ペットボトルでピザ生地が作れちゃう!材料や簡単な作り方ご紹介

ピザを手作りするとき、どんな作り方で生地を作っていますか?ホームベーカリーで作れば簡単ですが、ペットボトルでもピザ生地を作れるんですよ。ペットボトルをいったいどんな風に使うのか、さっそく材料や作り方、感想などを詳しくご紹介しますね。

ペットボトルでピザ生地が作れちゃう!材料や簡単な作り方ご紹介

目次

  1. ペットボトルで手作りピザができちゃう!
  2. ペットボトルピザはアウトドアでおすすめ!
  3. ペットボトルピザに必要な材料は?
  4. ペットボトルピザの生地を簡単に作ってみましょう
  5. ペットボトルピザの簡単な作り!成型をしてみよう!
  6. トッピングでペットボトルピザを飾る!簡単な作り方!
  7. ペットボトルピザの簡単な作り方「段ボールオーブン」
  8. ペットボトルピザの簡単な作り方「その他の焼き方」
  9. ワンボウルで作る簡単ピザの作り方も
  10. アウトドアでペットボトルピザを試してみては?

ペットボトルで手作りピザができちゃう!

こどもの手作りおもちゃや、ドレッシング、ホットケーキの生地作りなど、空いたペットボトルを便利に活用する方法はたくさんありますよね。でもなんと、ペットボトルを使えばピザ生地まで簡単に手作りすることができるって、ご存知でしたか?

ペットボトルピザは、力のいるこねたり伸ばしたりする作業が不要で簡単にできるので、お子さんにも大人気です。たくさん人をよんで、みんなでピザ生地から手作りしたらきっと盛り上がること間違えありません。

「子どもが大喜びだった」「めんどうな作業は子ども任せ」「理科の実験みたいで、食育にもぴったり」「手でこねた方がおいしいけど、アウトドアには最適」など、ペットボトルピザは口コミでも評判です。

ペットボトルピザはアウトドアでおすすめ!

ペットボトルピザの最初の考案者は、島根県益田市で活動するボランティア団体の「ネイチャーキッズ寺子屋」です。災害時にも手に入りやすいペットボトルや段ボールを使って温かいピザが作れるということで、いざという時の練習としても注目を浴びています。

アウトドアでペットボトルピザソースをを作るなら、後片付けもラクチンです。出来たピザ生地を伸ばすときに粉が飛び散ったり、ピザソースを塗るときににソースがこぼれてもあわてません。だから、お子さんにも安心してお手伝いをまかせられます。

もちろん、休日におうちでのんびりと作るのもおすすめです。室内の場合には、新聞紙などを広げた上でまな板やクッキングシートをしいて作業すれば、散らかるのを気にせずにのびのびと作業できますよ。

ペットボトルピザに必要な材料は?

それではさっそく、ペットボトルピサの作り方を詳しく見ていきましょう。コツさえつかめば、初めてでもかんたんに作れます。

用意する材料は、まずペットボトルです。ペットボトルには、お茶などが入った底が平らなタイプと、炭酸飲料の入った底のへこんたタイプがあります。ペットボトルピサでは、中で発酵が行われて膨張するので、炭酸飲料のタイプを用意してください。ペットボトルをきれいに洗ったら、雑菌が繁殖しにいようにしっかり乾かしてから使いましょう。

ほかの材料は、通常のピサと同じです。NHKあさイチで紹介されていたレシピでは、小麦粉110g、バター10g、砂糖3g、ドライイースト3g、水6ml、塩少々です。あとは、トマトソースとお好きなトッピングを用意してください。

ペットボトルピザの生地を簡単に作ってみましょう

作り方はまず、ペットボトルにトマトソースとトッピング素材以外のすべての材料を入れます。材料を入れる手順は、最初に水、砂糖、溶かしバター、イーストを入れて軽く振り、後からじょうごなどを使って小麦粉、塩を入れます。じょうごがなかったら、三角に折った紙を使っても大丈夫です。それからきっちりとフタを閉め、シャカシャカとペットボトルをシェイクしましょう。

材料がまとまるまで、10分くらい頑張って振り続けてください。生地らしくまとまってきたら、中身を回すようにぐるんと振ってペットボトルのキャップの方に寄せます。お腹の中に入れて、体温で30分くらい発酵させたらピザ生地の出来上がりです。夏の暑い日には、室温に置くだけでも発酵します。生地の大きさがだいたい2倍くらいに膨らみ、ペットボトルが張っているようならOKです。

ペットボトルから生地を取り出す際は注意して!

動画をご覧になればよくわかりますが、ピザ生地が完成してペットボトルのフタを開けると、ピシューっと勢いよく中身が飛び出してきます。せっかく一生懸命ペットボトルをシェイクして作った生地ですから、床などにこぼさないように、注意して開けてください。

ピザ生地を発酵させている間に、あらかじめクッキングシートや打ち粉をしいたまな板などを用意しておくとスムーズに生地を取り出せます。もし生地が途中でペットボトルから抜けなくなってしまったら、菜箸などでかき出すか、はさみでペットボトルを切り取るとよいでしょう。

ペットボトルピザの簡単な作り!成型をしてみよう!

ピザ生地を成型して、トッピングしていく作業も手作りならではの楽しみですよね。ここからは、一般的なピザの作り方と同じように進めていきます。

打ち粉をふったまな板や、クッキングシートの上に生地を置いたら、めん棒を使って奥の方から手前に伸ばしていきます。ふっくらとしたふちを作りたければ、その部分は残しておきましょう。生地を回転させながら伸ばしていくと、きれいな円形のピザが作れます。直径25㎝~30㎝くらいの円になったら完成です。

クリスピー生地に仕上げたければ、フォークでまんべんなく刺して、穴を開けてください。手作り風のふっくらもちもちピザにしたければ、穴は開けずにそのままトッピングに入ります。

トッピングでペットボトルピザを飾る!簡単な作り方!

生地がきれいに伸ばせたら、まずはトマトソースを塗ります。お好みでバジルソースを塗ったり、またソースの代わりにオリーブオイルと塩をふってもおいしいです。

ソースを塗ったら、お好きな具材をトッピングしてください。クリスピーピザにしたければ、モッツァレラチーズ、バジルだけのマルゲリータや、ハムやベーコンなど水気の少ないものを少しだけにしておくとパリッと焼きあがります。手作り風なら、お好きな具材をたっぷりどうぞ。あらかじめ具材に火を通しておくと、生地がべちゃ付かずに済みます。

各自で好きなものをトッピングして、分け合いながら食べるのも楽しそうですね。お子さんと何をトッピングしたいか話し合いながら、買い物を一緒にしても食育になります。

ペットボトルピザの簡単な作り方「段ボールオーブン」

アウトドアでは、段ボールでオーブンを手作りするのもおすすめです。本格的過ぎて難しく感じるかもしれませんが、成功したらきっと一生の思い出になるはずです!熱伝導の仕組みまで学べちゃいます。

用意するものは、大きめの段ボール箱、焼き網2枚、ステンレス皿、長い金串4本、アルミホイル、障子のり、はけ、ハサミ、ガムテープ、メジャーなどです。

まず段ボールの側面に、焼き網をのせるための金ぐしの穴を開けます。段ボールの上から10cmと20cmの2ヶ所に、焼き網より少し狭い幅で2つずつ開けてください。段ボールの反対側にも同じように開けます。次に、段ボールを切り開き、薄めた障子のりでアルミホイルを張りましょう。それからもとの箱に戻します。段ボールの側面には、空気穴を空けてください。

針金を通して網を置き、ステンレスの皿を置いたら手作り段ボールオーブンの出来上がりです。ステンレス皿には灰をしいて、火を付けて十分に熱した炭をのせましょう。十分に段ボールオーブンが熱されたら、いよいよピザを入れてください。15分もすれば、おいしい手作りピザが焼き上がります。

詳しくはこちらの動画をどうぞ

こちらの動画では、子どもたちがとってもイキイキと楽しそうにペットボトルピザを作っている様子から、段ボールオーブンでこんがり焼き上げる様子まで詳しく見ることができます。

ペットボトルピザの簡単な作り方「その他の焼き方」

ペットボトルピサはもちろん、一般的なオーブンやフライパンでもちゃんと焼けますよ。

オーブンなら上段に鉄板を設置して、250℃くらいの高温でいっきに焼き上げるのがおすすめです。焼き時間はだいたい10分くらいです。オーブンがない場合には、あらかじめ熱しておいた魚焼きグリルにオーブンプレートをしいて焼くこともできます。

フライパンピザ

フライパンの場合では、トッピングする前にオーブンシートごとピザ生地の両面を焼いておきます。パリッと焼けたところでピザソース、トッピング、チーズをのせてふたをしたら、チーズがとろけるまで焼いて完成です。トッピングした後は、魚焼きグリルで仕上げてもOK。

Thumbフライパンで作れるピザレシピまとめ!簡単・手軽に焼く方法を紹介

ワンボウルで作る簡単ピザの作り方も

ペットボトルをシャカシャカふって作るレシピのほかにも、ピザ生地を簡単に手作りする裏ワザがあります。こちらの方法は、なんと混ぜてまとめるだけなんです。

ボウルに小麦粉、塩、ドライイーストを入れてよく混ぜたら、水を加えざっくりとひとまとめにします。あとはそのまま、4時間ほどほっておくだけ。生地ができたらガス抜きして少し休ませ、薄くのばしてトッピングしましょう。発酵に4時間も待てないという場合には、ボールにラップをかけて500~600Wのレンジで20秒加熱してもOKです。

アウトドアでペットボトルピザを試してみては?

ペットボトルをシャカシャカふるだけでピザ生地ができるなんて、遊び感覚で楽しく作れそうですね。10分も振り続けるのは疲れそうですが、お子さんと交代しながら振ればそれほど苦になりません。休日にご家庭やアウトドアで、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-12-03 時点

新着一覧