チョコムースのレシピまとめ!簡単な作り方やデコレーション方法など

少し冷やしたチョコムースってチョコレート好きにもたまりませんよね!そんなチョコムースを自宅で簡単に手作りしてみませんか?そんなチョコムースレシピをご紹介します。チョコムースレシピだけじゃなく、デコレーションについても紹介しちゃいます!

チョコムースのレシピまとめ!簡単な作り方やデコレーション方法など

目次

  1. 自宅で簡単に美味しいスイーツが食べたい!
  2. 簡単すぎてすいません!マシュマロチョコムースに感激レシピ
  3. マシュマロチョコムースでまだまだ美味しいレシピ
  4. ちょっとラム酒で大人のチョコムースレシピ
  5. とろける美味しさが人気!簡単レシピのマシュマロチョコムース
  6. ゼラチンを使った本格派チョコムースレシピ
  7. 卵とゼラチンを使ったレシピのチョコムースでトロトロ食感
  8. チョコ好き最高のチョコムースレシピ
  9. チョコムースレシピをコーヒーで大人な味に
  10. やっぱり女子には豆腐でヘルシーチョコムースレシピ
  11. ホワイトチョコで作る人気チョコムースレシピ
  12. ホワイトチョコムースに抹茶味も加えちゃう大人レシピ
  13. こんなに簡単ヘルシーホワイトチョコムースレシピ
  14. もうすでにチョコムースの達人!さらに達人になる秘訣
  15. 甘いところに甘いデコレーションでチョコムースを演出
  16. クリームを使った定番デコレーション
  17. ちょっと変わった食感プラスデコレーション
  18. 容器も重要なデコレーションアイテム
  19. まとめ:手作りスイーツは見た目も味もすべて自由自在

自宅で簡単に美味しいスイーツが食べたい!

デパ地下、スイーツブッフェ、テレビでも美味しそうなスイーツが溢れています。でも、そんな美味しいスイーツが自宅で簡単に作れたらいいな、なんて思っていませんか?

自宅で簡単に美味しいスイーツが出来れば、もうデパ地下に寄らなくてもいいんです。女子力の高さももちろんですが、作り立ての美味しいスイーツが、すぐに食べれるという大きな魅力があります。夢の様な毎日ですよね。

そんな中で、チョコレート好きな方におすすめなのが、チョコムースです。チョコの美味しさも残しつつ、ムース独特の滑らかな食感などを堪能できます。今日はそんな人気のチョコムースレシピをご紹介します。意外と知らないチョコムースの簡単レシピに驚きますよ!もっと早くに知りたかったと思うはずです。

簡単すぎてすいません!マシュマロチョコムースに感激レシピ

こんなに簡単に出来ちゃうんです。マシュマロとチョコレートで手作りできます。驚いてしまうほど簡単なのです。こんなに簡単で良いの?と思ってしまうほどですよ。1度試しても時間も費用もたいしてかかりません。試す価値ありです。

手作りのきっかけには、持ってこいのチョコムースです。デビューと言っても良いでしょう。これなら子どもでも作れる簡単チョコムースです。本当に作り方を見てびっくりしますよ。すぐにスーパーに走ってしまうかもしれません。

ちょっと慣れてくれば、生クリームをデコレーションすれば、見た目も本格的になります。チョコムースの甘さによって、生クリームの甘さを調整すればより好みの美味しいチョコムースになりますよ。お友達に手作りして女子力アップです。お友達からも作り方を聞かれると思いますよ。

マシュマロチョコムースでまだまだ美味しいレシピ

本格的に見えるチョコムースです。家で簡単に作ったチョコムースとは思えません。これもチョコとマシュマロ、牛乳と簡単な材料で見た目も良く美味しいチョコムースです。容器も美味しさを上手く引き出していますね。

材料もたったこれだけです。それにデコレーションは、簡単に生クリームだけでも良いです。しかし、まずはチョコムースだけでも十分、人気のスイーツ作りです。作り方をマスターすれば、いつでも簡単に作れちゃいますよ。女子力高し!

このように入れ物を変えたり、デコレーションが変わると随分印象が変わります。その時の気分で替えてみるのも、楽しみの1つです。フルーツを添えて、目でも楽しめるチョコムースです。

ちょっとラム酒で大人のチョコムースレシピ

こちらも簡単にマシュマロを使ったレシピになります。ただちょっと大人の香り、ラム酒を入れてあります。しかし、好みによりという事ですので、入れなくても美味しくいただけます。手作りですので、あくまでもハードルを上げる必要もありません。自分の好きな味にすればいいんです。

あっという間にチョコムースが手軽な手作りスイーツになっちゃいましたよね。こんな簡単な作り方で、美味しく幸せに感じるんです。人気なのもわかりますよね。

とろける美味しさが人気!簡単レシピのマシュマロチョコムース

牛乳もマシュマロも同じですが、今回はちょっと大人風にビターチョコでチョコムースを作っています。また、今回はチョコムースだけじゃなくスポンジを先に敷き詰めて、その上にチョコムースを入れるというアレンジが加わっています。ボリュームがあるチョコムースです。

市販のスポンジで簡単に出来るように工夫されています。チョコスポンジで説明されていますが、プレーンのスポンジでも美味しいと思いますので、ぜひ試してくださいね。作り方もいたって簡単です。マシュマロを使うので簡単に出来ます。本当に見た目はレベル高そうに見えますよね。

ゼラチンを使った本格派チョコムースレシピ

本来マシュマロではなく、基本のムースはゼラチンと生クリームで作られています。今回はゼラチンで作るチョコムースを紹介します。ゼラチンを溶かしたり、ひと手間多くかかりますが、その分美味しさも本格的です。ゼラチンは、アレルギーの方は、反応したりすることが有りますので確認してから作ってください。

ガムシロップは、チョコレートを柔らかくするためだと思います。牛乳を少し足して柔らかくしても良いでしょう。またその分の甘みが足りなければ、他の部分で砂糖をプラスしましょう。自分のやりやすい方法を見つけると、作り方も早く覚えられますよ。手作りは、自分らしくアレンジするのも楽しいんです。

卵とゼラチンを使ったレシピのチョコムースでトロトロ食感

徐々に難しくなってきましたよ。でもここまで来たらプロに近いチョコムースをゲットしてください!見るだけでゴクンとしてしまいそうなチョコムースです。レシピを見ても、手間はかかりますが、難しいわけではありません。人気スイーツ店にも負けない手作りチョコムースです。

見ているだけで濃厚さが伝わってきます。チョコそのものと言うムースです。こんなムースを食べないなんて、もったいない!ひょっとして、これが運命の出会いでスイーツの手作りに目覚めるなんてことも考えられます。

チョコ好き最高のチョコムースレシピ

チョコプリンとネーミングされています。でも、チョコムースと同じような作り方ですので、ご安心ください。確かに納得のチョコ大好きな方にはたまらないチョコムースです。

いきなりハードルが高いようであれば、後からかけるチョコソースをなしにしても良いです。慣れてくれば、チョコソースにもチャレンジして下さい!それにしてもチョコの美味しそうな香りが今にも漂ってきそうです。チョコ好きをいっそう虜にしちゃうチョコムースです。

チョコムースレシピをコーヒーで大人な味に

チョコレートもビターチョコでさらにインスタントコーヒーを溶かし入れます。その為に、ほろ苦の大人味です。しかし、この苦さがたまらないんです。意外と心地良い苦みって病みつきになるんです。大人にしかわからないほろ苦を、まったりとしたチョコムースで味わってください。

レシピの卵黄は、使わなくてもできます。今回は省略しておいてくださいね。この苦みのあるチョコムースなら、甘いものが苦手な方にも、おすすめです。大人のチョコムースを体験してくださいね。また、デコレーションで甘いバナナや生クリームをトッピングするのは、苦みと絶妙な組み合わせかもしれません。

やっぱり女子には豆腐でヘルシーチョコムースレシピ

これは健康に気を遣う方、ダイエットに気を遣う方に人気のチョコムースレシピです。美味しいスイーツを食べたい!でもカロリーや糖分が気になるというかにもってつけのチョコムースレシピです。女子の味方ヘルシーチョコムースです。

ブランデーは好みで入れれば良いと思います。材料も非常にシンプルです。これなら、健康志向の女子にも気に入ってもらえると思います。やっぱり甘いものに目が無い女子ですが、健康やダイエットも気になるのが女子なのです。このチョコムースのポイントは、豆腐をいかに滑らかな食感に出来るかが大きいんです。

ホワイトチョコで作る人気チョコムースレシピ

普通のチョコムースと同じです。マシュマロを使った作り方でも、ゼラチンを使った作り方でもホワイトチョコに変えればいいんです。作り方は、同じですが、ホワイトチョコを使うことで全く違ったムースになりますよ。ホワイトチョコ好きにはたまらないムースです。

ホワイトチョコの独特の風味が美味しいチョコムースです。チョコムースとはちょっと香りも違います。

このホワイトチョコムースに、イチゴのデコレーションがまたよく合うんです。見た目もそうですが、イチゴの酸味が最高にホワイトチョコムースの甘みをサッパリさせます。でも酸味と見た目なら負けない!っていうフルーツがいました。手をあげる姿が浮かびます。

そうです。キウイフルーツです。見た目も爽やかに、味も酸味が効いています。そんなキウイをふんだんに使ったホワイトチョコムースを発見しました。容器に流し込む時には、すでにキウイの準備が必要です。手際よく下準備をしなくてはいけません。

ホワイトチョコムースに抹茶味も加えちゃう大人レシピ

ちょっと材料を混ぜる時に、抹茶を投入すると抹茶味になります。ホワイトチョコとの相性は抜群ですから、やってみてください!はまっちゃうかもしれませんよ。

なかなか美味しそうですね。ちょっと苦みある大人の味に、我が家の人気スイーツになること間違いなしです。このように、ホワイトチョコレートは、色んな物との相性が良く、アレンジが効きます。これも人気の秘訣かもしれません。

抹茶ならではのデコレーションですね。和風な感じがまた美味しそうです。栗の黄色との相性も抜群です。お店も顔負けですね。

こんなに簡単ヘルシーホワイトチョコムースレシピ

まずは、プレーンヨーグルトファミリータイプ1パックを水切りしてカッテージチーズを作ります。一晩水切りします。そしてそのカッテージチーズになったヨーグルトと混ぜ合わせます。もちろんホワイトチョコレート100gはチンして溶かしてあります。

滑らかになるようにしっかり混ぜます。これで容器に移して冷やせば出来上がりです。究極に簡単でヘルシーです。栄養価も高いカッテージチーズチョコムースとも言えます。簡単人気ムースの代表格になれそうです。

水切りした時の水分ホエーは非常に栄養価が高く、味もありませんので、料理に入れるなど使わないともったいないです。

因みに人気のカッテージチーズは、サラダに使ったり、パンに塗ったりと様々なものに使って食べれますので、多めに作って別に利用しても美味しく食べれますよ。クラッカーに乗せても美味しいんです。

もうすでにチョコムースの達人!さらに達人になる秘訣

やっぱりデコレーションが決め手でしょう!やはりスイーツは見た目も大事です。それこそ女子力発揮です。デコレーション次第で美味しさもグレードアップしますよ。子どもだって熱中しちゃうデコレーション。楽しみの1つですよね。

まずは、簡単にイチゴでも乗せることで、あっさりとお口直し的なデコレーションになります。それも簡単に美味しく食べる方法の1つかもしれませんね。デコレーションとは言いにくいですが、イチゴを乗せるとお口にサッパリ感が広がります。

シーズンや用途に合わせてのデコレーションです。クリスマスや誕生日などその日やその場にふさわしいデコレーションも子どもや家族には人気のデコレーションです。やっぱりクリスマスにはサンタさんがいないと寂しいですもんね。

またお誕生日には、やはりロウソクが無くては、盛り上がりませんよね。いくら固めのムースにしたと言っても、ムースですから本数は立てられません。その為、2~3本で存在感があるロウソクを飾っちゃいましょう。人気のロウソクはどれでしょうか?

甘いところに甘いデコレーションでチョコムースを演出

フルーツであれば、酸味や瑞々しさが感じられます。その為に、お口直し的な感覚になります。しかし、マシュマロをトッピングにしてあります。確かに、チョコ色に白のマシュマロですから美味しそうには見えます。チョコムースの甘さを控えめにしておくとマシュマロを乗せても美味しいでしょう!

こちらはデコレーションでも、チョコムース自体がクリームのようになっています。固まる前に、すでに絞り出して形を整えてあります。素晴らしいひと手間です。この上にすこしチョコを削ってトッピングされています。お洒落です。もし、チョコムースが甘ければ、上のチョコは少しビターがおすすめです。

こちらも同じようにチョコレートをチョコムースの上にトッピングしています。ただ削り方が異なっています。その為見る側からは違った印象に見えます。

クリームを使った定番デコレーション

こんな風にプリンの容器を使用して、クリームとチョコレートをデコレーションしています。チョコムースの甘さでクリームの甘さを調整していくと、チョコムースとクリームの相乗効果が期待できます。また、そこにプラスするチョコレートは、やはりビターですね。苦みが美味しい!

こちらも定番クリームのデコレーションです。見た目もかわいいイチゴとのデコレーションです。甘酸っぱいイチゴ独特の味とクリームのまろやかさが合体していっそう豪華に美味しくなります。

ちょっと変わった食感プラスデコレーション

フルーツグラノーラをデコレーションしています。食感と食物繊維をプラスして栄養的にも効果的です。食物繊維やレーズンなどの鉄分は女性には欠かせない栄養素です。もちろん見た目もかわいく色鮮やかになります。

容器も重要なデコレーションアイテム

チョコムースを入れる容器もやはりデコレーションの大事なアイテムです。なんでもいいんです。しかし、気持ちが伝わる容器にすることが大切です。せっかく作ったスイーツです。やはり食べ終わるその時まで大事にしたいです。

まとめ:手作りスイーツは見た目も味もすべて自由自在

このように簡単チョコムースで始まる手作りスイーツと言う方もいるかもしれません。そんなチョコムースのように簡単であっても難しい物でも、自由自在に味も見た目も自分の好みで作り上げれば、いっそう楽しくなるのが手作りです。

チョコレートのメーカーや種類によって味も変わってきます。そんな色んな味のチョコムースをぜひ自由自在で作って見て下さい。そうすると、どんなスイーツ作りも楽しく簡単になりますよ。

手作り簡単レシピはこちらから

Thumbチョコバーのレシピまとめ♪簡単でお洒落!人気の作り方は?
Thumb可愛いケーキの簡単レシピまとめ!ひとくちサイズからバースデー用まで
Thumb可愛いカップケーキのレシピまとめ!初心者でも簡単な作り方は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-16 時点

新着一覧