パーティーサラダのレシピ集!おしゃれなデリ風サラダでおもてなし!

パーティ―は気軽に家で開く人が増えました。でも、気軽とはいえ、パーティ―を行うならおいしい料理は欠かせません。パーティ―サラダは食卓を華やかにしてくれますが、いつも同じようになってしまいがち。そこでパーティ―を華やかにしてくれるサラダをご紹介します。

パーティーサラダのレシピ集!おしゃれなデリ風サラダでおもてなし!

目次

  1. パーティ― の食卓が華やかになるサラダ
  2. パーティ―のサラダはドレッシングをひと工夫
  3. パーティ―にピッタリな簡単カプレーゼサラダ
  4. ドレッシングが決め手なパーティーサラダ
  5. パーティ―で気軽につまめるサラダ
  6. パーティ―にお花畑のようなサラダ
  7. パーティ―におすすめなデリ風サラダでおしゃれに
  8. 女子会パーティ―にパクチーたっぷりタイ風サラダ
  9. パーティ―でお腹も大満足なサラダ
  10. 演出で勝負のパーティーサラダ

パーティ― の食卓が華やかになるサラダ

誕生日やクリスマスなどのイベントに関係なく、気軽にホームパーティーをする人が増えました。女子会での持ちよりパーティ―やママ友と子供を交えて交流をかねたパーティ―など様々です。

パーティーに欠かせないものは内容によって変わりますが、どのパーティ―にも必要なものといえば「料理」ですよね。メインは割とすぐに決まるものの、サイドメニューやサラダは、適当になってしまうことがありませんか?

でも、サラダは使う野菜の彩りを考えたり盛り付け方を工夫したりするだけで、パーティ―のテーブルを一気に華やかにしてくれます。

カラフルな野菜たち

以前はトマトといえば「赤」といったように、この野菜はこの色と決まったものしか見かけませんでしたが、今は黒いトマトや黒い人参といった、ちょっと変わった色の野菜も街中のスーパーでもよく見かけるようになりました。正にパーティ―のための野菜ともいえそうです。

サラダにレタスもよく使いますが、パーティ―サラダとして使うなら、プリーツレタスのような葉っぱのふちがヒラヒラとしたボリュームのあるものを使うと、それだけで華やかでおしゃれになり、パーティ―のおもてなし感がグッとUPします。

パーティ―のサラダはドレッシングをひと工夫

サラダにドレッシングは欠かせない存在です。店頭には選ぶのに迷ってしまうほどの種類があり、中には食卓にそのまま出してもおしゃれに見えるビンに入っているものもありますよね。でも、パーティ―のサラダ用に使うなら、別な器に入れスプーンを添えると一気におもてなしの雰囲気になります。

ドレッシングをサラダに直接かけて味付けする方法もありですが、葉物を多く使うサラダの場合、食べる直前にかけた方が野菜の水分が出ず、味が薄まったり、ボリュームがなくなってしまったりすることがなくなり、パーティ―の雰囲気も壊さずに済みます。

長時間食事を楽しむパーティーサラダなら、各自それぞれ好きなタイミングでサラダにドレッシングをかけて食べる方式の方が、パーティ―の最後までおいしくサラダを食べてもらえます。

パーティ―にピッタリな簡単カプレーゼサラダ

パーティ―用のサラダは、あまり気負いすぎると逆に用意することが面倒になってしまいます。でも、カプレーゼならモッツァレラチーズとトマトさえあればOK。アレンジもしやすいので工夫次第でデリ風にもなります。おつまみとしても人気なのでパーティ―に便利なレシピです。

作り方

1.トマトとモッツァレラチーズは同じ厚さに切り、交互に並べます。2.適量の塩とオリーブオイルをかけ、ドライバジルやフレッシュバジルを散らします。

モッツァレラチーズをクリームチーズに変えたり、トマトをミニトマトに変え、チーズをさいころ状に切って混ぜ合わせてもおいしいです。生ハムとアボカドを間に挟めばデリ風、トースターでチーズが溶けるまで加熱すれば、焼きカプレーゼと予算や食べる人の好みに合わせて変えられるレシピです。

ドレッシングが決め手なパーティーサラダ

サラダをおいしくしてくれるドレッシングは、手作りすれば好みの味に仕上げられ、量も加減できるので便利。ご紹介するヴィネグレットソースはフランス料理では定番のソースだそうですが、日本でもおなじみのフレンチドレッシングのことです。パーティ―だけでなく普段にも使えるソースです。

作り方

1.ボウルにフレンチマスタード大さじ1、塩小さじ1、こしょう適量を入れます。2.白ワインビネガー50ccを1に少しずつ混ぜながら加えます。3.2をかき混ぜながらオリーブオイル150ccを少しずつ加え、乳化させるように混ぜ、ヴィグレットソースを完成させます。

4.プリーツレタスや、トマト、パプリカなど好みの野菜を適当な大きさに切り、器に盛り付け食べる直前にヴィグレットソースをかけます。他のパーティ―料理のソースとしても使えるので便利です。

ヴィネグレットソースは、すりおろした玉ねぎやにんにくを入れるレシピもありますが、調味料だけで作った方が日持ちがよく、作り置きができるので便利です。お酢とオイルの割合が1:3が基本ですが、使うお酢や油で酸味が抑えられたリ、まろやかな口当たりになります。

パーティ―で気軽につまめるサラダ

バーニャカウダは女子に人気のメニューとしてパーティ―に欠かせない存在です。スティック状にカットした野菜をマグカップやグラスに刺したり、食べやすい大きさにカットした野菜を彩りよくお皿に並べるだけでよく、サラダのボリュームも出しやすく見た目におしゃれでおもてなしにもピッタリ。

作り方(バーニャカウダソース)

1.にんにく2かけとアンチョビ1缶をみじん切りにします。2.1のにんにくとオリーブオイル200mlを鍋に入れ、にんにくの香りが立ち、ほどよい色になったら1のアンチョビを加えます。3.2分程度煮込んだら、牛乳20mlと生クリーム20mlを入れたら軽く混ぜ火を止めます。

ご紹介したレシピで約2人分になります。パーティ―に集まる人数や、食べる量に合わせて分量を変えてください。バーニャカウダソース専用のポットがあると、おしゃれなだけでなく、最後までソースが温かく、パーティ―の最後までおいしいく食べられます。

パーティ―にお花畑のようなサラダ

エディブルフラワーは「食べられる花」としてよく知られていますが、専用の特殊な花ではなく、パンジーやカーネーションといった、花屋さんでもよく見る一般的な花です。パーティ―サラダに使う場合、野菜はグリーンだけにすると、より花の色が生かされお花畑のようなサラダになるレシピです。

作り方

1.ベビーリーフやレタスなど、好みのものを適当な大きさにちぎり、器にたっぷり入れます。2.エディブルフラワーを彩りよく散らします。3.好みのドレッシングを添えます。

必ず食用として販売されている花を使ってください。種類は同じでも花屋で販売されている花は食べられません。味は、甘味や苦みが少し感じられますが、ビタミンなどが豊富で、見た目だけでなく身体にも良いといわれています。サラダをリースのような形にするとパーティ―が更に華やかになりそうです。

パーティ―におすすめなデリ風サラダでおしゃれに

人気のアボカドはデリ風のサラダなどに欠かせない材料です。そのまま食べてもおいしいですが、サラダのドレッシングとして使うと、まろやかな口当たりになりさらにおいしいですよ。人気のチョップドサラダにアボカドドレッシングを和えた、おしゃれなデリ風のパーティーサラダレシピです。

人気のチョップドサラダは野菜が細かく刻まれているので食べやすいですが、ドレッシングを混ぜると時間と共に水分が出て、味が薄まってしまうことがあります。パーティ―用サラダなら茹でたレンコンやミニトマト、豆類やコーンなどなるべく水分の出にくい野菜に変えるのもおおすすめです。

女子会パーティ―にパクチーたっぷりタイ風サラダ

パクチーは美容によいこともあり、女性から人気を集めています。匂いにクセがあるので、好みが分かれますが、はまるとやみつきになる野菜でもあります。春雨や豚ひき肉も入って、食べ応えバツグンのタイ風サラダはおもてなしにもピッタリなデリ風パーティ―サラダです。

パクチーは別に刻んでおき、食べるときにさらに追加すると、お店のような「追いパクチー」にもなり、さらに女性から人気を集めそうです。たっぷり作って、パクチーパーティ―にするのも楽しそうです。

パーティ―でお腹も大満足なサラダ

日本人にとってお米は主食ですが、海外の人はお米も「野菜」として扱うことがあるようです。ライスサラダはそういったことからできた料理ともいえそうです。普段炊いて食べる白米ではなく、もち麦や雑穀を使うと健康によく、腹持ちもよいので「サラダは物足りない」という人にもおすすめです。

作り方

1.玄米1.5カップを少し固めに炊いたら、ザルに移し冷水で洗って水気を切っておきます。2.赤玉ねぎ1/2個はスライスし、コリアンダーは茎と葉に分け、茎を5mmくらいに刻んでおきます。3.ひよこ豆1缶分とコーン1カップの水気も切っておきます。

4.ライム1個の皮をすりおろし、絞った果汁とはちみつ大さじ2を混ぜ合わせます。5.1の玄米、2の赤玉ねぎとコリアンダーの茎、3を混ぜ、4のドレッシングで和え、塩こしょうで味を整えます。

好みでミニトマトや、コリアンダーの葉の部分を仕上げに散らすと、デリ風なパーティ―用のおもてなしサラダとして、見た目もキレイになります。ライム果汁とはちみつを合わせたドレッシングにチリを加えると辛さが加わり、さらにおいしくなります。

演出で勝負のパーティーサラダ

パーティ―サラダは、改めて「パーティ―用」と考えると、量や見た目などがどうしても気になりますが、特に難しく考えず普段の食卓に出すサラダの器を、大きなお皿に変えたり、木製のサラダボウルに変えたりするだけでも、おもてなしの雰囲気に変わります。

パーティ―サラダを作るのが苦手なら、ビュッフェ風にしてしまうのもありです。お客さまも好きなように食べられるので、おもてなしする方もされる方も肩が凝らずにパーティ―を楽しんでもらえそう。お店のようにすれば人気のコーナーにもなりますよ。サラダをメインにしたパーティーもいいですね。

パーティーについてもっと知りたいあなたへ

Thumbパーティー料理の簡単レシピ集!おしゃれなおもてなし料理!
Thumbおしゃれな料理のレシピまとめ!簡単で美味しいおもてなしレシピ!
Thumbパーティーの飾り付けを手作りで!100均で作れる簡単アイデア集!
Thumbダイソーの風船でパーティーを華やかに♪かわいい飾り付け20選

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-05-11 時点

新着一覧