木村拓哉のドラマでの評判はイマイチ?視聴率が取れなくなったと話題!

月9ドラマでは最多主演記録を持つなど、いつも高視聴率を獲得してきた木村拓哉ですが、最近、視聴率が取れなくなったと話題になっています。実際、木村拓哉の主演するドラマの評判はどうなっているのでしょうか。今回は木村拓哉のドラマの評判について調べてみました。

木村拓哉のドラマでの評判はイマイチ?視聴率が取れなくなったと話題!

目次

  1. 木村拓哉は誰もが認める高視聴率男!
  2. 木村拓哉の最新ドラマ『A LIFE~愛しき人~』の評判
  3. 木村拓哉のドラマ/最高視聴率ベスト3
  4. 木村拓哉のドラマ/平均視聴率ベスト3
  5. 木村拓哉は超人気俳優だった!
  6. SMAP解散後の木村拓哉の人気は?
  7. 木村拓哉のイメージは?
  8. 木村拓哉のドラマ/年代ごとの評判(~1994年)
  9. 木村拓哉のドラマ/年代ごとの評判(1995年~1999年)
  10. 木村拓哉のドラマ/年代ごとの評判(2000年~2004年)
  11. 木村拓哉のドラマ/年代ごとの評判(2005年~2009年)
  12. 木村拓哉のドラマ/年代ごとの評判(2010年~2014年)
  13. 木村拓哉のドラマ/年代ごとの評判(2015年~)
  14. 視聴率低下は時代の流れ?
  15. 木村拓哉の最新映画情報
  16. やはり木村拓哉は偉大な俳優だった!

木村拓哉は誰もが認める高視聴率男!

俳優としても活躍する木村拓哉。彼が主演するドラマは常に評判が良く、高視聴率。これまで多くのドラマで視聴率30%以上を叩き出し、フジテレビの人気ドラマ枠「月9」で最多主演記録を持つなど、木村拓哉はドラマ界の高視聴率男として、俳優として、人気も地位も確固たるものとして来ました。

ところが最近、木村拓哉は視聴率が取れなくなったと話題になっているんです。 SMAPの解散騒動でイメージダウンしたせいでしょうか。それとも俳優としての木村拓哉の時代は終わったのでしょうか。どんな役をやらせても全て「性格も仕草も木村拓哉のままだ」なんて厳しい意見もしばしば聞かれます。

SMAP解散後、木村拓哉初主演のドラマ『A LIFE~愛しき人~』が2017年1月から放映されました。俳優・木村拓哉の正念場です。視聴率はどうだったのでしょうか。

木村拓哉の最新ドラマ『A LIFE~愛しき人~』の評判

録画や動画サイトでの視聴が主流となっている今、ドラマの視聴率は15%を超えたら成功と言われています。そんな中で、2017年1月期のTBSドラマ『A LIFE~愛しき人~』の最終回の視聴率は16.0%を記録。全10話の平均視聴率も14.5%と、1月期のドラマの中でダントツの数字を叩き出しました。

SMAP解散後、初のドラマということもあり、俳優・木村拓哉のイメージの低下が懸念されていた中、この視聴率は大健闘と言える数字です。木村拓哉のドラマの評判がイマイチという噂は単なる噂に過ぎないのでしょうか。

とは言え、木村拓哉ファンにとって15%前後の視聴率は物足りないに違いありません。俳優・木村拓哉は30%を超える視聴率を何度も叩き出し、時には40%を超えることもあったんです。まさに人気ドラマには人気俳優・木村拓哉あり、というわけだったんです。

木村拓哉のドラマ/最高視聴率ベスト3

人気ドラマ!最高視聴率第1位『ビューティフルライフ』の評判

2000年1月16日~2000年3月26日にTBSで放映された『ビューティフルライフ』の最高視聴率はナント41.3%!傲岸で客がつかない美容師・沖島柊二(木村拓哉)と、難病におかされながらも明るく生きている杏子(常盤貴子)の切ない愛を描いたドラマでした。俳優・木村拓哉としての最高傑作とも言える大人気ドラマです。

人気ドラマ!最高視聴率第2位『GOOD LUCK』の評判

2003年1月19日~2003年3月23日に放映された『GOOD LUCK』の最高視聴率は37.6%。憧れのパイロットになった新海元(木村拓哉)が、整備士として働く歩実(柴咲コウ)ら若者たちとふれ合い、時には衝突しながら成長していくドラマでした。木村拓哉のパイロット姿は本当にイケメンでしたね。

人気ドラマ!最高視聴率第3位『HERO 第1期』の評判

2001年1月8日~2001年3月19日に放映された『HERO 第1期』の最高視聴率は36.8。高校中退の若手検事・久利生公平(木村拓哉)と、女性の担当事務官・雨宮舞子(松たか子)の恋の進展や、社会正義を描いた大人気ドラマで、久利生公平は俳優・木村拓哉を代表する役柄ではないでしょうか。

木村拓哉のドラマ/平均視聴率ベスト3

人気ドラマ!平均視聴率第1位『HERO 第1期』の評判

最終回で最高視聴率36.8%を叩き出した『HERO 第1期』。全11話の平均視聴率は34.3%で、木村拓哉主演ドラマの中で最も高い視聴率となりました。久利生公平役の評判がいかに良かったのかが実証された結果になりました。

人気ドラマ!平均視聴率第2位『ビューティフルライフ』の評判

最終回で驚きの最高視聴率41.3%を叩き出した『ビューティフルライフ』。全11話の平均視聴率は32.3%で、木村拓哉主演のドラマで第2位となりました。放映から17年経った今でも大人気のドラマです。

人気ドラマ!平均視聴率第3位『ラブジェネレーション』の評判

後半の3話全てで視聴率が32%超えを記録した『ラブジェネレーション』。1997年に放映されたドラマで、全11話の平均視聴率は30.8%。『ビューティフルライフ』『ロングバケーション』と合わせて、この時代の木村拓哉の三大恋愛ドラマだと思います。

木村拓哉は超人気俳優だった!

ご紹介したように、木村拓哉は俳優として素晴らしい戦績を残しています。高視聴率男と称されていたことが分かっていただけたと思います。これほどの高視聴率を立て続けに出した俳優さんなんてそうはいません。木村拓哉を使えば視聴率が取れる、というイメージが定着していました。

SMAP解散後の木村拓哉の人気は?

ところがSMAPの解散騒動で裏切り者のレッテルを貼られてしまった木村拓哉。イメージダウンで人気はガタ落ち。解散後の仕事は来ないのではないか。木村拓哉は芸能界から干されるのではないか。解散前や解散直後からそんな憶測が飛び交っていました。

2017年4月29日、木村拓哉主演の映画『無限の住人』が公開されました。それに伴い、連日メディアに登場している木村拓哉ですが、実は長年契約していたCMが二本、相次いで終了していたんです。解散騒動の裏切り者になってしまった木村拓哉から「木村ブランド」が消え、完全にイメージダウンしてしまったのかも知れません。

木村拓哉のイメージは?

木村拓哉と言えば世間の皆さんはどんなイメージを持っているでしょうか。イケメン。カッコいい。ヤンチャ。性格が良い。性格が悪い。ネット上ではいろいろな意見が飛び交っていますよね。

最近よく目にするのが「木村拓哉の性格は最悪」といった類いのもの。解散騒動の裏切り者とされたこともあり、木村拓哉の性格の悪さが強調され、イメージダウンに繋がっているのかも知れません。

ネット上には木村拓哉の性格についてまとめたサイトが沢山存在します。「共演者に不満をぶちまけた」とか、「共演者にガンを飛ばした」などという性格の悪さを裏付けるエピソードから、「自分はカッコいいと勘違いしている」とか、「相手によって態度を変える」などなど、木村拓哉のイメージダウンに繋がるものばかり。

ただそれは、木村拓哉の不器用な性格が災いしているのでは、という意見もあります。木村拓哉は初対面で人と馴染める性格ではないらしく、それがイメージダウンに繋がっているとの意見もあるんですね。

確かに木村拓哉は誰もが認める人気者でした。イケメンは誰?人気者は誰?と言われたら、木村拓哉の名前が必ず出たものです。好きな男ランキングや抱かれたい男ランキングでは上位どころか、何年も1位の座に就いていました。イケメンのイメージしかなかったはずの木村拓哉でした。

SMAPの解散は、木村拓哉にそれほどのダメージを与えたということでしょうか。SMAPが解散していなければ、木村拓哉はイケメンのままだったのでしょうか。ここからは、年代順に、俳優・木村拓哉が出演してきたドラマについて見て行きたいと思います。

木村拓哉のドラマ/年代ごとの評判(~1994年)

木村拓哉のドラマ『あすなろ白書』(1993年)

1993年10月期に月9枠で放映されたドラマで、平均視聴率は26.8%。出演は石田ひかり、筒井道隆、鈴木杏樹、西島秀俊ほか。大学で「あすなろ会」を結成した5人の若者たちの青春ドラマです。木村拓哉出演のドラマの中で平均視聴率第6位の作品です。

木村拓哉のドラマ『若者のすべて』(1994年)

1994年10月期にフジテレビで放映されたドラマで、平均視聴率は16.2%。出演は萩原聖人、武田真治、鈴木杏樹、深津絵里、篠原涼子ほか。22歳の若者たち6人の絆と友情、それぞれが痛みを抱えながら懸命に生きていく姿が描かれたドラマです。

木村拓哉のドラマ/年代ごとの評判(1995年~1999年)

木村拓哉のドラマ『人生は上々だ』(1995年)

1995年10月期にTBSで放映されたドラマで、平均視聴率は20.1%。出演は浜田雅功ほか。ギャンブルに溺れ、サラ金業者に追われる大上一馬(木村拓哉)と、若い借金取り立て屋の内藤八郎(浜田雅功)の奇妙な友情を描いたドラマです。

木村拓哉のドラマ『ロングバケーション』(1996年)

1996年4月期にフジテレビで放映されたドラマで、平均視聴率は29.6%。共演は山口智子ほか。葉山南(山口智子)は挙式当日に婚約者に逃げられ、婚約者のルームメイトだったピアニスト、瀬名秀俊(木村拓哉)と同居することに。木村拓哉出演のドラマの中で平均視聴率第5位の作品です。

木村拓哉のドラマ『協奏曲』(1996年)

1996年10月期にTBSで放映されたドラマで、平均視聴率は23.9%。出演は田村正和、宮沢りえほか。知名度はあるが落ち目の建築家・海老沢(田村正和)、海老沢の下で働いている若者・翔(木村拓哉)、その二人の間で揺れ動く翔の恋人・花(宮沢りえ)。木村拓哉出演のドラマの中で平均視聴率第10位の作品です。

木村拓哉のドラマ『ギフト』(1997年)

1997年4月期にフジテレビで放映されたドラマで、平均視聴率は17.9%。いきなり木村拓哉の血まみれシーンから始まる衝撃のドラマです。早坂由紀夫と名付けられた記憶喪失の青年を木村が見事に演じています。

木村拓哉のドラマ『ラブジェネレーション』(1997年)

1997年10月期に月9枠で放映されたドラマで、平均視聴率は30.8%。出演は松たか子ほか。広告代理店で働く片桐哲平(木村拓哉)と、同僚の上杉理子(松たか子)のストレートな恋愛を描いた大人気ドラマです。木村拓哉出演のドラマの中で平均視聴率第3位の作品です。

木村拓哉のドラマ『眠れる森』(1998年)

1998年10月期にフジテレビで放映されたドラマで、平均視聴率は25.1%。出演は中山美穂、仲村トオルほか。15年前に起こった殺人事件をきっかけに、運命に翻弄される男女を描いたミステリードラマです。木村拓哉出演のドラマの中で平均視聴率第7位の作品です。

木村拓哉のドラマ/年代ごとの評判(2000年~2004年)

木村拓哉のドラマ『ビューティフルライフ』(2000年)

2000年1月期にTBSで放映されたドラマで、平均視聴率は32.3%。出演は常盤貴子ほか。今でも大人気の純愛ドラマです。木村拓哉出演のドラマの中で平均視聴率第2位の作品です。

木村拓哉のドラマ『HERO』(2001年)

2001年1月期に月9枠で放映されたドラマで、平均視聴率は34.3%。出演は松たか子、大塚寧々、阿部寛、八嶋智人、勝村政信ほか。言わずと知れた木村拓哉を代表するドラマです。木村拓哉出演のドラマの中で平均視聴率第1位の作品です。

木村拓哉のドラマ『空から降る一億の星』(2002年)

2002年4月期に月9枠で放映されたドラマで、平均視聴率は22.2%。出演は明石家さんま、深津絵里ほか。「見覚えのある顔」の「見覚えのない表情」がだんだんと解き明かされて行くラブサスペンスです。個人的にこのドラマのラストシーンが大好きです。

木村拓哉のドラマ『GOOD LUCK』(2003年)

2003年1月期にTBSで放映されたドラマで、平均視聴率は30.6%。出演は柴咲コウ、堤真一ほか。航空会社で働く若者たちの愛と夢を描いたドラマです。木村拓哉出演のドラマの中で平均視聴率第4位の作品です。

木村拓哉のドラマ『プライド』(2004年)

2004年1月期の月9枠で放映されたドラマで、平均視聴率は24.9%。出演は竹内結子、坂口憲二ほか。アイスホッケーの花形選手・里中ハル(木村拓哉)を中心に繰り広げられる、スポ根ラブストーリーです。木村拓哉出演のドラマの中で平均視聴率第8位の作品です。

木村拓哉のドラマ/年代ごとの評判(2005年~2009年)

木村拓哉のドラマ『エンジン』(2005年)

2005年4月期に月9枠で放映されたドラマで、平均視聴率は22.4%。出演は小雪ほか。元レーサーの神崎次郎(木村拓哉)が、再びレーサーとして再スタートを決断するまでを、保育士の朋美(小雪)との恋愛とともに描いたドラマです。

木村拓哉のドラマ『華麗なる一族』(2007年)

2007年1月期にフジテレビで放映されたドラマで、平均視聴率は23.8%。出演は鈴木京香、長谷川京子、北大路欣也ほか。万俵鉄平 (木村拓哉) は関西屈指の財閥・万俵家の長男。一族の愛と憎しみ、崩壊を描いた壮大なスケールの人間ドラマです。木村拓哉出演のドラマの中で平均視聴率第9位の作品です。

木村拓哉のドラマ『CHANGE』(2008年)

2008年5月から月9枠で放映されたドラマで、平均視聴率は21.7%。出演は深津絵里、阿部寛、加藤ローサ、寺尾聰ほか。小学校の教師だった朝倉啓太(木村拓哉)は、亡くなった父の後継者として政界へ進出。総裁選を経て内閣総理大臣に。

木村拓哉のドラマ『MR.BRAIN』(2009年)

2009年5月からTBSで放映されたドラマで、平均視聴率は20.1%。出演は綾瀬はるか、水嶋ヒロほか。不慮の事故によって脳の潜在能力が開花した元ホストで脳科学者の九十九龍介(木村拓哉)が、様々な頭脳犯罪を解決していくミステリー。

木村拓哉のドラマ/年代ごとの評判(2010年~2014年)

木村拓哉のドラマ『月の恋人〜Moon Lovers〜』(2010年)

2010年5月から月9枠で放映されたドラマで、平均視聴率は16.8%。出演は篠原涼子、林志玲、北川景子ほか。インテリアメーカーの社長・葉月蓮介(木村拓哉)は、中国進出を企て上海に出向くと、そこで3人の女性と出逢い、蓮介の人生に転機が。

木村拓哉のドラマ『南極大陸』(2011年)

2011年10月期にTBSで放映されたドラマで、平均視聴率は17.3%。南極大陸に命がけで挑んだ若き学者・倉持岳志 (木村拓哉) と、樺太犬の愛と絆を描いた壮大で感動的なドラマです。

木村拓哉のドラマ『PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜』(2012年)

2012年10月期に月9枠で放映されたドラマで、平均視聴率は17.7%。出演は中井貴一、香里奈、藤木直人、藤ヶ谷太輔ほか。会社の陰謀でクビになった金田一二三男(木村拓哉)は、住む家も金も全てを失うが、金では買えない物があることに気付き、前向きに生きて行くコメディタッチのドラマです。

木村拓哉のドラマ『安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』(2013年)

2013年10月期にTBSで放映されたドラマで、平均視聴率は12.6%。出演は柴咲コウほか。未来から大切な人を護るために現代へとやって来たアンドロイド安堂ロイドと、婚約者の沫嶋黎士を亡くした安堂麻陽との究極のラブストーリーです。木村拓哉の主演のドラマの中で、残念ながら最低視聴率になってしまった作品です。

木村拓哉のドラマ『HERO 2014』(2014年)

2014年7月にフジテレビで放映されたドラマで、平均視聴率は21.0%。出演は北川景子、松重豊、杉本哲太、濱田岳、吉田羊ほか。登庁した事務官の麻木千佳(北川景子)が検事室のドアを開けると、見知らぬ男が腹筋をしていました。それが久利生公平(木村拓哉)です。大人気ドラマ『HERO』待望の続編でした。

木村拓哉のドラマ/年代ごとの評判(2015年~)

木村拓哉のドラマ『アイムホーム』(2015年)

2014年4月期にテレビ朝日で放映されたドラマで、平均視聴率は14.7%。出演は上戸彩ほか。爆発事故に巻き込まれた家路久(木村拓哉)は過去5年の記憶を失ってしまいます。手元に残った謎の10本の鍵の束を元に、久は自分を探す旅に出るというミステリーホームドラマです。

木村拓哉のドラマ『A LIFE〜愛しき人〜』(2017年)

2017年1月期にTBSで放映されたドラマで、平均視聴率は14.5%。出演は竹内結子、松山ケンイチ、木村文乃、菜々緒、及川光博、浅野忠信ほか。木村拓哉が外科医に挑んだ医療ドラマです。

視聴率低下は時代の流れ?

年代順に木村拓哉出演のドラマを見てきてまず驚いたのは、出演本数の多さです。ほぼ1年に1本のペースで主演を張っています。これは凄いことだと思います。やはりという木村拓哉を使えば視聴率が取れるというイメージは定着していたのでしょう。

そして、やはり平均視聴率の高さです。テレビが主流の時代はともかく、録画や動画サイトでドラマを見る人が増えている昨今、15%近くの視聴率を叩き出す木村拓哉はやはり凄いと思います。性格がいいとか性格が悪いとか、そんな噂に翻弄されずに、これからも頑張ってもらいたいですね。

木村拓哉の最新映画情報

映画『検察側の罪人』で、木村拓哉は嵐の二宮和也と初めての共演が発表され、話題になっています。これまでSMAPと嵐の共演はNGだったんですね。

映画は、木村拓哉演じる東京地検のエリート検事と、二宮和也演じる若手検事の息詰まる攻防を描いたミステリーです。前評判は上々です。公開は2018年の予定ですが、今から楽しみですね。

やはり木村拓哉は偉大な俳優だった!

いかがでしたか?木村拓哉は裏切り者だ、性格が悪い、なんて言われていても、数字が全てを物語っているような気がします。木村拓哉はこれから俳優として、ますます脂が乗って行くのではないでしょうか。応援したいと思います。

木村拓哉についてもっと知りたい方はコチラ

Thumb木村拓哉出演のドラマ一覧!感想・視聴率・おすすめまとめ!
Thumb木村拓哉の全盛期がイケメンすぎる!当時のカッコよすぎる画像まとめ!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-16 時点

新着一覧