猫メイクのやり方をご紹介!猫メイクの道具や可愛いひげの描き方♪

ハロウィンやイベントで大人気の猫メイク!可愛いからリアルまで好みによってアレンジ可能。でも猫メイクのやり方は?どんな道具がいるの?猫メイクのアレコレを一気にご紹介します。これを参考に可愛くて人気の猫メイクをマスターしちゃいましょう。

猫メイクのやり方をご紹介!猫メイクの道具や可愛いひげの描き方♪

目次

  1. 可愛いからリアルまで!人気の猫メイク
  2. イベントにもおすすめ
  3. 猫メイクに必要なメイク道具は?
  4. あると便利!猫メイクに使えるおすすめの道具
  5. 猫メイクのポイント
  6. 簡単!猫メイクのやり方
  7. リアル!猫メイクのやり方
  8. 猫メイクのやり方を工夫して普段のメイクに応用
  9. 猫メイクを応用すれば目元ぱっちりメイクのできあがり
  10. つけまつげやカラコンでよりリアルな猫メイクに
  11. 芸能人もやってる猫メイク
  12. 猫メイクのやり方を動画でチェック
  13. 可愛い?リアル?好みが分かれる猫メイク
  14. こんな猫メイクも!チェシャ猫メイク
  15. 猫メイクのやり方や道具まとめ

可愛いからリアルまで!人気の猫メイク

ここ数年で人気急上昇している猫メイク。控えめな可愛い猫メイクからがっつりリアルな猫メイクまで色々あります。まるで本当の猫になったような気分が味わえる猫メイクは特に女性に人気!可愛いからリアルまで、猫メイクに必要なメイク道具ややり方などをご紹介します。

イベントにもおすすめ

猫メイクはインパクト抜群のメイクなのでさまざまなイベントにおすすめです。普段することのない特殊メイクのような猫メイク。イベントだからこそいつもと違ったメイクで楽しんでみませんか?

今年のハロウィンは猫メイクに挑戦!

猫メイクが一番目立つのがハロウィン。魔女やおばけなどのコスプレは定番すぎ、という方にチャレンジしてほしいですね。猫メイクは一通りのメイク道具があればあとはやり方をマスターするだけ。髪型も猫耳にして猫になりきりましょう。アレンジすれば化け猫だってできますよ。今年のハロウィンは猫メイクに決まり!

コスプレにもおすすめ

ハロウィン以外にも猫メイクが使える場所がコスプレ。猫メイクはコスプレ初心者にもしやすいメイク。その他学園祭などのイベントにもいかがですか?猫メイクは奇抜なイメージもなく、受け入れやすいメイクなのでおすすめです。リアルなものは勇気がいるかもしれませんが、少し控えめの可愛い猫メイクなら初心者でもチャレンジしやすいですよ。

猫メイクに必要なメイク道具は?

猫メイクがしたい!でも猫メイクに必要な道具は?猫メイクに必要な道具は普段使っているメイク道具で大丈夫です。特殊なものはいりません。あまりメイクをしないから道具が揃ってない、持っていないという方は100均で購入するのもアリ。練習用に100均コスメを揃えてもいいですね。もちろん本番のメイク道具を100均で揃えても大丈夫です。

猫メイクに必要な道具その1【アイライナー】

猫メイクにもっとも必要な道具はアイライナー。猫メイクの特徴である跳ね上がったアイラインを引きます。それ以外にひげや鼻などを書くのにも必須アイテムです。メイク初心者の方は線がブレにくいペンシルタイプがおすすめです。また、色の薄いペンシルタイプにすることで控えめな猫メイクになります。

はっきりとした線、リアルな猫メイクをイメージしているのであればリキッドタイプのアイライナー。ヒゲはリキッドタイプのほうが書きやすくなっています。控えめ・リアル、どちらのやり方でも可愛い猫メイクになるので好みで選んでくださいね。

Thumbアイライナー人気ランキングまとめ【優秀プチプラブランド勢揃い!】

猫メイクに必要な道具その2【アイシャドウ】

猫メイク最大のポイントは目元!なのでアイシャドウを使って目を強調させます。そこでラメのついたものやゴールドなどのアイシャドウを使うとかなり猫っぽくなります。控えめ猫メイクの場合はなくても構いません。ブラウンやグレーなど定番の色を使ってメイクすることもできます。

鼻筋にハイライトを入れるために白っぽいノーズシャドウを入れるのもおすすめです。ノーズシャドウがない場合はアイシャドウで代用してもOK!日本人の顔は海外の人に比べてあまりメリハリがありません。そこであえて顔にハイライトを入れることでくっきりとした印象にできあがります。

Thumbアイシャドウ・おすすめプチプラブランドまとめ!20代の一番人気は?

とにかくアイメイクが必須!

猫メイクに必要な道具はとにかくアイメイク用品です。目元を強調したいのでアイメイク用品があるとかなり便利になります。アイライナーひとつにしてもリキッドタイプやペンシルタイプがあると使い分けもできます。舞台などで使うステージライナーもおすすめ。色が濃く、消えにくいアイライナーです。

あると便利!猫メイクに使えるおすすめの道具

普段から使っているメイク道具以外にもあると便利な道具があります。上記に挙げたようなノーズシャドウなどもあると便利です。アイライナーもペンシルタイプとリキッドタイプの両方があれば使い分けができますよ。特に鼻を書くときにペンシルタイプで輪郭を書いてからリキッドタイプで塗りつぶすと失敗が少なくなります。逆にひげはリキッドタイプのほうが書きやすくなっています。

つけまつげやマスカラ

つけまつげやマスカラでより目元を強調するのもおすすめ。つけまつげに関しては普段使用しているものでもいいですが、せっかくの猫メイクなので花や蝶などのデザインつけまつげも。ハロウィンシーズンになればコスプレ用のデザインつけまつげがたくさん登場するのでひとつあると便利です。他の人とは違った猫メイクをしたい方はデザインつけまつげを使うといいですね。

Thumbダイソーつけまつげが人気!おすすめ「つけま」ランキング!

チークやコンシーラー

可愛い・セクシーな猫メイクをするときにあると便利なのがチークやコンシーラー。もちろんリアルな猫メイクにも使えます。口元のメイクをするときにコンシーラーで唇の色を消したりチークの上からコンシーラーで模様などを書くのも。

猫メイクのポイント

猫メイクのポイントをご紹介します。先程も記述しましたが猫メイク最大のポイントは目元!本物の猫のように可愛いメイクを目指しましょう。もちろんひげも忘れずに!

猫メイクのポイントその1【目元】

猫メイク最大のポイントである目元。よりリアルにするには目元をやりすぎるぐらい強調しましょう。ぱっちりとした目につり上がった目尻を作ります。つけまつげやマスカラを使うことでかなり目元がはっきりします。

猫メイクのポイントその2【鼻】

猫メイクのポイントその2は鼻。鼻のてっぺんに猫のような三角の鼻を書けばかなり猫らしさがアップ。鼻を書くだけで可愛い猫のできあがりです。鼻筋にノーズシャドウを入れるのもおすすめ!鼻を書くときは大きめに書くほうがいいですよ。

猫メイクのポイントその3【ひげ】

猫メイクのポイントその3はひげ。ピン!と跳ねたひげは猫メイクに必須です。ひげを書くときはリキッドタイプのアイライナーが書きやすいです。ゆっくり書くのではなく、一気に線を引くとぶれません。左右のひげのバランスが難しい場合はひげの始まりと終わりに先にペンシルタイプで印をつけて繋げると便利です。これでバランスの良いひげがきれいに書けます。

ひげや鼻は黒のマジックで代用もできますが、落とすのが大変なのでできるだけメイク道具を使うことをおすすめします。

簡単!猫メイクのやり方

必要な道具や猫メイクのポイントを押さえたうえで猫メイクのやり方をご紹介します。

猫メイクのやり方で一番最初にするのはもちろん目元。ベースメイクをすまませ、アイライナーでつり上がった目尻を作ります。目尻のラインを少し大げさにつり上げると猫らしさが出ますよ。アイラインのやり方はまぶたの中央から目尻のラインにそって跳ね上げます。もちろん中は塗りつぶし。アイラインができたらつけまつげやマスカラを使って目元を強調!

次に鼻やひげ。こちらもアイライン同様にアイライナーを使うといいですよ。鼻部分は鼻のてっぺんに逆三角形の形を書くだけです。大きさは好みで書いてもいいですが、鼻の中央部分に書くとそれっぽくなります。ひげは先程もご紹介したようにアイライナーを使って書きます。ひげは3本ぐらいがベスト。頬の真ん中あたりにバランスよく書きます。

後はリップを塗ったり髪型・衣装を決めれば猫メイクの完成です。どのメイク部分も色を薄く、控えめにすればあまり派手にならず可愛い猫メイクになります。

リアル!猫メイクのやり方

控えめ、おとなしい猫メイクはイヤ!リアルな猫メイクを追求するならプラスアルファで。目元は目尻だけでなく目頭にもアイメイクを。目尻を跳ね上げさせるのと逆に目頭は下げて書きます。全体的につり上がったような目になればOK。目頭の余白部分は黒く塗りつぶしても白のアイシャドウで埋めても大丈夫です。

鼻は逆三角形のほかに太めの線でY字に書くのもおすすめ。鼻の中央部分に猫のような鼻が書けたら口に向かって線を引くと猫らしさがでてきます。可愛い猫メイクがいい、というときはこの線をなくすほうがいいですね。

リアルな猫メイクは口元もリアルに!アイライナーを使って上唇の輪郭に沿って黒く線を引きます。猫のように広角部分を上げるとかなり猫に近づけます。ヒゲ自体は可愛い猫メイクもリアルな猫メイクもやり方は同じです。鼻の下に引いた線の両側にはひげのポツポツを書くのを忘れずに。

猫メイクのやり方を工夫して普段のメイクに応用

猫メイクをマスターすれば普段のメイクにも応用できます。「猫メイク」ではなく「猫目メイク」!ぱっちりとした目が可愛い印象に。

猫メイクを応用すれば目元ぱっちりメイクのできあがり

猫メイクを普段使いにするにはもちろん大げさにしてはいけません。控えめ猫メイクよりもさらに控えめに。目尻のアイライナーを細く跳ね上げます。つり目の方は目尻にそって自然に、タレ目の方は目尻よりも前で跳ね上げて書くときれいにできます

つけまつげやカラコンでよりリアルな猫メイクに

猫メイクをするときにつけまつげやデザインつけまつげ、マスカラなどで目を強調するのもいいですが、カラコンを使うとよりリアルな猫メイクができます。猫の目をイメージして赤やブルー、ゴールド、グレーなどのカラコンがおすすめ!左右で違う色のカラコンを使用してもいいですね。

カラコンなどの小物を使った猫メイクもいいですが、頬やおでこなどに落書きするのもおすすめ。猫の足跡や、ハロウィンならジャック・オ・ランタンなどを書いても可愛い猫メイクになります。文字を書く場合も。もちろんメイク以外にも髪型や衣装など色々遊べます。自分だけのアレンジで楽しんでみてください。

芸能人もやってる猫メイク

猫メイクは芸能人もやっています。これまでにもハロウィンシーズンになると多くの芸能人が自身のSNSに猫メイク姿をアップしています。上記画像はファッションモデルやタレント・女優として活躍している菜々緒。

こちらは益若つばさ。かなり本格的!

女子中高生に人気のぺこりんは猫メイクの動画もあげています。参考にして同じメイクにするのもいいですね。

こちらはCMで猫になった橋本環奈。猫メイクというよりは猫コスですが、これも一応猫メイク?!

ブームの火付け役はアリアナ・グランデ?

猫メイクブームの火付け役はあの国際的な人気を誇る歌姫・アリアナ・グランデとも言われています。普段から跳ね上がった目尻の猫目メイクをしていたアリアナ・グランデ。猫耳を付けた写真も数多くあります。注目度の高い有名人として猫メイクをSNSにアップしたところ日本でも大ブームになったんだとか。真偽の程はわかりません。

猫メイクのやり方を動画でチェック

文字だけでは猫メイクのやり方がいまいち分からない、というときは動画を参考にしてみるといいかもしれません。猫メイクのやり方の動画は簡単で手軽なものからしっかりとした猫メイクまで色々あります。

あまりメイクをせずにアイラインだけで猫メイクをした動画。簡単で可愛い印象になります。派手なメイクが苦手な場合はこちらがおすすめです。ひげと鼻を除けば普段のメイクにも使えそうです。

リアルな猫メイクを求めている方はこちらを参考に。ひげや口元・目元がかなり猫っぽくなっています。目尻だけでなく目頭にもメイクを施す、目元を強調するときも参考になりますよ。

こちらは100均のメイク道具だけを使って猫メイクに仕上げている動画です。お手頃なので学生の方にもおすすめ!使用している道具も3つだけなのでお金を書けずに猫メイクをしたいときの参考にしてみてください。

こちらはリアルよりもデフォルメ重視の猫メイク。キラキラしたラメ入りのメイク道具やウィッグなどを使ってまるでアニメに出てくるような猫に変身!

可愛い?リアル?好みが分かれる猫メイク

これまで猫メイクのやり方や必要な道具、ポイントなどを挙げてきましたが、猫メイクはリアル系と可愛い系に好みが分かれそうですね。手軽さだけを重視すると可愛い系と思いますが、実はリアル系でもそれほど手間はかかりません。

使用するメイク道具に差があるくらいではないでしょうか。可愛い系もリアル系も猫メイクのポイントは同じ。動画や画像を参考に色んなタイプの猫メイクにチャレンジするのもいいですね。猫メイクの応用で普段にメイクを猫目メイクにするのもアリ!

リアル系に衣装を工夫すればセクシー系にもなれます。タイプに合わせて衣装や髪型、小物などをアレンジするといいですよ。仲の良い友人たちで集まって同じタイプの猫メイクにすればインパクトもあります。全く同じメイクもいいですが、カラコンや口紅の色などどこか1箇所だけを変えるのもおすすめです。

こんな猫メイクも!チェシャ猫メイク

黒猫をイメージすることが多い猫メイク。意外な猫メイクもありました。それが「不思議の国のアリス」に登場するチェシャ猫メイク!大きく開いた口が印象的です。目元だけでなく口元のメイクをアレンジ。衣装も揃えてみたいですね。

チェシャ猫メイクをするときはピンクやムラサキなどのアイシャドウがあるといいですね。全体的に黒くなりがちな猫メイクが鮮やかになります。

猫メイクのやり方や道具まとめ

いかがでしたでしょうか。コスプレやイベント、特にハロウィンシーズンにやってみたい猫メイク。いつも使っているメイク道具を利用すれば衣装や小物を凝ることもできます。本格的な猫メイクなので手間やお金がかからないのでおすすめ!余裕があればカラコンやデザインつけまつげを使うと上級者気分ですよ。

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2018-12-17 時点

新着一覧