太らないおつまみをお酒のお供に!簡単レシピ&コンビニのおすすめ商品

毎日の暮らしで役立つ太らないおつまみのレシピやコンビニおつまみをまとめました。ダイエット中でもお酒を美味しく飲むには太らないおつまみを取り入れることが大切。太らないおつまみを暮らしの中で取り入れて、ストレスなくダイエットを楽しみませんか?

太らないおつまみをお酒のお供に!簡単レシピ&コンビニのおすすめ商品

目次

  1. 太らないおつまみでダイエット中もお酒を楽しみたい!
  2. お酒を飲むときはおつまみを食べた方が太らないようになる?
  3. お酒を飲むときは食物繊維を含んだおつまみを食べて太らないように
  4. 続いてカロリーの低い系の太らないおつまみを食べよう
  5. 物足りないときは脂肪分を含んだおつまみで太らないように
  6. コンビニでも買えるおすすめの太らないおつまみ
  7. ダイエット中は避けておきたいおつまみは?
  8. 低カロリー&高タンパクな鶏ハムは太らないおつまみに最適
  9. 食物繊維豊富なキノコソテーも太らないおつまみとしておすすめのレシピ
  10. 肝臓をサポートする豚キムチのおつまみレシピで太らないように
  11. 太らないおつまみをダイエット中の暮らしに活用しよう!

太らないおつまみでダイエット中もお酒を楽しみたい!

暮らしに役立つ太らないおつまみとは?

「美味しいお酒を飲みたい!」「けど、今はダイエット中だからおつまみは太らない物を選びたい」というときがありますよね。毎日の暮らしの中でお酒を楽しく飲むためには、太らないおつまみを取り入れることが大切。カロリーの高いお酒にカロリーの高いおつまみを合わせてしまうと、脂肪がたまり、体重が増える原因になってしまいます。

日々の暮らしで美味しくお酒を飲むためには太らないおつまみを取り入れることが大切になります。太りたくないからとおつまみやお酒を我慢していてはストレスが溜まって暴飲暴食の原因になってしまう場合もありますよね。翌日起きてから食べ過ぎた罪悪感を感じるのは避けたいもの。太らないおつまみで美味しくお酒を飲みましょう!

レシピやコンビニを活用しよう!

「太らないおつまみってどんなもの?」「太らないためにはどのようにしておつまみを食べたら良い?」といったときの暮らしに役立つ太らないおつまみの情報をまとめました。太らないおつまみを取り入れれば、お酒もぐっと美味しく飲めるはず。コンビニで手に入れられる気軽なおつまみから簡単な手作りおつまみまで、太らないお酒のお供をチェックしていきましょう!

お酒を飲むときはおつまみを食べた方が太らないようになる?

アルコールの代謝で消費されるタンパク質やビタミンB

太らないためにはそもそもおつまみを食べない方が良いのでは?と思ってしまいがちですが、それはNG。肝臓はアルコールを分解するためにビタミンBやタンパク質を消費します。お酒ばかりを飲んでいるとタンパク質やビタミンBが不足し、肝臓が疲弊する原因に。

太らないおつまみを食べることがダイエット中の暮らしには大切

肝臓が疲弊するとアルコールの分解率が落ち、体の代謝も悪くなります。二日酔いになりやすくなる他、肝臓に悪影響を与える場合も。お酒ばかりを飲むのではなく、適度に太らないおつまみを取り入れることが健康的な飲酒をする上で大切になります。アルコールを摂取するときは、ビタミンBやタンパク質を中心としたおつまみを摂ると良いですね。

お酒を飲むときは食物繊維を含んだおつまみを食べて太らないように

野菜類を食べて糖質の吸収をゆるやかに

それでは、太らないようにするためにはどのようにしておつまみを取り入れていけば良いのでしょうか?最も大事なのはおつまみを食べる順番。太らないおつまみを食べる順番をおさえておくことで、健康的にお酒をたしなめるようになります。まず食べておきたいのが食物繊維を豊富に含んだ野菜系のおつまみ。食物繊維は脂肪の吸収をゆるやかにし、太りにくい状態へと導いてくれます。

トマトやレタス、キャベツなど食物繊維を豊富に含んだ食材をまずおつまみとして食べるようにしましょう。キノコや枝豆といった食材もおすすめ。ただし、ポテトサラダはNG。ジャガイモは糖質をたくさん含み、ダイエットの妨げになってしまいます。糖質が少ない食物繊維が豊富な食材を中心にいただいていきましょう。

続いてカロリーの低い系の太らないおつまみを食べよう

タンパク質が豊富で低カロリーなおつまみがおすすめ

食物繊維系のおつまみを楽しんだら、次はカロリーが低く高タンパクなおつまみを中心にいただくようにするとダイエット中でも安心してお酒を飲めるようになります。お刺身や焼き鳥、豆腐、貝類などを食べるのがおすすめ。これらを中心に食べることで満足感を得ながらもヘルシーに仕上げることができます。

ただし、食べるときの味付けには気をつけましょう。焼き鳥はタレではなく塩味のものを食べるのがおすすめ。タレには塩分や糖分が多く含まれているのでダイエットの妨げになってしまうことがあります。肉系でタンパク質を摂取するときは、なるべく脂肪分が少ないものを選ぶのも大切。食材を厳選して、太らないおつまみを楽しんでくださいね。

物足りないときは脂肪分を含んだおつまみで太らないように

チーズやナッツ類がぴったり

「まだもうちょっと物足りないなあ」というときは、脂肪分を含んだおつまみを食べましょう。チーズやナッツが最適。「チーズを食べると太るのでは?」と思いがちですが、糖質が少ないのでダイエット中のおつまみには向いています。ただし食べ過ぎはカロリー過多になってしまうので要注意。少しずつ味わうようにしていただくようにしましょう。

ナッツは食べ応えがあり、ビタミンやミネラルなどの栄養が豊富なので健康的なおつまみを楽しみたいときにぴったり。よく噛んで食べることで少量で満足感を得られるようになります。ただし、ナッツを食べるときは無添加の素焼きを選んでください。塩などの添加物がある場合はカロリー過多になってしまいます。

シメで炭水化物を食べるのはNG!

「まだ物足りないから……」と炭水化物系でシメるのはNG。炭水化物は体に溜まって脂肪になりやすく、ダイエットの妨げになってしまいます。お酒を飲む夜の時間帯は代謝が下がっており、さらに脂肪を溜め込みやすい状態になっているので要注意。物足りないときはチーズやナッツを少量ずつ食べて満足感を得るようにしましょう。

コンビニでも買えるおすすめの太らないおつまみ

茹で枝豆

コンビニでも購入できる太らないおつまみとしてあげられるのが、茹で枝豆。枝豆には代謝を上げ、二日酔いを防止する効果もあると言われているのでぜひおつまみとして取り入れておきたいですね。

キムチ

脂肪燃焼効果のあるカプサイシンを含んだ唐辛子を使用しているキムチもおすすめのコンビニおつまみ。キムチに含有されているナイアシンは二日酔いを防止する働きもあるとされています。食べ過ぎは塩分の取りすぎになるので少量にしてくださいね。

ダイエット中は避けておきたいおつまみは?

フライドポテト

ダイエット中に避けておきたいおつまみの代表格がフライドポテト。糖質を多く含んだジャガイモを油で上げているので高カロリーかつ体に脂肪としてたまりやすくなっています。

甘辛い味付けの料理

麻婆豆腐や牛スジ煮込み、田楽といった甘辛い系の味付けのおつまみは糖分や塩分が多く含まれていることが多く、ダイエットの妨げになる場合があります。なるべく塩味系の料理を選ぶのがおすすめ。

低カロリー&高タンパクな鶏ハムは太らないおつまみに最適

鶏ハムに必要な材料とレシピ

低カロリー&高タンパクな鶏胸肉を使った鶏ハムは太らないおつまみの代表格。ヘルシーなのにしっとりジューシーで食べ応えがあり、太らないおつまみとして重宝します。作り方が簡単なのも嬉しいポイント。必要な材料は、鶏胸肉3枚、砂糖と塩各大さじ1と1/2、お好みのハーブ、黒胡椒になります。

鶏胸肉は皮をとり、1枚に対して大さじ1/2の塩と砂糖をまぶします。保存袋に密閉し、半日〜1日ほど冷蔵庫で寝かせましょう。冷蔵庫から取り出し、水で塩と砂糖を洗い流したら水気を拭き取ります。ラップの上に鶏胸肉をおき、キャンディ状になるように包んでください。お湯を沸騰させた鍋の中に鶏胸肉を入れ、再び沸騰したら蓋をして火を止めましょう。お湯が冷めたら完成です。

食物繊維豊富なキノコソテーも太らないおつまみとしておすすめのレシピ

キノコソテーに必要な材料

食物繊維が豊富なキノコソテーは、血糖値の上昇を緩やかにする太らないおつまみ。脂肪の吸収をおさえ、ヘルシーにおつまみをいただくことができます。キノコ自体も低カロリーなのが魅力。エリンギやシメジなど、好みのキノコを使ってソテーを作ってみてはいかがですか。

必要な材料は、好みのキノコ適量、パプリカ1/2個、ニンニクひとかけら、オリーブオイル、塩胡椒になります。好みで玉ねぎやニンジンといった野菜をプラスしてもOK。ボリュームアップしておいしくいただけます。カレー粉を入れて風味を加えるのもおすすめ。

キノコソテーのレシピ

キノコは適当な大きさにカットしたり、石づきをとってほぐしたりしておきます。みじん切りにしたニンニクをオリーブオイルで炒め、香りが出てきたらキノコを入れましょう。キノコが少ししんなりしてきたら細切りにしたパプリカをプラス。全体に火が通ったら塩胡椒で味を整えて完成です。

肝臓をサポートする豚キムチのおつまみレシピで太らないように

豚キムチに必要な材料

ビタミンBとタンパク質が豊富な豚肉は肝臓がアルコールを分解するときのサポートになる食材。脂肪燃焼を促すカプサイシンを含むキムチと合わせれば、相性ぴったりなおつまみの完成です。太らないようにするためには豚肉のヒレを使うのがおすすめ。脂肪分が少なく、さっぱりといただくことができます。

必要な材料は、豚肉200g、キムチ100g、ニンニクひとかけら、生姜ひとかけら、ごま油大さじ1、めんつゆ大さじ1/2、塩胡椒になります。お好みでキャベツや玉ねぎを入れても美味。好きなようにアレンジしてみてくださいね。

気軽に作れるレシピ

豚肉は適当な大きさにカットして塩胡椒で下味をつけておきます。みじん切りにしたニンニクと生姜をごま油で炒め、香りが出てきたらざく切りにしたキムチをプラス。軽く炒め合わせたら豚肉も入れて、色が変わるまで炒めていきます。めんつゆを回し入れ、味が足りないようなら塩胡椒で調味して完成。

太らないおつまみをダイエット中の暮らしに活用しよう!

ダイエット中でも、太らないおつまみを選んでいけば美味しくお酒を飲めるようになります。今回ご紹介したポイントをおさえて、ストレスなくおつまみを楽しんでくださいね。

合わせて読みたい!おつまみに関連した記事

Thumbヘルシーおつまみの人気レシピまとめ!野菜を使った簡単レシピなど。
Thumb日本酒に合うつまみレシピは?コンビニやスーパーのものも人気あり!
Thumb宅飲みのおつまみ・お酒のおすすめメニュー!皆でも一人でも楽しく!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-27 時点

新着一覧