面接の自己紹介まとめ!転職での面接のポイントや対策の例文を紹介!

転職したい会社を見つけ悩んでしまうのが面接ですよね。特に面接の自己紹介は何を話したらいいのか悩んでしまう場面ではないでしょうか?そこで今回は転職での面接における自己紹介の対策とポイントをまとめてみました!例文もありますので面接対策にうってつけですよ!

面接の自己紹介まとめ!転職での面接のポイントや対策の例文を紹介!

目次

  1. なんで転職の面接で自己紹介をするの?
  2. 転職における面接での自己紹介は徹底的に準備するに限る!?
  3. 転職における面接の自己紹介は1分以内に!
  4. 転職における自己紹介の基本的な構造とは?
  5. 転職の面接で印象をUPさせるためにできる対策方法!
  6. これは使える!転職の自己紹介の例文!
  7. どうしても転職での面接における自己紹介が長くなる時はどうしたら?
  8. 面接で自己紹介をするときに気をつけたいポイント!
  9. 転職における面接の自己紹介後はどんな感じで行うといい?
  10. 転職における面接の際の自己紹介についてご紹介しました!

なんで転職の面接で自己紹介をするの?

そもそもなぜ、面接で自己紹介をするのかというと、履歴書や職務経歴書ではわからない人間性をしるために自己紹介をしてもらうといわれています。”自分の考えを簡潔話せるか”・”どんな仕事をしていたのか”などを見て経験や企業にマッチしているかどうかを見極めるために自己紹介をするといわれています。

転職における面接での自己紹介は徹底的に準備するに限る!?

転職における自己紹介なんてそんなに準備が必要ないと思うかもしれませんが実はきちんと準備するかしないかで当時あせってしまうかしまわないか差が出てきます。そこでここではなぜ転職の面接での自己紹介を事前に準備したほうがいいのかをご紹介していきます!

1.採用不採用は面接での自己紹介で決まる!

履歴書や職務経歴書の経歴も大事ですが、実は面接における自己紹介は最初の第一印象になりますのでその自己紹介が面接できちんとできるかできないかで面接官や採用担当者が自分の会社に合うか合わない人材かを判断してくれます。なので事前に準備することがとても大事なのです!

2.自己紹介からスムーズに面接が進む!

自己紹介は短すぎず長すぎず行うのがベストといわれていわれています!だらだら話するのは聞くほうも大変ですし、面接官も何を質問したらいいのかわからなくなってしまいます。そのためシンプルにスムーズに自己紹介を行うようにしましょう!そうすることで面接官や採用担当者も質問しやすくなりますよ!

3.転職の面接での自己紹介は自分のペースで自分をPRできる場所!

転職の面接の自己紹介ははじめに行うことが多いですよね。そこなら自分のペースで自己PRできる場所になります!この自己紹介で落ち着いて自分のペースで話すことができれば驚く質問が合っても落ち着くことができますよ!なので、シンプルに自分のペースでどんな感じでPRできるか準備することをおすすめします!

転職における面接の自己紹介は1分以内に!

では、今度は転職における自己紹介の時間についてご紹介していきたいと思います!先ほどもご紹介したように転職における面接の自己紹介は短すぎるのも長すぎるのもあまりよくありません。理想では1分といわれています。ではなぜ1分がいいのか見ていきましょう!

面接の時間を有意義に使える!

転職でも就職でも面接の多くはだいたい30分くらいの時間を設定しています。入退室などをのぞいても20分くらいしか実質の面接時間はありません。そのため面接の時間をできるだけ長く使うためにも自己紹介は短くしたほうがいいということになるのです!面接時間は自己紹介に使うのではなく面接官と会話する時間に使ってくださいね!

会話のキャッチボールができるかできないかアピールできる!

面接官や採用担当者は経歴や今までどんなことを経験してきたのかも見ていますがそういうことよりも会話のキャッチボールは大丈夫か、簡潔まとめてはなせるかを30分で見ています。どんなすばらしい経歴を持っていても会話が成り立たないんじゃ欲しい人材とはいえませんよね。なので1分くらいで自己紹介をするということは面接でとても大事なことになるということなのです!

転職における自己紹介の基本的な構造とは?

では、今度は自己紹介の例の前に転職にける自己紹介の基本的な構造をご紹介していきたいとも思います!この構造さえつかめば簡単に自己紹介をつくることができますよ!

1.挨拶

まず、自己紹介の基本といえる挨拶から見ていきましょう!最初は名前をいい、その後お礼をいうといいですよ。(例:○○○○と申します。本日はお時間を頂きましてまことにありがとうございます。)こんな感じで挨拶をすると面接官や採用担当者の印象をUPさせることができます!

2.職務経歴

株式会社○○に新卒入社して○年、法人向け営業職として大手企業を対象に営業に取り組んで来ました。開拓した企業は通算○○社程度、年間約○○万円の売上に貢献しました。実績の大きい顧客の取引拡大に向けたソリューション型営業を中心に、新規顧客開拓営業も経験しております。

こんな感じで職務経歴を説明していきます。詳しく話してしまうと1分こえてしまいますので、最終学歴から今日までどんなことをしてきたのかどんな領域を担当していたのかわかりやすく相手に伝えるようにしましょう!このとき簡単に伝えるのがいいですよ!

3.自己PR

職務経歴を一通り話したら、最後は自分のPRできる部分を話しましょう。具体的なことではなく、自分の自慢できそうな部分でOKです!また長くではなく短く一文でもOK!面接官や採用担当者が”おっ!”となるようなPRにするといいかもしれないですね!

4.志望動機

自己PRが終わったら、志望動機を伝えましょう。なぜ御社に転職したいのかを面接官や採用担当者に話すといいですね!ここで大事にしたいのが面接官や採用担当者に前向きなメッセージを届けることだと思います!前向きなメッセージを終えたら、本日はどうぞよろしくお願いします。などの締めの言葉で自己紹介を終えるようにしましょう。

転職の面接で印象をUPさせるためにできる対策方法!

では、転職での面接の際の自己紹介の構造がわかったところで今度は印象をUPさせる対策方法をご紹介していきます!たった20分くらいしかないのでこれらの対策方法を知って印象UPを目指しましょう♪

対策方法その1:簡単な自己紹介だけど具体的にを目指す!

自己紹介は簡単であることが大事と先ほどもご紹介しました。でも。あまり簡単すぎるのは印象を持ってもらえません。なので簡単なんだけど具体的ということを意識しましょう!面接の自己紹介は簡単に言うと映画の予告編です。映画でも予告編が面白いと見たくなりますよね!面接官にもっと知りたいと思わせるような自己紹介をすることがとても大事になってきます!

対策方法その2:数字を入れよう!

これは面接だけではなく何か大事なことを伝えたいときには数字をいれることがとても大事といわれています。たった1分しかない自己紹介だと面接官や採用担当者がメモできるのはだいたい5個までになります。なので、印象を持たせるためにも数字を入れましょう!数字はどんなことでもOKですよ!これは印象UPに欠かせないので忘れないでくださいね!

対策その3:挨拶を忘れない!

自己紹介を始めるときも終わるときも必ず挨拶を入れるようにしましょう!挨拶をすることで面接官や採用担当者にも良い印象を与えるだけではなく面接官が質問を始めるタイミングにもなります!特に終わりの挨拶はとても重要です!忘れずに挨拶をするようにしましょう!

対策その4:大きな声で相手の目を見よう!

自己紹介は、自分がどんな人間かをアピールする場面になります。それだけではなく、第一印象を与える部分にもなります。なので明るく自信をもった声で臨むようにしましょう!また、自己紹介で緊張するあまりに目が泳いでしまったり上の空になってしまうと印象が下がってしまいます。多少間違えてもいいので相手の目をみて自己紹介を行うようにしましょう!

これは使える!転職の自己紹介の例文!

○○○○(フルネーム)と申します。本日は貴重なお時間をいただき誠にありがとうございます。私は○○大学(高校・専門学校)を卒業後に○○○○年○○会社に入社し、今年で○○年目になります。

○○○○を担当しております。(今日まで行っていた内容を簡単に説明します。)今まで部下○名のリーダーシップを行ってきました。(自己PR)○○にはとても自信があります。(志望動機やなぜ面接企業に転職したいのかをここで話します。)本日はどうぞよろしくお願いいたします。こんな感じで例を参考にして自分なりの自己紹介を作っていきましょう!

どうしても転職での面接における自己紹介が長くなる時はどうしたら?

どうしても転職面接で自己紹介が長くなってしまうという人もいるかと思います。そこでここでは自己紹介が長くなってしまう人の用の対策方法をご紹介していきます!

1.転職歴が多くて職務経歴が長くなるときの対策方法!

転職歴が多くなればなるほど職歴は多くなりますよね。いちいちすべて話していたら面接の時間はなくなってしまいます。なので、一番身近の職歴を話すようにしましょう!面接官や採用担当者は身近の職歴が応募してきた職歴に合っているかどうかを見極めます。なのでできるだけ一番最近の職歴を離すようにしましょう!

2.部署の異動歴が多い時の対策方法!

今度は部署の異動歴が多い場合はどうしたらいいのかというと自分の自信のある経歴を話せば大丈夫です!転職歴とちがい異動歴は面接官や採用担当者にマッチングしているかどうか見られるということはあまりありません。なので自分が一番自信がある経歴を中心に自己PR+自己紹介などを行うようにしましょう!

面接で自己紹介をするときに気をつけたいポイント!

では、今度は面接の自己紹介のときどんなことを注意をしたらいいのかをご紹介していきます!

1.事前に準備することを忘れない!

面接官や採用担当者によっては時間を指定されることがあります。そのため事前に準備をしておくと”自己紹介どうしよう!!”ってあわてることも無いので面接日が決まったら例文をみて事前に準備をしておきましょう♪

2.大きな声でゆっくりと話そう!

自己紹介は面接の始めに行うため緊張してしまうということもあります。しかし、小さい声で話すと印象がよくありません。なので大きめの声でゆっくりと話すように心がけましょう!当日不安という人は毎日練習をするといいかもしれませんね!

転職における面接の自己紹介後はどんな感じで行うといい?

自己紹介が無事に終わった後、どのような面接を行うといいのかというと、基本的には企業側の話を聞きます。その際企業側から質問があると思いますがそれにもはきはきと答えましょう!また、最後に質問は無いか聞かれると思います。そのときもできるだけ積極的に質問することで印象をあげることができますよ!

転職における面接の際の自己紹介についてご紹介しました!

転職でも就職でも自己紹介はさけることができません。緊張をすると思いますが事前に準備をしておけば案外うまくいきますよ♪自己紹介に何を話したらいいかわからないときは例文を見ながら作るといいですね!スムーズな自己紹介をし面接を乗り切り、転職できることを夢見てがんばりましょう!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-11-29 時点

新着一覧