エディ・レッドメインの経歴と出演作品は?ファンタスティックビースト主演

エディ・レッドメインの経歴やこれまでの代表的な出演作品をまとめてご紹介します。エディ・レッドメインのケンブリッジ大卒業やオスカー受賞から勲章受章といった華やかな経歴。ファンタビ以前の主な出演映画作品も。エディ・レッドメインの魅力をいろいろご紹介します。

エディ・レッドメインの経歴と出演作品は?ファンタスティックビースト主演

目次

  1. エディ・レッドメインってどんな俳優?!経歴が気になる
  2. エディレッドメインが出演した代表的な海外映画
  3. エディ・レッドメインのプロフィール
  4. エディ・レッドメインの経歴
  5. エディ・レッドメインの経歴に勲章受賞という出来事が!
  6. 気取らないエディ・レッドメインの横顔
  7. エディ・レッドメインは一児の父
  8. エディ・レッドメインの赤面エピソード
  9. エディ・レッドメインの代表的な出演作品まとめ
  10. エディ・レッドメイン出演作品『レ・ミゼラブル』
  11. エディ・レッドメイン出演作品『博士と彼女のセオリー』
  12. エディ・レッドメイン出演作品『リリーのすべて』
  13. エディ・レッドメイン出演作品『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
  14. ファンタスティック・ビーストの続編が待ちきれないファンも
  15. エディレッドメインの経歴や出演海外映画をまとめてみた

エディ・レッドメインってどんな俳優?!経歴が気になる

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』でニュート・スキャマンダー役を演じて人気を集めているエディ・レッドメイン。イギリス出身の若手海外俳優の中でも、すでにアカデミー賞の主演男優賞を受賞し、大英帝国勲章OBEを受賞するなど、実力派として知られるスターです。

ハリポタのスピンオフ作品ファンタスティック・ビーストはシリーズ化し、クリスマス映画の定番に。しばらくはエディ・レッドメインは革のトランクを抱えて魔法の杖をあやつるニュート・スキャマンダー役として知られていきそう。

ファンタスティック・ビースト以前にエディ・レッドメインが出演した映画作品で代表的なものをまとめてご紹介します。イギリスを代表する若手男優は数多いですが、エディ・レッドメインはいち早く頭角を現し、オスカーを受賞。高学歴の良家の出身で、良い経歴の持ち主であることもよく言われていますよね。

母性本能をくすぐる?!繊細なイメージのあるエディ・レッドメインの演技。これまでのエディ・レッドメインの経歴や出演した映画に興味を持ち、ファンになった人も多そうです。

エディレッドメインが出演した代表的な海外映画

エディ・レッドメインがファンタスティック・ビーストで演じたニュート

エディ・レッドメインの素顔に迫り、これまでの経歴や出演作品をご紹介していきます。映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』でエディ・レッドメインを知った人も、経歴をさかのぼってエディ・レッドメインの主演作品にふれてみたいですよね。

エディ・レッドメインの出演した海外映画。代表的な作品はファンタスティック・ビーストに限りません。ミュージカル映画やオスカー受賞作品など、今からさかのぼってエディ・レッドメインの出演海外映画を見たい人に、まとめてご紹介していきましょう。

エディ・レッドメインのプロフィール

エディ・レッドメインの経歴
本名:Edward John David Redmayne
1982年1月6日
ロンドン出身
身長:180cm
体重:76㎏
妻:ハンナ・バグショー
娘:アイリス・メアリー
2015年「博士と彼女のセオリー」でアカデミー主演男優賞受賞。
2016年大英帝国勲章OBEを受賞した。

エディ・レッドメインの経歴

ウィリアム王子の同級生

ウィリアム王子とはイートン校で同級生だったというエピソードも良く知られています。ウィリアム王子は実はエディ・レッドメインと同級生だったことを自慢しているのだとか。

エディ・レッドメインの経歴に勲章受賞という出来事が!

エリザベス女王直々に大英帝国勲章OBEを受けているエディ・レッドメイン。輝かしい経歴の持ち主でケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ出身の正統派英国俳優です。

気取らないエディ・レッドメインの横顔

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が海外・国内問わず世界的な大ヒットとなった現在でも、移動は地下鉄を利用するというエディ・レッドメイン。新聞を読みながら海外で地下鉄移動をするエディ・レッドメインの画像は時折目撃者によってSNSなどで拡散されています。ロンドンの渋滞に巻き込まれない地下鉄はエディ・レッドメインにはベストの移動手段なんだそうです。

エディ・レッドメインは一児の父

2014年に結婚。PRとしてキャリアがある奥様ハンナ・バグショーとの間には、娘アイリスちゃんも誕生し、一児のパパになっています。エディ・レッドメインはモデルとしても活躍していた人物。公式の場に登場する夫婦のさっそうとしたカップルぶりも話題になることが多いもの。奥様は一般人。愛妻家としても知られるエディ・レッドメインです。

エディ・レッドメインの赤面エピソード

映画のプロモーションなどで海外のTVに出演すると、必ず謙虚でかわいらしいドジッ子エピソードを披露するのがエディ・レッドメインの鉄板。そばかすだらけの顔をくしゃくしゃにして赤面しながら恥ずかしさに身もだえるというのは、トークショーに出演するエディ・レッドメインの定番でもあります。最近ではジェームズ・コーデンのトークショーで小学校時代のエピソードを披露されていました。

司会のジェームズ・コーデンもまた2015年にOBEを受賞。エディ・レッドメインの3歳年上で同じ小学校に通っていたことから、子ども時代のエディ・レッドメインがステージで熱唱する姿を番組で取り上げています。

仲良しというわけではなかったという二人ですが、お互いの存在はさすがに目立っていたのか知っていたようです。当時エディ・レッドメインは友達はいなかったといってまた会場の笑いを集めています。歌は得意だったというエディ・レッドメイン。ミュージカル『キャッツ』の代表的な楽曲「メモリー」を熱唱する動画が流れました。

恥ずかしさで真っ赤になっているエディ・レッドメイン。小さいころから外観にはそれほどの変化がないですよね。子ども時代の画像も目元などに変化はほとんど見えません。

子ども時代の画像にも、トレードマークのそばかすと赤毛は健在のようです。良家出身のエディ・レッドメイン。両親は金融畑で兄弟は金融のエリートや出版社のエリート、IT企業経営者といった環境で、俳優になったのはエディ・レッドメインだけということに。エディ・レッドメインが俳優を目指すことについて、家族はみんな応援してくれていたということです。

エディ・レッドメインの代表的な出演作品まとめ

1992年から俳優として海外で活躍中のエディ・レッドメイン。経歴を見れば多くの映画作品に出演していることがわかります。エディ・レッドメインの代表作といってもいい有名な海外映画の出演作品をまとめ、経歴やエピソードとともにご紹介します。エディ・レッドメインのこれまでの出演作品をチェックしたいときに、外せない海外映画作品ばかりです。

エディ・レッドメインの俳優としてのキャリア。歌が歌えるということは外せない事実ですよね。ミュージカルの名作に出演したこちらの作品からご紹介していきたいと思います。

エディ・レッドメイン出演作品『レ・ミゼラブル』

エディ・レッドメインは学生時代イートン校の生徒として聖歌隊で活躍した経歴があります。小さいころから歌って踊れる子役俳優として舞台に出演した経歴も。エディ・レッドメインの美声はミュージカル映画『レ・ミゼラブル』でも堪能できます。

ミュージカル映画の古典でもある『レ・ミゼラブル』。豪華な出演者も話題になりました。エディ・レッドメインとアマンダ・サイフリッドの共演も楽しめます。

エディ・レッドメイン出演作品『レ・ミゼラブル』予告編

恋に生き革命に生きたマリユスを演じたエディ・レッドメイン。アマンダ・サイフリッドが演じたコレットとのデュエットでも、美声を披露していました。映画『レ・ミゼラブル』でエディ・レッドメインのファンになった人もいますよね。

アカデミー賞授賞式に他の『レ・ミゼラブル』出演者とともに出席し、ステージで歌を披露したこともありました。ミュージカル好きなら外せない名作ということになりそうです。

エディ・レッドメイン出演作品『博士と彼女のセオリー』

エディ・レッドメインがスティーヴン・ホーキング博士の半生を演じた映画『博士と彼女のセオリー』は批評家の絶賛を集めました。『博士と彼女のセオリー』の演技が認められてアカデミー賞主演男優賞を受賞しています。オスカー俳優の経歴を持つことになった記念すべき作品ですよね。ホーキング博士の元妻ジェーンを演じているのはフェリシティ・ジョーンズです。

まるでホーキング博士そのものにしか見えなかったエディ・レッドメイン。稀有な科学博士の生涯と妻との物語です。出演作品ごとに全く別の人物になりきってしまうエディ・レッドメインの魅力が堪能できる作品になっています。若かりし日のホーキング博士が病に倒れ、やがて体の自由を奪われていくようすが演じられていきます。

エディ・レッドメイン出演作品『博士と彼女のセオリー』予告編

コリオグラフィーの専門家のもとで、ホーキング博士の体の動きを徹底的に体現したというエディ・レッドメイン。体が動かなくなって車いす生活になったホーキング博士の演技は、目の動きだけで感情表現をしたのだそう。エディ・レッドメインの代表作ともいえる海外映画作品です。

ホーキング博士もケンブリッジ大学を卒業した大先輩。エディ・レッドメインはホーキング博士とプライベートでも交流を持ち、アカデミー賞を受賞するとお祝いの席をもうけて、家族ぐるみで食事に出かけたというエピソードも伝えられています。

オスカー授賞式でのエディ・レッドメインのスピーチも話題になりました。受賞が発表されると、ステージで飛び上がってストレートに受賞の喜びを表したエディ・レッドメイン。若手イギリス俳優の中でも、いち早くオスカーを獲得したことに。

エディ・レッドメイン出演作品『リリーのすべて』

世界初の性別適合手術に踏み切ったリリー・エルベを演じたエディ・レッドメイン。2年続けてオスカー受賞があるのではないかと言われた演技でしたが、結果的にはリリーを支えた画家の妻ゲルダを演じたアリシア・ヴィキャンデルがアカデミー賞助演女優賞を受賞しています。

映像面では、20年代のドレスやアクセサリーなどのデティールも楽しめるスタイリッシュな仕上がりです。妻の絵のモデルで女装したことをきっかけに、リリーとして生きる道を選ぶという難しい役柄に挑戦したエディ・レッドメイン。リアリティある身のこなしで演じるエディ・レッドメインの姿は女性にしか見えなかった!

エディ・レッドメイン出演作品『リリーのすべて』予告編

1920年代のデンマークを舞台に、画家の夫婦の姿が描かれていきます。原作は2000年に出版された『世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語』。当初ニコール・キッドマンが映画化に向けてプロデューサーとして名乗りをあげていたということですが、キャスティングや監督選びで紆余曲折を経て、映画化。日本では2016年に公開されています。

男性から女性へと変化をとげるエディ・レッドメインの演技もリアリティがありました。難しい役柄に挑戦するエディ・レッドメイン。『リリーのすべて』も見ておきたい海外映画作品としておすすめです。

あまりにも強烈だったリリー役のイメージ。ホーキング博士の次の作品だけに、その演技力のすごさを再確認したファンも多かったと思います。その後はハリポタスピンオフ作品のファンタビへの出演が決定。シリーズ化も決定して現在へ至っています。

エディ・レッドメイン出演作品『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』はハリー・ポッターシリーズのスピンオフ作品。エディ・レッドメインは『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』に出演しニュート・スキャマンダーを演じています。

ニュート・スキャマンダーが活躍する『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』ですが、すでに続編についてのニュースもあれこれと伝えられています。ヒット作の第二弾のリリースまではまだ時間があります。断片的に情報が海外から伝わってきているようです。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』はハリー・ポッターの舞台から70年前にさかのぼった時代設定。全部で5部作になる予定であることが発表されています。複雑に絡み合ったハリポタのストーリーライン。ファンタスティック・ビーストの登場人物はハリー・ポッターシリーズへとつながっています。

エディ・レッドメイン出演作品『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』予告編

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の続編は2018年のクリスマス映画としてアメリカ公開予定になっています。続編には若き日のダンブルドアが登場。ダンブルドアはジュード・ロウが演じます。新たなイギリス人俳優の登場に、ハリポタファンの間でストーリーのフローがどうなっていくのか、さまざまな声が集まっていますね。

ジュード・ロウ、ジョニー・デップ、エディ・レッドメインといった人気俳優がハリー・ポッターの世界観を広げファンタスティック・ビーストシリーズを引っ張っていくことに。続編の公開が待ちきれないハリポタファンも多そうです。

ファンタスティック・ビーストの続編が待ちきれないファンも

ファンタスティック・ビースト続編、ダンブルドアとグリンデルバルドの登場が話題に

ジュード・ロウが演じると発表されている若き日のダンブルドアはジョニー・デップが演じている闇の魔法使いグリンデルバルドと同期生ということに。二人のラブストーリーが展開するのではないかともうわさされていますよね。ますますハリー・ポッターマニアがストーリーの広がりを楽しめる内容になりそうです。海外から伝えられる最新ニュースに注目していきたいですよね。

しばらくはニュート役がトレードマークになりそうなエディ・レッドメイン。これまでの出演映画のどの作品をチェックするべきか悩んだら、上記の3作品を順番に見るのがおすすめです。どの作品でも全く違う人物像をきっちりと演じ分けてしまうエディ・レッドメインの才能に、やっぱりファンになってしまいそうですよね。

エディレッドメインの経歴や出演海外映画をまとめてみた

まだまだたくさんあるエディ・レッドメインの出演作品。ファンタスティックビーストシリーズへの出演でしばらくは忙しそうなエディ・レッドメインですが、他の作品への出演も期待したいですよね。

またエディ・レッドメインについてお伝えすることがあれば、いろいろまとめていきたいと思います。

エディ・レッドメインについてもっと知りたいあなたへ

Thumbエディ・レッドメインの出演映画作品まとめ!ハリーポッター新作など
Thumbエディ・レッドメインと嫁・ハンナ・バグショーの馴れ初めから結婚まで!
Thumbエディ・レッドメインの結婚した妻・子供・性格まとめ!【画像あり】

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-10-23 時点

新着一覧