カクテルの種類まとめ!人気の定番から知っているとお洒落なものまで

バーに行くとよく見かけるカクテルは、彩りや味、その雰囲気などによって色々な楽しみ方があります。しかし、バーに行って注文する時に種類が多すぎてなにを選んでいいのか困ってしまう事もあると思います。今回は、そんなカクテルの種類を色んな角度からご紹介していきます。

カクテルの種類まとめ!人気の定番から知っているとお洒落なものまで

目次

  1. こんなにもあった!?カクテルの種類を一挙にまとめみた
  2. カクテルの基本の「き」
  3. カクテルの種類で迷った時の選び方
  4. カクテルの種類を知ろう!カクテルのベースまとめ
  5. おすすめの【ジンベース】カクテルの種類とは?
  6. おすすめの【ウォッカベース】カクテルの種類とは?
  7. おすすめの【ラム酒ベース】カクテルの種類とは?
  8. おすすめの【テキーラベース】カクテルの種類とは?
  9. おすすめの【その他のベース】カクテルの種類とは?
  10. 飲みやすい甘いカクテルの種類まとめ
  11. 爽やかなさっぱりカクテルの種類まとめ
  12. 辛口でキリッとしたカクテルの種類まとめ
  13. 人気&定番から選ぶ!カクテルの種類まとめ
  14. お洒落で嬉しい!カクテルの種類まとめ
  15. まとめ【カクテルの種類は自分のオリジナルを見つけるのも醍醐味!】

こんなにもあった!?カクテルの種類を一挙にまとめみた

カクテルと一言で言っても、色んな種類があります。暮らしの中で、なかなか身近でない分、いざバーに行った時に迷ってしまうこともあるのではないでしょうか?そんな時でも大丈夫です!人気の定番カクテルからお洒落なものまで色んなカクテルをたっぷりまとめました。

カクテルの基本の「き」

まずは、カクテルの基本情報からお届けしていきましょう。カクテルの基礎知識と共に、カクテルの歴史も少しご紹介します。

カクテルとその歴史とは?

カクテルという飲み物は、お酒に他のお酒やジュース、色んなアイテムを合わせて作るお酒をより楽しむためのアイテムです。今は、暮らしの中にも定着し、自宅でも定番でお洒落なカクテルを気軽に飲めるようになっています。そんなカクテルの種類が豊富で、古代のローマやギリシャなどでは、昔からワインに海水を混ぜたり、各国でさまざまなアイテムで割ったりして飲まれいたそうです。

カクテルの種類で迷った時の選び方

まずは、カクテルの種類の選び方をご紹介します。選び方には、大きく分けて3つ選ぶ方法があります。暮らしの中で、カクテルを飲む時、バーに行ってカクテルを選ぶ時、色んな場面で役立ててみて下さい。

選び方①【ベースで選ぶ】

カクテルは、ベースとなるお酒とそれと合わせるジュースなどで成り立っています。そのベースで、カクテルの種類を選ぶ事が出来ます。さらに、ベースの種類には、スピリッツ言ってアルコールの濃度が高かく、蒸留酒であるジンやテキーラ、ウォッカ、ラム、その他にも暮らしの中でも身近な色々なベースの種類があります。

選び方②【味で選ぶ】

カクテルには、特徴のあるお酒やジュースなどを合わせて作るので、気分によって色んな味が楽しめます。甘い、辛い、さっぱりなどが挙げられますが、その中でもさらに細かく絶妙な風味が表現されています。

選び方③【店員さんに聞いて選ぶ】

バーや居酒屋へ行った時、カクテルの種類が多くて迷った時は、店員さんにおすすめを聞いたり、味の好みを伝えたりして口に合うカクテルを選んでもらうことも選び方の1つです。

カクテルの種類を知ろう!カクテルのベースまとめ

先ほどご紹介した3つのカクテルの選び方をさらに詳しく紐解いていていきましょう。そんなカクテルのベースとなるアイテムには、スピリッツとその他の種類があります。スピリッツは、蒸留酒でアルコール度数が強い事が特徴です。一方で、その他のベースとなるお酒には、リキュールやビール、ワインなどが挙げられます。

その①【ジンベース】

ジンは、大麦やライ麦などを原料として作られています。ジンが生まれたのは、オランダで、そこからイギリス、そしてアメリカに伝わって大人気となったそうです。そのジンの中にも種類があります。

その②【ウォッカベース】

ウォッカは、12世紀のロシアで生まれたアルコール度数の強いお酒です。ジンと同様、大麦とライ麦、とうもろこしなどを原料として作られています。無味無臭で、クセの無い味がカクテルにもよく用いられる理由です。

その③【ラム酒ベース】

ラム酒が生まれた時期には色んな説があり、原料は、さとうきびで作られています。その種類はさまざまで、色や分類、その製造方法によって無色や褐色などが挙げられます。

その④【テキーラベース】

テキーラは、19世紀ごろのメキシコで生まれたお酒です。テキーラの種類は、熟成によって3つのタイプに分けられて、そして、熟成の期間が長くなる程金額が上がるそうです。このテキーラの名前は、その原料と地名から名付けられています。

その⑤【その他のベース】

その他のベースとして挙げられるのは、蒸留酒に果実や香草などの材料と甘味料で味を加えたリキュール、穀類を原料としたウィスキーや果実が原料のブランデー、ワイン、そしてビールなどがあります。

おすすめの【ジンベース】カクテルの種類とは?

ここからは、各お酒をベースとしたカクテルの種類をご紹介します。暮らしの中で、聞いた事のある人気で定番の名前もあれば、初めて聞くカクテルの名前もあると思います。まずは、ジンベースのカクテルの種類をお届けします。

カクテル①ギムレット

ギムレットのベースは、ジンでそこへライムジューズやライムの絞り汁をプラスして作られています。ライムの絞り汁を使う場合は、甘みがあまり感じられないので、シロップを入れる事もあるようです。カクテルの種類の中でも代表的で暮らしの中で気軽に味わえるカクテルになります。

カクテル②オレンジブロッサム

オレンジブロッサムは、ジンベースにオレンジジュースを混ぜたさっぱりとした味わいのカクテルです。暮らしの中で、オレンジジュースとジンさえあれば、自宅でも作りやすいカクテルなので、好む方も多いようです。

カクテル③ブルームーン

ブルームーンは、鮮やかな紫色が特徴のロマンティックなカクテルです。その歴史は、古く1962年以上も前に遡ると言われています。

おすすめの【ウォッカベース】カクテルの種類とは?

続いては、ウォッカベースのカクテルの種類をいくつか見ていきましょう。ジンベース同様に、ウォッカベースの定番でお洒落なカクテルもたくさんあります。その中でも、目にも楽しく彩りのあるお洒落な種類をご紹介していきます。

カクテル①ブラッディ・ブル

赤い鮮やかな色が特徴のウォッカベースのカクテルです。トマトジュースとレモンジュースの中にビーフブイヨンが入っているので、カクテルのようでカクテルでないおいしくて不思議な味です。

カクテル②ブルーラグーン

ブルーラグーンは、青い湖という意味のあるブルーのカラーが特徴のカクテルです。やや辛口ですが、レモンジュースも入っているので、後味がさっぱりとしたカクテルになっています。

カクテル③チョコティーニ

チョコティーニは、名前にチョコという名前がありますが、甘さは控えめでまろやかな風味と少し度数の高い大人な味わいのカクテルです。レモンの香りや爽やかさも入っているのでさっぱりといsた味わいになっています。

おすすめの【ラム酒ベース】カクテルの種類とは?

次は、ラム酒ベースのカクテルの種類をお届けしていきましょう。それぞれのベースは、暮らしの中でそのまま楽しむ事も出来ますが、カクテルにすると色々な味を味わう事が出来ます。人気で定番のカクテルもありますが、お洒落なカクテルもあります。

カクテル①パイナップルフィズ

パイナップルフィズは、ラム酒をベースにしたパイナップルジュースとシュガー、ソーダを加えて作ったさっぱりとした爽やかな香り高いカクテルです。後味がスッキリしていて飲みやすいタイプのカクテルになっています。

カクテル②キューバリバー

キューバリバーは、ラム酒ベースにライムジュースとコーラをたっぷり混ぜた爽やかさとシュワシュワ感を感じれるカクテルです。脇に添えたライムやレモンの酸味を香りが印象的なカクテルとなっています。

カクテル③ラストキッス

ラストキッスは、ホワイトラムをベースにしてブランデー、レモンジュースを混ぜた爽やかなカクテルです。名前もロマンティックで、大好きな人に作ってあげたくなるカクテルですね。

おすすめの【テキーラベース】カクテルの種類とは?

次は、テキーラベースのカクテルの種類をお届けします。テキーラベースのカクテルにも、定番な種類や人気でお洒落な種類などがたくさんあります。ベースに使用されているお酒は、暮らしの中で気軽に買えるものばかりです。

カクテル①アイスブレーカー

アイスブレーカーは、テキーラベースで打ち解けるという意味のあるカクテルです。グレープフルーツジュースが入っているので、その酸味と爽やかなほんのり優しいピンク色がお洒落な目にも鮮やかなカクテルです。

カクテル②アンバサダー

オレンジ色が爽やかでオレンジュースの酸味と香りが印象的なテキーラベースのカクテルです。少し甘さの効いた後味がスッキリとした飲みやすい大人の味わいです。

カクテル③テキーラサンセット

淡いピンク色と脇に添えられているレモンが美しいカクテルです。カクテルの名前通りの夕日の空のような優しい印象です。レモンジュースが入っているので、味もさっぱりしていて爽やかな種類のカクテルです。

おすすめの【その他のベース】カクテルの種類とは?

最後のベースは、今までご紹介したカクテルのベース以外のリキュールやワイン、ビールなどを使ったカクテルをご紹介します。お洒落なカクテルは暮らしの中で楽しむ事によって身近な存在になっています。

カクテル①カシスオレンジ

カシスオレンジは、カクテルを初めて飲む方でも飲みやすいタイプです。カシスのリキュールとオレンジジュースをバランス良く混ぜた口当たりのいいカクテルです。お洒落な風味の中に、オレンジジュースの暮らしに慣れ親しんだ味わいが爽やかです。

カクテル②レッドアイ

レッドアイは、トマトジュースとビールをバランス良くブレンドした赤が印象的なカクテルです。レモンのスライスを添えられているものも多く、アルコールの度数も低いことが特徴です。さらに、ビールが苦手な方も飲みやすく作られています。

カクテル③ミモザ

シャンパンとオレンジジュースを混ぜて作られたカクテルです。その色合いがミモザの花に似ていることからその名前がつけられました。オレンジジュースの親しみやすい味わいとその色が心をホッとさせてくれます。

飲みやすい甘いカクテルの種類まとめ

ここからは、味を中心に見たカクテルの種類をまとめます。カクテルやお酒自体が初めての方でも、飲みやすくい甘いカクテルをまずは、お届けします。

カクテル①カルーアミルク

カルーアミルクは、その名の通りミルクなようなまろやかな味わいが特徴の飲みやすい甘めのカクテルです。ミルクと一緒に混ぜてあるので、コクのある口当たりが何杯も飲みたくなる程のカクテルになっています。

カクテル②ビックアップル

ビックアップルは、ウォッカベースのカクテルで、スクリュードライバーのオレンジジュースをアップルジュースに変えたタイプのカクテルです。アップルジュースの甘みと爽やかさ、そして、さっぱりした口当たりが飲みやすいです。さらに、シャンパンと合わせて作るのもおすすめのカクテルです。

カクテル③マリブパイン

マリブとは、ココナッツの香りとそのまま感じられるアイテムに、パイナップルジュースをブレンドしたカクテルです。アルコール濃度も低いので、初めての方にも飲みやすくお酒を始めようと思っている方にも、甘くて飲みやすくなっています。

爽やかなさっぱりカクテルの種類まとめ

次は口当たりさっぱりのカクテルの種類をご紹介します。甘口が、口に待ったり残り、苦手だと言う方にはこのさっぱりタイプのカクテルが飲みやすいかもしれませんね。

カクテル①ソルティードッグ

ソルティードッグは、ウォッカベースでグレープフルーツを一緒にブレンドした酸味のある爽やかな味わいが特徴のカクテルです。グラスの周りについた食塩が口の中で混ざり合うので、2つの味が同時に味わえます。

カクテル②ハーバード・クーラー

アップルブランデーをベースにしたリンゴの甘さと爽やかさを兼ね備えた口当たりさっぱりなカクテルです。フワッと香るリンゴの香りが印象的です。さらに、ソーダのスッキリとした喉ごしもこのカクテルの魅力です。

カクテル③マルガリータ

マルガリータは、ギリシャ語で真珠という意味を持っています。テキーラベースでさっぱりとしたレモンジュースやライムジュースとブレンドしたカクテルになっています。

辛口でキリッとしたカクテルの種類まとめ

続いては、辛口でさっぱりというよりはキリッとした口当たりや喉ごしが特徴のカクテルをお届けします。

カクテル①マティーニ

マティーニとは、カクテルの王様と呼ばれていて、ジンベースのカクテルで添えられたオリーブが特徴のカクテルです。すごくシンプルな材料で作られる点も、バーだけでなく、暮らしの中でも手軽に飲む事が出来る理由です。

カクテル②レッド・ハード

レッドバードは、ビールベースということもあり、レッドアイと似ている部分もありますが、ウォッカも入っているので、アルコールのキリッと感が一緒になっていて、バランスと後味のいいカクテルになっています。

カクテル③ウンダーベルクソーダ

ウンダーベルクとは、ドイツで有名となっている薬草酒のリキュールを使った辛口なカクテルです。世界から選び抜かれた400種類以上のハーブをブレンドした深みのある大人なカクテルになっています。

人気&定番から選ぶ!カクテルの種類まとめ

続いては、カクテルの中でも人気で馴染みのある定番のおすすめカクテルをご紹介しします。定番になるということは、人気がなければ「定番」になることがありません。それだけ、人気で名前が親しまれているカクテルをお届けします。

カクテル①モスコミュール

モスコミュールは、食前にも食後に飲んでもOKなカクテルです。ウォッカベースのカクテルで、少しパンチのある強めになっています。ジンジャエールの爽やかさも助けて、キリッとした味わいがクセになる一品です。

カクテル②スクリュードライバー

スクリュードライバーは、ウォッカをベースにしてオレンジジュースと混ぜた爽やかなカクテルになっています。リキュールでも割る事が出来て、アルコール度数の調節も気軽に出来るカクテルの種類です。

カクテル③ラムモヒート

ラムモヒートとは、ラム酒とソーダ、ミントを添えた喉ごしも香りも爽やかなカクテルです。ミントを添える事で、味だけでなく、鼻でも楽しめるのも嬉しいですね。

お洒落で嬉しい!カクテルの種類まとめ

続いては、見た目はシンプルだけどお洒落なカクテルの種類をご紹介します。人気で定番のカクテルとはまた違った魅力を秘めています。

カクテル①ブラックルシアン

ブラックルシアンは、ウォッカベースにコーヒーリキュールをブレンドしたカクテルです。サラッと飲める中で、コーヒーの香ばしい香りが鼻に残って後味も爽やかなカクテルになっています。

カクテル②ブラッディメアリー

ブラッディメアリーは、ウォッカベースのトマトジュース、レモンジュースをブレンドし、口当たりも少し濃厚さが特徴となっています。塩や胡椒などの調味料を使って味を引き締めたお洒落なカクテルです。

カクテル③マリアテレサ

マリアテレサは、その名もお洒落で記憶に残ります。テキーラベースの中に、爽やかなライムジュースとクランベリーのジュースをブレンドする事で、その鮮やかな色合いを味わいを演出しています。

まとめ【カクテルの種類は自分のオリジナルを見つけるのも醍醐味!】

いかがでしたか?カクテルの種類は、今回まとめたカクテルの種類以外にもまだまだ無限大にあります。さらに、バーに行くごとにオリジナルで人気のカクテルなどもあります。特定のカクテルを頼むのもいいですが、店員さんにオリジナルのカクテルを頼んでみるのも、お酒を楽しむ1つの方法かもしれませんね。

もっとカクテルについて知りたいアナタへ!コチラもチェック!

Thumbカクテル言葉&意味一覧表!おすすめのアプリやカクテル本も紹介!
Thumbカクテルレシピ・作り方一覧!初心者でも簡単な基本・定番カクテルまとめ
Thumbカクテルの種類と名前一覧!居酒屋にもある人気の定番カクテルまとめ!(写真あり)

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-06-14 時点

新着一覧