イヤリングを手作りで!ハンドメイドイヤリングの簡単アイデア紹介!

お気に入りのイヤリングが見つからない…。それなら、ハンドメイドしてみませんか?手作りとは思えないクオリティーなのに、簡単にできちゃいます!大好きな一品を手作りしましょう。ハンドメイドイヤリングの作り方や参考にしたいアイディアをご紹介します。

イヤリングを手作りで!ハンドメイドイヤリングの簡単アイデア紹介!

目次

  1. ピアスよりイヤリング派!
  2. お気に入りのイヤリングは手作りしよう
  3. ハンドメイドイヤリングに使える金具の種類って?
  4. ハンドメイドイヤリングの基本のパーツと使い方
  5. シンプルなイヤリングからハンドメイドに挑戦!
  6. これが手作り?!揺れるイヤリングって簡単!
  7. トレンドの大ぶりイヤリングも手作りで
  8. こだわり派に試してほしい!レジンのハンドメイドイヤリング
  9. ハンドメイド初心者ならキットで作ろう
  10. 耳元のオシャレはハンドメイドイヤリングで!

ピアスよりイヤリング派!

皆さんは、耳元のオシャレを楽しんでいますか?アクセサリーショップや雑貨屋で、ズラリと並んでいるのを見るだけで、ワクワクしてきますよね。でも、ピアスばかりで、気に入るイヤリングが見つからなかった、という経験は少なくないでしょう。

耳に穴を開けられない、開けたくないという人も、イヤリングで耳元のオシャレを楽しみたいですよね。そんなイヤリング派の女性たちの間では、買うより作る、が定番になっているようですよ!

お気に入りのイヤリングは手作りしよう

可愛い!と手に取ったものがピアスだった、なんてことはよくあります。お気に入りのイヤリングが見つからないなら、ハンドメイドしてみましょう。

アクセサリーは繊細なので、手作りするのは難しそうに思えるかもしれませんが、実はアクセサリーパーツの基本の使い方を知っていれば、簡単に作ることができるんです。

作り方はとってもシンプル。ハンドメイド好きの方はもちろん、ハンドメイド初心者の方も、楽しんでイヤリングを作ることができるでしょう。ハンドメイドイヤリングの素敵なアイディアをご紹介します。

ハンドメイドイヤリングに使える金具の種類って?

まずはイヤリング金具の主な種類を知っておきましょう。耳の形によって、使いやすいイヤリングも違いますよね。また、作りたいイヤリングのデザインによっても、使い分けることができますよ。基本はこの2つです。

ネジバネ式の金具は、耳たぶの厚さによって調節できるのがいいところ。カン付きのものと台座付きのものがあるので、使いやすいですね。樹脂製のノンホールピアスなら、軽い付け心地で金属アレルギーの方もイヤリングを楽しめます。

その他にはクリップタイプの金具もあります。耳を挟んで使うので痛くなりそうに思えますが、金具の力加減もそれぞれなので、痛くならない強さのものを選ぶといいでしょう。

更に、ループタイプの金具はビーズを通すだけでも可愛くなるので、簡単ですよ。一見ピアスのようにも見えるので、イヤリングの形に抵抗がある人にも使いやすいタイプです。好みに合った金具を選びましょう。

ハンドメイドイヤリングの基本のパーツと使い方

続いては、ハンドメイドイヤリングに使う道具を見ていきましょう。道具は手芸屋、ホームセンターなどですぐ手に入るものばかりです。大まかに4つのものがあれば、イヤリング作りを始められますよ。

まずはペンチです。細かな金具を扱うのには、ヤットコと呼ばれる先端が細い小型のペンチが便利です。そしてビーズや小さなチャームなどを扱うのに使う、ピンセットもあるといいでしょう。接着剤も少量ずつ出せるタイプのものを用意しておくといいですね。

あとはメインとなるビーズやチャームがあればOKです。イヤリング金具にくっつけたり通したりするだけなら、これだけでイヤリングができてしまいます。ここからは更に、使えるともっとハンドメイドの幅が広がる、アクセサリーパーツとその使い方を見てみたいと思います。

丸カン・Cカン

丸カンやCカンは、パーツとパーツを繋ぎ合わせるのに使います。切れ目を閉じる際にきちんと合わせていないと、開いてパーツが外れてしまうので要注意です。

丸カンやCカンを使う時のコツは、左右に開くのではなく、上下にずらすように開くこと。こうすることで変形させることなく使え、キレイに閉じることができますよ。

直径サイズや太さが様々あるので、付けたいパーツのサイズや重さによって選ぶのがいいでしょう。また、切れ目の入っていない丸カンもあり、ただ繋げるためのものではなくデザインの一つとして使用できます。

Tピン

ビーズを使って揺れるイヤリングにしたい時は、Tピンが使えます。片側に支えが付いているので、イヤリングの末端に使うことができます。

大きめのパールなどでも使えるので、色んなデザインに活用できますね。長いものであれば、一本にビーズを二、三個連ねることもできます。

Tピンの先端を丸めて使います。キレイな円の作り方は、ビーズの端を90度に曲げて余分なところを切り、ヤットコで挟んで手首をひねるように一気に丸める、というもの。少しずつやるとかえって歪になります。事前に試しておくのがいいかもしれませんね。

9ピン

Tピンと並んでよく使われるのが、9ピンです。こちらは片側がすでに円になっているので、ビーズを通すなどして中間のパーツとして使うことができます。

使う時はTピンと同じ要領で先端を丸めます。9ピンを使うと幾つも繋げられるので、チェーンのようにすることも可能です。3センチ程度のものが汎用性が高く使いやすいですよ。円を作る時は、同じ向きに揃えていると見映えが良くなるので、注意してみてください。

どのパーツも始めは扱うのが難しいかもしれませんが、丸カンやCカン、Tピンに9ピンが使えるようになれば、イヤリング以外のアクセサリーも手作りできるようになるので、ぜひ練習して習得してくださいね。

シンプルなイヤリングからハンドメイドに挑戦!

コットンパールの一粒イヤリング

アクセサリー作りの基本であるパーツの使い方が分かれば、応用してデザインに取り入れていくだけ。今回はご紹介したパーツを使ってできる、ハンドメイドイヤリングの作り方を、素敵なデザインと共に種類別に見ていきましょう。

最初はシンプルなイヤリングから。コットンパールを使った一粒イヤリングです。台座付きのネジバネ式金具に、コットンパールを貼り付けるだけ。簡単すぎますが、コットンパールの大きさによって雰囲気も変わり、これだけで十分可愛いですね。

丸カンでチャームとつなぐだけ!

好きなアクセサリーチャームも、手軽にイヤリングにすることができます。イヤリング金具に丸カンでつなぐだけでいいので、すぐに付けてお出掛けできますね!

チャームが違えば、それだけで雰囲気を変えることができます。デザインを考えるのが苦手な人でも、好きなチャームがあるだけで完成するので、挑戦しやすいですよ。

これが手作り?!揺れるイヤリングって簡単!

簡単なのに手作り感なし!

揺れるイヤリングって素敵ですよね。耳元をより華やかにしてくれるでしょう。そんな揺れるイヤリングも、ハンドメイドで簡単に作ることができるんです。

白い花と四角いグリーンのパーツを組み合わせて、春らしい爽やかなイヤリングになっています。こちらもパーツを丸カンでつなげただけですが、ハンドメイドとは思えない仕上がりですね。

さくらんぼイヤリングも手作りで

フルーツをモチーフにしたアクセサリーも人気ですよね。ここではさくらんぼモチーフのイヤリングをご紹介します。

作り方は、Tピンに赤いビーズを通して、丸カンでイヤリング金具に取り付けるだけ。葉っぱのパーツを足すと、一気にさくらんぼになりますね。動きに合わせてさくらんぼが揺れて、楽しい気分にさせてくれそうです。

トレンドの大ぶりイヤリングも手作りで

手作りなら思いのまま

今年のアクセサリーのトレンドは「大ぶり」なんです。ビーズを組み合わせたり、大きめのバーツを使ったりして、大ぶりイヤリングも手作りしましょう!

大小様々なコットンパールとリボンで、大人可愛いイヤリングですね。作り方は、Tピンに通したパールを重ね合わせてリボンを付ける、シンプルなものでしょう。真ん中に軸となるパーツがあればパールを固定しやすくなり、作りやすいですよ。

手作りタッセルが可愛い

タッセルを使ったイヤリングも可愛いですよね。でもタッセルのパーツって少しお高め。そこで、タッセルまで手作りする人が結構多いんですよ。

手作りタッセルと三角パーツの組み合わせが大人っぽい、素敵なイヤリングです。三角パーツはシェルパウダーとレジン液を使い、優しい輝きがオシャレ度をアップさせていますね。

こだわり派に試してほしい!レジンのハンドメイドイヤリング

押し花のハンドメイドイヤリング

もっと本格的にレジンを使ったハンドメイドイヤリングも、楽しまれているようです。オシャレにこだわりを持つ人にはぜひ試してほしいイヤリングです。

押し花を使うと、花の色を楽しむことができていいですよね。どんな形のパーツを使うかによっても印象が変わり、大きなモチーフにしても、ビーズと組み合わせても可愛くなりますね。

手作りだから天然石もたっぷり

レジンは軽く仕上がるのがいいところ。大きめのモチーフでも耳に負担をかけることなく使えます。せっかくのハンドメイドなら、天然石をたっぷり使ったイヤリングも作ってみませんか?

石の配置をあえて揃えず、左右の耳で違うというのもオシャレですよね。レジンなら、石のように穴が開いていないものも気軽に使えるので、デザインの幅も広がります。ネックレスのモチーフを合わせて作っても楽しそうですね。

ハンドメイド初心者ならキットで作ろう

ハンドメイド自体が初めてだからどうしたらいいか分からない…という方はキットを使ってみるのがいいでしょう。デザインを決めるのが苦手でも、気に入ったデザインのキットがあれば、それがそのまま作れるので始めやすいですよ。

不器用さんでもキレイに可愛く仕上がっていますよね。初めは時間がかかっても、ほぼ失敗ゼロで完成するので、ハンドメイド初心者の方はぜひチェックしてみてください。

100均キットでお手軽ハンドメイド

品揃え豊富な100均にも、もちろんあります。ピアスキットがほとんどかもしれませんが、ピアス金具をイヤリング金具に変えれば、立派なイヤリングになります。

一からパーツを揃えて作るのは難しそうなイヤリングも、キットで手軽に作ることができます。ビーズも入っているので見本通りに仕上がりますし、手持ちのビーズを組み合わせてもいいですね。

キットをアレンジ

キットがあれば、アレンジを加えて個性を出すこともできます。作り方はそのままに、少し手を加えるだけで、更にクオリティーの高いハンドメイドイヤリングになりますよ。

こちらのキットのアレンジは、ネックレスのモチーフにパールを組み合わせているところですが、イヤリングにも応用できそうですよね。レジンのプレートなので、花の配置も自由に作れます。簡単に、でもちょっと本格的に挑戦してみたい方におすすめです!

耳元のオシャレはハンドメイドイヤリングで!

ハンドメイドイヤリングの作り方やアイディアを見てきましたね。こんなイヤリングを作りたい!というイメージが沸きましたか?手芸屋などでパーツを見てイメージを膨らませるのもいいかもしれませんね。

自分の「好き」をたくさん詰め込めるのが、ハンドメイドのいいところ。基本のパーツの使い方さえ覚えれば、どんどん作れるデザインの幅は広がっていきます。ハンドメイド初心者の方も、気後れせず挑戦してみてくださいね。耳元のオシャレはハンドメイドイヤリングで決めちゃいましょう!

イヤリングに関する情報をもっと知りたいアナタへ!

Thumbイヤリングは可愛いけど痛い!痛くならない対処法や対策で回避
Thumbイヤリング収納のアイデア集!100均や無印の材料で手作りする方法など

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-19 時点

新着一覧