甘える方法まとめ!男性が喜ぶしぐさは?苦手・下手という女性必見

昔から、しっかり者で人に甘えるなんてできない。そんな女性は、頼りになるし自立している素敵な人。でも、本当は結構しんどいのでは?こんなに頑張ってるのに、上手に甘える女性の方が、愛されるなんて理不尽ですよね。素直に甘える練習をして、もっと上手に生きてみましょう!

甘える方法まとめ!男性が喜ぶしぐさは?苦手・下手という女性必見

目次

  1. 甘えられないのはなぜ?
  2. 甘えることが下手な女性の特徴
  3. 男性は甘え上手が好き
  4. 上手に甘える方法(初級編①)男らしさに甘える
  5. 上手に甘える方法(初級編②)相手の提案を受ける
  6. 上手に甘える方法(中級編①)相手の得意分野を任せる
  7. 上手に甘える方法(中級編②)二人だけの合図で甘える
  8. 上手に甘える方法(上級編①)服の裾をちょっとひっぱる
  9. 上手に甘える方法(上級編②)疑問形で話す
  10. 上手に甘える方法(スキンシップ編)耳元でささやく
  11. 上手に甘える方法(スキンシップ編)自分から手をつなぐ
  12. やっぱりストレートに伝えるのが一番!
  13. 自分に素直になることから始めよう!
  14. 感謝の気持ちを忘れないこと
  15. 甘え上手は愛され上手

甘えられないのはなぜ?

甘えることが苦手な女性って結構たくさんいるのではないでしょうか。しっかりしていて、何でも自分でできてしまうような、かっこいい女性は憧れますよね。ただ、人に甘えられない分、我慢していたり無理をしていたり、ストレスを多く抱えたりしている可能性は高いかもしれないですね。人は一人では生きていけません。もっと上手に甘えてもいいのではないでしょうか?

甘える=媚びることじゃない

甘えるのが苦手な人は、根本的に「甘える」を勘違いしている傾向があります。甘えるということは、相手に対して媚びていると思ってしまうのです。または依存していると考えます。依存や媚びている態度は相手にも伝わります。このような一方的な要求は単なるわがままに過ぎません。本来は「信頼して力になってもらう」「スキンシップをとる」ということなのです。

甘えることが下手な女性の特徴

しっかりしていて責任感が強く、基本的にまじめ。小さいころから自分の事は自分でやること、と教わって成長してきている場合が多いです。甘えることは、相手に迷惑をかけてしまうことだと思い込んでいるので、人に甘えようという概念がないです。自分に厳しい分、他人にも厳しいため、甘えてる人を見ると、ついイラっとしてしまいます。

素直になれないツンデレさん

上手に甘えてる人を、うらやましいと思いつつ、自分からは甘えることができない素直じゃないタイプ。出会いから冷たい態度をとることが多いです。本当は甘えたいと思っているので、練習をして苦手意識を克服すれば、なんとか甘え上手になれるかもしれません。ツンデレも魅力的なのですが、あんまり意地を張っているのは考えものです。まずは自分にできることから少しずつ甘えるようにしてみるといいですよ。

本当は臆病な恥ずかしがり屋

自分にできない事を人にやってもらう時、自分の弱みを見せたような気持ちになります。「こんな事も出来ないの?」と思われてるようで恥ずかしいのでしょう。自分の自信のなさがバレるのが不安なのです。また、甘えてみたところで拒否されたらどうしよう、とネガティブに考えます。受け止めてもらえなくて、傷つくことを何よりも恐れているのです。せっかくの出会いも自分から遠ざけている可能性があります。

Thumb彼氏に寂しいと言えない彼女へ!我慢しないで想いを伝える方法

男性は甘え上手が好き

どんなに一生懸命ひとりで頑張ってみても、まわりはほとんど気にもしてくれないものです。結局は甘えることの上手な女性の方がモテます。なぜなら、男性は甘えられるのが好きだからです。可愛く甘えてこられたり、頼られたりすると、はりきってその要求に答えてくれます。頼られることで自分の自信につながるからです。自分の価値を認めてもらい、喜んでくれるのは、人として嬉しいものです。

一人で解決しようとする姿勢は立派ですが、周りの人は信頼されていないと感じてしまうでしょう。付き合っている彼女が、出会いから全く甘えてくれなかったら、自分は何のためにいるんだろう?と思ってしまうのと一緒です。やっぱり甘えてもらったほうが嬉しいですよね。自分でも何かしてあげたいと思うのが男性の心理です。特に好きな相手ならなおさらです。

男性は、素敵な女性との出会いがあれば、彼女の為に色々とやってあげることに喜びを覚えるものです。それを拒否することは、相手の好意を踏みにじることでもあります。逆の立場だったら悲しくなりますね。では、どうしたら上手に甘えることができるようになるのか、その方法を見ていきましょう。自分には無理!と思わず、できることから挑戦してみてください。

Thumb甘え上手な女性の特徴!わがままな女との違いや上手になる方法は?

上手に甘える方法(初級編①)男らしさに甘える

まずは、比較的簡単に甘えやすい部分から練習していきましょう。どんなに頑張っても、身体的に男性と女性では違います。重たい荷物を運んだり、高いところのものを取ってもらったりという動作はお願いしやすいのではないでしょうか。頼まれたほうも、嫌な気持ちにならずに自然と手伝いやすいといえます。上から口調じゃなくて、可愛くお願いするしぐさで頼んでみましょう。

意外なところではペットボトルの蓋を開けてもらうというものありました。甘えることが苦手な女性から見たら、何そのブリッ子!と思ってしまいますが、実は男性ウケはかなりいいしぐさのひとつです。そして、やってもらったことに対しては、きちんと感謝の言葉を伝えましょう。相手も気分よくなりますし、次回もきっと手伝ってくれます。

上手に甘える方法(初級編②)相手の提案を受ける

自分から甘えるのは苦手でも、相手からの好意ある提案は素直に受けてみましょう。出会いから「いいよ、自分でやるから」なんて冷たく拒否してきた甘え下手さんは、次は「お願いするね」と素直に言ってみましょう。任されたら相手も信頼されていると感じてはりきるし、お任せした分、結果的に自分も楽になるはずです。そうやって少しずつお願いに慣れていけば、上手に甘えることも自然とできるようになるでしょう。

ただし、いつもいつも全面的にお任せしていると、気が引けて落ち着かない気持ちになるのが、甘え下手の特徴です。100%甘えきれないのですね。そんな時は、一緒にやることを提案してみましょう。自分も手伝えば、相手に任せっきりの罪悪感も減りますし、何かを一緒にやることでコミュニケーションもとれます。感謝の気持ちを大切にしながら、相手の好意を上手に受け止めてください。

上手に甘える方法(中級編①)相手の得意分野を任せる

いくら相手が可愛い女性でも、出来ないことや苦手なことで頼りにされても男性は困ってしまいます。まずは相手の得意なことを見極めて、頼んでみましょう。機械の事や車の事などは苦手な女性も多いですし、自分には難しい分野を手伝ってもらいましょう。相手は自分のできることなら、はりきってやってくれます。自分の得意なことが役に立つと、男性は嬉しいものです、

そして忘れてはいけないことが、ありがとうを伝えることです。相手に迷惑をかけてしまったかもしれない、無理して手伝ってくれたのかもしれない、と、男性の好意を素直に受け取れない甘え下手さんは、なおさらのこと、ありがとうと言葉に出して伝えましょう。感謝をきちんと伝えて、また次もお願いしますと甘えてみましょう。きっと快く受けてくれるでしょう。

上手に甘える方法(中級編②)二人だけの合図で甘える

甘えたい相手が彼氏や好きな男性の場合は、二人だけしか分からないしぐさや言葉で甘える方法もあります。わざとあだ名で呼んでみたり、ふざけて呼び捨てにしてみたりするのもいいかもしれません。よく、ケンカしているように見えて実はじゃれているカップルを見ますが、このパターンです。また、二人きりの時に交わした言葉で二人の印象に残っていることを繰り返してみるのもひとつの方法です。

二人にしか分からないというドキドキ感が特別な雰囲気を作り出して、ちょっと素直になれるかもしれません。せっかくの素敵な出会いを、つまらない意地で台無しにしてはもったいないです。可愛いしぐさで「もっと一緒にいたい」アピールをしてみましょう。ただし、人前では恥ずかしがる男性もいるので逆効果になる恐れがあります。あくまでも空気を読みながら、彼にだけそっと甘えてみてください。

上手に甘える方法(上級編①)服の裾をちょっとひっぱる

彼の後ろからでているシャツの裾をちょっと引っ張る彼女。なんだかあまりに王道すぎてびっくりしますが、このベタなしぐさに男性はメロメロになってしまうのです。ハッキリ言葉で伝えることができなくても、何かを訴えかけているようなこのしぐさにドキドキしてしまうのでしょう。ちょっと上目遣いで見つめれば、もう言葉はなくても完全に甘え上手の仲間入りです。

さらに腕に抱きつく、という上級しぐさもおすすめですが、そこまではさすがに甘え下手さんには無理でしょう。ちょっと裾を引っ張るこのしぐさを推奨しますので、ぜひマスターしてください。出会いから今まで、そんなキャラじゃないと思われる、絶対に普段はやらない女性こそ、たまに見せるこんなしぐさにぐっときてしまうのです。

上手に甘える方法(上級編②)疑問形で話す

甘えるのが苦手な女性は、どんな言葉で甘えたらいいのか分からない場合が多いですよね。そこで使えるのが疑問形の会話。「お休みだからどっか行かない?」「お腹すいたからご飯食べに行かない?」と相手に選択肢を残して会話します。本当は一緒に行ってほしいのですが、正直に伝えられない時はちょっと回りくどいけど、疑問形で話してみましょう。

上手に甘える方法(スキンシップ編)耳元でささやく

甘えることが下手な女性は、彼ともっと一緒にいたい、イチャイチャしたいと思っても、それを言うことができません。断られたら傷つくのではないかと臆病になっているのです。自分に自信がないせいか、スキンシップも彼からくるのを待つだけ。出会いから常に防御の体制では彼への愛情も伝わりませんね。甘えベタが彼を不安にさせている可能性もあるのです。

男性はとにかくスキンシップには弱いもの。話をする時、小さな声で耳元でささやいてみましょう。自然と距離が近くなるので、思わずドキッとするでしょう。彼にしか聞こえない距離で「今日は帰りたくないなぁ」なんてささやいたら、完全に甘え上手といえますね。

上手に甘える方法(スキンシップ編)自分から手をつなぐ

甘えるのが苦手な女性は、手をつなぐなんて恥ずかしいこと絶対無理!と、普段言っているのではないでしょうか?そんな彼女が、いきなり手をつないできたら、彼は驚きと感動でメロメロになっちゃいますよ。出会いから今まで手をつなぎたいけど、恥ずかしいし、拒否されるのが怖いと思っているのは彼の方かもしれません。

甘えるのが下手な彼女は、意識していなくても結構冷たい態度を取りがちです。出会いからそっけない雰囲気を持っているので、彼の方も甘えにくくなってしまいます。男性だって時には大好きな彼女に甘えたいんです。自分が甘え下手だからといって、彼を甘えさせないのは気の毒です。次は自分からキスをおねだりしちゃうくらいの勇気をだしてみましょう。

Thumb男性が甘えたい時の態度と心理まとめ!甘えやすい女性の特徴は?

やっぱりストレートに伝えるのが一番!

上手に甘える方法やしぐさはいくらでもありますが、やっぱり一番はストレートに自分の気持ちを伝えることです。男性は案外鈍感で、甘えられずに強がっているなどの微妙な女心に気付いてくれない場合も多いです。とくに出会いから、甘え下手な女性の事は、まさか、甘えたいと思っているなんて考えもしません。だから、ますます今さら甘えるのは恥ずかしいと感じてしまいますよね。

でも、なにも伝えずに、解ってもらおうと思ってもそれは無理な話なのです。それに照れながらも、気持ちを素直に言ってくれる様子やしぐさは、何よりも愛おしく感じることでしょう。そして、自分に対して甘えてくれるという自信をもち、より一層彼女を守ってあげようと思うはずです。甘えるのが下手でも、思い切って素直になれば、自分も相手も幸せになることができるのです。

Thumb彼氏が喜ぶ可愛い甘え方まとめ!男性がキュンとする行動や言葉は?

自分に素直になることから始めよう!

甘えるのが下手な女性は、自分自身に素直になることが下手だと言えます。まわりの空気を敏感に感じとって、自分の気持ちとは関係なく、その場に合わせてしまう傾向があります。年齢を重ねるごとに素直になるのは難しくなっていきます。今のうちから少しずつ自分の本当の気持ちを表に出せるようにしていきましょう。この先、自分自身が楽になるためにも必要なことです。

Thumb素直になれない人の特徴とは?心理的な原因や克服する方法まとめ

感謝の気持ちを忘れないこと

人に甘えることは、相手を利用することではありません。当たり前に自分の要求を押し付けるのは、甘えることではなくわがままです。甘えたい気持ちは無理に我慢する必要はありません。ただし、自分を素直にさせてくれる相手には常に感謝の気持ちを持ちましょう。甘えることが苦手な女性にとって、素直に頼れる相手はそんなに多くはないでしょう。だからこそ、その出会いは大事にしなければいけないのです。

いくら男性が甘え上手な女性に弱いからといって、なんでもホイホイと聞いてくれるわけではありません。打算や計算で甘えてくる女性の事は、ちゃんと分かっているものです。逆に、普段は甘えることが苦手な女性が、自分を頼ってくれたら、とても嬉しく感じることでしょう。甘えさせてくれる男性には、大げさなくらいの感謝の気持ちをきちんと伝えてあげてください。

甘え上手は愛され上手

甘えるのが下手な女性は、どうやって甘えていいのかよく分からない傾向があるようです。かわいらしくアピールするようなキャラじゃないし、そんなことしたら相手にドン引きされちゃう!なんて不安なのです。でも、ちょっと勇気をだしてみてください。本当は、周囲の人たちはアナタに甘えてもらえるのを待っているのかもしれませんよ。

一人で頑張ってしまう甘え下手のあなただからこそ、何かあったら手伝ってあげよう、助けてあげようと思っているのです。人を信頼して甘えてみる。これもひとつの立派なコミュニケーションです。上手に甘えることは周りに愛されることです。きっと今までよりももっと楽に、そして自分らしく生きていけるようになりますよ!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-20 時点

新着一覧