野菜チップスはレンジで簡単に手作りできる!ノンフライのヘルシーおやつに

栄養豊富な野菜チップスはヘルシーなおやつを食べたいときにぴったり。レンジなどを活用して手作りすればノンフライの野菜チップスも簡単に作ることができます。野菜チップスの料理レシピを活用して、おいしく栄養たっぷりのおやつを楽しみませんか?

野菜チップスはレンジで簡単に手作りできる!ノンフライのヘルシーおやつに

目次

  1. 野菜チップスを手作りすればとってもヘルシー!
  2. 野菜チップスの嬉しいポイントとは?
  3. ノンフライ!野菜チップスの基本的な料理レシピ
  4. 野菜チップスにおすすめの味付け
  5. おつまみにもおすすめな野菜チップスの料理レシピ
  6. 栄養満点な緑黄色野菜のチップス料理レシピ
  7. 甘みを感じるおすすめのチップスレシピ
  8. やってみたい!野菜チップスのアレンジ料理アイディア
  9. ダイエット中に野菜チップスを取り入れる時のポイント
  10. 野菜チップスを手作りして、健康的なおやつを楽しもう!

野菜チップスを手作りすればとってもヘルシー!

レンジなどで意外と簡単にできる野菜チップス

カリカリとした食感を楽しめるチップスは、おやつにぴったり。「チップスが食べたいけれどもカロリーが気になる……」というときにおすすめなのが手作りの野菜チップスです。レンジなどを活用すればノンオイルでヘルシーに仕上げることができるので、カロリーが気になる時のおやつとして役立つのが嬉しいポイント。

野菜チップスはとても簡単に手作りすることができるので、思いついた時にすぐチャレンジできるのが魅力。どんなにヘルシーなおやつでも手作りするのが大変だとどうしても市販品に頼ってしまいますよね。野菜チップスであればそういった心配がなく気軽に日常に取り入れることが可能。ヘルシーなおやつを楽しみたい!というときは野菜チップスを作ってみてはいかがですか。

野菜チップの料理レシピをチェックしていこう!

野菜チップスは噛みごたえがあり、少量でも満足できるのも嬉しいポイント。じっくりと噛んでいけば満腹感を刺激し、カロリーをおさえながらおやつを楽しめるようになります。ダイエット中でもおやつを食べたい、というときには野菜チップスにしてみましょう!

今回は、そんな野菜チップスの簡単な作り方や料理レシピをご紹介。好みの食材を取り入れながら、美味しい野菜チップス作りを楽しんでみませんか?ぜひ自宅で栄養豊富な野菜チップスを満喫してくださいね。

野菜チップスの嬉しいポイントとは?

手作りすれば低カロリーに仕上げられる

手作り野菜チップスの魅力としてまずあげられるのが、低カロリーに仕上げられること。ノンフライにすれば余計な油を使わないのでヘルシーにいただけます。市販のチップス類は油を使って揚げている場合がほとんど。しかし、それだとカロリー過多になってしまう可能性があります。ノンフライで手作りすれば、ダイエット中も安心。

油を使わないことによって野菜の旨味をダイレクトに感じられるのも嬉しいポイント。旨味がぎゅっと濃縮され、いつも以上に美味しくいただけます。野菜嫌いの子供たちの克服対策としても野菜チップスが使えそうですね。

おいしくて野菜の栄養がたっぷり

野菜を使ったチップスは栄養がたっぷり。食物繊維やビタミンなど、使用する野菜によってさまざまな栄養が含まれています。普段の食事で不足しがちな食物繊維を野菜チップスで補えるのが嬉しいポイント。食物繊維は腸内の環境を整え、老廃物の排出に役立ってくれます。

便秘の状態が続くと体の巡りが低下し、代謝が落ちてしまうことがあります。代謝が落ちると効率的な脂肪の燃焼ができなくなり、ダイエットの妨げに。ヘルシーな野菜チップスを活用しながら腸内環境を整えてみてはいかがですか。

ノンフライ!野菜チップスの基本的な料理レシピ

野菜チップスに必要な材料

野菜チップスに必要な材料は、とてもシンプル。チップスにしたい野菜やフルーツや好みの味付け、電子レンジを準備したらOKです。このようにとても準備が簡単なのが野菜チップスの魅力。低カロリーに仕上げられるだけでなく、食材費も少ないので経済的です。

野菜チップスの作り方

ジャガイモやサツマイモなど、野菜チップスにしたい食材をスライサーを使って薄切りにしましょう。ジャガイモなどのでんぷん質の野菜を使う時は、スライスした後に水にさらしておきます。水にさらしたら水気をしっかりと拭き取ってください。

クッキングシートの上にスライスした野菜をのせていきます。このとき、重ならないようにするのがポイント。重なると十分に加熱ができず、パリパリとした食感が損なわれてしまいます。並べ終わったら電子レンジに入れて600Wで2分加熱。裏返して、さらに2分加熱したらできあがり。少し置いて冷ますとパリッとした食感になります。レンジを使えばノンフライなのでヘルシー。

野菜チップスにおすすめの味付け

海苔塩やカレー味

野菜チップスができあがったら、いろいろな味付けを楽しんでみましょう。もちろんそのまま食べてもおいしいですが、調味料を活用してアクセントをつけるとさらに風味豊かに。いろいろなバリエーションを増やしてオリジナルの味付けを楽しんでみてはいかがですか?

風味豊かな海苔塩は、味わいにアクセントしたいときにぴったり。海苔の風味は野菜との相性がよく、やみつきになるおいしさです。カレー粉を使えば子供達も大好きな味に。スパイシーな風味がプラスされて、苦手な野菜でも食べやすくなります。大人用のおつまみにもぴったりですね。

ソース類をつけてもおいしい

ケチャップやマヨネーズ、チリソースといったソース類をつけても美味しく食べられます。組み合わせによって全く違った味わいに。からしマヨネーズにしたりと、ソースのアレンジをするとさらにバリエーション豊かになります。いろいろな組み合わせを堪能してみてはいかがですか。

おつまみにもおすすめな野菜チップスの料理レシピ

レンコンの野菜チップス

ノンフライで気軽に作ることができるレンコンチップス。おやつとして食べるのはもちろんのこと、ちょっとしたおつまみとしてもおすすめです。カリッとした食感がやみつきになるおいしさ。必要な材料は、レンコン、塩や青海苔など好みの調味料です。

レンコンは皮を剥いたら薄くスライスします。しばらく水にさらしたら水気をふきとり、クッキングシートに重ならないように並べましょう。500Wの電子レンジで5〜6分ほど加熱したらできあがり。塩や海苔といった好みの調味料をふりかけていただきます。

ゴボウの野菜チップス

食物繊維たっぷりなゴボウを使ったチップスも、おつまみに最適。つける味付けを変えれば、さまざまな風味を楽しめるようになります。こちらはノンフライではありませんが、ゴボウ自体がカロリー低めなのでヘルシーにいただけるのが魅力。必要な材料は、ゴボウ、油、片栗粉、塩胡椒になります。

ゴボウはピーラーを使って薄くスライス。酢水を準備したらゴボウをつけてアクをとります。水気をふきとったら片栗粉をまぶしましょう。パリッとした食感が好きな方は片栗粉をまぶさなくてもOK。170℃の油でカラッと揚げ、塩胡椒をふりかけたら完成です。

栄養満点な緑黄色野菜のチップス料理レシピ

カボチャの野菜チップス

緑黄色野菜を使えば、栄養たっぷりなチップスのできあがり。栄養バランスを整えたい子供達のおやつとしても最適です。ノンフライで作れるので、ダイエット中のおやつにもおすすめ。カボチャを使った野菜チップスに必要な材料は、カボチャと好みの調味料です。

カボチャは薄くスライスしてクッキングシートに重ならないように並べます。電子レンジで2分30秒ほど加熱したらひっくり返して、再び2分ほど加熱。乾燥してパリパリの状態になったら完成です。塩胡椒をふりかけても良いですし、グラニュー糖をふりかけて甘くするのもおすすめ。

ニンジンの野菜チップス

甘みを感じられるニンジンも野菜チップスにおすすめしたい材料。甘みがぎゅっと濃縮されるので、ニンジン嫌いな人でも美味しく食べられるのが魅力です。必要な材料は、ニンジンと好みの調味料。

ニンジンは輪切りかくし切りで薄くスライスします。クッキングシートに重ならないように並べ、電子レンジで2分ほど加熱。ひっくり返してさらに2分ほど加熱して乾燥したら完成です。好みの調味料をトッピングしていただきましょう。

甘みを感じるおすすめのチップスレシピ

リンゴのチップス

たっぷりの甘みを感じられるリンゴのチップスもおすすめしたいレシピ。リンゴが食べきれない時の対処法としても使うことができます。必要な材料は、リンゴと好みの調味料。

リンゴは4等分にしてから芯をとって薄くスライスします。クッキングシートの上に重ならないように並べ、電子レンジで3〜4分ほど加熱しましょう。ひっくり返してから3〜4分ほど加熱し、パリッとした状態になったら完成。そのまま食べてもおいしいですが、シナモンをふりかけていただいても風味豊かな味わいを楽しめます。

やってみたい!野菜チップスのアレンジ料理アイディア

サラダにトッピング

野菜チップスはそのまま食べるだけでなく、アレンジに活用することができます。まずおすすめしたいのがサラダにトッピングする方法。野菜チップスのパリッとした食感が加わり、食べ応えのあるサラダに仕上がります。普段のさらにもワンアクセントつけたいときにおすすめ。

前菜やデザートの飾りに

前菜に野菜チップスをトッピングしておもてなし料理にするのもおすすめ。レバーパテなどにチップスをトッピングすれば、ワンランク上の前菜に。リンゴなどの甘いチップスであれば、ババロアやアイスクリームなどの飾り付けにも使えます。

ダイエット中に野菜チップスを取り入れる時のポイント

しっかりとよく噛みながら食べる

ダイエット中に野菜チップスを食べる時に気をつけたいのが、ゆっくりと噛んで食べること。いくらヘルシーだからといって野菜チップスを食べ過ぎては意味がありません。しっかりと噛むことで満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを予防できます。

調味料類は使わない

ダイエット中はなるべく調味料を使わないことも大切。特にマヨネーズなどの高カロリーなものは避けるようにしましょう。

野菜チップスを手作りして、健康的なおやつを楽しもう!

野菜チップスの作り方は、とても簡単。ヘルシーで栄養満点なので、ぜひ日々のおやつに取り入れてみてくださいね。

合わせて読みたい!野菜に関連した記事

Thumb野菜の切り方ご紹介!初心者でもわかりやすい基本・種類や名前など
Thumbヘルシーおつまみの人気レシピまとめ!野菜を使った簡単レシピなど。
Thumb野菜の保存方法まとめ!冷蔵庫と冷凍庫どっちがいいの?保存期間は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-05-27 時点

新着一覧