一人暮らしにおすすめの作り置きレシピ!簡単で冷凍もできるおかず

一人暮らしにおすすめしたい簡単な作り置き料理レシピをまとめました。何かと忙しい一人暮らしには作り置き料理が欠かせません。気軽に冷凍ストックすることもできるおすすめの簡単作り置きレシピで一人暮らしの料理を楽しんでいきましょう!

一人暮らしにおすすめの作り置きレシピ!簡単で冷凍もできるおかず

目次

  1. 一人暮らしには作り置き料理がおすすめ!
  2. 一人暮らしで作り置き料理を作るときに気をつけておきたいポイント
  3. 作り置き料理は調理の方法も工夫しよう
  4. 保存方法にも工夫をして、一人暮らしで作り置き料理を楽しもう
  5. 冷凍保存をするときに気をつけておきたいこと
  6. 一人暮らしに便利!作り置き料理に最適な容器
  7. 一人暮らしでもう1品欲しいときに便利なキャベツマリネの作り置き
  8. 一人暮らしで不足しがちな食物繊維をとれる!きのこマリネの作り置き
  9. 一人暮らしの栄養補給に最適なひじきの煮物の作り置き
  10. おつまみにもなるうずらの醤油漬けは一人暮らしに常備しておくと便利
  11. 冷凍可能!経済的で一人暮らしに最適な肉巻き餅
  12. 電子レンジで簡単に作り置き!一人暮らしのお弁当にも使えるシュウマイ
  13. ボリューム満点!ミートボールの作り置きも一人暮らしにおすすめ
  14. いろいろ使える紅茶豚の作り置き料理は一人暮らしの強い味方
  15. 作り置き料理をストックして、一人暮らしの食生活を楽しもう!

一人暮らしには作り置き料理がおすすめ!

何かと忙しい一人暮らし

一人暮らしは何かと忙しいですよね。洗濯や掃除、勉強や仕事などやることがたくさん。家族と一緒に住んでいたときには感じなかった忙しさに最初のうちは追い込まれてしまうことも。そんなときは、なるべく家事の負担を減らして快適に暮らせるようにすることが大切になります。特に忙しいと一人暮らしの食事はおろそかになりがち。コンビニ弁当が何日も続いてしまった、ということもありえますよね。

一人暮らしの生活が忙しくて毎回料理をする時間がない、というときにおすすめなのが作り置き。作り置きを冷凍などでストックしておけば、時間がなくても簡単に自炊生活を楽しむことができます。コンビニや外食が続くとお金がかかりますし、栄養バランスも崩れてしまうのが問題。一人暮らしでは作り置きを活用して健康的な生活を送りましょう!

簡単な作り置きレシピを活用しよう!

「作り置きをしておきたいけれども、どんな料理が最適かわからない」「作り置き料理の冷凍ストックの仕方はどうすれば良い?」など、一人暮らしで作り置きをしたいときに役立つ情報をまとめました。作り置きはコツさえ覚えておけばとても簡単。暇なときに簡単な作り置きを準備して、一人暮らしの食事を満喫しましょう!

一人暮らしで作り置き料理を作るときに気をつけておきたいポイント

料理はしっかり加熱して、冷ます

長期保存をする作り置きは衛生面にしっかりと注意しておく必要があります。衛生面の注意を怠ると最近が繁殖して料理が傷んでしまうので気をつけてくださいね。作り置き料理を作るときは、しっかりと加熱することが大切。加熱をすることによって殺菌を行い、衛生的な作り置きに仕上げることができます。

密閉をする前に冷ましておくことも大切。冷めていないうちに保存容器や保存袋に密閉すると蒸気がたまり、水滴が出ます。水分が多い環境は細菌が繁殖しやすくなるので要注意。しっかりと冷ましてから蓋をするようにしましょう。

保存容器は煮沸消毒

作り置きを入れる保存容器も衛生面に気をつけましょう。蓋と容器の両方を煮沸消毒するのが大切。大き目の鍋にお湯を沸かし、保存容器を軽く茹でましょう。清潔な布巾の上に容器をのせ、しっかりと乾燥させたらOK。水分が残っていると作り置き料理が傷む原因になるので、乾燥を怠らないようにしてくださいね。

作り置き料理は調理の方法も工夫しよう

濃いめの味付けにするのがおすすめ

作り置き料理は濃いめの味付けにするのがおすすめ。調味料を濃いめに使うことで食材が傷みにくくなります。糖分や塩分、酸は食品に含まれている微生物の繁殖を防ぐ働きを期待することができ、長期保存が可能に。いつもより心持ち味を濃いめにして衛生的な作り置き料理に仕上げましょう。

汁気が多い料理は避けよう

汁気の多い料理は作り置き料理に向きません。水分が多いと細菌が繁殖しやすくなり、早く料理が傷む原因になります。煮物を作るときはしっかりと煮詰め、水分を減らしてください。煮詰めると味が濃いめになり、細菌の繁殖を防ぎやすくなるので、そういった意味でもしっかりと水分をなくしていくことが大切です。

水分が多い料理はNGですが、ピクルスなど酢を使った料理であれば大丈夫。酢には細菌の繁殖を防ぐ効果があるので、長期保存に向いています。トマトやニンジン、大根などの野菜を長期保存したいときはピクルスにするのがおすすめ。傷みやすい野菜もピクルスにしておけば長く保存できます。特売などでたくさん野菜を手に入れたときはピクルスにしてみましょう。

保存方法にも工夫をして、一人暮らしで作り置き料理を楽しもう

しっかりと空気を抜いて密閉する

保存方法にもしっかりと気をつけておくと長く作り置きを保存できるようになります。なるべく空気を抜いて密閉することで、食品が傷むのを防げるように。ジッパー付き保存袋を使う場合はストローなどを差し込んで空気を抜き、密閉状態を作るのがおすすめ。作り置きが傷まないように密閉状態を保ちましょう。

小分けにして冷凍しておくと便利

一人暮らしの生活で便利なのが、作り置きを小分けにして冷凍保存しておく方法。カップに入れて小分けにしておけば、普段の食事としていただくのはもちろんのことお弁当のおかずにもなります。冷凍庫から取り出してそのままお弁当箱に入れておけば保冷剤代わりにもなるのが嬉しいポイント。

一人暮らしで食費をおさえたいときは、お弁当作りも大切になります。作り置きをしておけば、毎回お弁当のおかずを作る必要がなくなって便利。このみのおかずを冷凍ストックして、いろいろなシーンで役立てていきましょう!

冷凍保存をするときに気をつけておきたいこと

なるべく早く冷凍させる

とても便利な冷凍ストックですが、ポイントをおさえておかないと風味が落ちてしまう場合があります。気をつけておきたいのが、なるべく早く冷凍をすること。瞬間冷凍することで食品が傷むのを防げます。熱伝導率の高いアルミトレイの上に乗せておくと早く冷凍できるのでおすすめ。アルミトレイがない場合はアルミホイルで包んでもOK。

冷凍に向かない食材を避ける

冷凍に向かない食材もあるので、気をつけておきましょう。冷凍に向かないものとして挙げられるのがジャガイモ・たけのこ・大根・こんにゃく・豆腐などを使った料理。これらの食材は冷凍すると風味が変わってしまうのでおすすめできません。

ただし、ジャガイモはマッシュポテトにすれば冷凍保存可能。大根はおろして保存容器に入れて冷凍保存ができます。食材の特性を活かした冷凍保存を行ってくださいね。

一人暮らしに便利!作り置き料理に最適な容器

琺瑯容器

保存容器におすすめなのが琺瑯容器。酸に強く、ニオイがつきにくいので作り置きを長期保存するのに向いています。汚れが落ちやすく、清潔な状態をキープしやすいのも魅力。おしゃれな見た目も人気を呼んでいます。

耐熱ガラス容器

耐熱ガラス容器も作り置きの保存に最適。ニオイが移りにくく、洗いやすいのでお手入れが簡単です。電子レンジにそのまま入れられるのも嬉しいポイント。

一人暮らしでもう1品欲しいときに便利なキャベツマリネの作り置き

キャベツマリネに必要な材料

あともう一品欲しいときに役立つキャベツのマリネのレシピです。一人暮らしだとキャベツはあまりがち。マリネにすればカサが減り、保存期間ものびます。そのまま食べるのはもちろんのこと、サンドイッチの具材にしても美味。肉料理など脂っ気のある料理に合わせるとさっぱりといただけます。

必要な材料は、キャベツ240g、玉ねぎ1/2個、寿司酢大さじ2、オリーブオイル大さじ1、レモン果汁大さじ2、塩胡椒。

簡単なレシピ

キャベツと玉ねぎは千切りに、塩をふってなじませます。野菜から水分が出てきたらぎゅっと絞り、オリーブオイル・レモン果汁・寿司酢・塩胡椒と和えましょう。冷蔵庫にしばらくおき、味がなじんだら完成です。

一人暮らしで不足しがちな食物繊維をとれる!きのこマリネの作り置き

きのこマリネに必要な材料

食物繊維豊富なきのこは、栄養バランスが崩れがちな一人暮らしに最適。しめじやエリンギ、シイタケなど好みのきのこをたくさん入れると風味豊かなマリネに仕上がります。そのまま食べても良いですし、サラダにトッピングしたり、パスタに混ぜたりといろいろなアレンジが可能。常備しておくとさまざまな場面で役立ちます。

必要な材料は、好みのきのこ、ニンニクひとかけら、砂糖大さじ1、酢大さじ4、醤油大さじ2、鶏がらスープの素小さじ1/2、酒大さじ1、塩胡椒。お好みでバジルをプラスして洋風にしたり、鷹の爪を入れてピリッとさせても美味しくいただけます。

おすすめの作り置きレシピ

きのこは食べやすい大きさにカットしたり、石づきを取ってほぐしておきます。分量外のオリーブオイルをしいたフライパンでみじん切りにしたニンニクときのこを炒め、しんなりしてきたら酒をプラス。酒のアルコールが飛んだら、砂糖・醤油・酢・鶏がらスープの素を加えましょう。水分がなくなるまで炒めたら塩胡椒で味を整えて完成です。

一人暮らしの栄養補給に最適なひじきの煮物の作り置き

ひじきの煮物に必要な材料

ミネラル豊富なひじきの煮物も一人暮らしの作り置きに最適。栄養バランスを整えたいときの副菜に役立ちます。アルミカップに入れて小分けにし、冷凍しておけばお弁当のおかずになるのが嬉しいポイント。必要な材料は、ニンジン1本、油揚げ1枚、乾燥ひじき25g、酒・砂糖・みりん・醤油各大さじ2、水200ml、和風だしの素小さじ1になります。

おすすめレシピ

ニンジンと油揚げは細切りにし、乾燥ひじきは水で戻しておきましょう。ニンジンをフライパンで炒め、火が通ったら油揚げとひじきをプラス。軽く炒め合わせてから酒・砂糖・みりん・醤油・水・和風だしの素を入れて落し蓋をします。水分が飛ぶまで煮詰めたら完成。

おつまみにもなるうずらの醤油漬けは一人暮らしに常備しておくと便利

うずらの醤油漬けに必要な材料

うずらの卵の醤油漬けはおつまみにもなる作り置きレシピ。ご飯のお供にしたり、ラーメンのトッピングにしたりとアレンジ方法も多種多様です。必要な材料は、ニンニクひとかけら、醤油大さじ1と1/2、うずらの卵10個。

簡単なレシピ

うずらの卵はお湯で4分ほど茹でて火を通しておきます。保存容器にスライスしたニンニクと醤油を入れ、殻をむいたうずらの卵をプラス。味がなじむまで冷蔵庫で保存したら完成です。とても簡単に作れるので、ちょっとした空き時間にチャレンジしてみてはいかがですか。

冷凍可能!経済的で一人暮らしに最適な肉巻き餅

肉巻き餅に必要な材料

ジューシーな豚肉と餅の相性がぴったり。1品でボリューム満点のメイン料理になります。焼く前に冷凍しておけば1ヶ月ほどストックできるのも嬉しいポイント。食べ応えのある料理を食べたいときに役立ちます。必要な材料は、餅3個、豚の薄切り肉150g、大葉10枚、酒・醤油・みりん各大さじ1、コチュジャン大さじ1/2、砂糖小さじ1、ゴマ、ゴマ油。

肉巻き餅の簡単な作り置きレシピ

餅を半分にカットしてから全体がかぶるくらいの水をプラスし、600W電子レンジで2分ほど加熱。大葉と餅を豚の薄切り肉で巻き、ゴマ油をしいたフライパンでこんがりと焼きます。混ぜ合わせた調味料類をプラスし、水分がなくなるまで味をからめましょう。器に盛り、ゴマをふったら完成です。

電子レンジで簡単に作り置き!一人暮らしのお弁当にも使えるシュウマイ

シュウマイに必要な材料

電子レンジで簡単に作ることができるシュウマイも一人暮らしの作り置きにぴったり。冷凍ストックしておけば、お弁当のおかずとしてすぐに入れることもできます。とても簡単なレシピなので料理初心者の方にもおすすめ。

必要な材料は、鳥ひき肉270g、長ネギ1/2本、シュウマイの皮14枚、砂糖・醤油各大さじ1/2、鶏がらスープの素小さじ1、ゴマ油大さじ1、生姜ひとかけら、塩になります。

おすすめのシュウマイレシピ

長ネギはみじん切りにし、生姜はすりおろします。ボウルに鳥ひき肉と長ネギ、生姜、調味料類を入れてねばりが出るまでしっかりと混ぜ合わせましょう。タネができたらシュウマイの皮で包み、耐熱容器に入れます。少量のみずをふりかけてからラップをし、電子レンジで火が通るまで加熱したらできあがり。

ボリューム満点!ミートボールの作り置きも一人暮らしにおすすめ

ミートボールに必要な材料

ボリューム満点なミートボールは食べ応えのある料理を作り置きしておきたいときに最適です。そのまま食べる以外にはパスタの具材にしたり、お弁当のおかずにしたりと、いろいろなアレンジが可能。耐熱容器に入れてからホワイトソースとチーズをトッピングして焼けば、ボリューム満点のミートボール焼きの完成です。ぜひ好みのアレンジを楽しんでくださいね。

必要な材料は、玉ねぎ1/2個、鳥ひき肉500g、パン粉1/2カップ、卵1個、牛乳1/2カップ、塩胡椒、中濃ソース大さじ1と1/2、ケチャップ大さじ4、醤油と砂糖各大さじ1、レモン果汁小さじ1、水50mlになります。お好みによってナツメグを肉ダネに少量加えると本格的な味わいに。スパイスが揃っているときは、ぜひ活用してみてくださいね。

ミートボールの簡単なレシピ

みじん切りにした玉ねぎをフライパンで炒め、粗熱を冷まします。電子レンジで1〜2分ほど加熱するのでもOK。ボウルに鳥ひき肉・牛乳でふやかしたパン粉・卵・玉ねぎ・塩胡椒・ナツメグを入れたらねばりが出るまで混ぜ合わせましょう。

食べやすい大きさに丸く成形したらフライパンでこんがりと焼きます。ケチャップ・レモン果汁・中濃ソース・砂糖・醤油・水を加えて水分がなくなるまで煮詰めてください。しっかりと味がからまったら完成です。

いろいろ使える紅茶豚の作り置き料理は一人暮らしの強い味方

紅茶豚に必要な材料

パサつきがちな豚モモ肉も紅茶を使って調理法であれば、しっとりジューシーな味わいになります。スライスして小ネギや大葉をトッピングするだけで立派なメイン量のできあがり。パンではさんでサンドイッチにしたり、チャーハンの具材にしたりと汎用性もばっちりです。

紅茶豚に必要な材料は、豚モモ肉のかたまり500g、ティーパック2個、みりん・醤油・酢各100ml。お好みでニンニクや鷹の爪をプラスして風味漬けしても美味しく作れます。好みに合わせてアレンジしてみましょう。

紅茶豚のおすすめレシピ

豚肉がかぶるくらいのお湯を鍋に沸かし、ティーパックを入れて煮出します。豚肉を入れ、中火で30分ほど煮込みましょう。途中でアクがでてきたらとります。豚肉の粗熱をとったら、酢・醤油・みりんを混ぜ合わせた保存容器に入れて漬け込んでください。一晩漬け込んで味がなじんだら完成です。長期保存するときは調味液から出し、保存袋に密閉しましょう。

調味液はチャーハンやスープなどの味付けに活用できます。捨てずにいろいろな料理に使ってみましょう!

作り置き料理をストックして、一人暮らしの食生活を楽しもう!

一人暮らしの食生活に欠かせない作り置き。好みの料理を作り置きして、忙しいときも経済的な食事を楽しんでいきましょう!

合わせて読みたい!作り置き料理や一人暮らしに関連した記事

Thumb自炊は節約になるって本当?節約のコツとおすすめレシピ紹介。
Thumb冷蔵庫で悩む一人暮らし用のおすすめの小型冷蔵庫や選び方を紹介!
Thumb一人暮らしの便利グッズ紹介!プレゼントしても喜ばれるおしゃれ雑貨や収納など♪

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-12-13 時点

新着一覧