化粧水パックの正しいやり方と効果!間違えた方法で失敗しないためには?

スキンケアで欠かせない化粧水を使ったパック。実は効果もある一方で間違った使い方をするとお肌に効果どころか負担を抱えてしまうことをご存知でしょうか?そこで今回この記事では化粧水パックの正しいやり方と効果そして失敗しないためにはどうしたらいいのかをご紹介します!

化粧水パックの正しいやり方と効果!間違えた方法で失敗しないためには?

目次

  1. そもそも化粧水パックって何?
  2. 化粧水パックはどんな効果を期待できるの?
  3. シートマスクと化粧水パックは何が違うの?
  4. 化粧水パックを行うメリットは?
  5. 化粧水パックを行うデメリットは?
  6. 化粧水パックをする前に準備することは?
  7. 化粧水パックの正しい方法とは?
  8. こんな方法もある!?化粧水パックのやり方!
  9. 化粧水パックの失敗につながる!?間違ったやり方とは?
  10. 化粧水パックのタイミングと頻度はどのくらい?
  11. 化粧水タイプでパックの時間は違う!
  12. 化粧水パックの効果を高めるためにはどうしたらいいの?
  13. 化粧水パックをしたあとスキンケアはどうしたらいいの?
  14. 化粧水パックに向かない化粧水は?
  15. 正しい化粧水パックを行うことが成功へのカギ!

そもそも化粧水パックって何?

化粧水パックとは、コットンに化粧水をしみ込ませてお肌をパックすることです。

別名コットンパックとも言われています。化粧水を普通に塗るよりもお肌の化粧水を密着させることができ化粧水が持つ力を発揮してくれるといわれています。普段使っている化粧水を使っていてもなんか乾燥するなぁと感じたら化粧水パックを試してみる価値があるともいわれています。

化粧水パックはどんな効果を期待できるの?

では化粧水パックはどんな効果を期待できるのかというと、化粧水をパックをすることで化粧水の浸透を高めて美容成分の浸透を高めてくれるといううれしい効果があるといわれています。しかし、すべてどんな化粧水でもOKというわけではありません、分子量が大きい化粧水や保湿力が弱い化粧水だと化粧水パックを行っても効果を得ることができないとも言われています。

シートマスクと化粧水パックは何が違うの?

よくドラッグストアなどに売っているシートマスクと化粧水パックはどのように違うのでしょうか?ここではそれぞれの違いをご紹介していきます!

化粧水パックは水分を補うもの!

化粧水パックは水分を補うものになっています。油分を含んでいるものではないので乾燥肌が気になるときや毎日のケアに適しているものになっています♪

シートマスクは美容成分を補うもの!

ドラッグストアーなどに売っているシートマスクは化粧水配合のものありますが、多くは美容成分が含まれいます。美容成分は水分よりも油分ですので毎日するとお肌にいい反面人によってはにきびができてしまうこともありますので週1のスペシャルケアなどに使うといいそうですよ!

化粧水パックを行うメリットは?

化粧水パックの効果がわかったところで今度は化粧水パックをするメリットはどんなものなのかをご紹介していきます!

メリットその1:化粧水パックで肌の柔軟を高めてくれる!

化粧水パックで水分+美容成分を浸透させるということでお肌の柔軟性がよくなるというメリットがあります。柔軟性がよくなると、美容クリームや乳液が浸透しやすくなります。化粧水パックは化粧水の力を高めてくれるだけではなく、スキンケアの効果も高めてくれるというわけなのです。また、お肌の水分を与えてくれたり水分を蒸発するのを防いでくれる働きもあるということになります。

メリットその2:化粧水パックで乾燥肌がよくなる!?

手で化粧水を付けようとしてもうまくつけられずそれが原因で乾燥肌になっているのであれば、化粧水パックをすることで乾燥肌が改善されるということもあります。化粧水パックは即効性があるわけではありません。1週間たっても効果が無い場合は付け方では無いのでその場合は化粧水そのものを変えることをおすすめします。

メリットその3:化粧水パックで肌に透明感を増すことができる!

化粧水パックの効果を得ることができるとお肌のバリア機能が改善し、ターンオーバーが正常化してくれます。そうなると、乾燥肌も改善しお肌のキメや透明感を増してくれる働きもあります。

化粧水パックを行うデメリットは?

では、今度は化粧水パックを行ううえでもデメリットはどんなことなのでしょうか?ここでは化粧水パックを行うデメリットをいくつかご紹介していきます!

デメリットその1:コスパがよくない

化粧水パックは普通に手で塗るよりも結構な量の化粧水を使用します。そのため普通に塗るよりも化粧水がなくなるのが早くなりあまりコスパがよくないと感じることが多くなります。コスパがよくないということがデメリットになってしまいます。

デメリットその2:肌トラブルにコットンなどが刺激になってしまう。

どんなにスキンケアを気をつけていても肌トラブルはどうしても避けれませんよね。肌トラブルを抱えているときに化粧水などもあまり塗るのはよくありません。そこにコットンの刺激を与えてしまうと肌トラブルの悪化を招いてしまうデメリットもあります。

デメリットその3:敏感肌だとコットンの繊維が刺激になってしまうことも?!

どんなにお肌に優しいコットンでもコットンの繊維は敏感肌の方には刺激が強くなってしまいます。さっさとであればたいして刺激にならないけどコットンをつかうことで繊維でかゆくなってしまったりヒリヒリしてしまったというデメリットもあります。

化粧水パックをする前に準備することは?

では、化粧水パックをする前に準備するものや準備することをご紹介していきますね!

1.洗顔しよう!

いきなり、洗顔パックをしても思うように効果が得られず失敗してしまいますので、まずは洗顔をしましょう!化粧水パックではお肌に美容成分を浸透させることが目的になってます。なので不要な皮脂・汚れなどを優しく落とすようにしましょう。また、ごしごしこするのは肌をいためるので優しく洗顔してくださいね!また、洗顔後は乾燥を防ぐために化粧水をぬることを忘れないでください!

2.コットン

化粧水パックにはコットンが欠かせません。なるべくオーガニックコットンのほうがいいですが、経済的なことをきにするのであればオーガニックでなくても大丈夫ですよ!もしオーガニックコットンにしない場合は、肌触りの柔らかいものを選んでくださいね!

3.精製水

水をコットンにしみこませる方法が化粧水パックにはあります。その際の水は水道水ではなく精製水を使うことをおすすめします。水道水がだめという意ことではありませんが精製水には純度が高くなっているため精製水のほうがいいと思いますが、もったいないと感じるのであれば水道水を使ってもいいそうですよ!

4.化粧水

化粧水パックの化粧水はどんなものでもOKではなく、低分子のコラーゲン・ヒアルロン酸・水溶性ビタミンC誘導体の入った化粧水を選ぶようにしましょう!間違ってもアルコール配合のものを選ぶと乾燥を引き起こすので注意してくださいね!

化粧水パックの正しい方法とは?

では、早速化粧水パックの正しいやり方をご紹介していきます♪正しい方法守ることが効果を高めてくれる大切なことなのでやり方を確認してくださいね!

やり方その1:コットンに精製水をしみこませます。

コットンに精製水を含ませます。しっかりとコットンに水が含むようにしましょう。精製水がコットンに含んだら手で抑えて水分を搾り取ります。この方法は絶対必要ではありません。というのも、この方法を行うと化粧水をたくさん使う必要がないからです。ただ、化粧水に含まれている美容効果が薄まってしまうのでコスパをそこまで気にしないのであればこちらの方法は省略してもOKですよ!

やり方その2:コットンを広げて化粧水をしみこませます。

コットンを広げて、化粧水をコットンに適量つけていきます。適量とはどのくらいかというと、コットンに精製水を付けている場合は5~6適くらいが適量になり、コットンに精製水をつけていない場合は最低でも10滴以上の化粧水をコットンにつけるようにしましょう!

やりかたその3:化粧水を含んだパックを顔に張ってパックをしていきます。

化粧水が十分に含んだら、コットンを裂きます。コットンが裂けたらおでこ・ほほ・鼻・あごなどに貼っていきます。それだけでもOKですが、化粧水パックの後その上からラップを張ると肌への化粧水の浸透効果を得ることができますので試してみるといいですね!そのまま3分待ちます。3分たったら化粧水パックをはがします。長く放置してしまうと肌に逆効果になりますので注意してくださいね!

こんな方法もある!?化粧水パックのやり方!

正しい化粧水のパックをご紹介しましたが他にもこんな方法があります。こちら法が簡単に感じるかもしれませんのでお好みの方法を試してみてくださいね!

コットンに精製水もしくは水道水をかけます。

コットンを1枚用意し、満遍なく水でぬらします。ぬらし終えたら、両手のひらではさむように水を絞ります。このとき雑巾をしぼるみたくぎゅっと絞るのはだめです!しぼったら、そのコットンに化粧水を500円玉の大きさでたらし隅々までいきわたらせるようにします。

コットンを上下に伸ばしながら空気穴を開けます。

化粧水を浸透させたら、コットンを上下にのばして空気穴をあけます。できれば鼻と口の穴をあけるといいですすが、難しい場合はそのままで目と鼻の口を囲むようにはってもいいそうです。ちなみに、目を閉じて貼るとまぶたもぱっくできていいそうですよ。そのまま貼ったら3分ほど待ちその後はがしたらパック完了になります!

化粧水パックの失敗につながる!?間違ったやり方とは?

化粧水パックは実は間違った方法でおこなってしまうと失敗を招いてしまいます。ここでは間違った方法をご紹介していきます!

失敗してしまうやり方その1:ティッシュで化粧水パックする。

コットンが無いからといってティッシュでパックを行ってしまうことは失敗につながりますのでやめましょう。なぜかというとティッシュはコットンにくらべて水分の保持力が低くなっています。乾燥もしやすいのでそれでパックしてしまうと美容効果を期待することができません。なので面倒かと思いますがコットンやシートマスクを使用してくださいね!

失敗してしまうやり方その2:長時間パックする。

いくら浸透させたいからといって長時間パックを貼ったままでいるのは危険です。というのも、時間がたってしまえばしまうほどお肌から水分を奪ってしまうことになってしまいます。なので最高でも5分たってしまったらすぐパックをとるようにしましょう!時間を守ることが正しいパック方法の1つになります。

失敗してしまうやり方その3:アルコール配合の化粧水を使う。

化粧水パックというと、化粧水ならなんでもOKと思いますが、実はアルコール配合の化粧水は揮発性が高いため保湿してしまうと乾燥肌になってしまいます。なので化粧水パックをするときはアルコールフリーの化粧水を選ぶことをおすすめします。

間違ったやり方その4:お肌が敏感なときに行う。

化粧水パックは美容成分を肌に浸透させる方法です。お肌が敏感なときに行うと刺激になってしまうことがあります。なのでお肌が敏感なときは肌を休ませるためにも化粧水パックをしないほうがお肌にもいいのでそういった時期には避けるようにしましょう!

化粧水パックのタイミングと頻度はどのくらい?

では、今度は化粧水パックの頻度とタイミングをどのくらい行えばいいのでしょうか?正しいタイミングと方法を行うことが美肌への近道になりますよ!

化粧水パックは毎日必要?

化粧水パックは毎日したほうが効果的という意見も聞きます。毎日続けることで化粧水の力の効果を最大限に出すことはできます。しかし、それは品質のよい化粧水で正しい方法で化粧パックを行うということが前提になっています。

また、化粧水パックだけではどうしても肌質を改善することはできません。なので化粧水パックを毎日して肌改善をしたい場合は食事やケアも毎日行うことが大事ということになります。

洗顔後30秒以内に化粧水パックを行ったほうがいいの?

よく、洗顔後30秒以内に化粧水パックを行ったほうが良いと聞きます。実はこれはいろいろ説がありまして、絶対30秒以内じゃないとだめということはありません。もちろん早ければ早いほどいいことには変わりません。しかし、早く化粧パックをしたからといって保湿効果に差があるわけでもありません。

もちろん長く時間を置くよりも短い時間で保湿したほうが良いと思いますのでなるべく洗顔したら早めに化粧パックをするように心がけましょう!

化粧水タイプでパックの時間は違う!

先ほど化粧水パックの時間は5分以内でとご紹介しました。実は化粧水によって時間が変わってきます。さっぱりする化粧水では2分以内、しっとりする化粧水では5分以内、濃厚ジェルタイプの化粧水だと10分以内と化粧水のタイプでここまで違います。

あくまでもこれは目安になります。この時間を守るというよりはパックが乾燥しだす前にはがすことが失敗しない正しいポイントになりますので守りましょう!

化粧水パックの効果を高めるためにはどうしたらいいの?

化粧水パックはそのままでも効果をえることができます。しかし、もっと効果を得ることができるともっとうれしいですよね!そこでここでは化粧水パックの効果を高める方法をご紹介していきます♪

化粧水を温めてから使おう!

実は化粧水は冷たいまま使うよりも暖めて使ったほうが効果があるといわれています。電子レンジで暖めるかもしくは湯煎などし人肌に暖めるといいですね!どんな化粧水を暖めても大丈夫というわけではなく、ビタミンC誘導体が入っている化粧水は温めてしまうとビタミンCが壊れてしまいますのでそのような化粧水は温めずそのまま使うようにしましょう!

化粧水パックの上からラップをすると浸透率がUP!

先ほども少しご紹介しましたが、化粧水パックの上からラップをすると水分の蒸発を防いでくれたり化粧水の浸透を上げてくれる効果を期待できます!ラップのやり方はとても簡単!ラップをパックの上にかけるだけでOK!ラップは普通のサランラップでOKですが、ラップをするとき、鼻と口の空気穴を開けることを忘れないでくださいね♪

化粧水パックをしたあとスキンケアはどうしたらいいの?

化粧水パックをしたら通常のスキンケアをどうしたらいいのでしょうか?たとえ潤っているお肌もきちんと乳液で蓋をしないと蒸発し乾燥を招いてしまい、「化粧水パック失敗?」と感じてしまいます。そうならないためにもまず、化粧水パックをしたら、早めに乳液と美容液でスキンケアをするようにしましょう♪そうすることで化粧水の浸透をたかめてくれますよ☆

化粧水パックに向かない化粧水は?

先ほど少しご紹介したようにどんな化粧水でもパックにむいているわけではありません。アルコールやエタノールが配合されている化粧水はパックをするのには向いていません。なのでもし今使っている化粧水がアルコール配合のものであれば、ちがうものを選ぶと良いかもしれませんね♪

また、使ったこと無いものでパックしてしまうと肌荒れを起こしてしまいますので最低でも1回使ってからパックするようにしましょう!

正しい化粧水パックを行うことが成功へのカギ!

化粧水パックは間違った方法で行ってしまうと失敗し、肌に負担をかけてしまい、肌トラブルを抱えてしまいます。なのでまず化粧水パックを行う前にきちんとした手順をしることが失敗しないポイントになると思います!正しい方法を身につけて美肌を手に入れましょう!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-24 時点

新着一覧