彼氏と電話したい!長続きカップルになれる連絡頻度や話題の選び方は?

彼氏に会えない、そんな時は電話したい!彼氏がいる女性の方であれば、1度はこういった思いをしたことがあるのではないでしょうか。でも電話をしすぎると仲がこじれてしまう事も。そうならないように関係いが長続きする為の電話の頻度や話題の選び方についてご紹介します。

彼氏と電話したい!長続きカップルになれる連絡頻度や話題の選び方は?

目次

  1. 彼氏に電話する時のタイミングはいつがいいの?
  2. 彼氏との電話はどのくらいの頻度がベストなの?
  3. 彼氏と長続きできる電話での話題の選び方とは?
  4. 1回の電話の時間はどのぐらいがベストなの?
  5. 彼氏と電話で話す時に聞いてはいけない事とは?
  6. 彼氏と電話する時に絶対に避けた方がいい話題とは?
  7. 彼氏との仲がギクシャクした時はどうしたらいい?
  8. 彼氏と電話で喧嘩した時はどうやって修復したらいい?
  9. 彼氏から電話したい!と思わせる電話のテクニックをご紹介
  10. 彼氏がいる人いない人関係なく知っておきたい電話のマナーをご紹介
  11. 長続きするカップルになるための電話での注意点まとめ

彼氏に電話する時のタイミングはいつがいいの?

彼氏の仕事が忙しい、遠距離恋愛で会えない、そういう思いをしたことがある女性は多いと思います。そんな時に役立つツールとして電話がある訳ですが、電話するタイミング、頻度、話題を考えてしないと、後悔することになります。しかし、なかなか彼氏に会えない時に電話したい!という衝動にかられてしまう事も少なくはありません。

彼氏に電話したい、そう思った時に少し行動に気をつけることで、後悔することは少なくなります。まず、彼氏に電話するタイミングですが、やはり夜の方がベストです。仕事の時間によって具体的な時間帯は異なりますが、、大体21時から23時くらいが望ましいです。

実家暮らしの場合、ひと昔前は遅くても21時台というのが一般常識でしたが、今は携帯電話を使う方がほとんどなので、23時くらいまでであれば、大丈夫かと思います。むしろ、21時より前の時間帯だと、夕食や入浴の最中であったり、まだ帰宅していない場合が多く、かえって相手の段取りを狂わせてしまうリスクが生じます。

そして、電話を切りあげるタイミングですが、自分が話したいだけ話して終わりではなく、彼氏の話もしっかり聞き、ふと彼氏側の話題が途切れた時は、自分がもう少し話したいと思っても、切り上げるようにしましょう。できれば、彼氏からではなく、女性の方から切り上げてあげると、彼氏の方も余韻が残って、また電話したいと思うものなのです。

彼氏との電話はどのくらいの頻度がベストなの?

彼氏に電話したい、そう思う頻度というのは人それぞれ異なりますが、まず、男性と女性とでは多いと感じる頻度、少ないと感じる頻度が違うという事を理解する必要があります。お互いの約束事として、モーニングコールを毎日する、帰宅時間に合わせて電話をするというカップルもいますので、その場合は毎日でも1日数回でも問題は無いかと思います。

ただ、これは付き合い始めのパターンが多く、交際期間が長くなると、毎日電話でやり取りするというのは、頻度として多すぎると感じる方も多いです。特に男性の場合は、女性のようにおしゃべりが好きという方は少ないので、毎日電話されると負担に思う方も多いです。男性は女性ほどおしゃべりが好きな訳ではありません。

交際期間が長くなると、お互いの事はある程度知っているので、わざわざ電話で何回も話をしなくてもいいんじゃないかと思うのはごく自然といえます。付き合いが長くなると、大体週2~3回くらいが一般的のようです。

彼氏と長続きできる電話での話題の選び方とは?

彼氏と電話する時に最も注意したいのが話題選びです。男性と女性では興味があるジャンルが大きく異なってきます。女性は割と噂話や芸能関係の話が好きなものですが、男性は自分の趣味の話や仕事の話などが多いです。そして男性は人のうわさ話はあまり好みませんので、彼氏と電話で話す際は話題をしっかり選ぶようにしましょう。

彼氏と電話したい、こんな話がしたい、そう思うのはいいのですが、自分が好きな話題が、彼氏にとっても好きな話題とは限りません。彼氏と共有できる、お互い楽しめる話題、お互いを高めていける話題を選んでいくと、彼氏にとって自分の評価は更にアップしていきます。また、話題が良くても話す内容を選ばないと、彼氏の心が徐々に離れていくので注意しましょう。

1回の電話の時間はどのぐらいがベストなの?

女性というのは長電話が大好きです。女性同士だと一晩中電話で話ししていたという事もよく耳にします。ところが、男性は女性ほどおしゃべりが好きな訳ではありません。また、次の日の仕事に支障をきたさないように、手短に済ませるように心掛けましょう。

電話で話す時間は、女性だと1時間でも普通だと感じますが、男性の場合は1時間という時間は長すぎるといっても過言ではありません。長くても30分くらいで切り上げるようにしましょう。時間というのは無限には存在しませんので、いくら彼氏とはいっても、相手の時間を無駄にするのは長続きしない要因にもなります。

彼氏と電話で話す時に聞いてはいけない事とは?

彼氏と電話で話す際、絶対に聞いてはいけない事といえば、相手の事、あるいは周囲の人に関して詮索するな内容です。例えば、浮気をしていないか、どこかに行った、食事に行ったという話を彼氏からされた時に、誰と行ったのか、その人との関係は何なのか、こういった詮索する様な内容は絶対に避けるべきです。

軽い束縛であれば、まだやきもちを焼いているのかと彼氏側も可愛らしさを感じるのですが、度を過ぎると精神的に負担が大きくなります。更に、これを毎日電話で問い詰められると、ほとんどの男性は気持ちが離れていきます。男性は逃げるものを追うという狩猟民族のような思考になっており、余韻を残す程度で留めないといけません。

逆に追いかけられると逃げたくなる心理状態になります。長続きしないカップルの共通点として、相手の事をやたら詮索する、束縛するという、精神的負担を感じさせる事をどちらかがしているということが挙げられます。

彼氏と電話する時に絶対に避けた方がいい話題とは?

彼氏と電話で話す時の話題選びはある程度吟味が必要ですが、話題だけではなく、話す内容にも注意しましょう。例えば自分の仕事の話をする場合、こういった仕事をしている、こんな出来事があったと軽く愚痴をこぼす程度ならまだ許せますが、段々と仕事の同僚や上司の悪口等、誹謗中傷する内容に発展すると、彼氏からの印象も悪くなります。特に彼氏の友人の悪口はタブーです。

また、電話で話に花が咲く事はいい事ですが、自分ばかりが一方的に話すというのはあまり良くありません。聞き上手に徹するように心掛けましょう。男性は電話で自分から話題を持ちかける事は比較的少ないので、彼氏が何か話題を持ち出してきたら、積極的に聞き上手になりましょう。

彼氏との仲がギクシャクした時はどうしたらいい?

付き合いが長くなると、お互い意見が合わず喧嘩してしまうという事もあります。彼氏との仲がギクシャクし、でも電話したいと思ってしまう女性は多いと思います。悪い事をしたという謝罪をしたいため、ギクシャクしたことから、彼氏が浮気をしないかという不安から、声を聞きたいと思うことは誰でもあることです。

また、喧嘩しなくても、最近彼氏と何か気持ちがすれ違っている感じがすると思ってしまう方も少なくはありません。この場合、気のせいである事ももちろんありますが、本当に気持ちが離れかけているという事もあります。原因はともあれ、この時はつい、電話したい!という衝動にかられそうですが、喧嘩して謝る事を目的で電話するのでなければ、そっとした方が無難です。

彼氏と電話で喧嘩した時はどうやって修復したらいい?

彼氏と電話で喧嘩してしまった、そういう方は誰しも1度は経験があるのではないでしょうか。すぐ会える距離、お互いの都合がつきやすいのであれば、合う約束してすぐ謝るというフォローができますが、遠距離であったり、仕事が忙しくてなかなか電話する頻度が少ないという場合は、フォローが難しくなります。

再度、彼氏に電話して謝るというのも1つの手ですが、これは言い過ぎたと自分の過失である事を認めた場合であれば、自分の落ち度を素直に認め、謝るのは簡単ですが、変に意地を張ってしまい、彼氏に頭を下げられない、電話しにくいというのであれば、とりあえず、メールでもいいので、ひと言だけ謝るようにしましょう。

絶対にしてはいけないのは、彼氏に強制的に謝罪を求める事です。よほど酷い事を言われたり、されたりして、納得ができないというのであれば、別れるという選択も視野に入れます。そこまで酷い事を言う彼氏であれば、別れた方がずっといいです。

彼氏から電話したい!と思わせる電話のテクニックをご紹介

男性というのは追われるより、追う方が好きな生き物です。電話でもこの男性の特性を理解した上で、関係を長続きさせていきましょう。まず、電話はできるだけ、時間は短めで、自分から電話を切るようにしましょう。彼氏にとって自分が負担に感じないようにさせるのがコツです。そして、電話を切る時はありがとうのひと言を添えるといいでしょう。

電話をする頻度ですが、電話はなるべく自分からではなく彼氏からかかってくるのを待つのが理想ですが、どうしても電話したい!と思うのであれば、電話したいと思った回数が5回としたら、そのうち1回の割合で自分からかけるといいでしょう。あまりかけ過ぎると、余計な事をしゃべってしまうことにもなりかねませんので、好感度を落とさない為にも控えめを心掛けましょう。

彼氏がいる人いない人関係なく知っておきたい電話のマナーをご紹介

今、彼氏がいる人、いない人様々だと思いますが、最低限の電話のマナーを知っておくようにしましょう。電話の時間はライフスタイルによっても異なりますが、夜の21時から遅くても23時くらいがベターです。まだ親密になっていないうちは、21時から22時くらいが無難です。あまり時間帯が早すぎると夕食、入浴の時間に重なるので気をつけましょう。

そして、電話の時間は長くても30分以内、彼氏が出来て付き合い始めてからでも30分以内に留めるようにしましょう。頻度はモーニングコールなどの約束事が無ければ、遠距離恋愛であれば、週1~3回くらいで30分以内、すぐ会える距離であれば、電話の頻度が多い場合は10分以内、少ない場合でも30分以内が無難です。

男性は建設的に物を考える傾向がある為、結論の見えない無駄話を嫌う方が多いです。内容を分かりやすくまとめて、手短に伝え、早く切り上げることで、彼氏のあなたへの好感度もアップします。分かりやすく物事を伝えるというのは、彼氏との電話でもビジネス上の電話でも同じくらい重要なのです。

長続きするカップルになるための電話での注意点まとめ

今の彼氏と長続きしたい、そう思うのであれば、電話の頻度、通話時間、話す内容にしても自分本位で決めない事です。相手の都合を考えながら、もしスケジュールが把握できなければ、何をしているのか、どんな状況であるかをイメージして、電話をかけるタイミングを選びましょう。

内容選びも、人の噂話、同僚や友人の悪口は極力控えるようにしましょう。相手への思いやりの気持ちがあれば、自然と電話も早く切り上げないといけない、話も手短にする、相手の話を聞くという事は知らない内に実践できているものです。とにかく電話で話す際は、相手への思いやりを持つというのが、長生きの秘訣なのです。

もっと恋愛の情報を知りたいアナタへ!

Thumb彼氏を信じられないのが辛い。不安な気持ちから抜け出す対処法は?
Thumb社会人の恋愛のきっかけや出会いの場所は?長続きさせるコツはある?
Thumb交渉術の基本を知る!仕事や恋愛での心理的駆け引きをで成功できるかも!?
Thumb付き合い始めの3か月が重要?恋愛を長続きさせる過ごし方や行動まとめ

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-06 時点

新着一覧