アンティーク着物がお洒落♪上手にコーディネートして、個性的な女子になる!

日常生活に和服を取り入れたい方に、個性的でお洒落なアンティーク着物をご紹介いたします。歴史と共に現代に受け継がれたアンティーク着物は、帯や小物との組み合わせでさまざまなコーディネートが楽しめます。レトロモダンな着物を、美しく、そしてかわいく着こなしましょう。

アンティーク着物がお洒落♪上手にコーディネートして、個性的な女子になる!

目次

  1. アンティーク着物とは?
  2. アンティーク着物を購入できる場所
  3. アンティーク着物を買う時の注意点
  4. アンティーク着物のコーディネート①長襦袢でお洒落に
  5. アンティーク着物のコーディネート②帯で個性的に
  6. アンティーク着物のコーディネート③カラフルな小物を取り入れる
  7. アンティーク着物のコーディネート④道行や羽織で個性的に
  8. アンティーク着物のコーディネート⑤足元もお洒落に
  9. アンティーク着物のコーディネート⑥レトロモダン柄で和洋折衷な装いに
  10. アンティーク着物についてのまとめ

アンティーク着物とは?

100年以上前に作られた、価値のある道具や美術品のことをアンティークと呼びますが、着物の世界では、昭和10(1935)年以前に作られた状態の良い物をアンティーク着物と呼び、それ以降に作られた使用済みの着物をリサイクル着物と呼んでいます。

アンティーク着物の格

現代まで受け継がれた着物には、打掛や振袖、小紋や紬など、さまざまな種類の着物があります。着物の格は作られた時代や値段とは異なるため、格安で手に入れたアンティークの振袖で成人式や結婚式に参列しても問題はありません。お洒落を楽しむ普段着や外出着には、小紋や紬、銘仙などが向いています。

世界遺産に登録されている群馬県の富岡製糸場が操業を開始したのは、明治5(1872)年のことです。明治33(1900)年ごろの日本は、世界一の生糸輸出国となり、昭和10年ごろに生産の最盛期を迎えました。このような時代背景から、大正・昭和時代のアンティーク着物の大半は絹で作られています。

西洋文化や近代化の影響を受けた大正時代(1912年~1926年)の文化は「大正ロマン」と呼ばれています。アール・ヌーボーやアール・デコと呼ばれる欧米の芸術の影響を受けて作られたアンティーク着物は、幾何学模様やレトロモダンと言われる個性的な柄、独特の色づかいが特徴です。また、当時は化学染料がなかったので、衣服は天然の染料で色が付けられています。

アンティーク着物を購入できる場所

呉服・着物店

着物店の中には、新品や仕立て品だけではなく、リサイクル着物やアンティーク着物を扱っている所もあります。通販に対応している店もありますが、画面と実物で着物の色が違って見えるケースもあるため、実際に店に行き、店員の説明を聞いて買うことをお勧めします。

フリーマーケットや蚤の市

骨董品やアンティークを専門に扱っているフリーマーケットや蚤の市では、古い着物はもちろん、帯留めや懐中時計などの小物が売られていることがあります。掘り出し物を見つけるチャンスですが、良い物はすぐに売り切れてしまいます。開場と同時に買い物ができるように、早めに行動しましょう。

古くから受け継がれてきたアンティーク着物は、他人が着ている衣服とお揃いになることがまずありません。もし、似たようなレトロモダン柄の着物があったとしても、羽織や帯とのコーディネートにより、自分だけのお洒落を楽しむことができます。

アンティーク着物を買う時の注意点

大雑把に言えば、アンティーク着物は昔の人が着ていた古い着物です。そのため、現代人が着るにあたり、何点か注意することがあります。アンティーク着物を安く手に入れても、仕立て直しやメンテナンスに高額な費用がかかる場合もあるので、買う前に必ず確認しましょう。

着物のサイズを確認

統計によれば、昭和10年ごろの成人女性の平均身長が約150cmであるのに対し、平成26(2014)年の成人女性の平均身長は約158cmと、日本人の平均身長は大きく伸びています。大正・昭和時代に作られたアンティーク着物は、当時の人々の体格に合わせて作られているため、現代の女性にはサイズが合わないことがあります。

古い着物のほとんどは、サイズが尺や寸で表記されています。着物の世界では鯨尺を使っており、1尺を約37.88cm、1寸を約3.78cmとして計算します。屋外で開催されるフリーマーケットなどの試着ができない事態に備えて、買い物に行く前に自分の身長を尺と寸に換算しておきましょう。

着物のサイズを選ぶときは、襟の真下から裾までの身丈と呼ばれる部分の長さを基準にします。着物の身丈と身長がほとんど変わらない場合は、おはしょりを作らずに対丈で着ることができますし、逆に身丈が大きすぎる場合は、おはしょりを長めに取って着ることができます。

布と糸の状態を確認

絹は柔らかく、軽いことが特徴ですが、変色しやすいという欠点があります。アンティーク着物には虫食いやシミがあったり、布や糸が擦り切れて弱っていたりすることもあるので、買う前に確認が必要です。保存状態に応じて、アンティーク着物やリサイクル着物をランク分けしている着物店もあります。

アンティーク着物とアンティーク風着物を見分ける

「大正ロマン」や「昭和モダン」を売り文句にしたレトロモダン柄の着物の中には、厳密にはアンティークではない着物も存在します。ポリエステルは昭和16(1941)年にイギリスで発明され、昭和33(1958)年から日本でも作られるようになった素材なので、大正・昭和初期に作られた着物に使われていることはありません。

大正・昭和初期に作られた厳密な意味でのアンティーク着物が欲しければ、店の人に着物が作られた年代を聞きましょう。着物に限らず、アンティークを見極めるのに重要なのは、本物を見て目を養うことです。興味と時間があれば、美術館や博物館に展示されるアンティーク着物を見に行ってはいかがでしょうか。

着物が作られた年代に特別なこだわりがないならば、現代人の体格に合わせて作られた現代着物で、レトロモダンな気分を味わってはいかがでしょうか。ポリエステルを使い、現代の技術で作られた着物の中には、洋服と同じように、自宅で洗濯ができる物もあります。一般的に、着物のクリーニングや手入れは、悉皆屋(しっかいや)と呼ばれる専門店が請け負っています。

アンティーク着物のコーディネート①長襦袢でお洒落に

服の下に肌着と下着を着るように、着物の下には長襦袢と下着を着けます。長襦袢は元来、人に見せる部分ではありませんが、アンティーク着物の場合、長襦袢の丈が長く、裾からはみだしてしまうこともあります。発想を逆転させ、見せられる長襦袢を着るのはいかがでしょうか。

着物の裏地や長襦袢などの普段見えない部分も、昔の人はおろそかにしませんでした。そうした部分に工夫をすることで、お洒落を楽しみ、個性的な着こなしを楽しんでいたのです。

半襟は長襦袢に縫い付けて使い、汚れたら取り外して洗います。現代では安全ピンやマジックテープで着けられるものもあり、デザインもバラエティに富んでいます。着物だけではなく、半襟でもお洒落を楽しんではいかがでしょうか。

アンティーク着物のコーディネート②帯で個性的に

洋服では難易度が高い柄物と柄物のコーディネートも、自由自在に、そしてお洒落に楽しめるのが着物の長所です。着物はもちろん、帯も古い時代に作られた物が残っており、アンティーク帯として取り扱われています。

アンティーク着物に大きいサイズの物が少ないのと同じように、アンティーク帯も現代の物に比べると、短めに作られています。また、中に入っている帯芯が重いことや、状態が悪いことがあるため、アンティーク着物を買う時と同様、注意が必要です。

アンティーク着物のコーディネート③カラフルな小物を取り入れる

着物の帯は、帯締めと呼ばれる紐で固定します。帯の上に巻かれている布は帯揚げというもので、背中の帯枕を包んでいます。これらの小物は、色もデザインも実に多彩です。組み合わせ次第で、個性的な装いが楽しめます。

帯締めには帯留めを通すことがあります。江戸時代後半に誕生した帯留めには、アンティークの物や手作りの物があり、着物や帯の柄に合わせて好きな物が選ぶことができます。

普段着には自由に付けられますが、冠婚葬祭の場では付けない方が良いという考えや、TPOに応じて帯留めの素材を使い分けるという考えがあります。なお、茶道具を傷つける可能性があるため、茶席で着る着物に帯留めは付けません。

アンティーク着物のコーディネート④道行や羽織で個性的に

着物で外出する時は、道行と呼ばれるコートや羽織を着ます。これらは寒さや雨、汚れを防ぐためのもので、着物や帯と組み合わせることで、個性的に着こなせます。また、道行や羽織にも、大正・昭和時代に作られたアンティークの品があります。

アンティーク着物のコーディネート⑤足元もお洒落に

冠婚葬祭や芸事、武道などでは白足袋を履くのがならわしですが、最近では色柄つきの足袋や足袋風ソックスも流通しています。普段着に取り入れてはいかがでしょうか。

着物を着る時は、草履や下駄を履きますが、慣れていないと足が痛くなります。長い距離を歩く場合や足元が悪い所を歩く場合は、思い切って靴を履いていきましょう。お祭りに行くのに、浴衣姿でサンダルを履くようなものなので、普段着ならばマナー違反ではありません。

これを読んでいる方の中には、学校の卒業式に袴で参列した方もおられるのではないでしょうか。「大正ロマン」の代表とも言える袴は、明治時代中期から大正時代後期にかけて、女学生の制服として採用されたものです。袴には草履やブーツ、ハイヒールなど、好きな履物を組み合わせることができます。

アンティーク着物のコーディネート⑥レトロモダン柄で和洋折衷な装いに

女性の地位向上や社会進出が叫ばれるようになった大正時代には、ウェイトレスや看護師などの「働く女性」が増加し、洋服を着たモボとモガ(モダン・ボーイとモダン・ガール)が現れました。

そのような時代を反映しているのか、アンティーク着物は麦わら帽子やエプロンと組み合わせても、あまり違和感がありません。和と洋の両方に対応できるのがレトロモダン柄の魅力と言えます。

アンティーク着物についてのまとめ

近代化・西洋化が進み、女性が社会に進出しはじめていた大正・昭和初期に作られたアンティーク着物は、当時の情勢や芸術の影響を受けた個性的な柄や模様が特徴です。レトロモダンとも呼ばれるこれらの着物は、帯や小物とのコーディネートにより、自分だけの着こなしが楽しめます。購入する時は、布や糸、汚れの状態やサイズを必ず確かめましょう。

着物についてもっと知りたい人はこちらをどうぞ

Thumb入学式に着物を着ていくママにおすすめしたい!柄や色の組み合わせ方まとめ
Thumbお正月は着物でお出かけ!(写真・画像有)基本のマナーも紹介

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-04-17 時点

新着一覧