愛い髪型を真似したい
  2. アレンジ出来る可愛い髪型は髪の長さが関係するのか
  3. 中学生と高校生の可愛い髪型の違い
  4. 中学生から始まる部活動によって可愛い髪型はできないのか
  5. 中学生が自分で簡単に時短で出来る可愛い髪型は
  6. 中学生から興味を持つパーマが簡単に出来る可愛い髪型は
  7. 中学生・高校生でも簡単に出来る可愛い髪型に必要なアイテムは何か
  8. 中学生・高校生が真似したいと思う芸能人の髪型は
  9. 中学生でショートカットにしていると可愛い髪型を作れるのか
  10. いつもの髪型を少しアレンジすることで可愛い髪型をつくれないのか
  11. まとめ:中学生・高校生でも学校に行く時にできるアレンジはたくさんある

いつでも女の子は可愛い髪型を真似したい

いつの時代も小さな女の子から女性まで幅広く素敵な髪型・可愛い髪型に憧れます。美容室などに行く際にも、雑誌などを見て可愛い髪型にしてほしいと思います。また、子供がいる家庭ではこんな髪型にしてほしいという要求も増えます。

真似をしたいけれども、どのようにしたら可愛い髪型になるのか。自分では難しくてできないなど、簡単に真似できないことが多いです。また、自分で色々な髪型を挑戦してきた人と、アレンジをしたことがない人でも、真似できるのかできないのかの判断も違います。

アレンジ出来る可愛い髪型は髪の長さが関係するのか

短めの髪型の場合はコテやねじり、ワックスを使用します。長い髪型の場合は、さらに結んだりすることができるのでアレンジの幅が増えます。そのため、アレンジするにはどんな長さでも出来るので、長さは関係ないことがわかります。しかし、どのようなアレンジ方法があるのかと思うのではないでしょうか。

短めの髪型のアレンジ方法

ショートヘアの人は特にアレンジ方法が無いと思うのではないでしょうか。しかし、前髪の長さなどによっては 前髪アレンジが色々とできます。また、ショートヘアもボブヘアも、ピンを上手に使用することで、色々なアレンジができます。他にも、三つ編みや、くるりんぱアレンジ、小物使いをすることで印象が変わります。

長がめの髪型のアレンジ方法

ポニーテールやお団子などに、ねじりや三つ編み、編み込みなどを加えると変化がでるので、可愛い髪型が出来上がります。また、まとめ髪をすることもできるので、お洒落な髪型もできます。アレンジ方法によってはロングヘアからボブヘアまでを楽しむこともできます。

中学生と高校生の可愛い髪型の違い

中学生の可愛い髪型

中学生での可愛い髪型は、綺麗な髪質のサラサラストレートロングです。また、シンプルで簡単に出来る、あごと耳を結んだ延長線上に結んだポニーテールも人気があります。まだ、アレンジをするということは少ないのが中学生という印象を受けます。

高校生の可愛い髪型

高校生になると、アレンジしやすいミディアムヘアが人気になります。毛先を軽く巻いたミディアムヘアが特に人気です。また、ショートボブなども前髪の長さによって印象を変えられるので人気があります。ふんわりカールのロングも人気と、どの髪型も少しのアレンジで色々な印象に変えられます。

中学生から始まる部活動によって可愛い髪型はできないのか

中学生になると部活動が始まります。運動系の部活動と文科系の部活動によっても異なりますが、運動系の部活動になると、怪我の恐れがあることから、ヘアピンを使うことができない競技もあります。その為、限られた髪型になることがあります。

しかし、可愛い髪型ができないということはありません。ポニーテールなどはヘアピンを使用することが少なく、三つ編みやねじりなどを加えることで可愛い髪型にもなり、運動系の部活動の際には適しています。他にも、お団子結びも可愛い髪型になります。スプレーやワックスなどを使用することもおすすめです。

中学生が自分で簡単に時短で出来る可愛い髪型は

簡単に出来る可愛い髪型は、アレンジが効いてバリエーションの種類が豊富なのが三つ編みや編み込みです。ハーフアップやポニーテールの際には三つ編みや編込みをすることで可愛さがアップします。

その他にもアレンジがしやすくて、とても簡単に出来ると言われているのが、ツインテールです。ツインテールは地味ですが、男子ウケが良くて可愛い髪型の王道でもあります。どんな髪の長さにも対応できるのがヘアピンを使用する方法です。ヘアピンの使用方法を身につけると中学生でも簡単にアレンジの効いた可愛い髪型をすることができます。

中学生から興味を持つパーマが簡単に出来る可愛い髪型は

良く寝る前に三つ編みや編込みをすると、ソバージュヘアになると耳にしたことがある人は多いかと思います。けれども、今ではその他のパーマ風ヘアが出来ることを知っていますか。中学生でも簡単に出来るので是非参考にしてみてください。

セルフパーマ

セルフパーマはドライヤーやブローなどによって、一時的にパーマの様に見せる方法です。髪の毛が痛まず、アレンジの幅が広がるのですが、パーマのように長持ちせず、安定した綺麗なパーマにはなりません。長所もありますが、短所もあるのを覚えていてください。

先程述べたように大きめの三つ編みでパーマを作る方法、きつくねじってお団子のようにしてゴムで止める方法があります。また、いらない靴下を使用しする方法や、ダイソーにあるスポンジカラーなどを使用することでもパーマを作ることができます。

ヘアアイロン

簡単にパーマを演出できて、スタイルアレンジができ、どんな長さにも対応できるのがヘアアイロンです。髪へのダメージ大きいのですが、パーマヘアもストレートヘアも思いのままです。しかし、やけどなどにも注意して使用することが必要になります。

中学生・高校生でも簡単に出来る可愛い髪型に必要なアイテムは何か

今は100円ショップやドラックストアなどでも可愛い髪型にするためのアイテムが売られているのを見かけます。100円の商品は、種類も豊富で、コスパも使いやすさも全てが優秀です。そのため、上手にまとめ髪ができない人にはオススメですのです。

また、まとめ髪や短い髪でもアレンジするのに必要なのはヘアピンが必要になります。ヘアピンの種類位も豊富で使い方も様々です。ヘアピンは前髪使いから、アップスタイルなど、いつでも使える様にと持っている人はおおいのではないでしょうか。

中学生・高校生が真似したいと思う芸能人の髪型は

中学生・高校生だけではなく、幅広い年齢層から人気の石原さとみさんは、清楚でふんわりとした髪型が印象で、真似しやすいです。大人っぽい印象を与えたいと思うなら北川景子さんの毛先ん軽いパーマです。本田翼さんは、小顔効果がみられるショートボブで人気の髪型です。

その他にも髪型を色々と変えることで注目されているのは、きゃりーぱみゅぱみゅさんです。アレンジからシンプルなボブスタイルと定評があります。また、10代に大人気なのはちぃぽぽさんの毛先の巻き髪スタイルです。

中学生でショートカットにしていると可愛い髪型を作れるのか

部活動などがはじまることで、ショートカットにする人も多くなるのではないでしょうか。昔のショートカットは可愛い髪型という印象よりも、簡単な髪型と言うイメージでした。しかし、今はショートカットといえども、色々なタイプのショートカットがあるので人気もでています。

ショートカットの可愛い髪型

ショートカットと言えども、今人気なのはショートボブになります。耳にかけれるショートボブスタイルはアレンジもできるので特に人気です。ひし形ヘアにすると小顔効果があるのでオススメです。また、襟足をスッキリと見せると大人ぽさが演出できます。

そして、同じ髪型でも、前髪を変えることで印象もかなり変わります。ぱっつん前髪は可愛らしさアップできます。真ん中わけは、大人可愛い感じになります。長い前髪を斜めに流して耳にかけるとさらに変わり、上品で大人っぽさがアップします。

ショートカットのアレンジ方法

耳にかけたり、トップをふんわりとさせるようにワックスなど使用すると印象が変わります。また、可愛く、彩りも豊富なアメピンを耳元にとめてみたり、前髪をとめたりすることでも簡単なアレンジが楽しめます。

また、長さのある前髪なら三つ編みをしてピンで止めることもできます。ショートボブスタイルなら三つ編みや編込みをすることでもかなりイメージが変わります。休日などにはリボンやカチューシャなどを使用することでもアレンジができます。

いつもの髪型を少しアレンジすることで可愛い髪型をつくれないのか

テレビなどでもよく髪型の特集で取り上げられているのが、くるりんぱという方法です。簡単ですが、いつもと違う髪型に見えて、手の込んだ可愛い髪型に見えます。しかし、やり方はとても簡単なので是非覚えてほしいと思います。

くるりんぱをしたい部分を緩めの一本結びにします。その時のヘアゴムは細いものがオススメです。そして、結び目の上の真ん中に指を入れて広げ、上から毛先を入れ込みます。最後に毛先を左右に引っ張って整えたら完成です。くるりんぱも2段にしたりすることでも、違った印象が変わります。

まとめ:中学生・高校生でも学校に行く時にできるアレンジはたくさんある

学校は制服があって、校則があることから、ヘアゴムの色が決まっていたり、黒髪でなくてはならないなど、色々あります。けれども、ヘアカットによってはアレンジしやすい髪型はたくさんあります。また、アレンジをしてみたいと思う気持ちで可愛い髪型をすることはできます。

中学生・高校生だからこど、お洒落にも気を配るようになるのと同じように、髪型にも気を配って、色々なヘアを楽しむとアレンジ方法のバリエーションも増えます。そして、今の自分に合う可愛い髪型やアレンジしやすい髪型が見つかるのかもしれません。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-07-24 時点

新着一覧