コンビニおでんは危険?いつまで販売?!買い方・カロリーなど調査

冬場などコンビニで売られていおでん、ついつい匂いにつられて買ってしまうことがあると思います。しかしこのコンビニで販売されいるおでんですが色々な添加物などが使用しれています。コンビニのおでんは危険なのか?をまとめてました。

コンビニおでんは危険?いつまで販売?!買い方・カロリーなど調査

目次

  1. コンビニのおでんって危険なの?
  2. コンビニおでん、いつでも食べられる?
  3. コンビニのおでんの危険性って?
  4. コンビニのおでんの出汁に添加物?
  5. コンビニのおでんの具材にも添加物?
  6. コンビニのおでんに何故、多くの添加物を使用するのか?
  7. コンビニのおでんの具材で使用れている添加物の種類とその性質
  8. コンビニのおでんはどうして美味しく感じてしまうのか?
  9. コンビニのおでんは長時間の放置?
  10. 衛生面を気にする人のコンビニおでんの買い方
  11. たべすぎ注意!?コンビニのおでんのカロリー
  12. コンビニおでん、まとめ

コンビニのおでんって危険なの?

コンビニのおでんって寒いときはとくに食べたくなります。おでんって出汁が滲みてとてもおいしいですよね。コンビニのおでんは、作る手間もかからずに簡単に買えるのですが、食品添加物が多く、衛生面的にどうなの?と疑問視されているようです。

コンビニおでん、いつでも食べられる?

コンビニおでんは、冬のシーズンだけ販売していると思われがちですが、実際は、結構どのシーズンも売っていたりします。ということは…どんな時期でも需要があり人気なんですね。一年中売っている店もありますが、一年中売っていないお店は、だいたい8月頃から販売していることが多いようです。夏もおでんは売れるんです。美味しいし1年中食べたくなりますよね。

あくまでも上記は一般論として①どのシーズンも売っている場合がある②8月頃から販売を開始する場合も多い。と挙げましたが、もちろん例外もあるかと思います。

コンビニのおでんの危険性って?

コンビニのおでんのおいしさ、衛生面で安心、いつでも購入出来る…この三点をさせているのが、添加物なんです。コンビニのおでんってバラ売りなので、添加物などの成分の表示義務はありません。その時点で少し危険な気もします…みなさんが普段なにげなく食べているおでん。どれだけの危険が潜んでいるのでしょうか?コンビニおでんの危険性について紹介します。

コンビニのおでんの出汁に添加物?

あの美味しい出汁にも添加物がたくさん…

コンビニおでんは出汁までもが添加物だらけなのです。かつお荒節や鰹節を使用していることを強調しているコンビニも多いのですが、ほんの少しの量をブレンドしているだけなのです。ダシの主原料として、醤油、ぶどう糖果糖液糖、砂糖、食塩、かつお節エキス、たんぱく加水分解物、化学調味料などを薄めて使用しています。

コンビニのおでんの出汁で使われている添加物の危険性?①

コンビニのおでんの出汁で使われている添加物でたんぱく加水分解物があります。これ自体は危険なものではないのですが、この添加物を作成する際に出来てしまうクロロプロパノールという発癌性物質が出汁の原料に入ってしまう危険性があります。

おでんの出汁には危険性が指摘されているようですが、実際日本ではクロロプロパノールの低減措置の対策がされていて食品に含まれるクロロプロパノールによる健康リスクは無視できるほど小さいとのことです。

コンビニのおでんの出汁で使われている添加物の危険性?②

コンビニのおでんの出汁で危険性が疑われているものが酵母エキスです。この酵母エキスは食品添加物としては扱われていません。この酵母エキスはイースト菌を含んでおり、イースト菌のアレルギー疾患を持っている人が口にすると腸内でカンジダ菌が異常に繁殖してイーストコネクションというアレルギー反応を引き起こすことがあるそうです。

これが原因でアトピー性皮膚炎等の症状を悪化させる可能性があるとのことです。その為、コンビニおでんを注文する際、「つゆだく」でという買い方をしている方も多いと思いますが、その買い方はとても危険なのです。

コンビニのおでんの具材にも添加物?

おでんの具材にも添加物がたくさん・・・

おでんの出汁もそうですが具材にも多くの食品添加物が使われています。特にちくわ、はんぺんなどの練り物には、コンビニで出すために、ローコストな製法を取る必要があるので型崩れを防ぎ、保水性や食感を整えるための添加物を使用しているのです。

コンビニのおでんの具材で使われている添加物の危険性

コンビニのおでんの具材で使用されている添加物のがリン酸塩とソルビットという添加物です。コンビニのおでんは常に出汁の中で浮いてるところ見かけると思います。

この出汁の中で長時間浮かせる効果があるのがリン酸塩とソルビットです。この添加物は人体に影響はないとされています。しかし人口的に作られたものを体内に摂取するので安全性が確認されている添加物であったとしても長期的、日常的に摂取をすると身体に悪影響がでる可能性は否定はできません。

コンビニのおでんに何故、多くの添加物を使用するのか?

見た目を重視したコンビニ業界のおでん

練り物メーカーの社長は、コンビニチェーンに練り物食品を卸す条件として8時間は出汁の中で浮いていること、汁が濁らないような具材をつくれ、汁の中で色が変わらないような具材をつくれ、など見た目も重視した具材を要求されているとのことです。

これだけの条件を満たすには添加物はかなりの量を入れないといけなくなります。しかしコンビニのおでんは添加物表示の法律には抜け穴があって、多くの添加物を使っているのにもかかわらず、表示を免除されるケースがあります。

コンビニのおでんの具材で使用れている添加物の種類とその性質

ソルビン酸

ソルビン酸はコンビニおでんの具材で使用されています。これは食品添加物でいうと保存料の1種にあたります。性質は細菌やカビの発生や増殖を抑える働きがあるので腐敗防止として食品に使われています。

リン酸塩

リン酸塩もコンビニのおでんの具材で使用されています。リン酸塩は加工食品の結着剤として使用されており、加工食品類の結着性を向上させると同時に保湿性、食材の弾力・食感を向上させる効果があります。

アミノ酸

アミノ酸はコンビニおでんの出汁、具材に使用されています。アミノ酸の性質としては食品の保存性の向上、うま味を強く出す効果があります。また水に溶けやすい調味料であり、その他の調味料と併用することで素材に含まれるうま味成分との併用による相乗効果があるとされています。

コンビニのおでんはどうして美味しく感じてしまうのか?

化学調味料による効果

コンビニのおでんは多くの添加物と化学調味料をしようして作られています。この化学調味料には人間の嗅覚に美味しいと思わせる性質が含まれています。さらに冬の寒さでおでんの魅力が増幅されてしまうと人間は暖かい食材を美味しいと感じてしまうのでコンビニのおでんは美味しく感じてしまうのです。

コンビニのおでんは長時間の放置?

コンビニのおでんの衛生面?

レジ前に置いてあるコンビニのおでんですがコンビニによっては蓋を開けっ放しになっている状態をよく見かけます。これは衛生面的にはあまりよくないです。なぜならレジ前は何にも人が立ちよるからです。もしレジの前に並んでいる人が咳やくしゃみなどしたらおでんに唾が混入する可能性も否定できません。おでんの購入をするなら蓋をしているコンビニで買うように買い方を考えるといいかもしれません。

コンビニのおでんは1日3回作り直している?

コンビニのおでんですが時期に朝、昼、夕の3回で作り直しているということです。なのでコンビニのおでんがいちばん放置されているのは深夜の時間帯とうことになります。なのでおでんが放置されていない時間は朝から昼の時間にかけていうことになります。衛生面を気にする方は時間を気にした買い方をするといいかもしれません。

衛生面を気にする人のコンビニおでんの買い方

いつまで放置されてた!?放置おでんを回避して出来立てを狙う買い方

衛生面を気にする人はコンビニのおでんを買う時間帯を気にするといいでしょう。コンビニのおでんは朝・昼・夕の3回で作り直しているとのこと、ただ、おでんがちゃんと作り直しているかは実際に見ないと分からないと思います。そこで確認する方法が出汁の色です。

長時間放置された出汁の色は濁っています。出来立ての出汁の色は透き通っているので買う際の目安にするといいかもしれません。また具材のハンペンはいつまでも放置していると出汁を吸い、膨張して大きくなるのでそれを見て判断する方法もあります。

いつまで蓋がされてなかった!?蓋をしていたか確認してから買う買い方

コンビニのおでんで蓋をしていないのは衛生面的にもあまりよくありません。おでんの蓋をいつまでもしないで放置していると埃などがおでんに混入するのでコンビニに入った際におでんに蓋がされているかどうかを確認して買う法が勧めです。

いつまで放置されていたか分からないものよりは・・・

いつまで放置されていたか分からないコンビニのおでん、蓋をいつまでもしないで放置したおでんなどは購入をしたくない、でも食べたいという人はコンビニで出来たものを買わずにコンビニで真空パックされたおでんを購入して自宅で温めて作ることもできます。

たべすぎ注意!?コンビニのおでんのカロリー

以外に低い!?おでんの出汁のカロリー

おでんの出汁のカロリーですが殆どのコンビニのおでんの出汁は大体100mlあたり20キロカロリーほどだそうです。20キロカロリーがどれくらいかというと椎茸やしめじなどのキノコ類1個分です。なので出汁を飲みすぎなければカロリーを気にすることはあまりなさそうです。

以外に高い!?おでんの具材のカロリー

コンビニのおでんの中で一番カロリーが高い具材はウィンナーやさつま揚げなどの肉類、揚げ物類です。反対に一番カロリーが低いものはこんにゃく、白滝などです。具材を選ぶときはバランスを考えるといいかもしれません。

コンビニおでん、まとめ

コンビニのおでんですが食品添加物を多く使っているのは事実です。しかし食品添加物は取りすぎなければ体には害はありません。実際に私たちが日常的に食べているものには食品添加物が使われており、重要なのは食べ過ぎないようにすることであると思います。

コンビニについてもっと知りたいあなたへ

Thumbコンビニアイスの人気商品・おすすめのアイスクリームが気になる
Thumbコンビニチキンを比較!気になるカロリーや人気ランキングご紹介

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-17 時点

新着一覧