おうちデートでオススメの恋愛映画!ムード作りにうってつけ!

おうちデートにうってつけなのは、やっぱり定番の映画鑑賞ですよね??でも、おうちデートになっても、何の映画が最適かわからないですよね…。何の映画がおうちデートに最適か…。良いムードを簡単に作れるような、映画を選んできました。

おうちデートでオススメの恋愛映画!ムード作りにうってつけ!

目次

  1. おうちを有効活用してみよう
  2. ムーディーな雰囲気にはムーディーな小道具から
  3. お洒落な空気で酔わせたいアナタに

おうちを有効活用してみよう

おうちデート

「おうちデート」というとなかなかハードルが高いイメージですが、それは高校生までのお話。一人暮らしを始めた学生にとって「おうちは立派な自分の城」なので、そこを活かしたデートは王道の選択肢の一つなのです。

大学生の”大人な恋愛”は突然始まることも多く、告白だけがキッカケではありません。恋人未満な関係でも、おうちデートをキッカケに良いムードになりそのままベッドへ!そんな恋愛のスタートも大学生では珍しくないでしょう。
ムード次第ではステップを無視した恋愛が可能なのです!

ただし、そのムード作りは至難の技!
そう簡単にはいかないのが悲しい現実。
ついこないだまで高校生だったのにそう簡単に大人のムードが出せたのなら少子化もここまで酷いことにはならなかったでしょう。

しかし、安心してください。非力な人類が猛獣から身を守るために武器を使うようになったのと同じように、ムード弱者の皆さんもムードを出すために道具を使うことにより生き延びることができるのです。そこで言う道具とはズバリ!”恋愛映画”!です。

ムーディーな雰囲気にはムーディーな小道具から

環境を制すものが戦いを制すとは孫子の兵法の時代から今でも続く戦略の基礎ですが、つまり自分に酔ってくれないのなら環境に酔ってもらえばよいのです。ムーディーな恋愛映画を2人でみれば自ずとムーディーな環境は作り出されるはずです。

ムードが出せないのならば、ムーディーなものに頼れ!

今回は今夜こそ決めたいリア充志望の大学生にうってつけの大人なムードの恋愛映画をご紹介。「俺、最高の映画知ってるんだけど、一緒に観ない?」なんて口実さえあれば、気になるあの子を家に連れ込むハードルは幾分さがるでしよう。

そこからは真剣勝負!1年に300本映画を観る私が選りすぐった本当に素晴らしい恋愛映画を使って、相手をその気にさせましょう!大学生という最後のモラトリアム期間を思いっきり青春したいリア充志望の学生は必見ですよ!

お洒落な空気で酔わせたいアナタに

まずは愛の先進国フランスからの”Diva”

ペラ歌手に片思いする郵便配達少年が事件に巻き込まれながらも、愛するオペラ歌手を守るために奮闘する作品。青を基調としたしっとりさた映像がとてもオシャレで印象的な作品。ところどころに散りばめられた詩的なセリフが素晴らしい。オシャレな恋愛映画でありながらアクションあり、スリルありのエンタメ要素も満載で飽きさせないのも高ポイント!

部屋の照明を暗くして観るのがオススメ。

次は変化球でインド映画!?

次は変化球でインド映画なんかはどうでしょうか?インド映画といえば急に踊りだすなんて勝手なイメージがあるかもしれませんが、実は優秀な恋愛映画大国!ここでは踊りまくるという先入観を覆すお洒落インド映画、”バルフィ!人生に唄えば”をチョイス。

愛を知らずに育った資産家の令嬢シュルティは耳の聞こえない好青年バルフィと出逢い本当の愛を知るが、バルフィは心を閉ざした幼馴染の美女ジルミルに心を惹かれていき…という三角関係を主軸としたストーリー。

クスッと笑わせるようなシーンも多くインドというよりもまるでヨーロッパのようなオシャレな雰囲気からポップな印象を受けるかもしれませんが、映画の本質は”真実の愛”という重量感のある作品。インド映画というキャッチーさから女の子の受けもいいかもしれませんが、観た後はお互いを意識せざるを得なくなるはず!

映画の本場アメリカ!!

お次は映画の本場アメリカでカルト的な人気を誇る恋愛映画の傑作。”ある日どこかで”をセレクト。スランプの脚本家がホテルで掛けられた古い写真の女性に一目惚れし、時をかけて彼女に愛を伝えようと奮闘するという純愛物語。

古き良き20世紀初頭のアメリカを舞台としておりまるで絵画のように美しい映像は必見ですが、この映画の魅力はそれだけではありません。タイムスリップしてまで彼女を追い続ける主人公の愛、その愛を受け止めようにも事情により受け止めきれない女性の切なさ!上品で一見古めかしいような映画ですが、描かれている愛はそんじゃそこらの映画と比べ物のにならない程燃え上がっております。

圧巻のラストは号泣必至。2人で泣いて互いの距離を詰めましょう。そこまで行けばもうこっちのもんです。女の子なら”私もここまで愛されたい!”と必ず思わせることのできる名作中の名作!

いかがでしょう??
参考になりましたでしょうか??
この映画知らなかったという方は、一度見てみてくださいね♪

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2019-04-25 時点

新着一覧